Edit concept Question Editor Create issue ticket

肝内胆管狭窄


提示

黄疸
  • 初期症状として、皮膚や白目が黄色くなる 黄疸 (おうだん)が現れたり、白い便がみられたりすることがある。これはがんが増殖し胆管が詰まって胆汁の流れがせき止められるため。ただし、粘膜に染みこむように広がるタイプのがんでは詰まらない場合もあり、必ず黄疸が現れるとは限らない。 診断は、超音波、CT、MRIなどの画像や、腫瘍マーカー、細胞診などによって行われる。 黄疸があれば、まず溜まった胆汁を吸い出す(ドレナージ)ことが急がれる。[kotobank.jp]
  • (2)黄疸尿 血液中のビリルビン濃度が高くなると、尿中に排泄(はいせつ)されることにより、尿の色が茶色っぽく、濃くなります。尿検査でビリルビンを確認することで黄疸の有無がわかります。 (3)かゆみ 黄疸が出ると皮膚のかゆみも同時にあらわれることが多く、これは胆汁中の胆汁酸という物質がビリルビンと一緒に血管内へ流れるためです。 2)腹痛 みぞおちや右脇腹に痛みが出ます。[ganjoho.jp]
  • (1)胆汁うっ滞による症状(腹痛、発熱、黄疸など)は同様。 (2)炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の病歴は稀である。他臓器のIgG4関連疾患を合併することがある。 (3)血液検査値異常(6か月以上にわたるALP値上昇(正常上限の2 3倍))を呈することはあるが、AIPに伴う胆管病変は肝外が主体で閉塞性黄疸が主な症状である。[nanbyou.or.jp]

精密検査

  • 一度精密検査を受けることをお勧めします。当センターで精密検査を受けることが可能です。お気軽にご相談ください。 胆道がんとは 胆道とは、肝臓でつくられる胆汁を十二指腸まで運ぶ道(管)のことです。その管は肝臓の中を走り、合流し徐々に太くなり、左右の胆管(左右肝管)となります。そして、1本の胆管(肝外胆管)となり十二指腸乳頭部につながっています。 途中に胆汁を蓄え、濃縮する袋が存在し、これが胆嚢です。[pref.aichi.jp]
  • [検査と診断] 黄疸がなくとも、肝内の胆管に拡張があれば、精密検査を受ける必要があります。 閉塞性黄疸では肝内の胆管が拡張しています。入院し、減黄(げんおう)(黄疸をとる処置)のために挿入したチューブから得た胆汁を細胞診(さいぼうしん)すれば、がんの診断精度は80%以上になります。 がんの場所によって手術は異なる [治療] 肝門部胆管がんには胆嚢がんと同様、肝切除術が行なわれます。むずかしい手術です。 中・下部胆管がんの場合は膵頭十二指腸切除(すいとうじゅうにしちょうせつじょ)が行なわれます。[kotobank.jp]
  • 診断について 肝機能異常や黄疸のため肝外胆管がんが疑われた場合、超音波、CT 、 MRI 、また内視鏡検査などの精密検査を行います。特に、造影 CT 検査が最も大事な検査となります。肝門部領域胆管がんと遠位側胆管がんの手術は大きく異なりますので、高精細な造影 CT 検査により、がんの中心部と広がりの範囲を正確に診断することが重要です。 治療 について 第一選択の治療は手術です。手術が根治の可能性(がんが治る可能性のこと)のある唯一の治療法となります。[ncc.go.jp]

治療

  • 3.効果的な治療方法 未確立(根本的治療法なし、進行例では肝移植が唯一の救命法であるが再発も多い。) 4.長期の療養 必要(肝移植なしの5年生存率は75%) 5.診断基準 あり(研究班が作成した診断基準) 6.重症度分類 1)又は2)を対象とする。[nanbyou.or.jp]
  • 兵庫県立粒子線医療センタートップページ 治療できるがん 肝内胆管がん 肝内胆管がん 肝内胆管がんは、同じ肝原発性腫瘍である肝細胞がんとは違い、カテーテルを用いた治療が困難であり、また有効な化学療法(抗がん剤治療)も少ない、治療の難しいがんです。手術による腫瘍切除が可能であれば手術を優先すべきですが、難しい場合には粒子線治療が有効な選択肢の一つと考えられます。当センターでは化学療法を同時に併用する粒子線治療も行っており、より高い治療効果を目指しています。[hibmc.shingu.hyogo.jp]

疫学

  • 要件の判定に必要な事項 1.患者数(難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究班の疫学調査2007年度) 約400人 2.発病の機構 不明(免疫学的異常が示唆されている。) 3.効果的な治療方法 未確立(根本的治療法なし、進行例では肝移植が唯一の救命法であるが再発も多い。) 4.長期の療養 必要(肝移植なしの5年生存率は75%) 5.診断基準 あり(研究班が作成した診断基準) 6.重症度分類 1)又は2)を対象とする。[nanbyou.or.jp]
  • (2)疫学、症状 乳頭部癌は50 70歳代の男性に多いとされています。発見契機は、閉塞性黄疸、胆管炎、肝機能障害、膵炎などがあります。臨床症状は、黄疸、腹痛、全身倦怠感と発熱などがありますが、20 30%は無症状とされています。胆管に閉塞が起きると、黄疸の出現とともに緊満腫大した無痛性の胆嚢を触れることがあります。これをCourvoisier’s sign: クールボアジェ徴候と呼びます。腫大した胆嚢は、無痛性で、癒着していない限り、振り子のように左右へ動くのが特徴です。[pref.aichi.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防 胆道閉塞の発生のリスクを低めるため、変えられる生活スタイルは次を含みます。 食生活の食物繊維を増やす 胆石の原因となる糖分や飽和脂肪の摂取量を減らす もし患者が肥満である場合、体重は性別や年齢、また慎重に見合った「健康」な体重へと減らしましょう徐々に減らしましょう。[msn.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!