Edit concept Question Editor Create issue ticket

肢根型点状軟骨異形成症 3型


治療

  • 目 次 1 診断と治療総論 [診断総論] 三次元CTと三次元MRI/関節穿刺法と関節液検査/筋力訓練・測定器/神経伝導速度検査と筋電図/脊髄誘発電位と術中脊髄モニタリング/超音波診断/サーモグラフィー/脊髄造影/椎間板造影/神経根造影/シンチグラフィー/骨塩定量法 [治療総論] 自己血輸血/肺血栓塞栓症/院内・手術室内感染対策/整形外科手術に対する麻酔法の選択/硬膜外ブロック/超音波ガイド下神経ブロック/頭蓋直達牽引とhalo vest固定/関節鏡視下手術と手術機器/骨延長[術]/骨移植と骨バンク[igaku-shoin.co.jp]
  • 低身長 多数の研究で,成長ホルモン(GH)療法が軟骨無形成症による低身長に対して可能性のある治療として評価されている[Seino et al 2000,Kanaka-Gantenbein 2001,Kanazawa et al 2003]. 一般に,こうした研究などでは治療開始時の成長の加速化が示されたが,時間が経過するにつれて治療効果は低下した. 成人の身長に対してはわずかな効果しか得られていないようである.[grj.umin.jp]
  • 書籍詳細 骨,関節の画像診断 大野藤吾 編 B5判 450頁 定価 (本体 15,000 円 税) ISBN978-4-498-05442-4 1994年05月発行 在庫なし 序 骨,関節病変は整形外科における主要病変である.それ故,骨,関節の画像所見を正確に把握することは,整形外科医にとって極めて重要なことである.整形外科では,診断の半数以上は画像所見の判読に依存し,これに基づいて治療がされている.[chugaiigaku.jp]

予防

  • 角状後弯の固定化を予防プロトコルが利用できる[Pauli et al 1997]. 躯幹筋力が増強して児が歩行を開始しても自然寛解に至らなかった場合,矯正器具の使用で胸腰部後弯の持続を予防できることが多い. 重度の後弯が持続する場合,神経学的合併症を予防するため,脊椎手術が必要となることがある[Ain & Browne 2004,Ain & Shirley 2004]. 脊柱管狭窄症 脊柱管狭窄症の徴候や症状が重度となった場合,緊急手術の検討が妥当である.[grj.umin.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!