Edit concept Question Editor Create issue ticket

筋痙縮


提示

  • 提示した症例では術前、踵が付かなかったのが、術後、踵がついて通常の靴で歩けるようになりました。(Fig2)肘の屈曲痙縮には筋皮神経縮小術を行うこともあります。上下肢、両下肢など広範でまた重度な痙縮にはバクロフェン髄注ポンプ埋め込み術(ITB療法)を検討します。また目安として10歳未満の脳性麻痺に対しては神経縮小術は再発率が高いと言われており、選択的脊髄後根遮断術(SDR)を検討します。 Fig1 Fig2 2手術方法、入院中の経過 手術は全身麻酔で、うつぶせになった状態で行います。[twmu.ac.jp]
歩くことができない
  • 手足の筋肉のつっぱりにより・・・ 脇が閉じたり、肘が曲がり、着替えに時間がかかる 手首が曲がり、着替える時、袖に手を通しにくい 指が伸びずに爪を切りにくい 手のひらを洗うのに苦労する 歩いていると、腕が上がってくる 手や足の関節がガクガクと震えて(クローヌス)、困る 足がつっぱって、立ったときにフラフラする 足がつっぱっていたり、かかとが浮いて歩きにくい 歩くとき、足の指が曲がって痛い 足がねじれて、靴や装具が履きにくい、または歩きにくい 「脳卒中の後遺症 手足の筋肉のつっぱり(痙縮)の治療について[yoshida-hp.or.jp]
  • これらのために立つ・歩く・走るなどの運動が妨げられます。 さらに、脳性まひの二次障害として股関節脱臼や尖足などの手足の変形、脊柱側弯、頚椎症性脊髄症が引き起こされることがあり、多くの場合に痛みが出てきます。 整形外科ではこれらの症状に対して、手術をはじめとする様々な治療を用い、動きや姿勢を改善し、痛みをやわらげます。 手術 痙縮を緩めたり、二次的な変形・拘縮を軽減したりするために行います。手術の目的は大きく2つに分かれます。[omichikai.or.jp]
  • 概要 痙縮(けいしゅく)とは、脳卒中、脊髄損傷、脳性麻痺などにより麻痺した手足の筋の緊張が異常に強くなる状態で、手足の指が曲がったまま伸びなくて痛い、肘や膝が屈曲したまま伸びない、膝、足がつっぱってしまい歩きづらい、つま先が引っかかる、はさみ足になってしまう、手足がこわばって痛い、などの症状を起こします(写真1 3)。 これらの症状を和らげるには、異常に緊張した筋肉を緩ませる治療が必要です。そのままにしておくと筋肉や関節が固くなり、よりいっそう症状が悪化することがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • 足のまひが原因で歩きにくくなったり、転倒しやすくなったり、手指のまひが原因で字がうまく書けなくなったりします。 言語障害 口やのどの筋肉にまひが起こると、ろれつが回らず、言葉がうまく話せなくなります。また、脳の障害のため、話そうとしても言葉が出てこなかったり、読んだり聞いたりした言葉が理解できなくなります。 そのほか 中枢性疼痛、感覚障害、嚥下障害、排尿障害、認知障害、体力低下、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、うつ状態などがあります。 【参考資料】 木村 彰男 監修.[keishuku.jp]
反射亢進
  • […] a.脳神経領域 b.頸部・上肢領域 c.体幹領域 (胸随領域) d.腰部・下肢領域 上位運動ニューロン徴候 下顎反射亢進 口尖らし反射亢進 偽性球麻痺 強制泣き・笑い 上肢腱反射亢進 ホフマン反射亢進 上肢痙縮 萎縮筋の腱反射残存 腹壁皮膚反射消失 体幹部腱反射亢進 下肢腱反射亢進 下肢痙縮 バビンスキー徴候 萎縮筋の腱反射残存 下位運動ニューロン徴候 顎、顔面 舌、咽・喉頭 頸部、上肢帯、 上腕 胸腹部、背部 腰帯、大腿、 下腿、足 重症度分類 2以上を対象とする。[nanbyou.or.jp]
  • 編集協力:東海大学医学部リハビリテーション科学教授 正門由久 先生 痙縮の定義と病態 痙縮は「腱反射亢進を伴った緊張性伸張反射(tonic stretch reflex)の速度依存性増加を特徴とする運動障害で、伸張反射の亢進の結果生じる上位運動ニューロン症候群の一徴候」と定義され [1] 、脳血管障害、脳性麻痺、頭部外傷、無酸素脳症、脊髄損傷、多発性硬化症など、さまざまな病態が原因となって発症します。[gskpro.com]

治療

  • また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮を治療することによりリハビリテーション(ストレッチ含む)がしやすくなります。 痙縮(けいしゅく) 痙縮の治療について 痙縮の治療には、内服薬、ボツリヌス療法、神経ブロック療法、外科的療法、バクロフェン髄注療法などがあります。 実際、痙縮の程度や範囲、患者さんの希望などを考慮し、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて痙縮の治療を行います。[nishiyokohama.or.jp]
  • 図譜 C 治療手技 ①肩甲挙筋 ④斜角筋群 ②下頭斜筋 ⑤頭半棘筋 ③傍脊柱筋 ⑥頸半棘筋 ⑦頭板状筋 ⑨オトガイ下筋群 ⑧胸鎖乳突筋 ⑩僧帽筋 第4章 痙縮 1 痙縮の病態と治療総論 /宮城 愛,梶 龍兒 2 成人の上肢痙縮 /角田 亘,安保雅博 A 疾患概論と治療方針 B 治療手技 ①大胸筋 ⑦橈側手根屈筋 ②大円筋 ⑧尺側手根屈筋 ③上腕二頭筋 ⑨浅指屈筋 ④上腕筋 ⑩深指屈筋 ⑤腕橈骨筋 ⑪長母指屈筋 ⑥円回内筋 ⑫母指内転筋 3 成人の下肢痙縮 /大田哲生 A 疾患概論と治療方針 B 治療手技[shindan.co.jp]
  • また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮を治療することによりリハビリテーション(ストレッチ含む)がしやすくなります。 痙縮の治療について 痙縮の治療には、内服薬、ボツリヌス療法、神経ブロック療法、外科的療法、バクロフェン髄注療法な勘嶋ります。 実際、痙縮の程度や範囲、患者さんの希望などを考慮し、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて痙縮の治療を行います。[kouyukai-h.com]

疫学

  • 本邦における痙縮の疫学的調査. リハビリテーション医学. 2000;37:863. 痙縮(手足の筋肉のつっぱり)とは? 脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。 痙縮では、手指が握ったままとなり開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。[atago-hp.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 痛みや変形の軽減・予防 痛みや変形の軽減・予防を主な目的とするのは、股関節脱臼に対する大腿骨、骨盤の骨切り術や、脊柱側弯に対する椎体固定術です。 ご家族の中には「どうせ立ったり歩いたりできないのだから、負担になることはしたくない」と手術に消極的になる方がいらっしゃいます。しかし、股関節が脱臼しているといつかは痛みが出ます。側弯が重度になると内臓を圧迫して苦しい思いをします。 医療の進歩によって、重度の脳性まひの方の寿命はかなり延びています。[omichikai.or.jp]
  • 拘縮は、深刻な問題となり得るものであるが、予防は可能である。関節可動域の訓練を怠ると、拘縮が不可逆的に関節運動を制限してしまうことがある。拘縮は、車いすの乗り降りや日常活動の妨げとなる。また、姿勢も変化させ、褥瘡の原因となる。 一方、場合によっては、握力を改善するために手の筋肉の一部を計画的に硬化させることもある(腱固定、テノデーシスとよぶ)。 筋萎縮は、一般的に医学的な問題にはならない。 治 療 拘縮は規則的に関節可動域の訓練を十分に行なっていれば、予防することができる。[jscf.org]
  • ・関節が固まって動きにくくなるのを予防します。 ・関節が変形するのを予防します。 ・リハビリテーションが行いやすくなります。 ・痛みを和らげる効果が期待できます。 ・介護の負担が軽くなります。 診察の申し込みについて 痙縮・ボツリヌス治療のご相談は、月・木・金曜日(祝日除く)のリハビリテーション科外来をご受診ください。[f-toku.jp]
  • ・関節が固まって動きにくくなるのを予防します。 ・関節が変形するのを予防します。 ・リハビリテーションが行いやすくなります。 ・痛みを和らげる効果が期待できます。 ・介護の負担が軽くなります。 ボツリヌス療法を行った後、リハビリテーションを組み合わせて継続して行うことで効果が期待されます。 目標とする筋肉の数カ所に細い針で筋肉注射をします。1回の治療は15分 30分くらいです。 ボツリヌス療法の効果は、注射後2 3日目からゆっくりあらわれます。通常3 4ヵ月間持続します。[hriha.jp]
  • (介護の軽減) 拘縮や筋短縮の予防や軽減、褥そうの予防、脇や陰部や手指の清潔を保つことも介護の軽減となります。 (痙縮軽減 機能回復への試み) 痙縮のために邪魔されてできなかった拮抗筋への刺激や、治療導入の可能性もその一つです。 リハビリとボトックス治療は、並行して行う事で、さらに効果を上げると言われています。 ボトックス後、痙縮が和らいだからできる効果的な機能回復や痙縮軽減習得のためのリハビリや、さらに自ら習得してもらえる自宅での訓練も含めて、リハビリ内容を吟味していきたいと思います。[uno.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!