Edit concept Question Editor Create issue ticket

種痘様水疱症様リンパ腫


治療

  • 治療 進行し全身症状を伴う症例に対しては、CAEBVと同様に、シクロスポリン、エンドキサン、プレドニゾロンの免疫化学療法や、再燃する症例では多剤併用化学療法と非破壊的前処置を用いた同種移植が良好であるとの報告があります。 執筆:2012.9 PageTop[shinagawaseasideclinic.com]
  • 慢性活動性EBウイルス感染症の診断と治療 本疾患にさまざまな治療が試みられてきましたが、充分な治療効果は得られませんでした。本疾患が単なる感染症と誤認されていたのも大きな要因です。本疾患の病態は、(1) EBウイルスの感染したT/NK細胞が血液中や様々な組織で異常に増殖し、(2) またその細胞が活性化して体内の免疫系を異常に反応させることにあります。その振る舞いはもはや感染症ではありませんし、抗ウイルス薬も効きません。[wch.opho.jp]

疫学

  • 疫学 報告は約25人/年、推定100人/年発症。 原因 EBVは我が国では成人の90%以上が感染している普遍的なウイルスである。初感染では、軽微な上気道感染のことが多いが、一部で伝染性単核症と呼ばれる良性熱性疾患を来す。ごく稀に、通常B細胞を標的とするEBVが、T細胞あるいはNK細胞に潜伏感染し、感染細胞が増殖し活性化した結果、臓器に浸潤・高サイトカイン血症に伴う全身の炎症を生じ、慢性活動性EBウイルス感染症を発症すると考えられている。[med.nagoya-u.ac.jp]
  • 疫学 日本、韓国、台湾など東アジアに好発する。また、中南米にも患者が存在する。 我が国における患者数は1,000人前後と推定される。 3. 原因 通常はB細胞を標的とするEBVが、TあるいはNK細胞に感染し増殖を 誘発することが病因となると考えられるが、これらの細胞への感染機構(ウイルス受容体など)や増殖誘発機構などは不明である。また、東アジアや中南米への 局在性から、何らかの遺伝学的背景をもつことが疑われるが、明確な知見には乏しい。[nanbyou.or.jp]
  • 書籍・雑誌 全国送料無料でお届け 発送目安:8 14営業日 17,280 円(税込) 電子書籍 章別単位での購入はできません ブラウザ、アプリ閲覧 17,280 円(税込) 商品紹介 目次 表紙 執筆者一覧 序 第2版の序 初版の序 目次 総論 1 概念・疫学 2 分類 3 病因 4 診断 1) 臨床診断 2) 病理診断 3) 免疫組織学的診断 4) 分子生物学的診断 : クローン解析とゲノムコピー数解析 5) フローサイトメトリーによる診断 6) 細胞学的診断 ( 染色体, FISH, ケモカイン[molcom.jp]
  • 要旨 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 46/血液5 潜伏感染ウイルスによる血液疾患 第1章 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL)とHTLV-1 ATLの発見とその後の展開 内山 卓 京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学 教授 菱澤 方勝 京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学 要旨 1977年に独立した疾患概念として提唱された成人T細胞白血病(ATL)は,ヒトT細胞白血病ウイルス1(HTLV-1)の感染により発症することが判明し,ウイルス学,分子生物学,免疫学,疫学そして臨床診断学[saishin-igaku.co.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 編集部諸氏のご尽力に深謝する. 2015年8月 北海道大学名誉教授 髙田賢藏 改訂第2版 序文 2003年の本書刊行から5年が経過した.この間,中国,台湾,マレーシアなど東南アジア諸国のEBウイルス研究が活発となり,上咽頭がんをテーマとするEast—Westシンポジウムがスタートした.上咽頭がんに加え東南アジアに偏在するEBウイルス陽性のNK/T細胞リンパ腫もこれらの国々で克服すべき大きな問題となっている.また,エイズ,臓器移植などに伴う免疫低下時に発症するEBウイルス関連リンパ増殖症,リンパ腫の予防[shindan.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!