Edit concept Question Editor Create issue ticket

結節性多発動脈炎


提示

腎不全
  • たとえば 心筋梗塞 に対する 冠動脈形成術 や 不全 に対する 透析 治療などである。不全については、可能なら 腎移植 も考慮される。 高血圧 は積極的に治療した方が良いと思われ、 ACE阻害薬 が効果的である。 予後 [ 編集 ] 治療法が開発されるまではきわめて不良であったが、現在では適切な治療により長期生存が充分見込まれる。しかし重篤な臓器病変がおこれば、疾患そのものの勢いをおさえることに成功したとしても、生命の危機におちいる事はまれではない。[ja.wikipedia.org]
  • なお、不全には血液透析を、腸管穿孔では腸切除を要する。 5.予後 早期に診断し、血管病変が重篤化しない時期に治療を開始することが重要である。早期に治療を行なうことで、完全寛解に至る症例もある。逆に治療開始が遅延すると、脳出血、消化管出血・穿孔、膵臓出血、心筋梗塞、不全で死亡する頻度が高くなる。 大半の症例は、多少の臓器障害を残し寛解に至る。特に知覚神経障害、運動神経障害、維持透析でQOL(quality of life)の低下を来す症例が多い。  [nanbyou.or.jp]
  • 尚、不全には血液透析を、腸管穿孔では腸切除を要します。尚、病状の回復期には、 血管炎の治癒過程で生じる血管内腔の狭窄による末梢側の虚血から、種々の臓器障害を生じます。この為、血栓溶解薬、抗血小板凝集抑制薬、血管拡張薬を投与 します。 予後 早期に診断し、血管病変が重篤化しない時期に治療を開始することが重要であります。早期に治療を行ないますと、完全寛解になる症例もあります。治療開始が遅延しますと、脳出血、消化管出血・穿孔、膵臓出血、心筋梗塞、不全で死亡する頻度が高くなります。[kitakyushu-shogai.net]
  • 血清クレアチニン値が8.0mg/dlの不全。 両眼の視力の和が0.01以下の視力障害。 2肢以上の手・足関節より中枢側の切断。 末梢神経障害による3肢以上の機能障害(筋力3)、もしくは1肢以上の筋力全廃(筋力2以下)。 脳血管障害による完全片麻痺(筋力2以下)。 血管炎による消化管切除術を施行。[vas-mhlw.org]
  • 不全時には、血液透析(とうせき)を受けます。 cPN・MPAともに診断6カ月未満の死亡率が高くなっています。予後は決してよいとはいえません。感染症、肺出血、不全が主な死亡原因です。 【病気に気づいたらどうする】 生命や臓器不全の危険性があるので、専門医の意見を聞き、入院治療を受けることが重要です。早期診断・早期治療が望まれます。膠原病(こうげんびょう)内科、腎臓内科などを受診してください。さまざまな病態・症状のため専門医による指導を守ることが大切です。 [yomidr.yomiuri.co.jp]
血尿
  • 腎臓: 腎臓の小型および中型の動脈が侵されると,高血圧,乏尿,尿毒症を生じるとともに,尿沈渣では細胞円柱を伴わない血尿およびタンパク尿からなる非特異的所見を認める。高血圧は急速に悪化することがある。腎動脈瘤が破裂すると腎周囲血腫を生じることがある。重症例では,腰痛および肉眼的血尿を伴う多発性腎梗塞が起こることがある。腎虚血および腎梗塞は腎不全につながる可能性がある。 消化管: 肝臓または胆嚢の血管炎により右上腹部痛が生じる。急性腹症を伴う胆嚢の穿孔が起こることがある。[msdmanuals.com]
  • 【症状の現れ方】 cPN・MPAともに高熱(38 以上)、体重の減少、関節痛、紫斑(しはん)、皮膚の潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰(けったん)、高血圧、脳出血・脳梗塞、腎機能の低下、血尿・蛋白陽性・潜血(せんけつ)反応陽性などが認められます。重い症状として、MPAでは腎機能の低下、腸出血、肺出血があります。 【治療の方法】 cPN・MPAともに入院し、大量のステロイドで治療を開始し、以後、薬の量を減らしていきます。同時に免疫抑制薬のシクロホスファミド(エンドキサン)を約6カ月間服用します。[yomidr.yomiuri.co.jp]
乏尿
  • 腎臓: 腎臓の小型および中型の動脈が侵されると,高血圧,尿,尿毒症を生じるとともに,尿沈渣では細胞円柱を伴わない血尿およびタンパク尿からなる非特異的所見を認める。高血圧は急速に悪化することがある。腎動脈瘤が破裂すると腎周囲血腫を生じることがある。重症例では,腰痛および肉眼的血尿を伴う多発性腎梗塞が起こることがある。腎虚血および腎梗塞は腎不全につながる可能性がある。 消化管: 肝臓または胆嚢の血管炎により右上腹部痛が生じる。急性腹症を伴う胆嚢の穿孔が起こることがある。[msdmanuals.com]
関節痛
  • この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7.[nanbyou.or.jp]
  • 説明のつかない発熱,関節,皮下小結節,皮膚潰瘍,腹部もしくは四肢の痛み,新たな下垂足もしくは下垂手,または急速な高血圧の発生の組合せがみられ場合にはPANを疑う。 生検または動脈造影によって診断を確定する。 腎機能不全,消化管障害,または神経学的障害は,あまり好ましくない予後の前兆である。 疾患の重症度に応じて,コルチコステロイドを単独,またはシクロホスファミド,メトトレキサート,もしくはアザチオプリンとともに投与する。[msdmanuals.com]
  • また、関節や筋肉痛を起こしてくることもあります。皮膚にも多彩な症状が見られます。リベド皮疹(網目状の皮疹)、皮膚潰瘍、皮下結節などを起こします。神経が侵されると、手足の筋力低下や感覚低下がみられます。 どのように診断をするの? 血液検査、尿検査や画像検査などを組み合せて行います。CTやMRを用いた血管造影が重要な検査となってきます。また、血管内に直接細い管(カテーテル)を挿入して血管を造営する検査を行う場合もあります。皮膚や筋肉、神経の生検から診断がつくこともあります。 原因はなに?[hospital.luke.ac.jp]
  • 症状 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能悪化、腹痛・下血、脳出血・脳梗塞、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤な症状 としては、 腎不全 、 腸出血 、 脳出血・脳梗塞 などがあります。 治療 基本的には 経口のステロイド薬の服用により治療 しますが、その量は重要な臓器障害(心臓・腎臓・消化器など)があるかどうかにより変わります。[ishizuka-cl.com]
筋肉痛
  • この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7.[nanbyou.or.jp]
  • 抄録 症例は47歳男性.平成17年1月,左下腿痛ならびに潰瘍を伴う皮疹が出現し,近医受診.皮膚結節性多発動脈炎と診断された.ステロイド治療を受け,改善を認めた.平成18年1月,下腿潰瘍が急速に増大し,当院皮膚科入院.1月19日当科初診.多発単神経炎,下腿潰瘍,筋肉,CRP 4.21 mg/dlおよび病理組織所見より結節性多発動脈炎と診断.ステロイド大量療法,シクロフォスファミドパルス療法,γグロブリン大量療法,さらに白血球除去療法を施行したが,下腿潰瘍,炎症所見は増悪,寛解を繰り返した.平成19[jstage.jst.go.jp]
  • 筋肉 筋肉 を栄養する血管に血管炎が起こると、筋肉の原因となる。 クレアチンキナーゼ も上昇する。ただし本病変については、通常 皮膚筋炎 ・ 多発性筋炎 ほどの重症度ではない。 目 眼動脈 に血管炎を起こすと、黒内障といって突然失明することがあるがまれである。 検査所見 [ 編集 ] 白血球 、 CRP の上昇など非特異的な炎症所見が得られる。 顕微鏡的多発血管炎 においてはきわめて診断的な MPO-ANCA があるのとは対照的に、本症では診断の手がかりとなるような検査所見は存在しない。[ja.wikipedia.org]
  • また、関節痛や筋肉を起こしてくることもあります。皮膚にも多彩な症状が見られます。リベド皮疹(網目状の皮疹)、皮膚潰瘍、皮下結節などを起こします。神経が侵されると、手足の筋力低下や感覚低下がみられます。 どのように診断をするの? 血液検査、尿検査や画像検査などを組み合せて行います。CTやMRを用いた血管造影が重要な検査となってきます。また、血管内に直接細い管(カテーテル)を挿入して血管を造営する検査を行う場合もあります。皮膚や筋肉、神経の生検から診断がつくこともあります。 原因はなに?[hospital.luke.ac.jp]
体重減少
  • 上記のような症状に発熱・体重減少をくわえたうちから2つ以上と病理学的検査結果があるものを「確実」、症状2つと血管造影または発熱・体重減少を含む症状6つ以上があるものを「疑い」とする。 本症は、当初の受診のきっかけが 消化管出血 、 心筋梗塞 、 脳梗塞 などである場合、診断までに時間がかかる事がある。いっぽう、発熱が当初の主症状であると、わりと鑑別診断には挙がってくることになる。 治療 [ 編集 ] 治療には、 ステロイド を用いる。[ja.wikipedia.org]
  • この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7.[nanbyou.or.jp]
  • 体重減少: 発病以降に4kg以上の体重減少。ただしダイエットや他の原因によらない 2. 網状皮斑: 四肢や体幹に見られる斑状網状パターン 3. 精巣痛、圧痛: 精巣痛、精巣圧痛。ただし感染、外傷その他の原因によらない 4. 筋痛、脱力、下肢圧痛: 広範囲の筋痛(肩、腰周囲を除く)、筋力低下あるいは下肢筋肉の圧痛 5. 単あるいは多発神経障害: 単神経障害の進行、多発単神経障害または多発神経障害 6. 拡張期血圧 90mmHg: 拡張期血圧90mmHg以上の高血圧の進行 7.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • A.全身症状 全症例の中で、発熱(38 39 )が80%に、体重減少が60%に、高血圧が20%の症例に認められます。発熱は抗生剤抵抗性 であり、かつ悪寒・戦慄を伴うことは稀です。体重減少は数ヶ月以内に6kg以上の減少をきたします。高血圧は糸球体虚血によりレニン・アンギオテンシン系 の活性化により発症し、悪性高血圧の所見を呈します。 B.臓器症状 頻度の高い順に列挙します。[kitakyushu-shogai.net]
  • 表2.アメリカリウマチ学会 (ACR) の分類基準(1990) 体重減少: 発病以降に4kg以上の体重減少 網状皮斑: 四肢や体幹に見られる斑状網状パターン 精巣痛・圧痛: 精巣痛、精巣圧痛 筋痛・脱力・下肢圧痛: 広範囲の筋痛(肩、腰周囲を除く)、筋力低下あるいは下肢筋肉の圧痛 単神経・多発神経障害: 単神経障害の進行、多発単神経障害または多発神経障害 拡張期血圧 90mmHg: 拡張期血圧90mmHg以上の高血圧の進行 BUNあるいはCr上昇: BUN 40mg/dlまたはCr 1.5mg/dl[vas-mhlw.org]
発熱
  • 上記のような症状に発熱・体重減少をくわえたうちから2つ以上と病理学的検査結果があるものを「確実」、症状2つと血管造影または発熱・体重減少を含む症状6つ以上があるものを「疑い」とする。 本症は、当初の受診のきっかけが 消化管出血 、 心筋梗塞 、 脳梗塞 などである場合、診断までに時間がかかる事がある。いっぽう、発熱が当初の主症状であると、わりと鑑別診断には挙がってくることになる。 治療 [ 編集 ] 治療には、 ステロイド を用いる。[ja.wikipedia.org]
  • [症状] 発熱、体重減少、関節痛などの全身症状で発病します。 網の目状の発疹(ほっしん)や皮下結節(しこり)、皮膚潰瘍などもみられます。臓器病変では、腎不全、腎性高血圧、 狭心症 、 心筋梗塞 、意識消失、 脳出血 ・ 脳梗塞 、腸管の壊死(えし)による急性腹症(突然の激しい腹痛)など重篤(じゅうとく)な病態がみられることもあります。末梢神経の障害もみられ、手・足のしびれや運動障害をきたします。[medical.jiji.com]
貧血
  • 検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7. この病気にはどのような治療法がありますか 基本的には経口の副腎皮質ステロイドの内服により治療しますが、その量は重要な臓器障害(心臓・腎臓・消化器など)があるかどうかにより変わります。またこのような重要な臓器障害がある場合には、ステロイドだけでは十分ではなく、免疫抑制薬を併用します。免疫抑制薬としてはシクロホスファミドが最初によく使われます。[nanbyou.or.jp]
  • 【症状の現れ方】 cPN・MPAともに高熱(38 以上)、体重の減少、関節痛、紫斑(しはん)、皮膚の潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰(けったん)、高血圧、脳出血・脳梗塞、腎機能の低下、血尿・蛋白陽性・潜血(せんけつ)反応陽性などが認められます。重い症状として、MPAでは腎機能の低下、腸出血、肺出血があります。 【治療の方法】 cPN・MPAともに入院し、大量のステロイドで治療を開始し、以後、薬の量を減らしていきます。同時に免疫抑制薬のシクロホスファミド(エンドキサン)を約6カ月間服用します。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 慢性腎不全、*通常、糸球体腎炎はない 末梢神経 50% 末梢知覚障害、運動障害など多発性単神経炎 中枢神経 25% 精神症状、意識障害、痙攣発作、片麻痺、脳出血、脳梗塞、無菌性髄膜炎 消化器 20% 腸管アンギーナによる食後腹痛、消化管出血、腸梗塞、腸閉塞、腸管穿孔、腹膜炎 心 狭心症、心筋梗塞、心外膜 呼吸器 血痰、喀血、肺出血、肺梗塞、胸膜炎 鼻 鼻出血、鼻閉塞、鞍鼻、副鼻腔炎 眼 虹彩炎、ぶどう膜炎、視力低下、眼底出血 検査所見 血液検査では、CRPなどの急性期蛋白質の上昇、慢性炎症に伴う貧血[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
壊疽
  • 臓器病変を認めないこと,を特徴とする.CPNは生命予後のよい点でPNと区別されるが,ときにPNへ移行する例があり,十分に経過を追う必要がある.とくに潰瘍形成や壊疽を繰り返し,末梢神経障害を認め強い炎症反応を伴う症例では,PNへの移行を念頭におき経過観察する必要がある. Full text loading... /content/article/0039-2359/230110/1004[pieronline.jp]
  • 1.38 以上の原因不明の発熱が2週間以上続く、または、6カ月の間に6kg以上体重が減少すること 2.高血圧がある 3.急速に進行する腎機能障害、または腎梗塞 4.脳出血や脳梗塞がみられること 5.心筋梗塞、虚血性心疾患、心臓の炎症などの心臓の障害がみられること 6.胸膜に炎症がみられ水がたまる 7.腸管から出血したり梗塞を起こす 8.手や足のしびれ、知覚異常、運動障害がみられること 9.皮膚にしこりや発疹や紫斑(しはん)、潰瘍、壊疽(えそ)などがみられること 10.多くの関節が痛んだりはれたり、[medical.jiji.com]
  • 皮下結節,皮膚潰瘍,壊疽,紫斑。 多関節痛(炎),筋痛(炎),筋力低下。 【検査所見】 組織所見:中・小動脈のフィブリノイド壊死性血管炎の存在。 血管造影所見:腹部大動脈分枝(特に腎内小動脈)の多発小動脈瘤と狭窄・閉塞。 血液検査所見:白血球増加(1万/μL以上),血小板増加(40万/μL以上),赤沈亢進,C反応性蛋白(CRP)強陽性。 2ページ目以降は、紙版または電子版購入者か有料会員のみご覧いただけます。[jmedj.co.jp]
倦怠感
  • 【症状】 症状は多彩で、発熱、 体重 減少、全身倦怠から始まり、腎障害、神経障害(多発性単神経炎など)、 皮膚 障害(皮膚潰瘍、皮下結節、紫斑、網状皮斑、紅斑)などの各種臓器障害に伴う症状を認める。 【検査・診断】 血液検査 では、 白血球 ・ 血小板 ・CRP・ フィブリノゲン の上昇、 アルブミン の低下を認める。また自己抗体は陰性で、特にANCAも陰性である。 診断は、症状、 生検 検査による血管炎所見、血管造影検査による 動脈瘤 や狭窄、閉塞の所見を組み合わせて行われる。[kango-roo.com]
  • 発熱 や,体重減少,倦怠, 頭痛 , 関節痛 や筋肉痛・筋力低下などの全身症状を示す疾患で,疾患特異的な自己抗体が同定されず,診断は中・小動脈のフィブリノイド壊死性血管炎の存在を組織所見で証明しないと確実診断と認められない. PAN は全国で 1,300 例程度と推定され,有病率が少ないことは診断の困難さと予後の悪さを示す.平均 55 歳で男女比は 3:1 でやや男性に多い. PAN は,国の特定疾患に指定されており,申請すれば医療助成を受けることができる.[primary-care.sysmex.co.jp]
  • また、全身の炎症に伴う倦怠、頭痛、関節痛や筋肉痛・筋力低下などがあります。 皮膚の症状 :両手足、特に下腿に網状の暗赤色の皮疹や、押すと痛い結節状の紅斑、皮膚潰瘍、手足の指の壊死などがあります。 消化管の症状 :十二指腸・小腸・大腸へ向かう動脈の炎症のため血流障害が起こると、初期症状として食後に腹痛が出ることがあります。進行すると腸管に穴が開くこと(腸管穿孔)があります。 他にも、腸管の出血による血便・下血、吐き気や嘔吐などがあります。[urban-clinic.jp]
  • 発熱、全身倦怠、体重減少などの症状がみられます。さらに、動脈の炎症が起こる場所により、血流が悪くなったり臓器に炎症が拡がったりして様々な不具合をきたします。 様々な不具合 脳血管( 脳梗塞 )、冠動脈( 心筋梗塞 、 不整脈 )、腸間膜動脈(腹痛、下血)、腎動脈(進行性の 高血圧 、腎機能障害)、手足の動脈(多発単神経炎、筋力低下、麻痺、皮膚の潰瘍)など この病気では、炎症が長期にわたると動脈瘤が形成され、血管が数珠のようにでこぼこになることから結節性多発動脈炎と名付けられました。[saiseikai.or.jp]
皮膚潰瘍
  • この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7.[nanbyou.or.jp]
  • 説明のつかない発熱,関節痛,皮下小結節,皮膚潰瘍,腹部もしくは四肢の痛み,新たな下垂足もしくは下垂手,または急速な高血圧の発生の組合せがみられ場合にはPANを疑う。 生検または動脈造影によって診断を確定する。 腎機能不全,消化管障害,または神経学的障害は,あまり好ましくない予後の前兆である。 疾患の重症度に応じて,コルチコステロイドを単独,またはシクロホスファミド,メトトレキサート,もしくはアザチオプリンとともに投与する。[msdmanuals.com]
  • 【症状】 症状は多彩で、発熱、 体重 減少、全身倦怠感から始まり、腎障害、神経障害(多発性単神経炎など)、 皮膚 障害(皮膚潰瘍、皮下結節、紫斑、網状皮斑、紅斑)などの各種臓器障害に伴う症状を認める。 【検査・診断】 血液検査 では、 白血球 ・ 血小板 ・CRP・ フィブリノゲン の上昇、 アルブミン の低下を認める。また自己抗体は陰性で、特にANCAも陰性である。 診断は、症状、 生検 検査による血管炎所見、血管造影検査による 動脈瘤 や狭窄、閉塞の所見を組み合わせて行われる。[kango-roo.com]
  • 皮膚 皮膚 を栄養する血管に血管炎が生じ、 網状皮斑 、皮膚 潰瘍 、 紫斑 、 結節性紅斑 がみられる。 腎臓 顕微鏡的多発血管炎 や 多発血管炎性肉芽腫症 にあるような半月体形成性糸球体腎炎ではなく、中小動脈の血管壁の炎症細胞浸潤が特徴である。腎血管の障害が本態であるので 高血圧 をおこしやすく、最終的には 腎不全 に至る事も多い。 腎生検 が、診断に結びつくことは多い。 神経 神経 を栄養する血管に血管炎がおこると、 末梢神経障害 を生じる。[ja.wikipedia.org]
紫斑病
  • 主に炎症を起こす血管と炎症名 大動脈(太い血管)...大動脈炎症候群(高安動脈炎)、巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎) 中動脈...結節性多発動脈炎 小動脈...顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 毛細血管・細静脈...ヘノッホ・シェーンライン紫斑、過敏性血管炎 いずれも免疫の不具合が関わって起こると考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。 発熱、全身倦怠感、体重減少などの症状がみられます。[saiseikai.or.jp]
  • 壊死性血管炎を来す疾患には、結節性多発動脈炎のほかに、ANCA関連血管炎(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症[旧名Churg-Strauss症候群]、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症[旧名Wegener肉芽腫症])、IgA血管炎(旧名Henoch-Schönlein紫斑)、 膠原病に基づく血管炎、巨細胞動脈炎、クリオグロブリン血症性血管炎などがある。 Palpable purpura(触知可能紫斑)と網状皮斑(リベド)が最も血管炎を意識すべき皮膚症状である。[clinicalsup.jp]
  • に腎内小動脈)の多発小動脈瘤と狭窄・閉塞 * 確実(definite):主要症候2項目以上と組織所見 * 疑い(probable):主要症候2項目以上と血管造影所見、または、主要症候のうち1.を含む6項目以上 * 参考となる検査所見:白血球増加(10,000/uL以上)、血小板増加(40万/uL以上)、赤沈亢進、CRP強陽性 * 鑑別:顕微鏡的多発血管炎、肉芽腫性多発血管炎(ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性肉芽腫性多発血管炎(アレルギー性肉芽腫性血管炎)、川崎病血管炎、膠原病(SLE、RAなど)、紫斑血管炎[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • 主要症候2項目以上と血管造影所見の存在する例 (b)主要症候のうち①を含む6項目以上存在する例 (5)参考となる検査所見 ①白血球増加(10,000/µL以上) ②血小板増加(400,000/µL以上) ③赤沈亢進 ④CRP強陽性 (6)鑑別診断 ①顕微鏡的多発血管炎 ②多発血管炎性肉芽腫症 (旧称:ウェゲナー肉芽腫症) ③好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(旧称:アレルギー性肉芽腫性血管炎) ④川崎病動脈炎 ⑤膠原病(全身性エリテマトーデス(SLE)、関節リウマチ(RA)など) ⑥IgA血管炎(旧称:紫斑性血管炎[nanbyou.or.jp]
  • を含む6項目以上が存在する例 (5)参考となる検査所見 白血球増加(10,000/μL以上) 血小板増加(40万/μL以上) 赤沈亢進 CRP強陽性 (6)鑑別除外診断 顕微鏡的多発血管炎 多発血管炎性肉芽腫症(旧称:ウェゲナー肉芽腫症) 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(旧称:アレルギー性肉芽腫性血管炎) 川崎病動脈炎 膠原病(SLE、RAなど) IgA血管炎(旧称:紫斑血管炎) (7)参考事項 組織学的に1期変性期、2期急性炎症期、3期肉芽期、4期瘢痕期の4つの病期に分類される。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
皮疹
  • リベド(網目状の)、皮膚潰瘍、皮下結節などを起こします。神経が侵されると、手足の筋力低下や感覚低下がみられます。 どのように診断をするの? 血液検査、尿検査や画像検査などを組み合せて行います。CTやMRを用いた血管造影が重要な検査となってきます。また、血管内に直接細い管(カテーテル)を挿入して血管を造営する検査を行う場合もあります。皮膚や筋肉、神経の生検から診断がつくこともあります。 原因はなに? 現時点では、原因は不明です。 どのように治療をするの?[hospital.luke.ac.jp]
  • 抄録 症例は47歳男性.平成17年1月,左下腿痛ならびに潰瘍を伴うが出現し,近医受診.皮膚結節性多発動脈炎と診断された.ステロイド治療を受け,改善を認めた.平成18年1月,下腿潰瘍が急速に増大し,当院皮膚科入院.1月19日当科初診.多発単神経炎,下腿潰瘍,筋肉痛,CRP 4.21 mg/dlおよび病理組織所見より結節性多発動脈炎と診断.ステロイド大量療法,シクロフォスファミドパルス療法,γグロブリン大量療法,さらに白血球除去療法を施行したが,下腿潰瘍,炎症所見は増悪,寛解を繰り返した.平成19[jstage.jst.go.jp]
  • がある場合,皮膚生検,腹部や胸部症状がある場合,CT アンギオやMRA を行う. FDG-PET/CT は,大動脈炎などの大血管炎はほぼ陽性になり,PN などの中型血管炎は陽性となることがある.[primary-care.sysmex.co.jp]
  • 皮膚の症状 :両手足、特に下腿に網状の暗赤色のや、押すと痛い結節状の紅斑、皮膚潰瘍、手足の指の壊死などがあります。 消化管の症状 :十二指腸・小腸・大腸へ向かう動脈の炎症のため血流障害が起こると、初期症状として食後に腹痛が出ることがあります。進行すると腸管に穴が開くこと(腸管穿孔)があります。 他にも、腸管の出血による血便・下血、吐き気や嘔吐などがあります。[urban-clinic.jp]
蕁麻疹
  • 熱傷(やけど)(軽度のものから重症で植皮を要するものまで) 凍瘡(しもやけ) 凍傷 褥瘡(とこずれ) 放射線皮膚障害 虫刺症 動物咬傷 クラゲ刺傷 猫ひっかき病 アトピー性皮膚炎 脂漏性湿疹 接触性皮膚炎(例:おむつかぶれ) 皮脂欠乏性湿疹 貨幣状湿疹 日光皮膚炎(ひやけ) 手湿疹 汗疱状湿疹 うっ滞性皮膚炎 自家感作性皮膚炎 しいたけ皮膚炎 痒疹 ビダール苔癬(Vidal苔癬) 紅皮症 蕁麻疹 血管浮腫 特異的なアレルギーをする病態 アナフィラキシーショック 結節性紅斑 バザン硬結性紅斑 環状紅斑[ja.wikipedia.org]
  • 皮膚の細小血管炎のため、蕁麻疹様血管炎、ヘノッホ・シェーンライン病に類似する小型の浸潤を触れる紫斑、皮下出血、皮膚潰瘍など多彩な皮膚症状が生じることがあります。 治療法について 全身性の結節性多発動脈炎と顕微鏡的多発血管炎では初期に比較的大量のステロイド薬を使います。症例により同時に免疫抑制剤の内服や点滴をします。いずれも早期に診断し治療を開始すると軽快しますが、2 3年間は薬を続ける必要があります。皮膚型の多発動脈炎では末梢循環改善薬と症状に応じて少量のステロイド薬を使います。[dermatol.or.jp]
頭痛
  • かなり高い数値の気が また、頭痛がするらしいので、脳に異常がなければいいんだけど 内臓炎症の所見はなかった見たいです。 頭痛はやっぱり関係あるんでしょうか? 彼女は不安で怖くてたまらないでしょうけど、私自身もちょっと怖いです。 まちゃさん 結節性多発動脈炎は早期治療で完治する例もあるみたいですよ。 これから年単位での治療になると思いますが少しでも良くなるといいですね。 内蔵に炎症がでていないのは何よりです。[mixi.jp]
  • 発熱 や,体重減少,倦怠感, 頭痛 , 関節痛 や筋肉痛・筋力低下などの全身症状を示す疾患で,疾患特異的な自己抗体が同定されず,診断は中・小動脈のフィブリノイド壊死性血管炎の存在を組織所見で証明しないと確実診断と認められない. PAN は全国で 1,300 例程度と推定され,有病率が少ないことは診断の困難さと予後の悪さを示す.平均 55 歳で男女比は 3:1 でやや男性に多い. PAN は,国の特定疾患に指定されており,申請すれば医療助成を受けることができる.[primary-care.sysmex.co.jp]
  • また、全身の炎症に伴う倦怠感、頭痛、関節痛や筋肉痛・筋力低下などがあります。 皮膚の症状 :両手足、特に下腿に網状の暗赤色の皮疹や、押すと痛い結節状の紅斑、皮膚潰瘍、手足の指の壊死などがあります。 消化管の症状 :十二指腸・小腸・大腸へ向かう動脈の炎症のため血流障害が起こると、初期症状として食後に腹痛が出ることがあります。進行すると腸管に穴が開くこと(腸管穿孔)があります。 他にも、腸管の出血による血便・下血、吐き気や嘔吐などがあります。[urban-clinic.jp]
  • (例)寒気、頭痛、発熱 パッケージやお薬の色や形態 容器や錠剤の色、液体や軟膏などの形態などから探すこともできます。 (例)赤色、ピンク色、液体、錠剤、軟膏 製薬会社名 お薬を製造、販売している製薬会社名で探し、登録されているお薬から探すこともできます。正確でなくても、社名の一部分だけでも検索できます。ひらがな・かたかなでの検索も可能です。 (例)アストラゼネカ、ファイザー、しおのぎ、大正製薬、武田薬品 レセプト電算コード 9桁のレセプト電算コードを入力する事で探す事も出来ます。[qlife.jp]
末梢神経障害
  • 臓器病変を認めないこと,を特徴とする.CPNは生命予後のよい点でPNと区別されるが,ときにPNへ移行する例があり,十分に経過を追う必要がある.とくに潰瘍形成や壊疽を繰り返し,末梢神経障害を認め強い炎症反応を伴う症例では,PNへの移行を念頭におき経過観察する必要がある. Full text loading... /content/article/0039-2359/230110/1004[pieronline.jp]
  • 神経 神経 を栄養する血管に血管炎がおこると、 末梢神経障害 を生じる。系統だっていない 多発単神経炎 のかたちをとりやすい。 中枢神経の血管炎は頻度が低いが、おこってしまうと 脳梗塞 や 脳出血 をおこし経過は重篤である。 消化管 腸 を栄養する血管に血管炎が起こると( 腸間膜動脈 血管炎)、 血便 や 消化管潰瘍 の原因となる。大量の下血により生命の危機におちいる事もある。大腸内視鏡による潰瘍部の生検が診断に結びつく事がある。[ja.wikipedia.org]
知覚障害
  • 神経の症状 :神経に血流を送る動脈に炎症のため血流障害が起こると、まず手足のピリピリと痛むしびれといった末梢神経の知覚障害が始まります。進行すると手足に力が入らないといった運動障害がでてくることがあります。 脳神経の障害による症状では、脳出血や脳梗塞による麻痺や意識障害などがあります。 腎臓の症状 :とても高い頻度で腎臓に何らか障害が起こると言われています。 心臓の症状 :あまり多くはありませんが、心臓自身に血液を送っている冠動脈に血流障害が起こると狭心症や心筋梗塞がるため胸痛がでてきます。[urban-clinic.jp]
  • 神経系の症状 神経系の症状としては、しびれやぴりぴりした痛みなどの知覚障害から、さらには末梢神経の運動神経障害を生じることもあります。さらに脳梗塞からの麻痺や意識障害といったより重篤な症状を呈することもあります。 検査・診断 可能なら生検 結節性多発動脈炎の診断を行う際、結節性多発動脈炎において標的になりうる臓器における動脈にて血管炎が生じていることを確認することが重要です。したがって、神経や筋肉、皮膚などの組織を実際に採取する生検と呼ばれる検査が行われることになります。[medicalnote.jp]
  • 部位 頻度 症状・徴候 全身症状 60-80% 発熱、体重減少、関節痛、筋肉痛 皮膚 60% 網状皮斑、紫斑、出血斑、疼痛伴う皮下結節、皮膚潰瘍、末梢の壊疽 腎 50% 腎性高血圧、腎梗塞、虚血による急性腎不全や慢性腎不全、*通常、糸球体腎炎はない 末梢神経 50% 末梢知覚障害、運動障害など多発性単神経炎 中枢神経 25% 精神症状、意識障害、痙攣発作、片麻痺、脳出血、脳梗塞、無菌性髄膜炎 消化器 20% 腸管アンギーナによる食後腹痛、消化管出血、腸梗塞、腸閉塞、腸管穿孔、腹膜炎 心 狭心症、心筋梗塞[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
めまい
  • 腎動脈病変から腎性高血圧を生じたり、脳血管病変では頭痛やめまい、脳梗塞を生じる事もある。 * Slovut DP, Olin JW. Fibromuscular dysplasia. N Engl J Med. 2004 350(18):1862-71. 参考文献 * Guillevin L et al.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • キーワード ベーチェット病 ぶどう膜炎 TNF阻害薬 HLA 目次に戻る 第2章 各論 再発性多発軟骨炎 鈴木 登 聖マリアンナ医科大学 免疫学・病害動物学 教授 要旨 再発性多発軟骨炎(RP)は,外耳の腫脹,鼻梁の破壊,発熱,関節炎を呈し,全身の軟骨組織特異的に再発性の炎症を繰り返す.眼症状,皮膚症状,めまい・難聴などさまざまな症状を示すが,呼吸器,心血管系,神経系の病変をもつ場合は致死的な経過をたどることがまれではない.病因は不明であるが,自己免疫の関与が推定されている.この病気は幾つかのサブグループ[saishin-igaku.co.jp]
痙攣
  • 部位 頻度 症状・徴候 全身症状 60-80% 発熱、体重減少、関節痛、筋肉痛 皮膚 60% 網状皮斑、紫斑、出血斑、疼痛伴う皮下結節、皮膚潰瘍、末梢の壊疽 腎 50% 腎性高血圧、腎梗塞、虚血による急性腎不全や慢性腎不全、*通常、糸球体腎炎はない 末梢神経 50% 末梢知覚障害、運動障害など多発性単神経炎 中枢神経 25% 精神症状、意識障害、痙攣発作、片麻痺、脳出血、脳梗塞、無菌性髄膜炎 消化器 20% 腸管アンギーナによる食後腹痛、消化管出血、腸梗塞、腸閉塞、腸管穿孔、腹膜炎 心 狭心症、心筋梗塞[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • 中枢神経系: 頭痛と痙攣発作が生じることがある。少数の患者では,虚血性脳卒中および脳出血が起こる(ときに高血圧による)。 腎臓: 腎臓の小型および中型の動脈が侵されると,高血圧,乏尿,尿毒症を生じるとともに,尿沈渣では細胞円柱を伴わない血尿およびタンパク尿からなる非特異的所見を認める。高血圧は急速に悪化することがある。腎動脈瘤が破裂すると腎周囲血腫を生じることがある。重症例では,腰痛および肉眼的血尿を伴う多発性腎梗塞が起こることがある。腎虚血および腎梗塞は腎不全につながる可能性がある。[msdmanuals.com]
腹痛
  • この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7.[nanbyou.or.jp]
  • 消化管の血管障害による症状 消化管に分布する動脈が障害を受けることから、 腹痛 吐き気 嘔吐 血便 などの腹部症状を生じます。初期の症状として、食後の強い腹痛を訴えることもあります。 腎臓の血管障害による症状 腎臓の血管が障害を受けることも多く、高血圧や腎機能障害が生じます。 神経系の症状 神経系の症状としては、しびれやぴりぴりした痛みなどの知覚障害から、さらには末梢神経の運動神経障害を生じることもあります。さらに脳梗塞からの麻痺や意識障害といったより重篤な症状を呈することもあります。[medicalnote.jp]
  • 症状 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能悪化、腹痛・下血、脳出血・脳梗塞、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤な症状 としては、 腎不全 、 腸出血 、 脳出血・脳梗塞 などがあります。 治療 基本的には 経口のステロイド薬の服用により治療 しますが、その量は重要な臓器障害(心臓・腎臓・消化器など)があるかどうかにより変わります。[ishizuka-cl.com]
下血
  • この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。検査所見では 炎症反応 の上昇や貧血がみられます。 7.[nanbyou.or.jp]
  • 大量のにより生命の危機におちいる事もある。大腸内視鏡による潰瘍部の生検が診断に結びつく事がある。 心臓 心臓 を栄養する血管に血管炎が起こると( 冠動脈 血管炎)、これはきわめて重篤な 心筋梗塞 を起こす。通常の治療には反応せず、突然死の原因となることもある。 筋肉 筋肉 を栄養する血管に血管炎が起こると、筋肉痛の原因となる。 クレアチンキナーゼ も上昇する。ただし本病変については、通常 皮膚筋炎 ・ 多発性筋炎 ほどの重症度ではない。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能悪化、腹痛・、脳出血・脳梗塞、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤な症状 としては、 腎不全 、 腸出血 、 脳出血・脳梗塞 などがあります。 治療 基本的には 経口のステロイド薬の服用により治療 しますが、その量は重要な臓器障害(心臓・腎臓・消化器など)があるかどうかにより変わります。[ishizuka-cl.com]
吐き気
  • 他にも、腸管の出血による血便・下血、吐き気や嘔吐などがあります。 神経の症状 :神経に血流を送る動脈に炎症のため血流障害が起こると、まず手足のピリピリと痛むしびれといった末梢神経の知覚障害が始まります。進行すると手足に力が入らないといった運動障害がでてくることがあります。 脳神経の障害による症状では、脳出血や脳梗塞による麻痺や意識障害などがあります。 腎臓の症状 :とても高い頻度で腎臓に何らか障害が起こると言われています。[urban-clinic.jp]
  • 消化管の血管障害による症状 消化管に分布する動脈が障害を受けることから、 腹痛 吐き気 嘔吐 血便 などの腹部症状を生じます。初期の症状として、食後の強い腹痛を訴えることもあります。 腎臓の血管障害による症状 腎臓の血管が障害を受けることも多く、高血圧や腎機能障害が生じます。 神経系の症状 神経系の症状としては、しびれやぴりぴりした痛みなどの知覚障害から、さらには末梢神経の運動神経障害を生じることもあります。さらに脳梗塞からの麻痺や意識障害といったより重篤な症状を呈することもあります。[medicalnote.jp]
急性腹症
  • 臓器病変では、腎不全、腎性高血圧、 狭心症 、 心筋梗塞 、意識消失、 脳出血 ・ 脳梗塞 、腸管の壊死(えし)による急性(突然の激しい腹痛)など重篤(じゅうとく)な病態がみられることもあります。末梢神経の障害もみられ、手・足のしびれや運動障害をきたします。 [検査所見] 赤沈亢進(こうしん)、CRP(C-reactive protein)強陽性、白血球増加などがみられます。HB肝炎ウイルス抗原ないし抗体が陽性を示すことがあります。[medical.jiji.com]
腸穿孔
  • 中型の腸間膜動脈の血管炎は,腹痛,悪心,嘔吐(血性下痢を伴うまたは伴わない),吸収不良,穿孔,および急性腹症を引き起こす。動脈瘤が肝動脈または腹腔動脈に発生することがある。 心臓: 一部の患者に,通常は無症候性であるが狭心症を起こすことがある冠動脈疾患がみられる。虚血性心筋症または高血圧性心筋症の結果として心不全が発生することがある。 皮膚: 網状皮斑,皮膚潰瘍,圧痛のある紅斑性結節,水疱性もしくは小水疱性発疹,手指または足趾の梗塞および壊疽,またはこれらの組合せが生じることがある。[msdmanuals.com]

精密検査

白血球増加
  • 血液検査では白血球増加やCRP陽性,赤沈亢進などの急性炎症反応がみられますが,この疾患に特異的な血液検査項目はないため,経過や症状より結節性多発動脈炎が疑われる場合には,障害臓器の生検を行い壊死性血管炎を証明することで確定診断となります。また生検困難な場合には造影CT・MRI,血管造影検査などを行います。 治療法 高用量ステロイドで寛解導入を行います。障害されている臓器や障害の重症度に応じてシクロホスファミド(エンドキサン )やアザチオプリン(イムラン )などの免疫抑制剤を併用します。[aichi-med-u.ac.jp]
  • [検査所見] 赤沈亢進(こうしん)、CRP(C-reactive protein)強陽性、白血球増加などがみられます。HB肝炎ウイルス抗原ないし抗体が陽性を示すことがあります。 [診断] 臨床症状と血管造影、血管の生検による病理学的検査によります。診断には次の基準(厚生労働省、2006年)が用いられます。[medical.jiji.com]
  • 多関節痛(炎)、筋痛(炎)、筋力低下 組織所見 中・小動脈のフィブリノイド壊死性血管炎の存在 血管造影所見 腹部大動脈分枝(特に腎内小動脈)の多発小動脈瘤と狭窄・閉塞 * 確実(definite):主要症候2項目以上と組織所見 * 疑い(probable):主要症候2項目以上と血管造影所見、または、主要症候のうち1.を含む6項目以上 * 参考となる検査所見:白血球増加(10,000/uL以上)、血小板増加(40万/uL以上)、赤沈亢進、CRP強陽性 * 鑑別:顕微鏡的多発血管炎、肉芽腫性多発血管炎[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • ⑥胸膜炎 ⑦消化管出血、腸閉塞 ⑧多発性単神経炎 ⑨皮下結節、皮膚潰瘍、壊疽、紫斑 ⑩多関節痛(炎)、筋痛(炎)、筋力低下 (2)組織所見 中・小動脈のフィブリノイド壊死性血管炎の存在 (3)血管造影所見 腹部大動脈分枝(特に腎内小動脈)の多発小動脈瘤と狭窄・閉塞 (4)診断のカテゴリー ①Definite 主要症候2項目以上と組織所見のある例 ②Probable (a)主要症候2項目以上と血管造影所見の存在する例 (b)主要症候のうち①を含む6項目以上存在する例 (5)参考となる検査所見 ①白血球増加[nanbyou.or.jp]

治療

  • また一旦病気の勢いが抑えられたあとそれを維持するための治療法としても、やはりステロイドと免疫抑制薬が使われますが、その場合にはアザチオプリンやメトトレキサートがよく使われます。 これらの治療でも十分抑えられない重症の患者さんに、 血漿交換療法 や生物学的製剤の投与が 保険適用 外でおこなわれることもあります。 8. この病気はどういう経過をたどるのですか 病気の原因も不明であり、病気の勢いを抑えることが治療の主目的になります。[nanbyou.or.jp]
  • 治療 [ 編集 ] 治療には、 ステロイド を用いる。しかも、上記のように生命にかかわることが多く、また比較的難治性の 自己免疫疾患 であることを考えると、当初より高用量のステロイドを投与する事が通常である。効果がないと思ったら、 シクロフォスファミド をはじめとする免疫抑制剤の投与もためらわず行う。また、重篤な臓器病変が生じたらそれに応じた治療も行う。たとえば 心筋梗塞 に対する 冠動脈形成術 や 腎不全 に対する 透析 治療などである。腎不全については、可能なら 腎移植 も考慮される。[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 疫学 [ 編集 ] ごく最近まで本症と 顕微鏡的多発血管炎 は混同される事が多かったので正確な情報は得づらいが、ヨーロッパでは100万人あたり数人の頻度であるとの報告がある。いずれにせよきわめてまれな疾患である。通常中年から壮年に発症し、やや男性に多い。 病因 [ 編集 ] 不明である。 B型肝炎ウイルス や ヘアリーセル白血病 の関与が示唆されているが、いずれも認めないものも多い。[ja.wikipedia.org]
  • 疫学と頻度 正確な患者数はわかっていません。 年間新規発症患者数は 全国で50人 程度、全国の 患者数は250人 程度と推定されます。 原因 肝炎ウイルスや他のウイルス感染の後に発症する方もいらっしゃいますが、多くの患者さんでは 原因は不明 です。 男女比と発症年齢 発症する年齢は40 60歳に多く、平均年齢は55歳です。 男女比は3:1で男性に多い です。 発症しやすい素因などについてははっきりわかっていません。[ishizuka-cl.com]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 発症原因は不明である。以前にB型肝炎ウイルス感染との関連が欧米で報告されていたが、本邦では明らかでない。急性期病変としてフィブリノイド壊死が認められることが病理組織学的には重要である。また内膜および中膜の線維化などの瘢痕期病変と急性期病変を同一血管上に伴うことが、もう一つの特徴である。なお、これらの変化が皮膚のみに限局し、全身性の血管炎症状に乏しい皮膚型PANも存在する 2) 。 4. 症状 3) 全身症状と、中・小型血管炎による阻血症状が認められる。[vas-mhlw.org]

予防

  • 即時 (NEJM) 短時間睡眠で心房細動リスク上昇 (Chest) チカグレロル中和剤PB2452、P1で効果確認 (NEJM) スタチンへのベンペド酸上乗せ、P3結果 (NEJM) CIED感染予防に抗菌エンベロープが有効 (NEJM) アピキサバン、AF患者の出血事象を抑制 (NEJM) 低リスク大動脈弁狭窄症のTAVR、開胸手術に非劣性 (NEJM) 高感度トロポニンI検査で過剰診断の恐れ (BMJ) 皮膚疾患関連論文( 一覧 ) 日焼け止めでビタミンD不足、根拠乏しい (Br J Dermatol[m3.com]
  • ときに細胞傷害性の免疫抑制薬(主にシクロホスファミド)と併用する従来のコルチコステロイド投与は,短期的にはしばしば効果的であったが,B型肝炎ウイルスが残存するため,再燃および合併症(例,慢性肝炎,肝硬変)を予防することはなかった;B型肝炎患者における免疫抑制療法は,ウイルスの複製を助長し,活動性のウイルス性肝炎および肝不全を招きうる。 PANを発症したC型肝炎患者にはC型肝炎に対する治療を行う。 要点 PANは中型血管を侵すまれな全身性血管炎である。[msdmanuals.com]
  • 先日歯医者さんに行って子供の頃虫歯予防にぬったフッ素を歯全体にぬってもらいました。そうしたら今痛くなぁ い!!Good!!!!1 困っている人一度フッ素をトライしてみる事お勧めします。 コレで来る夏!!アイスクリームが怖くなぁ い〔笑〕 はじめまして! 私も結節性多発動脈炎です。 確定診断が今月の12日につきました。 今ハタチです。19で発症しました。 両下肢に紫斑が出始めたのが去年の6月なので、確定診断がつくまでは1年ほどかかりました。 最初は紫斑が潰瘍になり、かなりの痛みを伴いました。[mixi.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!