Edit concept Question Editor Create issue ticket

肝門硬化


提示

下肢の浮腫
  • 【入院時現症】 BT35.4 ,BP64/40mmHg(ショック状態),HR100台,SPO293-94%RA,両下肢浮腫が観察された.右下肢には腫脹があり,脛側に紫斑を伴う(Photo 1)疼痛が強く悶絶様であった. Table 1 入院時検査所見 【入院時検査所見】 血算や,凝固・線溶系検査の結果よりDICと診断された.(Table 1)また,生化学検査では,AST,ALT,LDH,γ-GTP,ALP,CKなどの肝・骨格筋由来の酵素や,CRPが高値を示した.[chiringi.or.jp]

精密検査

  • 胆管腫瘍 (たんかんしゅよう) 肝外胆管(肝臓から十二指腸への胆汁の通り道)にできた腫瘍であり黄疸をきたすことがあるため早急に精密検査が必要です。 胆管壁肥厚 (たんかんへきこう) 胆管の壁が厚くなった状態であり炎症や腫瘍が疑われます。精密検査を受けて下さい。 胆泥 (たんでい) 濃縮胆汁や感染に伴う炎症性産生物のことですが、胆嚢がんなどの腫瘍と紛らわしい超音波像を示すため精密検査が必要です。 胆嚢気腫 (たんのうきしゅ) 胆嚢内にガス像を認める状態です。[ningen-dock.jp]
  • (4) 超音波内視鏡検査 内視鏡の先端に超音波の機械がついた特殊なカメラを口から飲んで頂き、胃や十二指腸からその裏にある胆道を詳しく超音波検査する精密検査です。胆道により近い位置から超音波検査するため、胆道癌周囲の詳細な情報を得ることができます。 (5) ERCP検査 口から特殊なカメラを飲んで頂き、十二指腸乳頭部より胆管内に処置具を実際に挿入して行う精密検査です。手術の術式を決めるために癌の進展度診断を行ったり、癌の確定診断をつけるために病変から直接組織を採取したりします。[todai-tansui.com]
  • また、健康診断で肝障害がある方が、精密検査で B 型肝炎や C 型肝炎の持続感染者であることが判明し、その後の3 4ヶ月ごとの定期健診で小さな肝細胞がんがみつかることが多いと思います。 血液検査でわかることは、肝炎・肝硬変がありそうか、あれば程度、肝炎ウィルスの持続感染があるか、腫瘍マーカーが高いか、ということです。肝細胞がんの腫瘍マーカーはいくつか開発されていますが、有名なのは AFP(アルファ・フェトプロテイン)とPIVKA-Ⅱ(ピブカ・ツー)です。[jfcr.or.jp]
プロトロンビン時間の延長
  • 表1.Child-Pugh分類 1点 2点 3点 アルブミン(g/dL) 3.5超 2.8以上3.5未満 2.8未満 ビリルビン(mg/dL) 2.0未満 2.0以上3.0以下 3.0超 腹水 なし 軽度 コントロール可能 中等度以上 コントロール困難 肝性脳症(度) なし 1 2 3 4 プロトロンビン時間 (秒、延長) (%) 4未満 70超 4以上6以下 40以上70以下 6超 40未満 門脈圧亢進症とは 門脈とは、腸管と脾臓から肝臓に運ばれる血液が通る血管のことを言います。[wakayamah.johas.go.jp]

治療

  • 役職 氏名 専門分野 部長・准教授 野尻 俊輔 肝臓病一般、肝臓がん集学的治療、ラジオ波焼灼療法、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の診断と治療、肝炎、食道静脈瘤の内視鏡的治療、肝硬変の栄養療法、漢方薬を使用した肝疾患治療 副部長・講師 林 香月 膵・胆道疾患の内視鏡診断・治療、膵・胆道がんの悪性狭窄の内視鏡治療 ウイルス学教授 田中 靖人 ウイルス性肝炎の診断と治療、遺伝子検査に基づいた治療、その他の肝炎 講師 藤原 圭 肝疾患の診断と治療 講師 内藤 格 膵・胆道疾患の内視鏡診断・治療、IgG4[w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp]
  • 肝胆膵外科 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定医 日本肝臓学会 専門医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 山下 博成 医員 肝胆膵外科 日本外科学会専門医 日本消化器病学会専門医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 インフェクションコントロールドクター 白川 幸代 医員 肝胆膵外科 日本外科学会専門医 日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本移植学会移植認定医(膵) 検診マンモグラフィ[hosp.kobe-u.ac.jp]
  • 治療法 肝細胞がんの治療は、日本肝臓学会による肝癌診療ガイドラインを参考に、肝機能と肝がんの個数、大きさもとにして決められます。 (肝癌診療ガイドライン2017より) 肝機能が良い状態では、治療の自由度が高く、いろいろな治療を適応することができます。 手術療法 もっとも根治性が高い(治る可能性が高い)治療です。 肝細胞がんの手術と成績 1.肝切除術 がんが少数個の場合に考慮されます。手術療法は大きな腫瘍でも治療可能です。[jfcr.or.jp]
  • がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2 3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3 5回行い、合計1 40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、20 30分程度の治療時間になります。[ganchiryo.com]

疫学

  • 原発性硬化性胆管炎・IgG4関連硬化性胆管炎の疫学 田中 篤、滝川 一……304 311 画像解説 胆嚢摘出後に発生し、胆道出血を伴った胆嚢管癌 馬淵 正敏、土井 晋平、安田 一朗、高橋美紀子、川本 雅司……312 317 巻・号総目次へ戻る Vol.30 No.1 第51回日本胆道学会学術集会記録 会長講演 私の歩んだ胆道学―人との出会いに感謝して― 窪田 敬一……24 30 日本胆道学会認定指導医養成講座 遠位胆管癌に対する上腸間膜動脈周囲リンパ節郭清 江畑 智希、横山 幸浩、菅原 元、伊神[tando.gr.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • ② 化学療法(抗癌剤) 化学療法は、手術後の再発予防や手術が困難な場合、再発した場合に行われます。以前は胆管癌に有効な化学療法はほとんどありませんでしたが、近年有効な抗癌剤(塩酸ゲムシタビン、ティーエスワン等)が開発されてきています。副作用は比較的軽度で外来で行うことが可能です。 ③ 放射線療法 遠隔転移(肝、肺、骨などへの転移)を認めない進行癌や術後局所(胆管を切除した付近)再発に対して行われます。[teikyo-hbps.jp]
  • 根治的治療のあとの宿命的な再発をなんとか予防することはできないか、長年研究が重ねられていますが確実に再発を予防する治療法は未だ開発されていません。 肝内の再発が発見されたら、はじめて発見されたときと同じ治療法選択の手順で治療を決めます。再手術も条件があえば施行します。肝外の再発は明らかな転移で全身にがん細胞がちらばっているとみなされる状況ですので、全身化学療法が合理的です。 治癒率 他がん種の多くは、根治的治療のあとは5年ほどで再発がなくなり、5年無再発ならほぼ治癒と考えます。[jfcr.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!