Edit concept Question Editor Create issue ticket

硬膜副鼻洞奇形


提示

  • いわゆるmeningoencephaloceleが認められ、herniation をきたした右直回外側部もしくは内側眼窩回 頭部単純CT(非提示) 右前篩骨洞、右上鼻洞に至る軟部陰影 篩骨洞天蓋骨皮質に非薄化、欠損 3D-CT(非提示) 右前篩骨洞天蓋に欠損 Basal meningo-encephalocele 頭蓋骨の欠損孔から、頭蓋内容が頭蓋外に脱出した奇形 頻度 1/10000 部位 後頭部 Occipital 80% 前頭蓋底 Basal 2.5% Meningocele:髄膜と髄液 Meningo-encephalocele[trc-rad.jp]

治療

  • 近年発展がめざましい血管内治療(カテーテル治療)、定位的放射線治療(ガンマナイフなど)も、当院脳血管内治療科、広南病院脳血管内治療科、古川星陵鈴木二郎記念ガンマハウスと連携して有力な治療手段として活用しています。これらの治療法を手術と組み合わせることによって、より低侵襲な治療を提供します。 このように専門スタッフ、最新の診断・治療機器を駆使してEBM(evidence based medicine)・テーラーメード治療の観点に立ち、最も患者さんの利益になる治療を追求しています。[nsg.med.tohoku.ac.jp]
  • 実験的治療や研究のための治療ではなく、保険診療の範囲で治療を行います。一部に高額な治療も含まれますが、身体障害者手帳2級以上をお持ちの方や、パーキンソン病等で特定疾患を受けられている方など、費用の自己負担が殆どありません。 具体的には以下の治療を行っています。 難治性てんかん 薬物治療を2種類以上、2年以上行っても年に1〜2回以上の全身性痙攣を起こす場合には外科的治療を考慮します。特に側頭葉てんかん、MRIで病変が確認できる難治性てんかんの患者様は根治的外科治療の適応になります。[fmu.ac.jp]
  • そのような意味で個人病院ではできない治療を提供し、総合病院としての利点を生かしています。次に代表的な鼻の病気の説明とおおよその入院期間を示します。 鼻疾患への取り組み 鼻の手術的治療は内視鏡などの光学機器の発達、手術器具の改良などにより、年々進歩しています。また当院で独創的な手術法も考案しています。常に新しい治療に取り組み、それを学会で発表し、論文を投稿しています。 次に今まで発表した様々な鼻の疾患に対する治療法の一部をご紹介いたします。[hospital.luke.ac.jp]

疫学

  • 成長ホルモン産生下垂体腺腫:先端巨大症・巨人症 プロラクチン産生下垂体腺腫:プロラクチノーマ 副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫:クッシング病 甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫 性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫 非機能性下垂体腺腫:ホルモンの過剰分泌がみられない腫瘍 疫学 原発性脳腫瘍中、第3番目に多い腫瘍ですので、稀な腫瘍ではありません。一般的には、青壮年期から老年期に多く発生しますが、稀に、小児期にも見られます。[square.umin.ac.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 髄膜炎菌性 髄膜炎の人口統計 髄膜炎ベルト 流行発生地域 散発的症例のみ 髄膜炎は多くの国で 法定伝染病 に指定されているが、正確な 発症率 は明らかにされていない [12] 。 西洋 諸国では、年間に成人10万人に3人の割合で細菌性髄膜炎を発症している。Population-wide諸試験によればウイルス性髄膜炎の方が頻度が高く、100,000人に10.9人の割合で発症し、夏に増える傾向がみられる。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 直達性感染として,副鼻腔炎・中耳炎・乳突炎からの 波及 ,穿通性 頭部外傷 や脳の手術からの感染があげられる.一方,血行感染として肺感染症(肺膿瘍・気管支拡張症),細菌性心内膜炎などがあげられる.さらに,右 左シャントを形成するFallot四徴症・両大血管右室起始症・心室中隔欠損症や 肺動静脈瘻 は,病原体を含んだ静脈血が肺毛細血管を経由せず脳に行くため,脳膿瘍を形成しやすい.しかし,約1/4の患者は原発巣が不明である.病原体として,細菌では嫌気性菌やブドウ球菌が多く,肺炎球菌,髄膜炎菌[kotobank.jp]

予防

  • 予防 [ 編集 ] 髄膜炎の原因のいくつかに対しては、 予防接種 による長期的な予防や 抗生物質 による短期的な予防が可能である。行動による予防も効果的である。 予防行動 [ 編集 ] 細菌性髄膜炎およびウイルス性髄膜炎は感染性であるが、いずれも 風邪 や インフルエンザ ほど強い感染性はない [36] 。キスや至近距離でのくしゃみ、咳などの密接な接触があった時に気道分泌物の飛沫から感染することはあるが、髄膜炎患者と同じ空間にいただけで空気感染することはない [36] 。[ja.wikipedia.org]
  • その信号強度を手術中に観察しながら手術を行うと、手術後のあたらしい運動感覚麻痺の出現を予防できる可能性が高まります。 脊髄腫瘍摘出の際の神経モニタリング結果の一例。手術開始前(上段)の電気信号強度が腫瘍摘出後(下段)も保たれています。手術後の運動感覚障害の悪化の予防に貢献します。 脊髄腫瘍蛍光造影 左図:脊髄上衣腫摘出術 腫瘍に取り込まれ赤い蛍光を発する5-アミノレブリン酸を用いています。脊髄腫瘍(上段/中段 矢印)が赤く光り周囲脊髄は発光しません。[nsg.med.tohoku.ac.jp]
  • マグロやサバなどの青魚はDHAが多く含まれており、このDHAはストレス予防に効果があると分かっています。 あとは自分の好きな香りで心身をリラックスさせるアロマセラピーも人気があります。 植物成分を抽出したエッセンシャルオイルを薄めて香りを楽しんだり、マッサージに使用したり・・・ 睡眠作用があるのでストレス解消には良いのですが、間違った使い方をすると皮膚炎の原因にもなるので注意が必要です。[midorichozai.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!