Edit concept Question Editor Create issue ticket

結核


提示

寝汗
  • 発熱、寝汗、疲労が数週間から数ヶ月続く。心嚢水の塗抹・培養による結核菌陽性率は低い。心膜生検による肉芽腫の証明や培養、PCRは診断を確定するが侵襲性が高い。他部位における結核菌の証明によって診断を推定するのが一般的であると考えられる。治療は肺結核と同様の薬物療法。しかし収縮性心外膜炎を後遺症として残すことがある。 K67.3 Tuberculous peritonitis 症状 微熱、腹痛、食欲不振、体重減少など非特異的である。[ja.wikipedia.org]
体重減少
  • K67.3 Tuberculous peritonitis 症状 微熱、腹痛、食欲不振、体重減少など非特異的である。 検査所見 腹水の抗酸菌塗抹検査は通常陰性であり、培養の陽性率は20%に過ぎない。ただし大量の腹水を培養することにより85%まで高めることができる。腹水のアデノシン・デアミナーゼADA値は肝硬変による腹水がある患者では、結核性腹膜炎の合併を予測できると示されている。しかしその他の場合には有用ではない。[ja.wikipedia.org]
発熱
  • 発熱、寝汗、疲労が数週間から数ヶ月続く。心嚢水の塗抹・培養による結核菌陽性率は低い。心膜生検による肉芽腫の証明や培養、PCRは診断を確定するが侵襲性が高い。他部位における結核菌の証明によって診断を推定するのが一般的であると考えられる。治療は肺結核と同様の薬物療法。しかし収縮性心外膜炎を後遺症として残すことがある。 K67.3 Tuberculous peritonitis 症状 微熱、腹痛、食欲不振、体重減少など非特異的である。[ja.wikipedia.org]
倦怠感
  • 当初は全身倦怠、食欲不振、体重減少、37 前後の微熱が長期間にわたって続く、就寝中に大量の汗をかく等、非特異的であり、咳嗽(痰は伴うことも伴わないこともあり、また血痰を伴うことがある)が疾患の進行にしたがって顕在化する。抗菌剤による治療法が確立する以前は「不治の病」と呼ばれていた。 ツベルクリン反応、インターフェロンγ遊離試験、顕微鏡下での病原体の検出、核酸増幅法、画像検査などの検査方法がある。 後述の通り日本ではBCG接種が義務であるため欧米より信頼性が乏しい検査となっている。[ja.wikipedia.org]
疲労
  • 発熱、寝汗、疲労が数週間から数ヶ月続く。心嚢水の塗抹・培養による結核菌陽性率は低い。心膜生検による肉芽腫の証明や培養、PCRは診断を確定するが侵襲性が高い。他部位における結核菌の証明によって診断を推定するのが一般的であると考えられる。治療は肺結核と同様の薬物療法。しかし収縮性心外膜炎を後遺症として残すことがある。 K67.3 Tuberculous peritonitis 症状 微熱、腹痛、食欲不振、体重減少など非特異的である。[ja.wikipedia.org]
頭痛
  • 症状 無気力、過敏、食欲不振、発熱、頭痛、嘔吐、痙攣、昏睡である。行動の変化を認めることもある。また、多部位の結核菌感染の症状を認めることがある。 身体所見 項部硬直、脳神経麻痺症状を認めることがある。 検査所見 髄液は黄色くて、cell 100-500(単核球優位)、高蛋白、低グルコースを示す。細菌性髄膜炎と比べて明らかに弱い所見を示す。髄液の塗抹検査は通常陰性で、培養も最大25%の症例で陰性である。髄液PCRは感度が高い。 治療法 肺結核症と同様であり、12ヶ月の投薬を行う。[ja.wikipedia.org]
腹痛
  • K67.3 Tuberculous peritonitis 症状 微熱、腹痛、食欲不振、体重減少など非特異的である。 検査所見 腹水の抗酸菌塗抹検査は通常陰性であり、培養の陽性率は20%に過ぎない。ただし大量の腹水を培養することにより85%まで高めることができる。腹水のアデノシン・デアミナーゼADA値は肝硬変による腹水がある患者では、結核性腹膜炎の合併を予測できると示されている。しかしその他の場合には有用ではない。[ja.wikipedia.org]
腹部膨満
  • 血便(下血)、吐き気・嘔吐、腹部感、微熱を伴うこともある。 画像所見 50%未満の患者では活動性肺結核を伴い、胸部レントゲンで認めることができる。 結腸では、大腸内視鏡検査にて多発潰瘍、潰瘍化した集塊、無茎性ポリープ、小憩室を認める。 診断確定は、大腸内視鏡下の生検にて乾酪性肉芽腫を認めたり結核菌培養が陽性であるときである。生検標本のPCRによる結核菌DNAの検出は、迅速で最も感度が高い。 2007年現在、ダブルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡により小腸結核も診断できるようになった。[ja.wikipedia.org]
嘔吐
  • 症状 無気力、過敏、食欲不振、発熱、頭痛、嘔吐、痙攣、昏睡である。行動の変化を認めることもある。また、多部位の結核菌感染の症状を認めることがある。 身体所見 項部硬直、脳神経麻痺症状を認めることがある。 検査所見 髄液は黄色くて、cell 100-500(単核球優位)、高蛋白、低グルコースを示す。細菌性髄膜炎と比べて明らかに弱い所見を示す。髄液の塗抹検査は通常陰性で、培養も最大25%の症例で陰性である。髄液PCRは感度が高い。 治療法 肺結核症と同様であり、12ヶ月の投薬を行う。[ja.wikipedia.org]
吐き気
  • 血便(下血)、吐き気・嘔吐、腹部膨満感、微熱を伴うこともある。 画像所見 50%未満の患者では活動性肺結核を伴い、胸部レントゲンで認めることができる。 結腸では、大腸内視鏡検査にて多発潰瘍、潰瘍化した集塊、無茎性ポリープ、小憩室を認める。 診断確定は、大腸内視鏡下の生検にて乾酪性肉芽腫を認めたり結核菌培養が陽性であるときである。生検標本のPCRによる結核菌DNAの検出は、迅速で最も感度が高い。 2007年現在、ダブルバルーン内視鏡やカプセル内視鏡により小腸結核も診断できるようになった。[ja.wikipedia.org]
咳嗽
  • 当初は全身倦怠感、食欲不振、体重減少、37 前後の微熱が長期間にわたって続く、就寝中に大量の汗をかく等、非特異的であり、咳嗽(痰は伴うことも伴わないこともあり、また血痰を伴うことがある)が疾患の進行にしたがって顕在化する。抗菌剤による治療法が確立する以前は「不治の病」と呼ばれていた。 ツベルクリン反応、インターフェロンγ遊離試験、顕微鏡下での病原体の検出、核酸増幅法、画像検査などの検査方法がある。 後述の通り日本ではBCG接種が義務であるため欧米より信頼性が乏しい検査となっている。[ja.wikipedia.org]
胸水
  • 胸水がある場合、胸水培養で結核菌が陽性になるのは25%未満である。胸膜生検が必要である。 単純レントゲン写真:古典的典型例では空洞を伴う結節影がみられる。 胸部CT:肺浸潤影と娘結節の存在、空洞形成、肺門リンパ節腫大、胸水など。多彩な像を呈するため肺結核は画像のみでの正確な診断は困難である。喀痰検査や血液検査とともに総合的に診断する。 かつてはストレプトマイシン単剤の投与で効果があったようだが、現在は薬剤耐性獲得の危険があるため、単剤での治療は行わない。[ja.wikipedia.org]

精密検査

胸水
  • 胸水がある場合、胸水培養で結核菌が陽性になるのは25%未満である。胸膜生検が必要である。 単純レントゲン写真:古典的典型例では空洞を伴う結節影がみられる。 胸部CT:肺浸潤影と娘結節の存在、空洞形成、肺門リンパ節腫大、胸水など。多彩な像を呈するため肺結核は画像のみでの正確な診断は困難である。喀痰検査や血液検査とともに総合的に診断する。 かつてはストレプトマイシン単剤の投与で効果があったようだが、現在は薬剤耐性獲得の危険があるため、単剤での治療は行わない。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 疫学像の変化 小児青年層における既感染率の低下 罹患者数と罹患率の低下 罹患率の地域間格差 罹患者の特性の変化、病態の多様化・複雑化 - 罹患者の中心が、青年層から中高年層へ - 基礎疾患合併の増加 - 社会的弱者への偏在 (貧困者、住所不定者、外国人、その他健康管理の機会に恵まれない人々等) 薬剤耐性結核増加の兆し 医療技術等の変化 診断技術の進歩 治療方法の進歩による治療期間の短縮、再発率の低下 診断・治療技術等の偏在(全体としての低下) 予防施策の知見の蓄積 社会的状況の変化 国民、医療関係者[mhlw.go.jp]
  • 結核は、症状に応じて入院または通院で治療を受けますが、決められた期間、欠かさずきちんと薬を服用すれば治癒します。 ※ パンフレット (PDF形式:1.1MB) 問い合わせ先 福祉保健局健康安全部感染症対策課 電話 03-5320-4485[web.archive.org]

疫学

  • らせ 一覧を表示 国際協力・結核国際情報センター お知らせ 2019/04/26 結核国際協力派遣前専門家研修事業研修生募集(締切5/12) 国際協力・結核国際情報センター お知らせ 2019/04/25 「結核国際協力派遣前専門家研修事業研修生募集(締切6/28)」 国際協力・結核国際情報センター お知らせ 2019/03/27 結核国際協力派遣前専門家研修事業研修生募集(締切4/20) 結核研究所 お知らせ 2019/03/14 「多剤耐性結核症の登録研究」結核療法研究協議会内科科会 臨床・疫学[jata.or.jp]
  • 疫学像の変化 小児青年層における既感染率の低下 罹患者数と罹患率の低下 罹患率の地域間格差 罹患者の特性の変化、病態の多様化・複雑化 - 罹患者の中心が、青年層から中高年層へ - 基礎疾患合併の増加 - 社会的弱者への偏在 (貧困者、住所不定者、外国人、その他健康管理の機会に恵まれない人々等) 薬剤耐性結核増加の兆し 医療技術等の変化 診断技術の進歩 治療方法の進歩による治療期間の短縮、再発率の低下 診断・治療技術等の偏在(全体としての低下) 予防施策の知見の蓄積 社会的状況の変化 国民、医療関係者[mhlw.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 感染症法関係資料・結核の基礎知識・DOTS・外国人・HIV・BCG他、各種資料 公益財団法人結核予防会は 、 昭和14年に内閣総理大臣に賜った皇后陛下(香淳皇后)の令旨を奉戴し、内閣決定により設立された公益法人です。総裁秋篠宮妃紀子殿下のもと、結核を中心に、肺がん、その他の呼吸器疾患の予防事業、調査研究及び国際協力等を行っています。 公益財団法人 結核予防会HP 結核研究所は、 公益財団法人結核予防会の1事業所として、研究・研修・国際協力の事業をになっています。 もっと詳しく[jata.or.jp]
  • 5.感染症法においても変わらない事項 結核予防法に規定されていた事項で感染症法に新たな条項が加えられ、そのまま変わらず実施されるものを 表2 に示す。また、「結核に関する特定感染症予防指針」が策定されたが、結核予防法に基づく「結核の予防の総合的な推進を図るための基本的な指針」[2004(平成16)年厚生労働省告示第375号]を引き継ぐ内容となっている。 おわりに 結核予防法の廃止・感染症法への統合は厚生科学審議会や国会における議論を経て成立・施行された。[idsc.nih.go.jp]
  • ・ このような背景の下、現行施策の基礎となる結核予防法に基づく施策の基本的な考え方は以下のとおりである。 幅広く健康診断の対象者を拡大し、結核患者の効果的かつ効率的な発見を行う。 結核予防接種(BCG接種)の制度を結核予防法に移し、青年層以下の結核発病予防を重点的に行う。 所得格差や地域的な医療資源の不均衡等に関わらず、全国民に平等に医療を提供する。 結核患者の登録制度を設け、必要に応じて患者や医療機関に対する指導を行う。[mhlw.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!