Edit concept Question Editor Create issue ticket

精神遅滞


提示

ダウン症候群
  • 原因による分類 病理的要因 ダウン症候群などの染色体異常・自閉症などの先天性疾患によるものや、出産時の酸素不足・脳の圧迫などの周産期の事故や、生後の高熱の後遺症などの、疾患・事故などが原因の知的障害。 脳性麻痺やてんかんなどの脳の障害や、心臓病などの内部障害を合併している(重複障害という)場合も多く、身体的にも健康ではないことも多い。染色体異常が原因の場合は知的障害が中度・重度であることが多く、外見的には特徴的な容貌であることも多い。[ch.nicovideo.jp]
  • 外因性のものとして,甲状腺ホルモンの代謝異常による クレチン病 ,アミノ酸代謝障害の フェニルケトン尿症 , 常染色体異常 による ダウン症候群 などがある。代謝異常によるものは,早期に適切な治療を行うことで発達遅滞を防止できる。その他の場合の治療は,鎮静薬や抗けいれん薬投与などの対症的な処置が中心。[kotobank.jp]
発達遅延
  • 最適化された診断行為による出生前の撮影ならば、出生前死(流産)や奇形、精神発達遅延などのリスク増加は見られません。しかしながら、IVRや放射線治療などでは、被ばく線量が高くなり、胎児へ重大な健康被害がでるおそれがあります。 7.9 放射線検査による医療行為 患者に対するすべての医療行為は、検査が行われる前に、リスクよりも利益が優先するよう正当化されていなければなりません。そして、放射線検査を行う場合には、胎児線量は必要最低限の診断情報が得られる程度に抑制する必要があります。[hirokoku-u.ac.jp]

治療

  • ., J Neurosci 2010)、その補正を目指した治療を考慮している。その際にはPQBP1補正の作用と副作用を個体レベルで概観する必要性があり、本年度の研究はそれに対応するものである。 PQBP1変異を持つショウジョウバエが学習機能低下を示すことは既に報告している(Tamura et al., J Neurosci 2010)。本年度の研究はPQBP1変異ショウジョウバエの寿命が明らかに短縮している所見から始まった。[tmd.ac.jp]

疫学

  • 結節性硬化症患者の精神・行動上の問題に関する全国的な疫学調査(日本) 日本における1998 2009年の小児慢性疾患の意見書をもとにした全国的な疫学調査で、結節性硬化症患者の精神・行動上の問題の割合が報告されています 1) ( 表1 )。これらの合併症を有する患者を適切な医療や福祉サービスへつなげて、積極的に発達の評価や療育、精神科的介入を行うためには、結節性硬化症の診断・初期治療にかかわる小児科医、皮膚科医への啓発が重要であることが示唆されています。[afinitor.jp]
  • 目次 まえがき 第1章 精神遅滞の定義と頻度 I 定義と診断基準 1 名称 2 定義と診断基準にもちいられる資料 3 定義(診断基準) 4 知的水準の重症度による分類 II 頻度 1 頻度についての従来の報告 2 最近の疫学的調査による有病率 3 精神遅滞の男女比 4 頻度減少の背景 第2章 成因と成因別頻度 I 成因別の分類法 II 成因別頻度 III 成因と成因別頻度における最近の変化 第3章 診断の進め方 病歴・診察・検査 I 病歴の聴取 II 診察 III 診断に必要な検査 1 発達・知能[seikyusha.co.jp]
  • 疫学 男女比は、1.5:1で男性に多い。 有病率は、DSM-IV-TRによると1%と予想されている [3] 。IQが70以下とすると、理論上は2.3%ということになり、別の記載では3%というのもみられる [1] 。以下のような種々の理由で、正確な有病率の測定は困難と考えられている。[bsd.neuroinf.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 出生後に新生児から血をとり代謝機能のスクリーニングを行いますが、それはこのような早期に治療することにより障害を予防できる疾患を発見するためです。 表3 精神遅滞に関する要因 1. 出生前 先天性代謝異常、遺伝子異常、染色体異常(転位、トリソミー、脆弱X症候群)、胎内感染など 2. 周産期 未熟産、仮死、外傷など 3. 出生後 外傷、中枢神経系感染症、中毒 4. 原因不明 (Schor, 1987. 一部改変) 精神遅滞の徴候と早期発見 精神遅滞の赤ちゃんは発達が遅れます。[dinf.ne.jp]
  • これらの2次的な問題を予防するために、それぞれに見合った環境の提供や、 QOL の改善を図るような注意や工夫が必要である。 関連項目 学習障害 発達障害 知的障害関連遺伝子 参考文献 1.0 1.1 1.2 Sadock BJ, Sadock VA, Ruiz P Kaplan and Sadock's Comprehensive Textbook of Psychiatry: 9th ed.[bsd.neuroinf.jp]
  • そうすることで、歯科医とのよい関係を築き、大人になっても口の病気をかなり予防でき、生涯にわたって健康な口をつくっていけると信じているからです。(図1) 図1 発達障害のある患者さんの一例 新患来院時 治療終了時 中途障害がある方(病気や事故の後遺症など)へのアプローチ それぞれの患者さんの口の健康と機能を可能な限り維持することを目的としております。[hosp.tohoku.ac.jp]
  • 第1章 発達障害をどのように理解するか 発達期における「発達」の「障害」/発達と退行/発達障害の早期発見と早期対応の意義/障害の予防ということについて 第2章 発達障害の定義と障害の内容 「発達障害」の用語誕生の経緯/発達障害と精神遅滞・知的障害/アメリカ公法における発達障害の定義/ 日本の法律上における発達障害の定義/発達障害の範囲と内容 第3章 発達障害と新しい障害の概念 発達障害という概念の発展/国際障害分類の試案/国際生活機能分類の考え方/新しい障害の概念と障害者福祉 第4章 人間的成長発達[asai-hiroshi.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!