Edit concept Question Editor Create issue ticket

第XIII因子欠乏症


提示

  • 4 医療受給者証について 事業の対象者と認められたときは、医療受給者証を郵送しますので、大切に保管し、 医療機関に受診するたびに窓口で提示(特定疾病療養受療証があれば一緒に提示) してください。 ※ 注意事項 (1) 医療受給者証は、有効期限が毎年3月31日となっていますので、毎年の更新申請が必要です。 (2) 下記のようなことがあった時は申請が必要ですので、1ヶ月以内に担当までご相談ください。  [pref.yamagata.jp]
  • 患者さんが受診される際には必ず窓口で受給者証の提示を受け、有効期間等をご確認下さい。 また、新規に先天性血液凝固因子障害等医療受給者証を利用して治療を受ける患者さんがいる場合には和歌山県と委託契約を締結する必要がありますので健康推進課までご連絡願います。 委託契約に関してはこちら 。[pref.wakayama.lg.jp]
  • 受給者証は受診の際、健康保険証や特定疾病療養受療証(お持ちの方のみ)と併せて医療機関の窓口で提示してください。 〇医療費助成の対象 受給者証の有効期間の始期以降に受けた医療で、先天性血液凝固因子障害等および当該疾患に付随して発現した疾病についての治療が対象となります。 入院時の差額ベッド代、文書料、保険外診療費用、指定疾患以外で受けた医療等は対象となりません。 〇受給者証の有効期間 有効期間は原則1年(4月1日から翌年の3月31日まで)です。[pref.fukui.lg.jp]
  • 医療給付の方法 認定を受けた疾患の治療について医療機関 ※ を受診される際に、健康保険証とともに 受給者証 を窓口に提示してください。それにより、医療費の自己負担分はすべて公費での負担となり、 患者さんの負担は生じません。 なお、血友病A・B及び血液凝固因子製剤に起因するHIV感染症患者として認定されたかたは、申請時等にご提出いただいた 特定疾病療養受療証 を併せて 必ず ご提示ください。 ※難病法の規定に基づく指定を受けた医療機関及び埼玉県と委託契約を結んだ医療機関に限ります。[pref.saitama.lg.jp]
頭痛
  • なお、フィブロガミンの添付文書では、重大な副作用としてショック、その他の副作用として発疹、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、めまい、AST、ALT上昇、γ-GTP、Al-P、ビリルビン、LDH上昇等が記載されている。 ・使用方法 既承認の「先天性血液凝固第XIII因子欠乏症による出血傾向」に対する用法・用量は「1日量4 20mLを緩徐に静脈内投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する」とされている。[yakujinews.com]
  • 生活上の注意 この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、発疹、発熱、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、倦怠感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ[ショック] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。[rad-ar.or.jp]
  • その他の副作用 頻度不明または5%以上 0.1%〜5%未満 0.1%未満 過敏症 注1) 発疹、発熱等 消化器 悪心、嘔吐 精神神経系 頭痛、めまい 血液 血小板減少、好酸球増多 肝臓 注2) AST(GOT)、ALT(GPT)上昇 γ-GTP、Al-P、ビリルビン、LDH上昇 腎臓 注2) BUN、クレアチニン上昇 その他 倦怠感 注1)投与を中止するなど適切な処置を行うこと。注2)定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。[kegg.jp]
嘔吐
  • なお、フィブロガミンの添付文書では、重大な副作用としてショック、その他の副作用として発疹、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、めまい、AST、ALT上昇、γ-GTP、Al-P、ビリルビン、LDH上昇等が記載されている。 ・使用方法 既承認の「先天性血液凝固第XIII因子欠乏症による出血傾向」に対する用法・用量は「1日量4 20mLを緩徐に静脈内投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する」とされている。[yakujinews.com]
  • 生活上の注意 この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、発疹、発熱、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、倦怠感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ[ショック] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。[rad-ar.or.jp]
  • その他の副作用 頻度不明または5%以上 0.1%〜5%未満 0.1%未満 過敏症 注1) 発疹、発熱等 消化器 悪心、嘔吐 精神神経系 頭痛、めまい 血液 血小板減少、好酸球増多 肝臓 注2) AST(GOT)、ALT(GPT)上昇 γ-GTP、Al-P、ビリルビン、LDH上昇 腎臓 注2) BUN、クレアチニン上昇 その他 倦怠感 注1)投与を中止するなど適切な処置を行うこと。注2)定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。[kegg.jp]

治療

  • 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業とは対象となる患者の先天性血液凝固因子障害の治療に係る医療保険等の自己負担分を治療研究事業として公費負担することにより、医療負担の軽減を図り、精神的、身体的不安を解消することを目的として岩手県が行っている事業です。 本事業で認定された患者は、医療受給者証が交付され、認定された疾患の治療に係る保険診療の自己負担分が公費負担されます。 対象となる疾患について 下記の疾患について医療費の公費負担を行うものです。[pref.iwate.jp]
  • 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業について 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業とは (要綱)(PDF形式 109キロバイト) 下表の先天性血液凝固因子欠乏症等の患者の医療負担の軽減を図り、精神的、身体的不安を解消することを目的とします。対象となる疾患に関する治療を受ける際に、医療保険等の自己負担分を治療研究事業として全額公費負担する制度です。[pref.wakayama.lg.jp]
  • 最終更新日 2018年12月25日 ページID 040223 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業とは 下記の先天性血液凝固因子欠乏症等の患者の医療負担の軽減を図り、精神的、身体的不安を解消することを目的とします。対象となる疾患に関する治療を受ける際に、医療保険等の自己負担分を治療研究事業として全額公費負担する制度です。[pref.fukui.lg.jp]

予防

  • 048-541-0249 鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町 東松山保健所 保健予防推進担当 0493-22-0280 東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、 吉見町、ときがわ町、東秩父村 坂戸保健所 保健予防推進担当 049-283-7815 坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、鳩山町 狭山保健所 保健予防推進担当 04-2954-6212 所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市 加須保健所 保健予防推進担当 0480-61-1216 行田市、加須市、羽生市 幸手保健所 保健予防推進担当[pref.saitama.lg.jp]
  • このページに関するお問い合わせ先 健康福祉部 保健予防課 四日市市諏訪町2番2号(総合会館4F) 電話番号:059-352-0594 FAX番号:059-351-3304[city.yokkaichi.lg.jp]
  • このページに関する お問い合わせ 保健福祉部 健康国保課 健康予防担当 020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5468 ファクス番号:019-629-5474 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。[pref.iwate.jp]
  • (財)友愛福祉財団が実施する「血液製剤によるエイズ患者等のための健康管理支援事業」の対象者又は「エイズ発症予防に資するための血液製剤によるHIV感染者の調査研究事業」対象者であることが示された医薬品副作用被害救済・研究復興調査機構により交付された通知書の写し ページTOP 【更新・変更・追加届等】 医療受給者証裏面(注意事項)に記載されている事由が生じた場合は、居住地を管轄する保健所に、各種書類を提出して下さい。[pref.okinawa.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!