Edit concept Question Editor Create issue ticket

神経セロイドリポフスチン症 8


提示

平衡障害
  • E87.0 高浸透圧及び高ナトリウム血症 E87.1 低浸透圧及び低ナトリウム血症 E87.2 アシドーシス E87.3 アルカローシス E87.4 混合型酸塩基平衡障害 E87.5 高カリウム 血症 E87.6 低カリウム 血症 E87.7 体液過負荷 E87.8 その他の電解質及び体液障害,他に分類されないもの E88 その他の代謝障害 E88.0 血漿たんぱく 代謝障害,他に分類されないもの E88.1 リポジストロフィー ,他に分類されないもの E88.2 リポマトーシス ,他に分類されないもの[ja.wikipedia.org]
栄養失調
  • (症) [ 編集 ] E40 クワシオルコル E41 栄養性消耗症 E42 消耗症(性)クワシオルコル E43 詳細不明の重度たんぱく エネルギー性栄養失調(症) E44 中等度及び軽度のたんぱく エネルギー性栄養失調(症) E44.0 中等度たんぱく エネルギー性栄養失調(症) E44.1 軽度たんぱく エネルギー性栄養失調(症) E45 たんぱく エネルギー性栄養失調(症)に続発する発育遅延 E46 詳細不明のたんぱく エネルギー性栄養失調(症) (E50-E64) その他の栄養欠乏症 [ 編集[ja.wikipedia.org]

治療

  • 遺伝子治療臨床研究に関する法規制と指針 3.1 遺伝子治療臨床研究の審査体制と再生医療等安全性確保法 3.2 遺伝子治療臨床研究のカルタヘナ審査 3.3 遺伝子治療臨床研究に関する指針の改正 3.3.1 遺伝子治療の定義 3.3.2 対象疾患 3.3.3 研究に係る試料および情報等の保管 3.3.4 品質・安全性 4.[cmcbooks.co.jp]
  • トップ No.4879 差分解説 差分解説 小児神経疾患の中枢神経への治療法の開発【2000年代に入り様々な手法が開発され,改良・進化を続けている】 小児神経領域において,主に先天代謝異常症に対する治療として従来の造血幹細胞移植に加え,1998年にわが国でゴーシェ病における酵素補充療法が認可され,現在8疾患のライソゾーム病に対して酵素補充療法(10種類)が施行されている。しかし,本治療は酵素蛋白質が血液脳関門を通過しないため,中枢神経系への治療の開発が期待された。[jmedj.co.jp]
  • ,爪溝 治療: 支持療法,成長ホルモンが役立つ可能性がある グルタミルリボース-5-リン酸蓄積症(305920) ADP-リボースタンパクヒドロラーゼ 発症: 1歳未満 尿中代謝物: タンパク尿 臨床的特徴: 顔貌粗造,筋緊張低下,筋萎縮,発語の喪失および視力障害,痙攣発作,神経症状悪化,視神経萎縮,ネフローゼ,高血圧,腎不全,発達障害 治療: 支持療法 糖原病II型(ポンペ病) 19節296章表2を参照[msdmanuals.com]
  • 1 治療の概説 衞藤義勝 2 対症療法(薬物,その他) 小林博司 3 リハビリテーション,気道確保法,栄養摂取法 有賀賢典 4 造血細胞移植 加藤俊一 5 酵素補充療法(ERT) 井田博幸 6 基質合成抑制療法(SRT) 井田博幸 7 シャペロン療法 鈴木義之 8 細胞治療・再生医療――現状を打破するために 櫻井 謙 9 中枢神経障害の治療――神経症状を伴うライソゾーム病の遺伝子治療 島田 隆 10 遺伝子治療 大橋十也 E ライソゾーム病のスクリーニング 1 総論――先天代謝異常症のスクリーニング[shindan.co.jp]

疫学

  • 環境発達医学研究センター) 山田 康智 (日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所) 岩田 幸子 (久留米大学医学部 小児科学講座) 太田 英伸 (医療法人静和会浅井病院 精神科) シンポジウム10 急性弛緩性脊髄炎 臨床的特徴とエンテロウイルスD68との関連性 6月16日(金)10:10 12:10 第6会場(大阪国際会議場 10階 会議室1009) 座長 奥村 彰久 (愛知医科大学医学部 小児科学講座) 吉良 龍太郎 (福岡市立こども病院 小児神経科) 演者 多屋 馨子 (国立感染症研究所 感染症疫学[www2.convention.co.jp]
  • Hacettepe University Faculty of Medicine, Turkey) 4)日本における West 症候群の標準的治療 秋山 倫之 (岡山大学小児神経科) 【緊急企画】急性弛緩性麻痺:新たな5類感染症全数把握疾患 5月31日(金)15:40 16:40 第1会場 座 長 吉良 龍太郎 (福岡市立こども病院小児神経科) 安元 佐和 (福岡大学医学部医学科医学教育推進講座) 1)急性弛緩性麻痺(AFP)と急性弛緩性脊髄炎(AFM):オーバービュー 多屋 馨子 (国立感染症研究所感染症疫学[congre.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 浜松市子どものこころの診療所,東京慈恵会医科大学小児科学講座) 2)「かんしゃく・パニック」を主訴とする症例の診断と鑑別および 自閉スペクトラム症児への支援について 吉川 徹 (愛知県医療療育総合センター児童精神科) 3)「勉強が苦手」を主訴とする症例の診断と鑑別および 限局性学習症(学習障害)児への支援について 小枝 達也 (国立成育医療研究センターこころの診療部) 4)発達障害児のための社会資源 浅井 朋子 (名古屋市発達障害者支援センター) シンポジウム13:不随意運動の基礎と臨床 大脳基底核の病態生理[congre.co.jp]

予防

  • 免疫抑制型DNAナノカプセルの経口投与とアトピー予防 6. おわりに ------------------------------------------------------------------------- BIO BUSINESS 非侵襲的検査の市場動向 Market Trends in Non-invasive Clinical Examination 槻木恵一 (神奈川歯科大学大学院) 【目次】 1. 現在の医療状況からみた非侵襲的検査の重要性 2. 非侵襲的検査の市場 3.[cmcbooks.co.jp]
  • ソース: NEJM カテゴリ: 小児科疾患 ・ 感染症 ・ 神経内科疾患 反復性片頭痛の日数減少、erenumabのP3 2017/12/28 CGRP受容体を阻害するヒト化モノクローナル抗体erenumabの片頭痛予防効果を、反復性片頭痛患者...[m3.com]
  • 月17日(土)8:30 10:30 第6会場(大阪国際会議場 10階 会議室1009) 座長 大坪 宏 (トロント小児病院) 小林 勝弘 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 発達神経病態学(小児神経科)) 演者 長澤 哲郎 (東京都立府中療育センター 小児科) 岡西 徹 (聖隷浜松病院 小児神経科) 柴田 敬 (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 発達神経病態学) 高橋 秀俊 (国立精神・神経医療研究センター 児童・思春期精神保健研究部) シンポジウム18 見逃されている難病 早産児核黄疸の治療・予防戦略[www2.convention.co.jp]
  • 薬物療法 萩野谷 和裕 (宮城県立こども病院神経科) 5)リハビリテーション科の立場から:痙縮の評価とリハビリテーション 根本 明宣 (横浜市立大学医学部医療情報学) シンポジウム8:小児片頭痛の診断と治療 5月31日(金)15:40 17:10 第2会場 座 長 荒木 清 (東京都済生会中央病院小児科) 西村 陽 (京都第一赤十字病院新生児科) 1)小児片頭痛の診断 安藤 直樹 (城西こどもクリニック) 2)小児片頭痛の急性期治療 桑原 健太郎 (広島市立広島市民病院小児科) 3)小児片頭痛の予防療法[congre.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!