Edit concept Question Editor Create issue ticket

肢端大腿骨頭異形成


提示

  • TD 臨床型 のばらつきが報告されており、提示された長骨の軟骨内疾患の重症度に 変異 依存性の差があることを除けば(Bellus et al 2000)、 変異 特異性は見られない。 その他の臨床疾患に、過去にTD患者において同定したFGFR3 変異 が関与することはまれである(「対立遺伝子疾患」参照)。 浸透度 FGFR3における 変異 の 浸透率 は100%であった。 促進現象 促進現象 は観察されなかった。[grj.umin.jp]
腎機能障害
  • 性滑液包炎 M063 リウマチ性皮下結節 M064 炎症性多発性関節障害 M068 その他の明示された関節リウマチ M069 関節リウマチ,詳細不明 M080 若年性関節リウマチ M081 若年性強直性脊椎炎 M082 全身性発症を伴う若年性関節炎[スチル〈Still〉病] M083 若年性多発性関節炎(血清反応陰性) M084 少関節型若年性関節炎 M088 その他の若年性関節炎 M089 若年性関節炎,詳細不明 M100 特発性痛風 M101 鉛誘発性痛風 M102 薬物誘発性痛風 M103 機能障害[e-stat.go.jp]
骨盤痛
  • 喘鳴〈wheezing〉 R063 周期性呼吸 R064 過呼吸 R065 口呼吸 R066 しゃっくり〈吃逆〉 R067 くしゃみ R068 その他および詳細不明の呼吸の異常 R070 咽喉痛 R071 呼吸時の胸痛 R072 前胸部痛 R073 その他の胸痛 R074 胸痛,詳細不明 R090 窒息 R091 胸膜炎 R092 呼吸停止 R093 喀痰異常 R098 循環器系および呼吸器系に関するその他の明示された症状および徴候 R100 急性腹症 R101 上腹部に限局した疼痛 R102 骨盤[e-stat.go.jp]
性機能障害
  • E319 多腺機能障害,詳細不明 E320 胸腺の過形成遺残 E321 胸腺膿瘍 E328 その他の胸腺の疾患 E329 胸腺の疾患,詳細不明 E340 カルチノイド症候群 E341 消化管ホルモンのその他の分泌過剰 E342 異所性ホルモン分泌,他に分類されないもの E343 低身長,他に分類されないもの E344 体質性高身長 E345 アンドロゲン抵抗性症候群 E348 その他の明示された内分泌障害 E349 内分泌障害,詳細不明 E40 クワシオルコル E41 栄養性消耗症〈マラスムス[e-stat.go.jp]
脊柱前弯
  • )(症) M405 (脊柱)(症),詳細不明 M410 乳児特発性(脊柱)側弯(症) M411 若年性特発性(脊柱)側弯(症) M412 その他の特発性(脊柱)側弯(症) M413 胸郭原性(脊柱)側弯(症) M414 神経筋性(脊柱)側弯(症) M415 その他の続発性(脊柱)側弯(症) M418 その他の型の(脊柱)側弯(症) M419 (脊柱)側弯(症),詳細不明 M420 若年性脊椎骨軟骨症〈骨端症〉 M421 成人脊椎骨軟骨症〈骨端症〉 M429 脊椎骨軟骨症〈骨端症〉,詳細不明[e-stat.go.jp]
平衡障害
  • P743 新生児のカリウム平衡障害 P744 新生児のその他の一過性電解質障害 P745 新生児一過性チロジン血症 P748 新生児のその他の一過性代謝障害 P749 新生児の一過性代謝障害,詳細不明 P760 胎便栓症候群 P761 新生児一過性イレウス P762 濃縮乳による腸閉塞 P768 新生児のその他の明示された腸閉塞 P769 新生児の腸閉塞,詳細不明 P77 胎児および新生児のえ〈壊〉死性腸炎 P780 周産期の腸穿孔 P781 その他の新生児腹膜炎 P782 母体血液のえん〈嚥〉[e-stat.go.jp]
嘔吐
  • 脚の動脈:脚の筋肉のうずくような痛み、けいれん、疲労感(跛行)、動脈の狭窄部を血液が通過することで起こる異常な音が聴診器で聴こえる(血管雑音)、大腿静脈の脈が弱くなる 腎動脈:高血圧 頸動脈:一過性脳虚血発作または脳卒中の症状(発話困難、筋力低下、片側麻痺、視覚障害など) 頭蓋内動脈:動脈瘤の症状(頭痛、眼の上および奥の痛み、しびれ、筋力低下、体の片側の麻痺、視覚障害など) 腹腔内動脈:嘔吐または腹痛(まれ) 超音波検査により線維筋性異形成の診断が示唆される場合がありますが、診断の確定には血管造影検査[msdmanuals.com]
  • O218 妊娠に合併するその他の嘔吐 O219 妊娠嘔吐,詳細不明 O220 妊娠中の下肢の静脈瘤 O221 妊娠中の性器の静脈瘤 O222 妊娠中の浅〈表〉在性血栓(性)静脈炎 O223 妊娠中の深在静脈血栓症 O224 妊娠中の痔核 O225 妊娠中の脳静脈血栓症 O228 妊娠中のその他の静脈合併症 O229 妊娠中の静脈合併症,詳細不明 O230 妊娠中の腎感染症 O231 妊娠中の膀胱感染症 O232 妊娠中の尿道感染症 O233 妊娠中のその他の部位の尿路感染症 O234 妊娠中の詳細不明[e-stat.go.jp]
吐き気
  • 化学療法には、吐き気や神経過敏、抜け毛、極度の疲労感などの不快な副作用が伴います。 凍結手術療法 凍結手術療法は、もうひとつの可能性を持つ治療法です。この治療法では、がん細胞を液化窒素で凍結させることによって死滅させます。穴の開いた管を腫瘍に挿入し、液化窒素またはアルゴン・ガスが送られます。場合により、骨腫瘍に対し、通常の手術の代わりに凍結手術が利用されます。 医師 患者は回復するまで、主治医と緊密に連絡を取るよう指示があるでしょう。[msn.com]

治療

  • 良性骨腫瘍の治療 II. 悪性骨腫瘍の標準的治療 III.転移性骨腫瘍に対する治療 近年、悪性腫瘍に対する治療の進歩は著しく、担癌患者の生命予後は改善してきたが、転移性骨腫瘍の頻度は増加傾向にあり、一般整形外科医であっても日常診療でしばしば遭遇する。特に乳癌、前立腺癌、肺癌は我が国においてその発生数は増加傾向にある上に骨転移を来しやすい腫瘍でもあり、適切に治療することが重要である。[medic.mie-u.ac.jp]
  • 医療費の自己負担の軽減(特定疾患治療研究事業対象56疾患) 指定疾患の一覧 [ 編集 ] 難治性疾患克服研究事業(臨床調査研究分野対象疾患) [ 編集 ] 130疾患 (2009年4月1日現在)。厚生労働省による原因究明・治療法などの研究が行われる。患者の自己負担分を公費で負担するのは、特定疾患治療研究事業対象疾患のみである。 (作成中) この節の 加筆 が望まれています。 特定疾患治療研究事業対象疾患 [ 編集 ] 56疾患 (2009年10月1日現在)。[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 疫学 頻度は出生児(死産を含む)の1/20,000 1/50,000程度 である。重症の四肢短縮を示す致死性の先天性骨系統疾患では最も頻度が高いとされている。理論上は常染色体優性遺伝形式であるが、出生後早期に死亡するこ とが多く、妊孕性のある年齢に至らないため、実際の発症は全例が新生突然変異である。 3. 原因 疾患の原因は線維芽細胞増殖因子3遺伝子の点突然変異による。[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 患肢の浮腫を予防するため、術直後から手指の運動を行う。 橈骨神経が損傷する を合併している場合も、関節の拘縮を予防するため、他動運動を行う。 上腕骨顆上骨折 治療のポイント 小児に多く、転倒時に肘関節を伸展した状態で肘周辺に受傷するケースが多いが、肘を曲げた状態で受傷するケースもまれにある。 転位が大きい場合は、正中・尺骨・橈骨神経麻痺や、上腕動脈の循環障害に注意が必要である。 保存療法が原則だが、骨折部の不安定性が強い場合は手術が適応となる。[nurseful.jp]
  • 「難治性疾患克服研究事業」によると「特定疾患」の選定基準は、 稀少性:患者数は概ね5万人未満 原因不明:原因または発症メカニズムが未解明の疾患 効果的な治療法未確立:進行阻止または発症予防の手法が確立されていない疾患 生活面への長期にわたる支障:日常生活に支障があり長期療養を必要とする疾患 とされています。 平成20年度現在では、123疾患が指定されていますが、平成21年度より下記の7疾患が追加され130疾患となります。[nanfes.jp]
  • そのため、発症原因の解明、予防・治療法の確立が待ち望まれています。 共同研究グループは世界各地の研究者・医師の協力により軸性脊椎骨幹端異形成症の患者とその両親のデータとDNAを計9家系分収集しました。そして、 次世代シーケンサー [3] を用いた エクソーム解析 [4] でDNAを調べた結果、6家系に C21orf2 遺伝子の変異を5種類発見しました。発見した5種類の変異は、いずれも遺伝子機能の低下・喪失をきたす変異でした。[riken.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!