Edit concept Question Editor Create issue ticket

硬膜下血腫


提示

尿失禁
  • 病名 慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ) 部位 頭部(頭蓋内/脳) 主な症状 頭痛、精神活動の低下、記憶障害、尿失禁 診療科 症状の解説 頭痛、変動する意識障害、痴呆症状、尿失禁で発症することが多いです。片麻痺や失語をきたすこともあります。典型例では、軽微な頭部外傷を受けた後、数週間たって起こってくることが多いです。男性に多く、特に60歳以上が半数を占めます。 主な原因 頭蓋骨の内側は、硬膜という膜で覆われています。[kmu.ac.jp]
  • 軽い頭部への打撲などが引き金になり、徐々に血液が溜まることで脳を圧迫し、その数週間から数カ月のち、 頭痛がしたり、なんとなく元気がない、言葉が出にくい、尿失禁をするようになった、麻痺がある、歩行がおかしい といった症状で来院されます。ただし、頭部への打撲がなくても起こることがあり、「急に認知症が進んだ」といったエピソードがあればこの疾患の可能性があります。 12-3.検査、治療は? 頭部CT写真で、診断がされます(図1)。[akita-noken.jp]
  • 血腫によって脳が圧迫されて物忘れや歩行障害、トイレの失敗(尿失禁)など、認知症とよく似た症状が現れるのが特徴です。認知症の症状がある80 90歳代にも慢性硬膜下血腫が多く見られるといわれています。高齢だから認知症とすぐに決めつけず、転倒やなにかに頭をぶつけたことがあったら脳神経外科で診察を受けてみましょう。慢性硬膜下血腫であれば、脳に溜まった血腫を除去すれば脳は正常な状態に戻ります。 手術しないで治る「慢性硬膜下血腫」がある 慢性硬膜下血腫の治療法は、手術が一般的で2つの方法があります。[healthcare.omron.co.jp]
精神症状
  • (出血のくり返し説、他諸説あり) ある大きさ( 頭蓋内圧亢進症 状を示す量)になり、はじめて頭痛、精神症状などをおこします。いったん、症状が出ると後は階段を落ちるように悪化します。この時期が大事なのです。頭を打ったことがあり、しばらくしてから頭痛、少し「ボケ」たようだと自覚したら、必ず「かかりつけ医」に相談して下さい。この時期に診断がはっきりし、手術をすれば翌日には症状は消失し、1 2週間で退院です。[rnac.ne.jp]
  • 一方、高齢者では潜在する脳萎縮により頭蓋内圧亢進症状は少なく、認知症などの精神症状、失禁、片麻痺(歩行障害)などが主な症状です。元々認知症や麻痺のある人は発症してもわかりにくく、普段より元気がない、程度のこともあります。 比較的急に認知症状の進行が見られた場合には慢性硬膜下血腫を疑うことも重要です。 確定診断には頭部 CT を用い、治療としては外科的治療 ( 穿頭血腫除去術 ) が必要です。 高齢化社会のなかで慢性硬膜下血腫は増加傾向にあります。[kamikatsu.jp]
頭痛
  • 慢性硬膜下血腫の症状 きっかけとなる頭部外傷の直後は無症状か頭痛程度の症状しかないことが多く、このため、病院を受診しない人がほとんどです。このあと通常は3週間 数カ月かけて血腫がつくられて、頭蓋骨の内側の圧が高まり(頭蓋内圧亢進)、頭痛や吐き気・嘔吐が現れます。また、血腫による脳の圧迫症状として半身の麻痺(片麻痺)、言語障害などが初発症状のこともあります。 軽度の意識障害として、元気がなかったり(自発性の低下)、認知症状がみられることもあります。[mizutani-neuro.com]
  • 伏島 徹 (秋葉区 ふせじま脳外科クリニック) 頭を打った後、頭痛や意識障害などがみられ、医療機関を受診し、頭部CTや MRI検査でも異常がなく、その後に症状がよくなれば、それで大丈夫でしょうか? 実は、外傷後しばらくの間はなんともなくても、1 2ヵ月の内に頭蓋骨の中に血液がたまってきて、頭痛(それほど強くないことが多い)や片マヒ(片側の手や足の動きが悪くなること)、認知症状(物忘れや行動異常)などが徐々にあらわれる病気があります。[niigatashi-ishikai.or.jp]
  • 症状としては、 頭痛 や嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状や、 脳卒中 と似た症状(手足の麻痺やしびれ、言語障害)、けいれん、記憶力の障害などが出現します。 頭痛や半身麻痺、記銘力障害(新しく体験したことが覚えられない症状)、見当識障害(時間、場所など自分の現在の状況がわからなくなる症状)が徐々に進行している壮年期以降の男性や、成人の方で、頭部外傷後に数週間を経て同様の症状がある場合は、本疾患である可能性が考えられます。特に、飲酒家で頭部外傷のある方は、可能性が高まります。[saiseikai.or.jp]
  • そのため、日本脳神経外科学会と日本脳神経外傷学会は2013年12月16日付けで、 「スポーツによる脳損傷を予防するための提言」を共同発表し、スポーツに起因する脳損傷について、国民が知っておくべき5つの必須項目をまとめました (下記) (1) スポーツによる脳震盪は、意識障害や健忘がなく、頭痛や気分不良などだけのこともある。 (2) スポーツによる脳震盪の症状は、短時間で消失することが多いが、数週間以上継続することもある。[kantoh.johas.go.jp]
脳卒中
  • 症状としては、 頭痛 や嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状や、 脳卒中 と似た症状(手足の麻痺やしびれ、言語障害)、けいれん、記憶力の障害などが出現します。 頭痛や半身麻痺、記銘力障害(新しく体験したことが覚えられない症状)、見当識障害(時間、場所など自分の現在の状況がわからなくなる症状)が徐々に進行している壮年期以降の男性や、成人の方で、頭部外傷後に数週間を経て同様の症状がある場合は、本疾患である可能性が考えられます。特に、飲酒家で頭部外傷のある方は、可能性が高まります。[saiseikai.or.jp]
昏睡
  • 呼吸や心臓の動きは自力で保っているものの、全く目を開けずピクリとも体を動かさない昏睡状態のことです。植物状態を略して「ベジ」、植物状態になることを「ベジる」と呼んだりします。 ※久々にブログメッセージいただきました!医療事務の方ありがとうございました。ありがたく読ませていただいております。 ※ joy.net支店 の方に連載第7回を掲載していただきました!ご覧いただければ幸いです。[nougekanow.com]
  • 病状が悪化した場合には意識障害が出現し、場合によっては昏睡となり命に関わることがあります。 診 断 頭部CTやMRIにて診断します。図のように三日月状に血腫が貯まる像を呈します。 治療法 血腫が少量の場合には自然に吸収されるのを待ちますが、症状がある場合や血腫量が多い場合は手術を行います。 手術は基本的に局所麻酔にて行います。 手術方法は以下の2種類があります。[suiseikai.jp]
  • 血腫が増大していけば意識障害が進行して昏睡状態となることも有ります。 慢性硬膜下血腫の検査と診断 きっかけになる頭部外傷の直後では、頭部CTで異常が認められないことがほとんどです。症状が現れれば血腫によって脳が圧迫されているので、CTで診断されます。慢性の血腫はMRIで特徴的な所見を示すので、頭部MRIも診断に有用です。 慢性硬膜下血腫の治療 血腫が少量で症状も軽微な場合は、自然吸収を期待して経過観察とすることもありますが、通常は局所麻酔下の手術が行われます。[mizutani-neuro.com]
  • いずれにしましても、意識障害は次第に悪化し多くは昏睡レベルに達します。受傷当初は意識障害がない例でも、一旦意識障害が発現するとその後は急激に悪化することが多く、予後はきわめて不良です。ただ、ごく稀ながら、早期に急性硬膜下血腫が自然消失あるいは縮小することがあります。そのような場合には血腫縮小に伴い意識障害が改善することもあります。 ④急性硬膜下血腫の診断方法 診断の確定は通常CT で行われます。CT上、急性硬膜下血腫は脳表を被う三日月型の高吸収域として描出されます(図2-a, 図3-a)。[square.umin.ac.jp]
  • 症状 血腫量が少ない場合は意識障害は軽度で済みますが、血腫量が多量の場合は昏睡状態となります。 治療方針 血腫量が少ない場合は経過観察していきますが、血腫量が多く重篤な意識障害がある場合は、緊急で開頭術を行い血腫を除去する必要があります。 手術方法、術後経過 手術は全身麻酔により行います。大きな開頭により血腫を除去し、出血している血管を止血します。 1)急性硬膜外血腫 急性硬膜外血腫の術後経過は比較的良好です。[municipal-hospital.toyohashi.aichi.jp]
痙攣
  • 術後痙攣発作 洗浄の刺激により、特に高齢者で全身性痙攣を生ずる場合があります。 (脳神経外科 著者:立澤 孝幸 H30.3.31まで在籍) ここにマウスを移動し、ツールバーのコンテンツの編集をクリックしてください。[kantoh.johas.go.jp]
  • 典型例では 頭部打撲後、数週間の無症状期を経て頭痛、嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状、片側の麻痺(片麻痺)やしびれ、痙攣、言葉がうまく話せない(失語症)、認知症や意欲の低下などの精神障害 とさまざまな神経症状が見られます。 これらの症状は年代によってかなり差がみられ、若年者では主に頭痛、嘔吐を中心とした頭蓋内圧亢進症状、加えて片麻痺、失語症を中心とした局所神経症状がみられます。[kamikatsu.jp]
嘔吐
  • 典型例では 頭部打撲後、数週間の無症状期を経て頭痛、嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状、片側の麻痺(片麻痺)やしびれ、痙攣、言葉がうまく話せない(失語症)、認知症や意欲の低下などの精神障害 とさまざまな神経症状が見られます。 これらの症状は年代によってかなり差がみられ、若年者では主に頭痛、嘔吐を中心とした頭蓋内圧亢進症状、加えて片麻痺、失語症を中心とした局所神経症状がみられます。[kamikatsu.jp]
  • 高齢者と乳幼児に多く発生し、血腫が増大するにつれ、意識障害、知能障害、頭痛、嘔吐、麻痺などの症状が出現します。再発する場合もありますが、手術で完全に治る病気です。 治療方針 保存的治療:無症状で、血腫量が少なければ、止血剤を処方して経過を見ます。 手術治療:症候性で血腫量が多い場合、穿頭ドレナージ術や穿頭洗浄術などの外科的手術を行います。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 1.急性硬膜下血腫の主な症状 血腫による圧迫と脳組織の損傷のため、頭蓋骨の内側の圧が高まり、激しい頭痛、嘔吐、意識障害などが現われます。 さらに、血腫の圧迫が脳ヘルニアの状態にまで進行してしまうと、深部にある生命維持中枢である脳幹(のうかん)が侵され、呼吸障害などが起き、最終的には死に至ってしまいます。 2.急性硬膜下血腫の主な原因 急性硬膜下血腫のほとんどは、頭部外傷によって発生します。頭部外傷により脳が損傷されその部の血管が破綻して出血し、短時間で硬膜下に溜まるというものです。[yaesu-noushinkeigeka.jp]
  • 他の効用としては、二日酔い、急性胃腸カタル、下痢、嘔吐、めまい、頭痛などさまざまな効果があります。医師の処方する漢方薬は、患者さんが生薬を煎じる必要はなく、顆粒状の薬剤ですから手間もかからず飲みやすくなっています。 漢方薬の処方については、医師にご相談ください。 やました内科・脳神経クリニック 山下 弘一 先生[machida.tokyo.med.or.jp]
吐き気
  • 退院後の生活について ・ 傷を強く洗ったりしないようにしましょう ・ 頭を打ったりしないように気をつけましょう ・ お酒の飲みすぎは控えましょう ・ 転ばないように足元に注意しましょう 手術後に起こりやすい症状 ・再発は10%と言われていますが、再発時は頭痛・吐き気・めまい・ふらつき・ 認知症のような症状・手足のしびれ・トイレに間に合わないなどの症状が徐々に現れます。 これらの症状がある場合は、病院へ連絡をして受診してください。[mominoki-hp.or.jp]
  • このあと通常は3週間 数カ月かけて血腫がつくられて、頭蓋骨の内側の圧が高まり(頭蓋内圧亢進)、頭痛や吐き気・嘔吐が現れます。また、血腫による脳の圧迫症状として半身の麻痺(片麻痺)、言語障害などが初発症状のこともあります。 軽度の意識障害として、元気がなかったり(自発性の低下)、認知症状がみられることもあります。血腫が増大していけば意識障害が進行して昏睡状態となることも有ります。 慢性硬膜下血腫の検査と診断 きっかけになる頭部外傷の直後では、頭部CTで異常が認められないことがほとんどです。[mizutani-neuro.com]
  • 症状 と 特徴 多くは何となく様子がおかしい、ぼんやりしている時間が多い、眠りがちになった、活動性が低下したなどの症状で始まり、徐々に頭痛、吐き気などの症状が現れます。症状は更に進行し運動麻痺、言語障害、尿便失禁を来たし、記憶障害や痴呆様症状が前面に出てくることも少なくありません。 事例1:50歳、男性 酒好きの方で、以前から泥酔しては転倒することが多かった。 2週前から頭痛を自覚するようになり、前日より左上下肢の脱力が出現したため来院された。[iwamizawanouge.com]
  • 脳の病気 脳血管障害 くも膜下出血 、 脳出血 、 脳梗塞 など 脳血管障害 髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経鞘腫、神経膠腫、転移性脳腫瘍 など 頭部外傷 急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、 慢性硬膜下血腫 、脳挫傷 など 脊椎脊髄疾患 脊髄腫瘍、脊髄外傷、脊髄血管障害、頚椎症 など 機能的脳神経疾患 三叉神経痛 、 顔面けいれん 、てんかん、不随意運動 など 感染性疾患 脳膿瘍 など その他 水頭症、奇形 など くも膜下出血 くも膜下出血は、突然の強い頭痛や吐き気、意識障害で発症する脳卒中の一種です。[fujiihp.or.jp]

治療

  • 治療 血腫が少量の場合、自然に治癒する事もありますがそういった例は稀です。基本的な治療法としては外科的治療が推奨されています。 極端に重症や特殊例以外は、穿頭ドレナージ術という比較的短時間で終了する手術を実施します。手術室で局所麻酔を用いて頭蓋骨に小さな穴を開け、そこから細い管を入れた上で血腫を洗い流します。入院してからだいたい1週間以内での退院となります。 慢性硬膜下血腫は手術後に麻痺や認知症症状、頭痛などの症状が徐々に改善していく事がほとんどですが、術後の再発が約10%に見られます。[twmu-mcens.jp]
  • コードレス 低周波治療器特設サイトでは、ご愛顧に感謝して「アンバサダーと共同開発したキャリーポーチ」を数量限定プレゼント中!! その他にも「7名のプロアスリートが語る、コンディショニングの重要性とその秘訣。」「今後様々なイベントで製品を実際に体験できるタッチアンドトライ。」 製品のメカニズムとテクノロジー。」「自分で出来るコンディショニングケア。」等様々な角度から「コンディショニングケア」を考察。 新たなSPORTS RECOVERY DEVICEとしての低周波治療器をこの機会に是非!![healthcare.omron.co.jp]

予防

  • 高齢者の男性に多くみられ、その他の発症に影響する因子として 1.大酒家 2.脳に萎縮がある(頭蓋骨と脳の間に隙間が多い) 3.もともと易出血性疾患があったり、脳梗塞・狭心症などの予防の薬 ( 抗凝固薬 ) を飲んでいる 4.水頭症に対する短絡術などの術後 5.透析を受けている などがあげられます。 ここで注意しなくてはならないのは頭部打撲後すぐには症状が出てこないことです。直後に大丈夫だからといって安心はできません。 血腫が脳を圧迫すると様々な症状がみられます。[kamikatsu.jp]
  • 予防の基礎知識 経過が順調であれば、手術直後から症状が改善し、1 2週間以内に退院可能となります。ただし、術後の再発が約1割の方に認められ、再手術が必要になることがあります。再発のリスクとして、飲酒、高齢、血が固まりにくい血液凝固異常症、抗凝固薬の内服などが挙げられます。そのため、退院後も十分な経過観察が必要なことを覚えておきましょう。 ※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。[saiseikai.or.jp]
  • そのため、日本脳神経外科学会と日本脳神経外傷学会は2013年12月16日付けで、 「スポーツによる脳損傷を予防するための提言」を共同発表し、スポーツに起因する脳損傷について、国民が知っておくべき5つの必須項目をまとめました (下記) (1) スポーツによる脳震盪は、意識障害や健忘がなく、頭痛や気分不良などだけのこともある。 (2) スポーツによる脳震盪の症状は、短時間で消失することが多いが、数週間以上継続することもある。[kantoh.johas.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!