Edit concept Question Editor Create issue ticket

肝臓紫斑病


提示

黄疸
  • 胆嚢(たんのう)、胆管、膵臓 上腹部痛,黄疸,発熱,腰背部痛など 十二指腸内視鏡等を用いて総胆管結石、胆嚢炎、胆嚢がん、胆管がん、慢性膵炎、膵がんなどの診断および治療を行っています。お腹を切らず口から内視鏡を挿入して治療できますので、患者さまの負担を少なくすることができます。 進行した胆管がんや膵がんのために胆汁の流れが悪くなって黄疸をきたしている患者さまでは、総胆管にステントというチューブを入れることによって黄疸をとり、すみやかな日常生活への復帰が可能となり、生活の質の向上に役立てています。[city.fukuyama.hiroshima.jp]
  • 、C型肝炎)、急性肝不全、 乳児胆汁うっ滞症候群、肝硬変、原発性硬化性胆管炎、自己免疫性肝炎、脂肪肝(NASH)、体質性黄疸、薬剤性肝炎、門脈圧亢進症、 代謝性肝疾患(ミトコンドリア病、シトリン欠損症、ウィルソン病など)、胆管胆石症、急性胆嚢炎、急性膵炎、慢性膵炎 など 消化管内視鏡検査 当科では消化管内視鏡検査を施行しています。[pref.saitama.lg.jp]
  • 黄疸,肝腫大,および肝不全を特徴とする明らかな肝疾患を発症する患者もいる。 軽症例では,肝機能検査でわずかな異常がみられた際や,その他の理由で画像検査が施行された際に偶然発見されることがある。超音波検査やCTで嚢胞を検出することができる。大半の患者は治療を受けない。 Last full review/revision September 2013 by Nicholas T. Orfanidis, MD[msdmanuals.com]
  • ともに症状として,全身消耗,皮膚や性器の異常,感染に対する抵抗力の低下,循環障害などを伴うが,黄疸の増強,腹水,出血傾向,肝性脳症と,高度の栄養障害が臨床的には重大な問題となる。 [肝臓の機能低下による種々の症状] (1)黄疸 黄色色素のビリルビンが体内に蓄積して皮膚などを黄色に染める現象を 黄疸 という。… 【血液】より …まれな遺伝性疾患として,顆粒球の機能が異常で,殺菌力が欠如しているため身体各所に感染症をきたす疾患もある。[kotobank.jp]
  • 出血性疾患 血友病、紫斑病、壊血病、重症肝臓病、黄疸など 7. 腹部の炎症 急性虫垂炎、腹膜炎、胃潰瘍、腸炎など 8. 拡大または伝染の恐れのある皮膚病 湿疹、寄生虫による皮膚病、伝染性の皮膚疾患など 9.[rirakuhonpo.com]
肝腫大
  • 黄疸,,および肝不全を特徴とする明らかな肝疾患を発症する患者もいる。 軽症例では,肝機能検査でわずかな異常がみられた際や,その他の理由で画像検査が施行された際に偶然発見されることがある。超音波検査やCTで嚢胞を検出することができる。大半の患者は治療を受けない。 Last full review/revision September 2013 by Nicholas T. Orfanidis, MD[msdmanuals.com]
  • 口 絵 資料1 便色カード 刊行にあたって 玉井 浩 序 文 松井 陽 執筆者一覧 総 論 A 発生と機能 1 消化管 清水俊明 2 肝・胆・膵 須磨崎 亮 B 症 候 1 嚥下障害 工藤孝広 2 嘔 吐 世川 修 3 食欲不振 名木田 章 4 下 痢 豊田 茂 5 便 秘 羽鳥麗子 6 腹 痛 藤澤卓爾 7 吐下血 松村成一 8 腹部膨満,腹部腫瘤 秋山卓士 9 黄 疸 須磨崎 亮 10  窪田 満 11 脾腫大 髙野智子 C 検査手技 1 単純X線検査 野坂俊介 2 消化管造影検査 野坂俊介[shindan.co.jp]
嘔吐
  • •重大な出血:頭痛、吐き気、嘔吐、しびれ、片側のまひ、うまく話せない、意識もうろう、吐血、血便(赤 黒い便)、血痰、息苦しい。 •TTP:だるい、食欲不振、皮下出血(青あざ)、発熱、意識もうろう。 •重い過敏症:じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい。[nagoya.tokushukai.or.jp]
  • 対象となるお子様の症状 繰り返す腹痛・嘔吐 原因不明の血便 長引く下痢 便秘 体重増加不良、体重減少 黄疸・胆汁うっ滞 肝障害(肝臓数値上昇)など 消化器肝臓科の対象となる疾患 潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病、難治性下痢症、吸収不良症候群、胃・十二指腸潰瘍、胃炎・十二指腸炎、異物誤飲、 消化管アレルギー、好酸球性胃腸炎、過敏性腸炎、反復性上腹部痛、若年性ポリープ、ポリポーシス症候群、 血管性紫斑病(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)、慢性便秘症、食道静脈瘤、急性肝炎、慢性肝炎(B型肝炎[pref.saitama.lg.jp]
吐き気
  • •重大な出血:頭痛、吐き気、嘔吐、しびれ、片側のまひ、うまく話せない、意識もうろう、吐血、血便(赤 黒い便)、血痰、息苦しい。 •血液障害:発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。 •肝障害:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。[nagoya.tokushukai.or.jp]
  • 副反応について 5% 以下の確率で、発熱、発疹、局所の疼痛、かゆみ、腫脹、硬結、発赤、吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛、手の脱力感などが見られ、いずれも数日で回復します。 まれに報告される重い副反応としては、アナフィラキシー様症状、急性血小板減少性紫斑病等があります。 対象者と接種方法 接種費用は無料です。※ただし、平成28年10月1日より以前に受けた予防接種費用の還付(返金)はありません。 【対象者と接種回数】 平成28年4月1日以降に生まれた1歳未満で3回接種します。[city.aizuwakamatsu.fukushima.jp]

精密検査

  • そのため、健康診断で肝障害を指摘されても患者さまにも精密検査が無視されやすい傾向にあります。 日本は世界的にもウイルス性肝炎の患者さまが多いため、治療水準も世界有数です。備後地区は全国的にもウイルス性肝炎の有病率が高い地域であるため、肝硬変や肝がんの罹患率も高くなっています。今後も地域社会に肝疾患について啓蒙するとともに、患者さまに最高の医療を提供できるようにがんばっていきます。 急性肝炎 ウイルス性肝炎、薬剤性肝障害など種々の原因があります。[city.fukuyama.hiroshima.jp]
白血球増加
  • 検査と診断 結節性多発動脈炎では、赤沈の亢進、CRPの上昇、白血球増加、貧血、血小板増多が見られます。尿では、潜血陽性、軽度のたんぱく尿、沈渣で赤血球が認められます。自己抗体は検出されません。診断を確定するには、症状のある部位(皮膚、腎臓、神経など)からの生検が必要です。あるいは、血管造影やMRアンギオグラフィーにより、多発する小動脈瘤が確認できれば結節性多発動脈炎と診断できます。 当科での治療 治療は副腎皮質ステロイドと免疫抑制薬(主としてエンドキサン )を使用します。[twmu.ac.jp]
肝生検
  • また、検査中に肝臓の組織を採ることによって、体外からのに比べて、より大きな組織を採ることができ、病理診断が容易になります。 当院では、細い内視鏡を使用することによって、患者さまの負担の軽減に努めています。 腹腔鏡検査をしながら、太い針で肝臓の組織を採ったり、超音波で見ながら体外から針を刺して、肝臓の組織を採ったりします。採った組織は、染色して顕微鏡で調べ、病理診断を行います。[city.fukuyama.hiroshima.jp]
  • 神戸大学附属病院勤務中の約10年間、腹部エコーを用いた検診のみならず、、肝腫瘍生検、肝がんのエコー下治療など多数行ってまいりました。また、肝炎症性偽腫瘍といった肝腫瘍のエコー像を世界で初めて発見し、英文誌に報告するなどしています。(Saito M, et al. Intern Med 2012; 51(7):723-726) 【 論文PDFはこちら 】 さらに、当院では、大学病院クラスで採用されているエコー機器の中でも一番ハイスペックな機器を導入いたしました。[saito-naika-cl.com]
  • 、消化器内視鏡上部・下部・ ERCP の症例数は下記表をご覧ください。 2010 年からは小腸カプセル内視鏡を、翌年からはダブルバルーン小腸内視鏡も始め沢山の新たな診断につながっています。お子さんのおなかの症状で少しでも気になることがございましたら、ぜひ当科へお越しください。[tobu.saiseikai.or.jp]
  •  疸 須磨崎 亮 10 肝腫大 窪田 満 11 脾腫大 髙野智子 C 検査手技 1 単純X線検査 野坂俊介 2 消化管造影検査 野坂俊介 3 腹部超音波検査 余田 篤 4 腹部CT検査 宮坂実木子 5 MRI,MRCP 河野達夫 6 腹部血管造影検査 野坂俊介 7 シンチグラフィ 持田郁子 8 PET 河野達夫 9 内視鏡検査 中山佳子 10 便潜血検査 佐々木美香 11 便培養 岡田和子 12 消化吸収試験 惠谷ゆり 13 一般肝機能検査 衞藤 隆 14 腹水検査,腹腔鏡検査 古川泰三 15 [shindan.co.jp]

治療

  • 悪性腫瘍の治療は集学的な治療が必要で、放射線治療や外科治療を抗癌剤治療と有機的に組み合わせ、より効率的な治療法を選択しています。 更に当院では1999年より造血器悪性疾患や化学療法高感受性の固形がんの患者さんの治療として自家末梢血幹細胞移植術を行っています。本治療は抗癌剤 の最も重篤な副作用である骨髄毒性故に限界のあった化学療法の増量を可能とし、治療効果が期待される治療法です。 また、薬剤部や看護部と一緒に抗癌剤や放射線治療の副作用予防法にも取り組んでいます。[kgh.or.jp]
  • 病状と年齢に応じて、治癒をめざした治療と、肝硬変への進展を遅らせる治療とを使い分けています。 肝硬変 慢性肝炎の進展によるものがほとんどですが、日本住血吸虫(片山病)やアルコールによるものもあります。継続した治療により、肝不全による死亡は減らすことができますが、3か月ごとの定期的な肝画像診断により、肝がんを早期に発見して治療することが大切です。 肝がん 肝硬変や慢性肝炎を背景に発生する肝細胞がんがほとんどです。[city.fukuyama.hiroshima.jp]
  • 胆道がんの治療には以下の治療法があります。 1. 手術 2. 抗がん剤 3. 放射線治療 4. 胆道ステント 5. 集学的治療(1〜4) しかし、今のところ切除に勝る効果はあまりなく、手術で切除する治療が最も効果的です。 胆道がんは、肝門部胆管がん、胆嚢がん、中部胆管がん、膵内胆管がんに分けられます。[hosp.tohoku.ac.jp]

疫学

  • 表1.急性ITPと慢性ITPの特徴 《疫学》 日本においては、年間発生率は、10万人に1.16人。毎年200名前後の発症といわれています。小児では性差が認められませんが、15歳以降では、女性が2 4倍多くなります。 《分類》 表1.のように急性型と慢性型に分けられます。 《病気を疑うとき》 皮膚の出血性病変や生理過多といった出血傾向があり、血小板数が少ない場合に疑われます。最近では、健康診断等にて無症状でも血小板減少を契機に発見されることもあります。[harasanshin.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 [ 編集 ] 免疫応答の異常が強く推察されている。特に IgA 抗体 の高値やIgA 免疫複合体 の検出などが報告されており、発症にIgAの免疫複合体が関与していることが疑われる。組織学的には糸球体血管壁にIgA、補体C3の沈着、皮膚毛細血管では好中球浸潤が見られ、紫斑部位では好中球破砕性血管炎が特徴的である。[ja.wikipedia.org]
  • 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 内科学 第10版 の解説 出血傾向(症候学) 概念 生体においては,血管・血小板・血液凝固因子による止血機構と線溶および凝固線溶阻止因子がバランスを保っているが,その破綻により容易に出血したり,あるいはいったん出血すると止血しにくい状態のことを出血傾向という.血小板あるいは血管壁に問題のある場合は一次止血異常とよび,凝固系に問題のある場合は二次止血異常と称する.【 14-3-3),14-4】 成因・病態生理(表2-29-1) 1)一次止血異常: 血小板[kotobank.jp]

予防

  • ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができ、一過性の肝炎を予防、キャリアになることを予防し、まわりの人への感染も防ぐことができます。※ 予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫ができないことがあります。 B型肝炎ワクチンの有効性 B型肝炎ワクチンは、組換えDNA技術を応用して生産された不活化ワクチンです。基礎免疫をつけるには一定の間隔で3回の接種を行うことで、B型肝炎と将来の肝がんを予防できるとされています。[city.aizuwakamatsu.fukushima.jp]
  • 7.この病気にはどのような治療法がありますか 先天性TTP(USS)に対しては、2週間毎に新鮮凍結血漿10ml/kg体重を輸注し、ADAMTS13酵素を補充する事により発症を予防します。ただし、半数の症例で定期的な補充を必要とせず、発作時のみ新鮮凍結血漿を輸注している症例もあります。 後天性TTPに対しては、基本となるのは以下の 血漿交換療法 です。血小板減少に対して、初回に血小板輸血を行うと症状が急速に増悪する事がありますので、予防的血小板輸血は「禁忌」と考えられています。[nanbyou.or.jp]
  • また、薬剤部や看護部と一緒に抗癌剤や放射線治療の副作用予防法にも取り組んでいます。 呼吸器疾患で初めて当院を受診される方へ 呼吸器疾患の症状のある方は、まず一般内科で診察させていただきます。 診察の結果、専門医の診察や検査が必要な場合、当院は日本呼吸器学会の呼吸器専門医は常駐しておりませんので、専門医の担当日に再受診するか、他施設をご紹介いたします。[kgh.or.jp]
  • 慢性心不全の増悪予防。 心筋梗塞の再発や突然死が減り、生命予後が改善。 といった効果が期待できます。 一般病棟では、モニターで心拍数などを監視しながら歩行訓練を行い早期離床に努めます。病棟でのリハビリが終了すれば、リハビリテーション室で本格的なリハビリが開始されます。ストレッチや筋力増強訓練、自転車エルゴメータ、トレッドミルなどを行います。また、医師や看護師、薬剤師、管理栄養士より退院後の日常生活についての指導も行います。[kyushuh.johas.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!