Edit concept Question Editor Create issue ticket

網膜瘢痕


治療

  • レーザー治療 糖尿病網膜症に対するレーザー治療 網膜裂孔に対するレーザー治療 緑内障に対するレーザー治療 糖尿病網膜症に対するレーザー治療 網膜光凝固術 増殖型の糖尿病網膜症では、網膜の広範囲に虚血性の変化がおこり、その部位の酸素不足を補おうとして、新生血管(しんせいけっかん)が発生します。この新生血管は脆くて切れやすく、目の中に大きな出血(硝子体出血、しょうしたいしゅっけつ)や、網膜の前面に索状物を形成し、網膜剥離を引き起こしたり、治療が困難な重篤な緑内障をひきおこしたりします。[asahino.or.jp]

疫学

  • 3) 疫学 加齢に伴って起きる病気ですので高齢者に多く、特に60歳以上に多くみられます。また、男性は女性の約3倍の発生率といわれています。約20%には両眼性に発生します。 もともと、欧米において失明原因の第一位である加齢黄斑変性症は、日本人に少ない疾患でした。しかし最近では、日本でも発症数が増加しており、生活様式が欧米化したこと(主に食生活)や、TVやパソコンの普及により眼に光刺激を受ける機会が非常に多くなったことも原因のひとつと考えられています。[osaka-med.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 急性緑内障の発作時や、もともと隅角が狭い人(狭隅角、閉塞隅角)が、緑内障の発作をおこすのを予防するために施行されます。 レーザー虹彩切開術 レーザー照射して、虹彩に孔を開けている レーザー線維柱帯(せんいちゅうたい)形成術 目詰まりなどをおこした線維柱帯(房水の排出口)にレーザーを照射して、房水の排出を促進させる治療です。 いずれのレーザー治療も、外来で短時間で行うことが出来ます。[asahino.or.jp]
  • そのため、世界中で色々な観点から近視進行予防の研究がなされています。旭川医大眼科では、近視進行予防点眼に関する多施設共同研究に、大阪大学、筑波大学、京都府立医大、慶應義塾大学、日本医大、川崎医大と共に参加しており、研究の成果が待たれるところです。(エントリーはすでに終了しています。) (文責:石子智士, 2017/4/20) 斜視と弱視の診断と治療を主に行っています。 外来は毎週水曜日です。医師3〜4名体制で毎月100名を超える患者さんを診察しています。[asahikawa-med.ac.jp]
  • 緑内障は予防ができますか? 緑内障とはどのような病気なのですか? 緑内障は、何らかの原因で視神経が傷害され視野が狭くなる病気です。眼圧の上昇がその原因のひとつといわれています。 緑内障は失明してしまうのでしょうか? 緑内障は早めに気づいて治療を行うことにより失明を避けることができます。緑内障は、日本人が失明する原因では糖尿病網膜症に次いで第2位となっています。それは、慢性の緑内障は自覚症状が少なく気づかない間に進行してしまうからです。失明を防ぐためには早期発見と早期治療が大切です。[yoriichuo-ganka.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!