Edit concept Question Editor Create issue ticket

肺炎球菌性肺炎


提示

  • 定期接種対象者早見表 (PDF 95.9KB) 接種回数 1回 料金(個人負担金) 3,000円 ※生活保護世帯の方は、磐田市で発行した「成人用肺炎球菌予防接種無料券」を提示した場合は無料です。接種後の払い戻しはできませんので必ず接種を受ける前に申請してください。 申請方法は身分証明書(免許証・保険証等)をお持ちのうえ、下記窓口に申請してください。代理人が申請する場合は、委任状が必要となります。[city.iwata.shizuoka.jp]
筋肉痛
  • ワクチンの副反応 副反応としては、接種部位の症状(痛み、赤み、腫れなど)、筋肉、だるさ、発熱、頭痛などがあります。 高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種〈定期接種〉 高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種は、下記の対象年齢の方は国が定めた定期接種の対象となり、接種を希望する方に接種費用の一部を市が負担します。[city.togane.chiba.jp]
  • 筋肉、倦怠感、違和感、悪寒、頭痛、発熱等もありますがいずれも軽度で2 3日で消失します。 他の予防接種との接種間隔 高齢者用肺炎球菌ワクチンは不活化ワクチンです。 高齢者用肺炎球菌ワクチン接種後に他のワクチンを接種する場合は次の日から数えて6日以上の間隔が必要です。 (次の日から数えて7日目から接種可能です。) ただし、同時接種は医師が必要と認めた場合に限り可能です。 このページのトップへ戻る 関連リンク ※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。[city.itabashi.tokyo.jp]
  • また、その他に副反応として注射部位の腫脹、痛み、熱感、発赤が5%以上認められ、1 5%程度の頻度で筋肉、倦怠感、悪寒、頭痛、発熱も認められています。 高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種について 対象者 今まで平成26年度から5年間の経過措置として、5歳刻みの方に定期接種を行っておりましたが、国の制度改正に伴い、経過措置が延長され、平成31年度から更に5年間、未接種の方で5歳刻みの方を、再度定期接種の対象とすると決定されました。 対象者には4月中旬頃に案内はがきを送付します。[city.suita.osaka.jp]
発熱
  • ア 小児 成人と異なり、肺炎を伴わず、発熱のみを初期症状とした感染巣のはっきりしない菌血症例が多い。また、髄膜炎は、直接発症するものの他、肺炎球菌性の中耳炎に続いて発症することがある。 イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp]
  • 小児 発熱を初期症状とした菌血症が多くみられます。成人とは異なり肺炎を伴いません。また髄膜炎は、中耳炎に続いて発症することがあります。 成人 発熱、咳、痰、息切れを初期症状とした菌血症がみられ、肺炎を伴うことが多いです。髄膜炎の場合、頭痛、発熱、けいれん等の症状が現れます。 抗菌薬が有効ですが、近年耐性菌も多く報告されています。 侵襲性肺炎球菌感染症の予防にはワクチンの接種が有効です。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]
  • 症状 小児 発熱を初期症状とした菌血症(※1)が多くみられます。成人とは異なり肺炎をともないません。また、髄膜炎は中耳炎に続いて発症することがあります。 成人 発熱、咳、痰、息切れを初期症状とした菌血症(※1)がみられ、肺炎をともなうことが多いです。髄膜炎の場合、頭痛、発熱、けいれん等の症状が現れます。 ※1 菌血症 : 無菌であるはずの血流中に細菌が存在する状態をいいます。[city.minamiawaji.hyogo.jp]
  • 明らかに発熱(37.5度以上)している方 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方 肺炎球菌予防接種によりアナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことがある方 その他、医師が不適当と判断した場合 心臓血管系疾患、腎臓、肝臓、血液疾患などの基礎疾患のある方 予防接種で接種後2日以内に、発熱や全身性発疹等のアレルギーを疑う症状が出たことがある方 過去にけいれんを起こしたことがある方 過去に免疫不全の診断がなされている方、及び近親者に先天性免疫不全症の方がいる方 この[city.sakata.lg.jp]
倦怠感
  • 細菌性髄膜炎は肺炎球菌やHib(ヒブ)などの細菌が脊髄や脳を包む髄膜に入り込んで発症し、発熱、頭痛、全身倦怠がみられます。風邪に似た症状で、早い段階での診断が難しく、重症化ことも多く、後遺症を残すこともあるため、予防接種することが重要となります 小児 肺炎球菌(予防接種 生後2ヶ月 定期接種) 肺炎球菌は、細菌による子どもの感染症の二大原因の一つです。肺炎球菌感染症はほとんどが5歳未満で発生します。[yuki.or.jp]
  • 症状 突然の発熱と倦怠がおこります。肺炎を起こした場合には、咳や胸の痛みがおこり、血の混じった痰がでます。頭痛や痙攣が起こったり、首が動かしにくくなったりする場合があります。 治療 抗生物質による治療が行われます。 予防 ワクチンの接種が効果的です。年齢に応じた正しいワクチンと正しいスケジュールで接種を行う必要があります。詳しくは医師にご相談ください。喫煙者は肺炎球菌性肺炎になりやすいことが知られていますので、健康のために禁煙をお勧めします。[forth.go.jp]
悪寒
  • 筋肉痛、倦怠感、違和感、悪寒、頭痛、発熱等もありますがいずれも軽度で2 3日で消失します。 他の予防接種との接種間隔 高齢者用肺炎球菌ワクチンは不活化ワクチンです。 高齢者用肺炎球菌ワクチン接種後に他のワクチンを接種する場合は次の日から数えて6日以上の間隔が必要です。 (次の日から数えて7日目から接種可能です。) ただし、同時接種は医師が必要と認めた場合に限り可能です。 このページのトップへ戻る 関連リンク ※区の関連ホームページ以外の外部サイトへのリンクは、別ウィンドウで開きます。[city.itabashi.tokyo.jp]
  • また、その他に副反応として注射部位の腫脹、痛み、熱感、発赤が5%以上認められ、1 5%程度の頻度で筋肉痛、倦怠感、悪寒、頭痛、発熱も認められています。 高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種について 対象者 今まで平成26年度から5年間の経過措置として、5歳刻みの方に定期接種を行っておりましたが、国の制度改正に伴い、経過措置が延長され、平成31年度から更に5年間、未接種の方で5歳刻みの方を、再度定期接種の対象とすると決定されました。 対象者には4月中旬頃に案内はがきを送付します。[city.suita.osaka.jp]
高熱
  • インフルエンザは、風邪と異なり、38 39度の高熱をともない、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が強く現われます。 また、とくに高齢者は重症化し、死にいたることもあります。粘膜が損傷され、肺炎を起こしやすくなるのは風邪と同じですし、インフルエンザそのものが重篤です。 予防手段として、インフルエンザワクチンがあります。残念ながら、このワクチンで発症の確率をゼロにはできません。[min-iren.gr.jp]
  • 接種後に、高熱や体調の変化、その他局所の異常反応に気づいた場合は、すみやかに医師の診察を受けてください。 入浴は差し支えありません。 予防接種の有効性と副反応について 現在、国内で使用されているワクチンの効果については、肺炎球菌感染症の重症化や死亡の防止について一定の効果がありますが、感染防止に対しては効果が保障されるものではありません。また、極めてまれではありますが、重篤な副反応も起こり得ます。(重篤な副反応として、ギラン・バレー症候群、血小板減少性紫斑病、蜂巣炎などが報告されています。)[city.akita.lg.jp]
頭痛
  • 頭痛や痙攣が起こったり、首が動かしにくくなったりする場合があります。 治療 抗生物質による治療が行われます。 予防 ワクチンの接種が効果的です。年齢に応じた正しいワクチンと正しいスケジュールで接種を行う必要があります。詳しくは医師にご相談ください。喫煙者は肺炎球菌性肺炎になりやすいことが知られていますので、健康のために禁煙をお勧めします。高齢者および慢性の病気にかかっている人は発病しやすいので、病気がうつりやすい人ごみを避けるようにしましょう。 危険のある地域 世界中に発生が見られます。[forth.go.jp]
  • 髄膜炎の場合、頭痛、発熱、けいれん等の症状が現れます。 ※1 菌血症 : 無菌であるはずの血流中に細菌が存在する状態をいいます。健康な方であれば、自身の免疫によって体内から自然に除去されますが、特に免疫力が低下している場合は、感染症や敗血症の引き金になる可能性があります。 治療 抗菌薬が有効ですが、近年耐性菌(※2)も多く報告されています。 ※2 耐性菌 : 薬に対する抵抗力が高くなり、薬が効かなくなる細菌のことです。 予防のポイント 侵襲性肺炎球菌感染症の予防にはワクチンの接種が有効です。[city.minamiawaji.hyogo.jp]
  • 髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。[mhlw.go.jp]
髄膜刺激症状
  • 髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、刺激症状等の症状を示す。 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。[mhlw.go.jp]
  • 髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、刺激症状等の症状を示す。 (3)届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、 かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、 法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。[www1.pref.shimane.lg.jp]
嘔吐
  • 接種当日に熱のあるかた(診察前に37.5度以上) 重い急性疾患にかかっているかた 予防接種の成分によって、アナフィラキシーを起こしたことがあるかた 備考:「アナフィラキシー」とは、通常接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことで、発汗、顔が急に腫れる、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続き、ショック状態になるような激しい全身反応のことです。[city.akita.lg.jp]
  • 症状は発熱、頭痛、嘔吐、意識障害、痙攣など。症状の進行が極めて急速で、発症から24時間以内に死亡する場合もある(劇症型)。 播種性血管内凝固 (DIC) 肺炎球菌に限らず敗血症の合併症として重要。血液中の 凝固因子 が消費されるため、「凝固」という名を冠しているが症状は出血傾向である。血管内に微小 血栓 を作り、その微小血栓が各種臓器に塞栓症状をきたすと考えられている。結果、DICの状態が続くと多臓器不全に陥る。[ja.wikipedia.org]
吐き気
  • 接種当日に熱のあるかた(診察前に37.5度以上) 重い急性疾患にかかっているかた 予防接種の成分によって、アナフィラキシーを起こしたことがあるかた 備考:「アナフィラキシー」とは、通常接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことで、発汗、顔が急に腫れる、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続き、ショック状態になるような激しい全身反応のことです。[city.akita.lg.jp]
胸痛
  • 肺炎の症状は、発熱、咳、痰、胸痛、呼吸困難などですが、高齢者ではこれらの症状が現れにくく、発見が遅れる場合があります。 予防接種によって、肺炎球菌による肺炎の重篤化を軽減させる効果があります。 肺炎球菌ワクチン 日常でかかる肺炎の原因菌として、90種類以上ある肺炎球菌のうち、頻度の高い23種類の型に対するワクチンです。 平成26年10月から、これまでワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライド)を接種したことのない65歳の方を対象に、1人1回の定期予防接種が開始されました。[town.makubetsu.lg.jp]
喀痰
  • 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表 尿中肺炎球菌抗原陽性をもって代用することもできる。 予後の評価方法として、PSI、CURB-65などが存在する。 PORT severity indexによる重症度分類: CURB-65による重症度判定:… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 肺炎球菌性肺炎は、ペニシリン系薬剤によりほぼ治療可能である。[clinicalsup.jp]
  • イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp]
  • イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。[mhlw.go.jp]
  • イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 (3)届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、 かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、 法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。[www1.pref.shimane.lg.jp]
  • この菌は、 グラム染色 された 喀痰 内での特徴的な外見から、 1926年 に Diplococcus pneumoniae (肺炎双球菌)と呼ばれるようになった。液体培地内で鎖状の増殖を呈することから、 1974年 に Streptococcus pneumoniae (肺炎レンサ球菌)と改称された。 構造 [ 編集 ] グラム陽性 の 双球菌 で、学名は Streptococcus pneumoniae 。[ja.wikipedia.org]
呼吸困難
  • 肺炎の症状は、発熱、咳、痰、胸痛、呼吸困難などですが、高齢者ではこれらの症状が現れにくく、発見が遅れる場合があります。 予防接種によって、肺炎球菌による肺炎の重篤化を軽減させる効果があります。 肺炎球菌ワクチン 日常でかかる肺炎の原因菌として、90種類以上ある肺炎球菌のうち、頻度の高い23種類の型に対するワクチンです。 平成26年10月から、これまでワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライド)を接種したことのない65歳の方を対象に、1人1回の定期予防接種が開始されました。[town.makubetsu.lg.jp]
咳嗽
  • イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp]
  • イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。[mhlw.go.jp]
  • イ 成人 発熱、咳嗽、喀痰、息切れを初期症状とした菌血症を伴う肺炎が多い。髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 (3)届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から侵襲性肺炎球菌感染症が疑われ、 かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、侵襲性肺炎球菌感染症患者と診断した場合には、 法第12条第1項の規定による届出を7日以内に行わなければならない。[www1.pref.shimane.lg.jp]
肺疾患
  • 高齢の慢性疾患患者にインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの両ワクチンを接種すると入院を 63 %、死亡を 81 %減らすことができるとの海外報告もあります。 肺炎球菌ワクチンが正しく理解され接種率が普及することにより、肺炎球菌による肺炎から解放されることが期待されます。しかしながらワクチンを接種したからといって安心せず、日頃から手洗いやうがいを励行し、規則正しい生活で体調を整えることが大切です。[mta.or.jp]
  • 表2 免疫力が低下している可能性のある人 ・65歳以上の高齢者 ・糖尿病 ・膠原病、リウマチ等でステロイドホルモン、抗TNF製剤の投与を受けている人 ・腎臓病 ・慢性疾患 ・免疫抑制剤投与を受けている人 予防法は 日ごろの健康管理と予防が大切 主な予防法は表3の通りで、この5項目は必須です。風邪は万病の元です。外からの敵とたたかうための、きちんとした「抵抗力」を保つことが大切です。(1)(2)(3)はできそうでできていない、大切なことです。[min-iren.gr.jp]
胸水
  • また、胸水が貯まることがあります。肺炎の症状は、風邪の症状に似ていることも多く、これらの症状でつらい場合は、できるだけ早めに病院を受診しましょう。 肺炎球菌性中耳炎 肺炎球菌性中耳炎は、小児に起こりやすく、小児に起こる中耳炎のうち30 40%は、肺炎球菌が原因です。肺炎球菌性中耳炎では、耳が痛み、鼓膜の奥に膿が貯まり、鼓膜が赤く膨らんだりします。日本では薬が効きづらい肺炎球菌(多剤耐性)が増加しており、中耳炎の発症を繰り返したり、重症化して治りにくくなることがあります。[yuki.or.jp]

精密検査

肺炎レンサ球菌
  • 肺炎レンサ球菌 (はいえんレンサきゅうきん、 Streptococcus pneumoniae )とは、 肺炎 などの 呼吸器 の 感染症 や全身性感染症を引き起こす 細菌 。日本の臨床医療現場では 肺炎球菌 と呼ばれることが多い。また、かつては 肺炎双球菌 ( Diplococcus pneumoniae ) と呼ばれていた。病原菌であるとともに、遺伝学の発展に大きな影響を与えた実験材料としてもよく知られる。[ja.wikipedia.org]
  • 肺炎球菌感染症は、グラム陽性細菌の肺炎レンサ球菌 (肺炎球菌)によって引き起こされます。 この細菌は、感染者がせきやくしゃみをすると空気中に撒き散らされます。 よくみられる症状は、肺炎、髄膜炎、副鼻腔炎と中耳の感染症(中耳炎)です。 これらの感染症により、通常は発熱と全身のだるさや、感染部位に応じた他の症状が現れます。 診断は、症状や感染部位のサンプル中で特定された細菌に基づいて下されます。[msdmanuals.com]
  • 肺炎レンサ球菌と赤血球の相互作用の解析 担当 : 山口雅也(大阪大学産業科学研究所・共同研究) 肺炎球菌は、肺炎や中耳炎の主たる起因菌であり、口腔・咽頭・上気道等より分離されるグラム陽性球菌である。さらに、グラム陽性菌において黄色ブドウ球菌と並び、菌血症・敗血症よりもっとも頻繁に分離される菌の一つである。 侵襲性の肺炎球菌性肺炎における血液培養像では、肺炎球菌と赤血球が結合している像が認められる。[web.dent.osaka-u.ac.jp]
グラム陽性球菌
  • 肺炎レンサ球菌と赤血球の相互作用の解析 担当 : 山口雅也(大阪大学産業科学研究所・共同研究) 肺炎球菌は、肺炎や中耳炎の主たる起因菌であり、口腔・咽頭・上気道等より分離されるグラム陽性球菌である。さらに、グラム陽性菌において黄色ブドウ球菌と並び、菌血症・敗血症よりもっとも頻繁に分離される菌の一つである。 侵襲性の肺炎球菌性肺炎における血液培養像では、肺炎球菌と赤血球が結合している像が認められる。[web.dent.osaka-u.ac.jp]
胸水
  • また、胸水が貯まることがあります。肺炎の症状は、風邪の症状に似ていることも多く、これらの症状でつらい場合は、できるだけ早めに病院を受診しましょう。 肺炎球菌性中耳炎 肺炎球菌性中耳炎は、小児に起こりやすく、小児に起こる中耳炎のうち30 40%は、肺炎球菌が原因です。肺炎球菌性中耳炎では、耳が痛み、鼓膜の奥に膿が貯まり、鼓膜が赤く膨らんだりします。日本では薬が効きづらい肺炎球菌(多剤耐性)が増加しており、中耳炎の発症を繰り返したり、重症化して治りにくくなることがあります。[yuki.or.jp]

治療

  • PORT severity indexによる重症度分類: CURB-65による重症度判定:… 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 肺炎球菌性肺炎は、ペニシリン系薬剤によりほぼ治療可能である。 経口薬に変更するタイミングを理解する。  肺炎球菌性肺炎の診断がついた患者では、以下の薬剤より1剤選択をして用いる。[clinicalsup.jp]
  • ・基礎疾患の治療 基礎疾患の治療も肺炎の予防では重要です。 ・ワクチンの接種 肺炎のすべてを予防できるわけではありませんが、インフルエンザワクチンだけでなく肺炎球菌ワクチンの接種も重要です。 ・高齢者肺炎球菌予防接種をご希望の方へ PDF書類をダウンロード ・問診票のダウンロードは こちらから[suzuki-hp.ne.jp]
  • 治療には抗生剤を使います。 肺炎球菌性肺炎の治療には、脾臓がとても大きな役割を担っています。脾臓は左脇腹にある臓器で、肺炎球菌は最終的にはそこで死滅します。何らかの原因で 脾臓がない方や非常に小さい方は肺炎球菌性肺炎になると命に関わるため、注意が必要です。 マイコプラズマ肺炎 激しい咳があるものの、比較的発熱が少ない肺炎です。一時的に一部の地域で、流行することがあります。ときどき、家族内感染も起こします。[min-iren.gr.jp]
  • 治療 抗生物質による治療が行われます。 予防 ワクチンの接種が効果的です。年齢に応じた正しいワクチンと正しいスケジュールで接種を行う必要があります。詳しくは医師にご相談ください。喫煙者は肺炎球菌性肺炎になりやすいことが知られていますので、健康のために禁煙をお勧めします。高齢者および慢性の病気にかかっている人は発病しやすいので、病気がうつりやすい人ごみを避けるようにしましょう。 危険のある地域 世界中に発生が見られます。[forth.go.jp]
  • 治療 [ 編集 ] 肺炎球菌による局所感染症と全身性感染症とでは、生命予後や機能予後(後遺症を残すかどうか)に大きな差がある。このため、治療戦略も異なってくる。 局所感染症 [ 編集 ] 局所感染症の場合、治療の第1選択は ペニシリン 系 抗生物質 である。セフェム系も有効だが、気道への移行がペニシリン系に比べると悪く、またセフェム系は1種類のペニシリン結合蛋白にしか結合できないため、耐性が獲得されやすいという問題がある。[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 参考として ・国立感染症研究所ホームページ ・「予防接種に関するQ&A集」-一般社団法人日本ワクチン産業協会(岡部信彦 川崎市健康安全研究所所長、多屋馨子国立感染症研究所感染症疫学センター第三室(予防接種室)室長 ) 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 更新:2014/11[kansensho.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 高齢者用肺炎球菌ワクチン定期予防接種について 肺炎球菌性肺炎は、成人肺炎の25% 40%を占め、とくに高齢者の重篤化が問題になっています。 予防接種をすることにより、肺炎球菌による肺炎の予防や重症化を防ぐ効果があり、免疫の持続は約5年間とされています。 市では、秋田市に住民登録のあるかたを対象に予防接種を実施します。平成31年度に対象年齢となるかたへ、「お知らせ」のはがきを送りました。[city.akita.lg.jp]
  • はいえんきゅうきん 【定期接種】高齢者の 肺炎球菌 感染症 予防接種 高齢者の肺炎の原因で頻度が高く、重症化しやすいものが肺炎球菌による肺炎です。肺炎球菌予防接種は肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、肺炎球菌による肺炎の予防や、重症化に対する効果が期待されます。 ※ワクチンの効果や副作用について医師と相談し、十分ご理解のうえ、接種される方の判断で予防接種を受けてください。[iwami.gr.jp]
  • 予防接種は体調の良いときに受けましょう。 接種後30分間は急な反応が起こることがあるため、医師に連絡を取れるようにしておきましょう。 ワクチン接種後の副反応は通常1 5日程度以内に起こりますので、この間は体調に注意しましょう。 当日の入浴は差し支えありませんが、接種部位を強くこすらないようにしましょう。 当日は激しい運動は避けてください。 この予防接種は定期予防接種ではなく、本人の希望により実施する任意の予防接種です。[city.sakata.lg.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!