Edit concept Question Editor Create issue ticket

筋ベータ・エントラーゼ欠乏による糖原病


提示

ミオパチー
  • CK上昇やミオパチーを認めることがある肝型PhK欠損症患者で全身麻酔が必要な場合は、 悪性高熱症に対する予防措置 を行うべきである(著者の個人的な経験)。( 悪性高熱症の感受性 を参照) 小児期の 定期予防接種 は推奨されているスケジュールで行うべきである。インフルエンザのような低血糖を起こしうる疾患の予防接種を奨めるべきである。 筋型PhK欠損症 ミオパチーを悪化させ顕在化させうる脂質降下薬(スタチンなど)は慎重に用いるべきである。[grj.umin.jp]

治療

  • 臨床的マネジメント 症候の治療: 肝型PhK欠損症:低血糖は、複合炭水化物や蛋白質を多くした日中の頻回食によって予防することができる。低血糖もしくはケトーシスが存在する場合、経口摂取できるならポリコース(Polycose )もしくは果汁を与える、もしくはグルコースを経静脈投与する。肝症状(肝硬変、肝不全、門脈圧亢進症など)は対症的に治療する。 筋型PhK欠損症:身体の状態や機能に応じた理学療法を行う。[grj.umin.jp]

予防

  • 一次症状の予防: 肝型PhK欠損症:低血糖もしくはケトーシスが存在する場合、予防のために複合炭水化物や蛋白質を多くした食事を摂取する。 筋型PhK欠損症:出版された情報はほとんどない。 二次合併症の予防: 肝型PhK欠損症:手術によっては術前にグルコースの静注を行い、つづいて術中・術後にも低血糖を予防するために静注する。全身麻酔では悪性高熱症の予防が必要である。 定期検査: 肝型PhK欠損症:代謝内科医もしくは栄養士による定期的な評価を行う。[grj.umin.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!