Edit concept Question Editor Create issue ticket

肺腫瘍塞栓症


提示

胸痛
  • 書誌情報 症例 肺腫瘍塞栓症を初発症状とした尿路上皮癌肺転移の1例 藤原 弘士 1) 桂 浩 2)3) 末村 正樹 1) 550-0012 大阪市西区立売堀6-3-8 1) 財団法人日本生命済生会付属日生病院総合内科 2) 財団法人日本生命済生会付属日生病院外科 3) 現 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター呼吸器外科 要旨 症例は64歳男性.発熱,胸痛,血痰を主訴に来院し,胸部CTで両側胸膜直下に多発性の不整形の陰影を認めて入院となった.喀痰細胞診では6回のうち1回のみclass IVが検出された[journal.kyorin.co.jp]
  • 中等度の塞栓の場合には、呼吸困難、胸痛、チアノーゼ、血痰 (けったん) などがみられる。診断には胸部X線写真、心電図、血液ガス測定などを行うが、確定診断は肺血流スキャン、肺動脈造影によらない限り困難である。 [山口智道] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例[kotobank.jp]
  • WHO肺高血圧症の機能分類 Ⅰ度 身体活動に制限のない肺高血圧症患者 普通の身体活動では過度の呼吸困難や疲労、胸痛や失神などを生じない。 Ⅱ度 身体活動に軽度の制限のある肺高血圧症患者 安静時には自覚症状がない。普通の身体活動で、過度の呼吸困難や疲労、胸痛や失神などが起こる。 Ⅲ度 身体活動に著しい制限のある肺高血圧症患者 安静時には自覚症状がない。普通以下の身体活動で、過度の呼吸困難や疲労、胸痛や失神などが起こる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
呼吸困難
  • 約1 か月前より徐々に増強する呼吸困難を主訴に来院した。既往歴は47 歳時胆石症の手術のみで,喫煙歴があった。CT 画像上,気腫性変化と蜂巣肺に加えて両側胸膜直下に浸潤影が認められ,心臓超音波検査にて肺高血圧を認めた。抗生剤治療,ステロイド治療,抗凝固療法を行ったが奏効せず,呼吸不全が進行し人工呼吸管理となったが死亡した。剖検により肝内胆管癌が血行性に広がり,肺動脈枝内に多数の腫瘍塞栓を形成して,重篤な肺高血圧と肺梗塞を来していたことが判明した。 Full text loading...[pieronline.jp]
  • 救急外来の次の患者の主訴を見ると,「呼吸困難」とある。 Case 55歳女性。既往に神経サルコイドーシスがあり,神経内科でフォローされている。1週間前から労作時の呼吸困難があり,あまり活動できていない。胸痛はなく,下肢の腫脹なし。血圧130/80 mmHg,脈拍数88/分,SpO 2 96%(RA),体温36.5 ,チアノーゼなし。会話に問題なし。心音純,呼吸音清,腹部平坦軟,下腿腫脹なし。その他の既往なし。 Question Q1 呼吸困難へのアプローチは?[igaku-shoin.co.jp]
  • 普通の身体活動で、過度の呼吸困難や疲労、胸痛や失神などが起こる。 Ⅲ度 身体活動に著しい制限のある肺高血圧症患者 安静時には自覚症状がない。普通以下の身体活動で、過度の呼吸困難や疲労、胸痛や失神などが起こる。 Ⅳ度 どんな身体活動もすべて苦痛となる肺高血圧症患者 こららの患者は右心不全の症状を表している。安静時にも、呼吸困難および/または疲労がみられる。どんな活動でも自覚症状の増悪がある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

治療

  • 抗生剤治療,ステロイド治療,抗凝固療法を行ったが奏効せず,呼吸不全が進行し人工呼吸管理となったが死亡した。剖検により肝内胆管癌が血行性に広がり,肺動脈枝内に多数の腫瘍塞栓を形成して,重篤な肺高血圧と肺梗塞を来していたことが判明した。 Full text loading... /content/article/0385-0684/40040/499[pieronline.jp]

疫学

  • 疫学】 日本では1年間に人口100万人あたり62人発症するという報告があります。 【発病のメカニズム】 血液は流れが停滞すると凝固して血栓ができやすくなります。航空機などで長時間座っていて下肢の血液が滞り、血栓が生じて発症する“エコノミークラス症候群”が有名です。また、大きな手術の後や重症な病気のため寝ている時間が長くなると発症しやすくなります。他にも遺伝、様々な疾患、薬剤、加齢などによって血栓が生じやすくなることがあります。[jrs.or.jp]
  • A 疫学・診断 1.疫学 2.診断 B 治療 1.がん患者における静脈血栓塞栓症の治療 文献 1.疫学 1)悪性腫瘍と凝固能亢進 がん患者では凝固能が亢進している。この原因としては、様々な要因の相互作用が考えられている。たとえば、がん細胞はトロンビン産生を促進させ、凝固能を亢進させる働きがある。さらに、臥床や感染症、手術や薬剤も、がん患者における血栓塞栓症発症の修飾因子として関与している[ 1 ] 。 その他 、 外部からの圧迫や脈管浸潤により静脈血栓症が引き起こされる可能性がある。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 日本での年間症例数は約4,000例( 2000年 )と推計され、増加傾向である。英国では年間25000人の入院患者が、予防可能であった静脈血栓塞栓症にて死亡している [1] 。 リスクファクター [ 編集 ] 旅行中に発生する報告事例では、日本人などの黄色人種は 黒人 や 白人 に比べると少ないが、整形外科手術後に発症する報告事例では人種間の頻度に差はない [6] 。高齢者に発症しやすい [6] 。また、男女差では女性の方が発生しやすい [ 要出典 ] 。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • その解決を目指し、日本でも2004年に静脈血栓塞栓症の予防ガイドラインが公表されました。予防の主な対象は手術を受ける患者さんです。 1.物理的予防予防法は、薬を使わない物理的予防法と、薬による予防法があります。物理的予防法には、何も道具を用いない方法と、道具や機械を必要とする方法があり、どちらも低下した脚の静脈内血液の流れをよくする方法です。 できるだけ早期に離床し、よく歩くことは、脚のポンプ機能を働かせて血液の流れを正常化させるという意味でも大切です。[ncvc.go.jp]
  • 予防 [ 編集 ] 静脈血栓塞栓症は突然死をきたす重篤な疾患である。そのため発症する前に予防することが非常に重要である。一般的に推奨されている予防法を示す。 長時間にわたって同じ姿勢を取らない。時々下肢を動かす。飛行機内では、着席中に足を少しでも動かしたりすることなどが推奨されている(乱気流により負傷する事故もあることから、飛行中にむやみに席を立って歩いたりすることは行わないほうが良い。[ja.wikipedia.org]
  • 1)予防的投与 (1)がん入院患者に対する予防的抗凝固薬投与 静脈血栓塞栓症が認められない場合でも、出血や抗凝固療法の禁忌(注)がない場合には抗凝固薬の予防投与が推奨されている[ 10, 14]。退院後も、外科的切除を受けた患者であれば、術後4週間は抗凝固療法の継続が望ましい。また、内科的治療を受ける患者についても高リスク(表2)と考えられる場合は、抗凝固療法を継続する[14]。[medical.nikkeibp.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!