Edit concept Question Editor Create issue ticket

睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん


提示

  • また、自立の為、生活支援センターから事業所に福祉サービスの手続きを行う際にも意見書の提示するよう求める理由を伏せている事に不信感を持つ当事者も多い。前述の京都市祇園での事故以降、雇用側が警戒していることを受けてのものと見られているが、雇用での差別的取扱を禁じた 職業安定法 に抵触する可能性があるとして、 厚生労働省 が同労働局に是正指導したうえ、全国の各労働局にも再発防止を指示している [66] 。[ja.wikipedia.org]
行動異常
  • てんかん重積の治療ではますは発作(痙攣、意識障害、行動異常)をとめる。発作が治まれば維持療法をおこなう、発作が治まらなければ次の治療に移行するという流れになる。てんかん治療ガイドライン2010ではフローチャートでまとめられている。 全身痙攣性てんかん重積 [ 編集 ] てんかん治療ガイドライン2010でフローチャートにまとまっている。 気道確保、酸素吸入 てんかん重積は放置すると 低酸素脳症 をおこすため、まずは気道確保と酸素投与が必要である。[ja.wikipedia.org]
全身性痙攣
  • てんかん重積には痙攣性発作が持続する身性痙攣性てんかん重積( generalized convulsive status epilepticus 、GCSE)と非痙攣性てんかん重積( non convulsive status epilepticus 、NCSE)が知られている。 てんかん重積の治療ではますは発作(痙攣、意識障害、行動異常)をとめる。発作が治まれば維持療法をおこなう、発作が治まらなければ次の治療に移行するという流れになる。[ja.wikipedia.org]

治療

  • WHOガイドラインでは単剤の抗てんかん薬で治療を開始するとされており、NICEガイドラインでは可能な限り単剤処方でなければならない(should)と勧告されている。NICEはある薬剤での初期治療が失敗したならば、別の薬剤を単剤処方で試すよう勧告している。 外科治療 [ 編集 ] この節の 加筆 が望まれています。 てんかんの治療はかつては内科的治療が主体であったが近年は難治性てんかんに対して外科的治療も積極的に行われるようになった。[ja.wikipedia.org]
  • プレガバリン Pregabalin (リリカ Lyrica ) 参考 1 抗てんかん薬、 鎮痛補助薬 神経障害性疼痛薬物療法 の第一選択薬 帯状疱疹 や 糖尿病 等の神経性疼痛緩 2000年 12月 米国FDAでは、糖尿病性末梢神経障害や帯状疱疹を伴う神経障害性疼痛の治療薬として、また成人のてんかん患者における部分発作の補助治療薬として承認されていた。 2006年 9月18日 欧州医薬品委員会(EC)は中枢神経障害性疼痛の治療薬としても承認 * 。[shiga-med.ac.jp]

疫学

  • 各国の疫学データでは発症率が人口の1%前後となっている。昔は「子供の病気」とされていたが、近年の調査研究で、老若男女関係なく発症する可能性があるとの見解も示され、80歳を過ぎてから発病する報告例もあるが、 エミール・クレペリン などは老年性てんかんは別個のものとして扱っている。 てんかんは予防不可能かつ 完治 不可能だが、大部分は安価に管理可能な病気であり 抗てんかん薬 が用いられる [4] 。[ja.wikipedia.org]
  • 疫学 てんかんの有病率は,各国ほぼ同じとされており,0.5 1.0%である.発展途上国では,感染(寄生虫を含む)や外傷などのためやや有病率が高い.世界で約4000万 5000万人の患者が存在するとされている.日本では0.8%の有病率であり,患者数約100万人と推定されている.てんかん発症はすべての年齢でみられるが,小児・思春期と高齢者での発症率が高い.[kotobank.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • リチウム 、ラモトリギンは、 躁病エピソード および うつ病エピソード の両方に対する予防効果が認められているが、リチウムは躁病エピソードの予防効果が強く、ラモトリギンはうつ病エピソードの予防効果が強いという特徴がある。 活性代謝物はなく、主に グルクロン酸抱合 により代謝される。 バルブロ酸 との併用で半減期が延長するため、注意を要する。[shiga-med.ac.jp]
  • てんかんは予防不可能かつ 完治 不可能だが、大部分は安価に管理可能な病気であり 抗てんかん薬 が用いられる [4] 。年間の医薬品コストはわずか5ドルにすぎない [4] が、通院、入院、検査には費用がかかり、日本では医療費自己負担額軽減のための制度もある [6] 。真面目に薬を飲み続ければ、症状が発症しない治癒の可能性は十分あり得る。[ja.wikipedia.org]
  • […] seizure): 熱性痙攣は乳幼児のけいれん発作では最も頻度が高く,日本人では6 8%が罹患する.生後3カ月から5歳の間に生じる発熱に伴って生じる全身痙攣発作で,頭蓋内感染・病変に起因しない発作である.発症年齢のピークは1歳半から2歳である.約半数は一度のみの発作である.持続が15分以上,痙攣が左右非対称,発作後にTodd麻痺がある,発作が短時間に頻回,といった場合は複雑型熱性痙攣と呼ばれ,後にてんかんを発症するリスクが高くなる.熱性痙攣を反復する児では,発熱時にジアゼパム坐薬を投与すると発作予防[kotobank.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!