Edit concept Question Editor Create issue ticket

硝子体網膜変性


提示

  • 通常の強膜バックリング術式の手順、ならびに術前診察において硝子体手術との術式選択に迷う症例や術中トラブルの対処法に関して症例を提示しながら解説します。 10:25 10:55 網膜剥離II:硝子体手術 北岡 隆 (長崎大学) 網膜剥離に対する術式は、20 年前と比較すると、経強膜網膜復位術が約半数になる一方で、硝子体手術は飛躍的に増加しています。[convention.jtbcom.co.jp]

精密検査

  • 弱視 緑内障 ぶどう膜炎 視神経炎 白内障 治療方法 レーザー治療 硝子体手術 SLT 光線力学療法 網膜剥離手術 白内障手術 抗VEGF療法 緑内障手術 斜視手術 検査・診断方法 屈折検査 精密眼圧測定 角膜内皮細胞顕微鏡検査 調節検査 細隙燈顕微鏡検査 眼底自発蛍光検査 矯正視力検査 精密眼底検査 網膜電位図(ERG) CFF(中心フリッカー試験) 眼底カメラ 超音波生体顕微鏡検査 精密視野検査 蛍光眼底造影検査 光干渉断層検査(OCT) 眼筋機能検査及び輻輳検査 動的量的視野検査 両眼視機能精密検査[hosp.med.osaka-cu.ac.jp]
  • 専門疾患 加齢黄斑変性 / 中心性漿液性脈絡網膜症 /(増殖性)糖尿病網膜症 / 網膜剥離(増殖性硝子体網膜症) 黄斑疾患(黄斑前膜・黄斑円孔等)/(難治性)白内障 / 眼科一般 手術療法 (日帰り) 院長・副院長が大学で行っていた手術全てに対応 硝子体・白内障手術(小切開(難症例に対応))/ 網膜復位術(網膜剥離に対するバックリング手術) 専門検査 院長・副院長が大学で行っていた手術全てに対応 加齢黄斑変性など黄斑疾患の精密検査 / HRAによる血管造影検査(フルオレセイン、インドシアニングリーン[tsato-eye.com]

治療

  • 治療 治療法には薬物による治療法と外科的な治療法があります。 薬物による治療法には、抗VEGF薬(ルセンティスまたはアイリーア)またはステロイド薬による治療があります。網膜や黄斑を傷つけることなく、浮腫を抑えます。外科的な治療法には、レーザー光凝固術と硝子体手術があります。 治療法は、血液成分の漏れ方(病態)によって、選択され、場合によっては複数の方法を組み合わせて行います。 抗VEGF療法とは 抗VEGF治療は網膜静脈閉塞症の治療に用いられます。[aoba-eyeclinic.com]
  • 加齢黄斑変性症の治療 治療開始から2ヵ月後までは月に1度、注射を行ない、3ヵ月後からは定期的に検査を行い必要に応じて注射を行ないます。1年間の治療スケジュールは主治医とよくご相談ください。 治療日前後に行なっていただきたい事 ルセンティスの治療を受ける前の3日間と注射後の3日間は、注射部位への感染を予防ぐため、主治医の指示どおり、抗菌点眼剤(抗生物質の目薬)をご自身で点眼していただきます。[otakeganka.com]

疫学

  • わが国の 40歳以上の5% が緑内障を有しており、年齢が上がる毎にその有病率が上がることが疫学調査(多治見スタディ)でわかっており、中途失明原因の主因となっています。 眼底写真(右眼) (左)健常者の視神経乳頭はオレンジ色をしています。 (右)緑内障では視神経乳頭が蒼白となり、凹み(陥凹)が深く大きくなります。 緑内障 について詳しく 緑内障の症状 眼圧が高くないのに緑内障になるのですか?[eye.med.kyushu-u.ac.jp]
  • 3) 疫学 加齢に伴って起きる病気ですので高齢者に多く、特に60歳以上に多くみられます。また、男性は女性の約3倍の発生率といわれています。約20%には両眼性に発生します。 もともと、欧米において失明原因の第一位である加齢黄斑変性症は、日本人に少ない疾患でした。しかし最近では、日本でも発症数が増加しており、生活様式が欧米化したこと(主に食生活)や、TVやパソコンの普及により眼に光刺激を受ける機会が非常に多くなったことも原因のひとつと考えられています。[osaka-med.ac.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 対象疾患の病態生理が複雑なため、聴衆レベルはやや高くなるが、VTR を比較的多く取り入れ分かりやすい内容に努める予定である。 10:00 10:25 網膜剥離I:強膜バックリング 前野 貴俊 (東邦大学・佐倉) 後部硝子体剥離の無い若年性網膜剥離や格子状変性部裂孔に伴う限局性網膜剥離などの症例では初回強膜バックリング手術の適応であり、網膜硝子体術者にとって強膜バックリング手術が身に着けておくべき手技であることは言うまでもありません。[convention.jtbcom.co.jp]

予防

  • 出血の予防のために止血剤を用いたり、 加齢黄斑変性になりやすい人では発病予防のためにサプリメントを摂取するのが有効だという報告があります。 新生血管が黄斑外にあればレーザー光凝固を行います。黄斑に新生血管が及んでいる場合には、 新生血管を抑制する薬を眼内に注射したり、光線力学的療法が行われます。 加齢黄斑変性から視力を守るには早期発見・早期治療が重要です。早期発見できれば有効な治療が行われ、 視機能を維持させることが可能になってきています。もし、物がゆがんで見えたりしたら、ご相談下さい。[koura-ec.com]
  • レーザー光凝固 経過観察と、網膜剥離の予防的な治療 網膜裂孔の一部は網膜剥離に進行します。それを早く発見できるように、眼科を受診し、治療が必要な網膜裂孔なのかどうか診断してもらう必要があります。 眼科では眼底検査をして、網膜剥離に進む可能性が高いと考えられる場合に、その進行を食い止める治療を行います。裂孔周囲の網膜に人工的な瘢痕 〈 はんこん 〉 を作るのです。[dm-net.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!