Edit concept Question Editor Create issue ticket

筋力低下による発音障害


提示

  • 気の散りにくい座席の位置の工夫やわかりやすいルールを提示するなどの配慮が必要です。 難病 発病の原因が不明で、治療方法が確立しておらず、長期の療養を必要とする疾病を難病と呼んでいます。ただし、完治はしないものの、適切な治療や自己管理を続ければ、普通に生活ができる疾病が多くなっています。 「難病のある人」と一口に言っても、疾病数は多く、病状は一人一人違います。病気であることが外見から分かりやすい人もいれば、病気であることが分かりにくく、理解されにくい場合もあります。[city.yokosuka.kanagawa.jp]
関節可動域制限
  • 上肢機能訓練 脳卒中、神経難病、脊髄疾患、がんなどに起因した上肢の麻痺や痛み、関節可動制限などに対して行います。適切に評価を行い症状に応じた運動や生活に合わせた把持動作、日常生活に必要な動作を目指して機能訓練を行います。 日常生活動作訓練 早期から状態に応じ日常生活動作の自立・介助量軽減を目指して取り組んでおります。トイレ・食事・更衣・入浴・整容動作など模擬練習から実践練習を含め段階的に取り組んでいきます。退院後の生活を見据えて必要度の高い事項を優先的に行っていきます。[anjokosei.jp]
  • 認定理学療法士(循環) 1名 認定理学療法士(呼吸) 1名 認定理学療法士(補装具) 1名 がんのリハビリテーション研修修了 4名 介護支援専門員(ケアマネージャー) 1名 福祉住環境コーディネーター2級 1名 地域包括ケア推進リーダー 1名 介護予防推進リーダー 1名 作業療法士3名 : 3学会合同呼吸法認定士 1名 がんのリハビリテーション研修修了 2名 介護支援専門員(ケアマネージャー) 2名 福祉住環境コーディネーター2級 1名 このページの先頭へ戻る 当科の特長 理学療法 筋力低下、関節可動制限[hospital-nishinomiya.jp]
脱臼
  • また、上肢を振りやすくする肘装具や肩の亜脱臼を防ぎながら、上肢が振れる液窩バンドを作成し、使用しています。 バランス効果として、年齢が比較的若く、骨盤帯の安定が得られた方は、トイレや食事仕度などの起立動作の安定が得られるほか、上肢を振って歩けるために正常歩行に見える方、ランニングができるようになる方もいます。 訪問指導 退院時には、理学療法士が在宅に訪問し、住宅改修などについてアドバイスを行っています。[city.sanuki.kagawa.jp]
足の麻痺
  • 進行すると麻痺、転倒しやすい、筋萎縮などが加わります。足先の麻痺(足首が上がらない)で発症することもあります。筋のピクつき、筋痛や関節痛もあらわれます。 球麻痺 顔・舌・のどの麻痺、筋萎縮があらわれます。 しゃべりにくい 意思が伝わらず、イライラすることがあります。 口腔期嚥下障害 かみにくい、かまずに飲み込む、口元からこぼれる、よだれがでる、などの症状がみられます。[agmc.hyogo.jp]
障害
  • 病態 機能障害 PT OT ST 脳腫瘍 原発性脳腫・転移性脳腫瘍 認知機能障害 * * 構音障害 * * 嚥下障害 * * * 失語症 * 運動障害 * * 感覚障害 * * 排泄機能障害 * * 頭頸部腫瘍 咽頭・喉頭癌・口腔底癌・舌癌 頭頸部運動障害 * * * 摂食・嚥下障害 * 上肢運動障害 * 聴覚障害・発声障害 * 乳癌 上肢運動障害 * 上肢浮腫 * 上肢疼痛・倦怠感 * 胸部・腹部手術 肺癌・消化器癌・泌尿器科癌 婦人科癌など 術後呼吸器合併症 * * * 術後運動障害 * *[kcch.kanagawa-pho.jp]
立つことができない
  • 見通しの立たない状況では不安が強いですが、見通しが立つ時はきっちりしています。 聴覚や触覚への刺激に対して敏感な人や、痛みや疲れに鈍感な人もいます。 記憶力や芸術的な才能がとても優れている場合もあります。 主な配慮 肯定的、具体的、視覚的な伝え方(図やイラストの活用など)の工夫をしましょう。 具体的な手順を示したり、モデルを見せたり、体験練習をするなどの支援が必要です。[city.yokosuka.kanagawa.jp]
  • 病棟リハビリテーション室 診療スタッフ 職名 人数 理学療法士 6名 作業療法士 2名 言語聴覚士 1名 主な資格、認定 3学会合同呼吸療法認定士 3名 住環境福祉コーディネーター2級 2名 がんのリハビリテーション研修会修了者 8名 理学療法 身体機能の改善を図り、寝返り・起き上がり・立つといった基本動作および歩行などの日常生活動作の改善を図ります。 ICU(集中治療室)や手術直後など、ベッドサイドから早期に治療をはじめ廃用予防を促し、全身状態に応じて離床を進め、早期退院を目指します。[city.chiba.jp]
  • 理学療法 ( P hysical T herapy ) 理学療法では主に下肢や体幹の機能障害(筋力低下・麻痺・可動域制限・痛みなど)によって生じた、座る・立つ・歩くなどの能力低下に対して訓練や治療を行います。また、必要に応じて下肢装具の作成を行います。 主な対象疾患は脳血管疾患(脳梗塞・脳出血等)や大腿骨頚部骨折、人工関節置換術の患者さまを多く治療・訓練しています。[imabari.saiseikai.or.jp]
  • リハビリテーション科理念 ・ 全人権的復権の観点から、患者さんと同じ視線、立場に立ち、系統的、継続的な治療に努めます。 ・ 接遇応対の意識を高め、患者サービスの向上に努めます。 ・ 治療技術の研鑽に努めます。[ibi.gfkosei.or.jp]
発達障害
  • ) 1名 日本口腔ケア学会認定資格(3級) 1名 日本口腔ケア学会認定資格(4級) 1名 NST(栄養サポートチーム)専門士臨床実地修練終了 1名 介護支援専門員 3名 介護予防推進リーダー導入研修受講 地域包括ケア推進リーダー導入研修受講 住環境福祉コーディネーター2級 2名 BLSプロバイダー 対象 けが(骨折、靭帯損傷、関節症など) 病気(脳血管疾患、呼吸器疾患、心臓疾患、病気の手術後など) 発達の遅れ(広汎性発達障害、運動発達遅滞、ことばの遅れなど) 理学療法 起き上がる、座る、立ち上がる[ibi.gfkosei.or.jp]
  • 部長・科長 川北 慎一郎 顧問 平井 文彦 外来担当者 常勤医・非常勤医師 月 火 水 木 金 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 初診・再診 川北 伊達岡 川北 平井 中川 平井 八幡(月1回) 川北 症状と対象疾患 リハビリテーション科では次のような症状を扱っています: 歩行障害、巧緻性障害、ADL障害、高次脳機能障害、呼吸障害、摂食障害、嚥下障害、 疼痛(首、肩、膝、腰、股関節など)、しびれ、体力低下、筋力低下、転倒介護予防、認知症、 メタボリック症候群、言語障害、発達障害[keiju.co.jp]
  • 対象となる主な障害 ・脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、頭部外傷 ・変性疾患(パーキンソン病など) ・知的障害、広汎性発達障害 ・口蓋裂、先天性鼻咽腔閉鎖機能不全 ・脳性麻痺 ・難聴(先天性・老人性、中耳炎などによる) ・声帯ポリープ、声帯麻痺 ・舌がん、喉頭がん ・吃音など 訓練方法 言語訓練 構音・発音訓練 高次機能訓練 摂食・嚥下訓練 外来・入院全般・通所リハビリ・在宅リハビリと幅広く対応をしています。 カードを使って、物の名前を思い出す訓練をしています。[nanko-hp.com]
発達遅滞
  • 主な言語療法の対象 成人:失語症(文字や言葉が出にくくなる、理解ができなくなる) 構音障害(呂律が回らない、滑らかに出ない) 摂食・嚥下障害(飲み込みが悪くなる、食事中のムセがひどい) 高次能機能障害、認知症 小児:器質性・機能性構音障害 言語発達遅滞 摂食・嚥下障害 音声障害 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください[city.chiba.jp]
  • ) 1名 認知症ケア専門士 1名 認定言語聴覚士(言語発達障害領域) 1名 日本口腔ケア学会認定資格(3級) 1名 日本口腔ケア学会認定資格(4級) 1名 NST(栄養サポートチーム)専門士臨床実地修練終了 1名 介護支援専門員 3名 介護予防推進リーダー導入研修受講 地域包括ケア推進リーダー導入研修受講 住環境福祉コーディネーター2級 2名 BLSプロバイダー 対象 けが(骨折、靭帯損傷、関節症など) 病気(脳血管疾患、呼吸器疾患、心臓疾患、病気の手術後など) 発達の遅れ(広汎性発達障害、運動発達遅滞[ibi.gfkosei.or.jp]
  • 多くは運動性発語発達遅滞の改善過程に現われます。 口蓋 裂(こうがいれつ)、粘膜下口蓋裂(ねんまくかこうがいれつ)、口蓋短縮症(こうがいたんしゅくしょう) 共鳴障害の開鼻声(かいびせい)(鼻にかかった声)をともなう構音障害となります。 極端な舌小帯短縮症(ぜつしょうたいたんしゅくしょう) 舌先の運動が困難なほど舌先の裏側が固着している場合は、構音が障害されます。 [検査と診断] まず聴力検査で聴力に問題がないかを調べます。[kotobank.jp]
小児疾患
  • リハビリテーション科の対象疾患: 脳卒中、脳外傷、パーキンソン病、脳変性疾患、認知症、脊髄脊椎疾患、骨関節疾患、リウマチ、腰痛、末梢神経疾患、顔面麻痺、呼吸・循環器疾患、切断、脳性麻痺、小児疾患、代謝疾患、がん患者、心疾患、廃用症候群などあらゆる疾患により基本動作や日常生活活動が低下した方が対象となります。 他院での急性期治療後のリハビリを発症2か月以内に受け入れます。 希望者には、慢性期(発症6か月以降)の麻痺に対する新しい治療(電気刺激ボツリヌス)を行います。[keiju.co.jp]
すくみ足
  • リハビリの実例 脳卒中による片麻痺、失行、失語 (麻痺 力が入らない・失行 動作ができない・失語 言葉の理解や表現ができない) 理学療法 関節の動きをよくする・筋力増強・ベッド上動作・起立・歩行・補助具 作業療法 手の機能・利き手交換・日常生活動作・心理支援・余暇活動・家屋改造 言語療法 聞く、見る理解力の向上・代償的な意思伝達(絵・ジェスチャー) パーキンソン病によるすくみ、ふるえ、小声、嚥下(飲み込み)障害 理学療法 ストレッチング・すくみ現象への視覚聴覚刺激・歩容改善 作業療法 細かい動作[hamayu-hp.or.jp]
痙性麻痺
  • ただし、麻痺については、筋力テストを課すのは必要最少限にすること。 イ 障害認定に当たっては、目的動作能力に併せ関節可動域、筋力テストの所見を重視しているので、その双方についての診断に遺漏のないよう記載すること。 ウ 関節可動域の表示並びに測定方法は、日本整形外科学会身体障害委員会及び日本リハビリテーション医学会評価基準委員会において示された「関節可動域表示並びに測定法」により行うものとする。 エ 筋力テストは徒手による筋力検査によって行うものであるが、評価は次の内容で区分する。[pref.nagano.lg.jp]
血管疾患
  • 回復期リハビリテーションの特徴 チームアプローチ 「回復期リハビリテーション病棟」は、脳血管疾患、大腿骨頸部骨折、廃用症候群などの患者様に対して、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、薬剤師、検査技師、管理栄養士、社会福祉士等がチーム医療のもとに、移動、食事、排泄、更衣などの日常生活動作( ADL )の能力向上による寝たきりの防止と、家庭・社会復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行います。[imabari.saiseikai.or.jp]
  • 専門職の人数 ・ 理学療法士(9名) ・ 作業療法士(5名) ・ 言語聴覚士(4名) ・ 鍼灸・あん摩・マッサージ師(1名) 施設基準 ・ 脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) ・ 運動器疾患リハビリテーション料(Ⅰ) ・ 運動器疾患リハビリテーション料(Ⅲ) ・ 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ) ・ 呼吸器疾患リハビリテーション料(Ⅰ) ・ 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) ・ がん患者リハビリテーション料 ・ 集団コミュニケーション療法料 資格 平成医療短期大学 臨床教授 2名 臨床准教授[ibi.gfkosei.or.jp]
  • 職種構成 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 事務および アシスタント業務従事者 医師 リハビリテーション科 各種認定資格 認定理学療法士 1名 認定作業療法士 2名 呼吸療法認定士 5名 心臓リハビリテーション指導士 3名 糖尿病療養指導士 1名 健康運動指導士 1名 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士 1名 介護支援専門員 3名 福祉住環境コーディネーター 4名 社会福祉士 2名 がんのリハビリテーション研修会終了 20名 施設基準 心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ) 脳血管疾患等リハビリテーション[anjokosei.jp]
視野狭窄
  • 視覚障害 視覚障害には、まったく見えない「全盲」、メガネなどで矯正しても視力が弱い「弱視」、見える範囲(視野)が狭い「視野狭窄」があります。 また、生まれつきの障害か、病気(糖尿病・緑内障など)や加齢、事故などによる障害(中途障害)かによっても、その障害の内容や必要な配慮には個人差があります。 主な特性 視力をほとんど活用できない人の場合、音声、触覚、嗅覚など、視覚以外の情報を手がかりに周囲の状況を把握しています。[city.yokosuka.kanagawa.jp]
鼻閉
  • 頭重感(特に後頭部)、肩こり、眼精疲労、、咽喉異物感、めまい、耳鳴り、難聴などの症状を単独または合併して訴える posterior cervical sympathetic syndromeと呼ばれるもの b)骨盤牽引の場合 1. 腰仙部の椎間板ヘルニア、椎間板変性、椎間関節の障害、変形性脊椎症、靱帯の肥厚などによって起こる腰痛及び坐骨神経痛群 2. 腰部にこわばり、不快感を訴えるもの 3.[takanoko-hsp.jp]
安静時の呼吸困難
  • 進行期 安静呼吸困難、肩で息をする、会話も努力を要する、日中の意識障害、などの症状が加わってきます。 検査 呼吸機能検査(努力性肺活量、%FVC)、動脈血ガスなど 2.筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断はどのようにされるのでしょうか? 日本では、1995年の厚生省の診断基準があります。[agmc.hyogo.jp]

精密検査

  • 飲み込んだときの喉頭(のど仏が目安)の上下を調べる 少量の冷水を飲み込んだときの、飲み込みのスムーズさ、むせ、呼吸の変化などを調べる 唾液分泌がかなり少ない場合や認知症の方の場合は、鼻から少量のブドウ糖液をのどに入れて、嚥下反射が起きるかをみる 機器による嚥下機能検査 1 3までの検査で嚥下障害が疑われたら、専門機器を用いて精密検査を行います。[kaigo.homes.co.jp]

治療

  • 6.化学療法・放射線治療とリハビリ 抗がん剤治療(化学療法)や放射線治療が行われている時期のリハビリは「回復的リハビリテーション」、そしてこれらの治療が終わった時期のリハビリは「維持的リハビリテーション」となります( 図1参照 )。週3回から5回の運動により、治療中・治療後の体力低下を予防し、倦怠感(けんたいかん)を軽減します。 抗がん剤や放射線による治療中もしくは治療後のリハビリといわれても、多くの人はピンとこないかもしれません。[ganjoho.jp]
  • 他院での急性期治療後のリハビリを発症2か月以内に受け入れます。 希望者には、慢性期(発症6か月以降)の麻痺に対する新しい治療(電気刺激ボツリヌス)を行います。 摂食嚥下外来 摂食嚥下障害の方(可能性がある方)を対象に、検査治療を行っております。 詳しくは、パンフレットをご覧ください。 摂食嚥下外来パンフレット(PDF)[keiju.co.jp]

病態生理

  • ディサースリアの分類 弛緩性 痙性 失調性 運動低下性 運動過多性 混合性 一側性上位運動ニューロン性(UUMN) 病態生理,重症度,臨床経過 1.病態生理 ディサースリアのタイプによって,運動麻痺,異常筋緊張,筋力低下,協調運動障害,不随意運動などの異常な病態生理がみられます. 2.重症度 重症度は軽度から重度までさまざまです.一般に,発話明瞭度を中心として重症度を判定します.[dysarthrias.com]

予防

  • 当院のリハビリの特徴 廃用予防への取組 平成18年度の診療報酬改定により、リハビリに日数制限が設けられました。このため、期間内にできるだけADL獲得の必要性に迫られるようになりました。 急性期のリハビリは、まず関節拘縮予防と言われていますが、高齢者は、闇雲に関節拘縮予防に時間を費やすと廃用を起こす危険性があります。 そこで、当院では、廃用防止に重点を置き、できるだけ早期から座位や立位保持を獲得させ、部分的な訓練でなく、全身へアプローチする訓練法を行っています。[city.sanuki.kagawa.jp]
  • 言語聴覚士による安全な食事について指導を受けると予防ができます。嚥下造影検査は嚥下の状態を確認でき役に立ちます。 急性期リハビリテーションと回復期リハビリテーションや、訪問リハビリテーションの違いはありますか? 急性期病院は患者様の病気や外傷を治すのが目的です。 早期にリハビリテーションを開始すると全身状態が安定し、筋力低下や関節拘縮などの二次障害を予防できます。急性期治療後も、リハビリテーションが必要な場合は回復期病棟で在宅復帰を目指します。[kyokuto.or.jp]
  • 院外活動 市民公開講座 毎年、または隔年に地域の方々に向けて、転倒予防や腰痛予防などといったリハビリテーションに関わる内容についての講演を市民の方に向けて実施しております。 家屋調査 当科では自宅での退院に際し、能力面から不安を感じた方に対し、実際に生活している自宅を訪問し自宅退院後の生活が安全に送れるための提案を行います。手すりの設置や部屋の配置など、生活環境を考えながら、患者様の能力に合った生活環境が実現できるよう実施しております。[chubyou.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!