Edit concept Question Editor Create issue ticket

知覚障害


提示

  • 視覚障害の診断のための多くの評価ツールが提示されている。視力の定量化や眼球運動の評価を含めた包括的眼科検査では,検査を受けた脳性麻痺児の 25% において,斜視,視力,視野,滑動性追跡運動,視空間無視,眼振検査等のうち 2 項目以上で視覚障害がみられた。また,脳性麻痺児では高率に屈折異常がみられた。視覚検査に加え,視知覚検査に焦点をおいた評価では,屈折異常や斜視のみならず,視知覚や視空間の課題で困難さを示した。[minds.jcqhc.or.jp]
  • (秋田県 F) 【A】 ご提示頂いた診療情報から,まず診断に挙げるべきものは脊髄血管障害です。緊急性が高く,予後に大きく影響する大動脈解離や脊髄梗塞などの致死的疾患の可能性を考える必要があるからです。 上記診断に至る推論の過程を提示いたします。「脱力」,「しびれ」といった神経学的異常所見が認められた場合,各々の局在について神経解剖を考えます。[jmedj.co.jp]
  • Rao et al.(2001) は基準間隔と比較間隔を連続に提示して,基準間隔に対する比較間隔の長短を判断させる課題を参加者に行わせ,そのときの脳活動を fMRI で測定した.基準間隔に対応する時間帯では両側の前運動野と右下頭頂葉が賦活したことから,これらの領域は時間情報の符号化に関連することを示した.また,比較間隔に対応する時間帯では,右背外側前頭前野が賦活したことから,この領域は時間情報の比較過程に従事していることを示した.この知見はサルの背外側前頭前野に事象予期に関連した細胞が発見されている[home.hiroshima-u.ac.jp]

治療

  • 視覚障害・視知覚障害に対する治療介入については臨床的に多くの試みがなされており,行うよう勧められるが,科学的根拠はない。 推奨の強さ C1:行うことを考慮してもよいが,十分な科学的根拠はない 解説 エビデンス 斜視の手術後の経過観察の結果,GMFCS のレベルにかかわらず,半数近くの子どもが両眼融合を獲得した。視覚障害の診断のための多くの評価ツールが提示されている。[minds.jcqhc.or.jp]
  • 手根管症候群 この場合は原疾患の治療とNSAIDsによる疼痛を行う場合が多い。浮腫に対してラシックス (フロセミド);40mg1 も使用される。 神経痛 テグレトール(カルバマゼピン)が頻用される。帯状疱疹後などではフランドルテープが効果的なこともある。 「痺れ」という単語は他にも用法がある。 我慢して待つ 例文:もう痺れが切れた。(もう待てない。) 感動 例文:あの人の歌には痺れた。(あの人の歌に感動した。)[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 疫学 通常のケースでは人口の約1%すなわち100人に1人が発症するという決して稀ではない疾患です。ただし、家族、親戚に同病者がいると発症率が高くなることは認められています。このことは外国によっても変わらず先進国や発展途上国も同様の発症率を示しています。また、好発年齢は14歳ぐらいから30歳代に発症することがほとんどです。 成因 さて、統合失調症の病態の原因ですが、残念ながらまだ明確になっていないのが現状です。しかしいくつかの仮説が唱えられています。[yanaiclinic.com]
性別分布
年齢分布

予防

  • 糖尿病網膜症は、自覚症状がないまま進行していきますので、早期発見と進行予防・治療のために、年に1回以上眼底検査を行うことが必要です。 糖尿病腎症 糖尿病腎症は、高血糖により、腎臓にある非常に細い血管がむしばまれていく合併症です。 進行すると、老廃物を尿として排泄する腎臓の機能が失われてしまうため、最終的に透析治療を要することになります。この合併症も自覚症状がないまま進行していきますので、早期発見のためには、定期的に腎臓の機能を検査する必要があります。[diabetes.co.jp]
  • 【答え】 脳梗塞の後遺症 -薬剤とリハビリで様子を- 田岡病院 脳神経外科部長 村山 佳久(徳島市東山手町1丁目) 脳梗塞(こうそく)(脳血栓)については、この欄をはじめ多くの場で紹介されており、症状や予防法について、いろいろ関心を持たれていることと思います。一方で、脳梗塞になり後遺症を残した場合、今後どのようにしたらよいか悩まれている方も多いでしょう。そこで、脳梗塞後遺症の一つである知覚障害(しびれや痛み)についてお答えします。[tokushima.med.or.jp]
  • そのためには、褥瘡発生のリスクを的確にアセスメントして褥瘡発生を予測し、予防のためのさまざまなアプローチを行わなければなりません。 ガイドラインでも、褥瘡発生予測のための「リスクアセスメント・スケール」の使用は「 推奨度 B(根拠があり、行うよう勧められる)」とされています。 リスクアセスメント・スケールには、「1.量的に評価するもの」と「2.質的に評価するもの」があります。1.には、ブレーデンスケール、K式スケール、OHスケールがあり、2.としては厚生労働省危険因子評価票があります。[almediaweb.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!