Edit concept Question Editor Create issue ticket

緑膿菌敗血症


提示

発熱
  • 発熱性好中球減少症 (変更がないので、記載を省略しています) 【製造販売元】 大日本住友製薬株式会社 以上[ds-pharma.co.jp]
悪寒
  • 嘔気、嘔吐、悪寒を訴えた症例もあるが、38 以上の発熱は稀である。溶血性尿毒症を伴う例もある。 【 劇症型溶血性連鎖球菌 】 「人食いバクテリア」として恐れられた。咽頭炎、創傷感染、手術創感染などに引き続いて、突然の高熱、四肢の筋肉痛、嘔吐、下痢、血圧低下などの敗血症性ショックを呈する。早期に播種性血管内凝固症候群(DIC)から肝不全、腎不全、成人呼吸窮迫症候群(ARDS)などの多臓器不全を起こして死亡する。 【 炭疽 】 3型に分けられる。[biseibutu.co.jp]

治療

  • また緑膿菌は比較的、新規の薬剤耐性を獲得しやすいため、上記の治療薬に対する耐性菌、特に多剤耐性緑膿菌の出現が問題になる。 多剤耐性緑膿菌感染症 [ 編集 ] 多剤耐性緑膿菌(MDRP)は 1970年代 までにはすでにその存在が知られていた。当時は「複数の薬剤耐性を併せ持ったもの」に対する総称であったが、その後、緑膿菌感染症の治療に有効な3系統の薬剤、すなわち、広域β-ラクタム系、アミノグリコシド系、ニューキノロン系に対して、同時に耐性を示すものを指すようになった。[ja.wikipedia.org]
  • に発症し,敗血症性ショックと急性呼吸促迫症候群から救命しえた緑膿菌市中肺炎の1例 佐々木 朗 a 柳 重久 a 長野 健彦 b 松元 信弘 a 落合 秀信 b 中里 雅光 a a 宮崎大学医学部内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野 b 同 附属病院救命救急センター 要旨 症例は生来健康な57歳,男性.宮崎大学医学部付属病院(当院)入院前日の午前3時に背部痛で覚醒した.日中も改善せず同日夕方に前医に入院した.高熱・低酸素血症・血圧低下・両肺野浸潤影があり翌日当院に転院した.広域抗菌薬併用投与と集学的治療[journal.kyorin.co.jp]

予防

  • 尿路感染症や皮膚感染症を予防するためにも、清潔な水とタオルで清潔保持をすることが大切です。 予防接種を受けておく 高齢の方は、医師と相談のうえ毎冬に流行するインフルエンザの予防接種を受けておくとよいでしょう。接種後約1 2週間してから効果が現れるので、流行前の10 11月ごろ摂取しておくと万全です。家族や介護者も接種が望ましいでしょう。 体力をつけ、楽しく過ごす 免疫の低下は、加齢のみではなく、栄養不良、睡眠不足、運動不足や過多なストレスなどからも生じます。[kaigo.homes.co.jp]
  • ホーム 政策について 分野別の政策一覧 健康・医療 健康 感染症・予防接種情報 感染症法に基づく医師の届出のお願い 49 薬剤耐性緑膿菌感染症[mhlw.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!