Edit concept Question Editor Create issue ticket

硝子体膿瘍


提示

痙攣
  • 網膜分離症及び網膜嚢胞 のう胞状網膜剥離 増殖性網膜剥離 続発性網膜剥離 網膜剥離 漿液性網膜剥離 H332 漿液性網膜剥離 周辺部網膜裂孔 網膜円孔 網膜欠損 網膜馬蹄形裂孔 網膜裂孔 網膜鋸状縁断裂 H333 網膜裂孔, 剥離を伴わないもの 牽引性網膜剥離 H334 牽引性網膜剥離 外傷性網膜剥離 先天鎌状網膜剥離 先天性網膜剥離 胞状網膜剥離 鎌状網膜剥離 H335 その他の網膜剥離 一過性網膜動脈閉塞症 H340 一過性網膜動脈閉塞症 網膜中心動脈閉塞症 H341 網膜中心動脈閉塞症 網膜血管痙攣[kegg.jp]
瞳孔の異常
  • 振動眼振 垂直眼振 水平性眼振 先天性眼振 潜伏眼振 電気性眼振 特発性眼振 疲労眼振 末梢性眼振 律動性眼振 H55 眼振及びその他の不規則眼球運動 H00776 H00776 アディー瞳孔 外傷性散瞳 狭瞳症 緊張性瞳孔 黒内障性瞳孔強直 散瞳 縮瞳 絶対瞳孔強直 潜伏散瞳 調節性虹彩麻痺 瞳孔強直 瞳孔動揺 瞳孔不整 瞳孔不同症 虹彩括約筋麻痺 反射性瞳孔強直 非定型性アーガイル・ロバートソン症候群 非梅毒性アーガイル・ロバートソン症候群 麻痺性散瞳 麻痺性縮瞳 痙性散瞳 痙性縮瞳 H570 瞳孔機能異常[kegg.jp]
縮瞳
  • 絶対瞳孔強直 潜伏散瞳 調節性虹彩麻痺 瞳孔強直 瞳孔動揺 瞳孔不整 瞳孔不同症 虹彩括約筋麻痺 反射性瞳孔強直 非定型性アーガイル・ロバートソン症候群 非梅毒性アーガイル・ロバートソン症候群 麻痺性散瞳 麻痺性 痙性散瞳 痙性 H570 瞳孔機能異常 眼痛 H571 眼痛 眼脂 H579 眼及び付属器の障害, 詳細不明 術後結膜炎 術後眼内炎 白内障術後虹彩炎 白内障術後結膜炎 白内障術後炎症 術後高眼圧症 H598 眼及び付属器のその他の処置後障害 外耳道膿瘍 H600 外耳の膿瘍[kegg.jp]

治療

  • 診断 細隙灯顕微鏡検査、アレルギー検査など 治療 抗アレルギー点眼薬、抗アレルギー薬内服など ②細菌性結膜炎 様々な細菌が感染することで、色のついた眼脂を伴う結膜炎を生じます。感受性のある抗菌点眼を用いて治療を行います。 診断 細隙灯顕微鏡検査、細菌培養検査など 治療 抗菌点眼薬、抗炎症点眼薬 ③流行性角結膜炎 アデノウイルスによる感染性の結膜炎で、接触感染により周りの人に感染が広がります。[oitahiraiganka.jp]
  • まとめ:治療のための手術であればたいていは出る 手術給付金がどのような手術でいくらくらい出るのかを細かくみてきましたが、基本的には、治療のための手術であれば、軽いものを除いてたいていの手術が対象となっていることは間違いありません。 特に公的医療保険連動のタイプであれば、健康保険で受けられる手術はほぼ対象となるので、わかりやすいのではないでしょうか? ただし、一部に対象外となる手術もありますので、詳細は事前に医療保険の約款で確認するか保険会社や保険代理店に確認しておくとよいでしょう。[hoken.niaeru.com]

予防

  • […] consolidation therapy, maintenance therapy) 通常投与量:LD 800mg/日(12mg/kg)、MD 400mg(6mg/kg)/日 内服薬と静注薬がある、bioavailabilityは良好(約90%) oral switchできる Candida血症で、臨床的に安定、FLCZ感受性、血液培養陰性確認後に内服に変更検討 腎機能で投与量調整が必要 薬物相互作用に注意 各臓器への移行性は良好(中枢神経・眼内・唾液・尿路移行性良好) 侵襲性Candida症の予防[kameda.com]
  • 壊疽の起こる機序  神経障害 温痛覚の低下によりケガ・火傷に気が付かない、深爪 タコ(胼胝)ができやすい、関節・足の変形 自律神経障害による発汗減少のため、皮膚の乾燥・亀裂を生じる 潰瘍ができても気が付かない  血管障害 酸素・栄養供給が不十分 傷が治りにくい 組織での免疫能低下  感染症 コントロール不良、神経障害・血管障害の存在は、感染症を起こしやすくする 3.血糖コントロールと合併症 合併症を予防するには、血糖コントロールを良くするしかありません。[uemura-clinic.com]
  • 診断時に脳にリンパ腫がなくても、約30%の頻度で後に脳の病変が生じるため、この予防のための治療法も検討されていますが、今のところ確実な方法がありません。いくつかの大学では臨床試験を行っているため、専門施設での治療が勧められます。 眼付属器の腫瘍 眼瞼腫瘍 図3 眼瞼腫瘍(脂腺がん) 眼瞼に隆起病変があり、睫毛が脱落している。 眼瞼に生じる腫瘍は眼部腫瘍の中では頻度が高く、基底細胞がん、脂腺がん(図3)、扁平上皮がんが3大腫瘍であり、日本ではほぼ同じ頻度で発症します。[ncc.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!