Edit concept Question Editor Create issue ticket

眼筋麻痺-知的障害-陰嚢様舌症候群


提示

  • B-2-(2) 【自己と非自己の識別に関与する分子とその役割】 到達目標: 1) MHC クラスI とクラスII の基本構造、抗原提示経路の違いを説明できる。 2) 免疫グロブリンとT 細胞抗原レセプターの構造と反応様式を説明できる。 3) 免疫グロブリンとT 細胞抗原レセプター遺伝子の構造と遺伝子再構成にもとづき、多様性獲得の 機構を説明できる。 4) 自己と非自己の識別機構の確立と免疫学的寛容を概説できる。[asahikawa-med.ac.jp]
頻尿
  • 排尿・排便に症状がみられる病気 膀胱炎 排尿痛、尿、尿混濁を呈することが多く、原因菌は大腸菌が大部分です。通常は平熱ですが、高熱、腰痛を伴う場合は腎盂炎になっていることもあり注意が必要です。 検査・治療 多くは抗生物質で完治しますが、難治性の場合は他疾患の可能性や合併が考えられるので注意が必要です。 膀胱腫瘍 尿、残尿感などの膀胱刺激症状を呈する場合は少なく、多くは無症候性肉眼的血尿(痛み等はなく赤い尿が出る)を呈します。 検査・治療 専門医での治療が必要となります。[keiwakai.org]
  • チョコレート嚢腫 、 子宮内膜症 、 子宮発育不全 、 生理痛 、 生理不順(月経困難) 、 つわり(悪阻) 、 外陰炎 、 乳腺症 、 冷え症 、 不感症(冷感症) 、 不正出血 、 子宮下垂(子宮脱) 、 無月経 、 無毛症 、 卵管炎 、 卵巣機能不全 、 卵巣出血 、 卵巣嚢腫 、 流産癖 、 子宮後屈 、 子宮腺筋症 、 子宮筋腫最新治療 、 子宮脱垂、逆子 、 胎位不正etc 【泌尿、 生殖器疾患】 インポテンツ 前立腺肥大症 膀胱痛症候群 腎盂腎炎 神経因性膀胱 無精子症 ネフローゼ症候群 尿[pk-c.jp]
多汗症
  • 水頭症 睡眠障害 睡眠時無呼吸症候群 スティーブンス・ジョンソン症候群 髄膜炎 摂食障害 接触性皮膚炎 切迫早産 切迫流産 脊髄小脳変性症 精巣がん 声帯ポリープ 性同一性障害 脊髄腫瘍 脊髄損傷 脊柱管狭窄症 側彎症 脊椎分離症 赤痢 尖形コンジローム 先天性巨大結腸症 先天性股関節脱臼 先天性胆道閉鎖症 舌炎 舌がん 舌小帯短縮症 全身性エリテマトーデス(SLE) 喘息 前置胎盤 前立腺炎 前立腺がん 前立腺肥大 躁うつ病 鼠径ヘルニア ターナー症候群 帯状疱疹 帯状疱疹後神経痛 対人恐怖症 多汗症[t-pec.jp]
肝斑
  • 肘部管症候群(尺骨神経麻痺) 、 月状骨軟化症(キーンベック病)狭窄性腱鞘炎 、 寝違え 、 ばね指 、 ペルテス病 、 変形性頸椎症 、 変形性腰椎症 、 骨粗鬆症 、 こむら返し、しびれ 、リウマチ、顎関節症、 イップス 、 月状骨軟化症(キーンベック病) 、 多発性関節炎、眼瞼下垂 etc 【皮膚科】 アトピー性皮膚炎(異位性皮炎)、尋常性乾癬(牛皮癬)、接触性皮膚炎、水虫、帯状疱疹(ヘルペス)、掌蹠膿疱症、血管腫、皮膚掻痒(そうよう)症、ワキガ、美容と美容鍼灸、豊胸(バストアップ)、美白、[pk-c.jp]
体重減少
  • 印は初診日及び初診担当医 月- 金医師 火- 菅井教授、和野助教授 シェーグレン症候群外来 水- 菅井教授、 広瀬教授、 正木医師 木- 和野助教授 金- 小川講師 土- 小川講師 貧血…顔色が悪い、少し動くと胸がドキドキする、少し動くと息が切れる、体がだるい、目まいがする 血小板減少症…小さいブツブツができる、打った所があざになりやすい、歯をみがくとき血がでる、出血鼻血がとまらない 悪性リンパ腫…首のまわり・わきの下・太もものつけねのリンパ腺が腫れる、急に高熱がでる、体重減少、寝汗、体がかゆい[kanazawa-med.ac.jp]
  • 糖尿病 病初期には口渇・多飲・多尿・倦怠感・易疲労・体重減少を呈することが多く、中期以降は視力低下・勃起障害・月経異常・四肢のしびれ感などを自覚することが多いです。 無症状でも、血液検査で高血糖やマーカー高値で指摘されることがあります。 インスリン(血糖を下げるホルモン)の分泌不足・作用不足により高血糖状態となる疾患で、放置すると網膜症・腎症・神経症を併発したり場合によっては脳卒中や心筋梗塞を発症することもあります。[keiwakai.org]
  • 1時間以上持続する朝のこわばり 発熱と全身倦怠感 食欲不振や体重減少 抑うつ状態 炎症反応の亢進 少量のステロイド剤に対する反応が良好 血管炎の合併により、頭痛や視力障害を伴うことがある 上記のような特徴がありますが、基本は除外診断であり、他のリウマチ性疾患と鑑別する必要があります。また、初老期うつ病や五十肩と間違えられることもあるため、注意が必要です。[akaogi-clinic.jp]
  • 5.Rivastigmine:relatively selective pseudoirreversible inhibitor of acetylcholinesterase 高濃度投与で嘔吐、下痢、食欲不振、体重減少あり。ヨーロッパで推奨。 6.Eptastigmine:carvamate derivative of physostigmine,irreversible inhibitor of anticholinesterase 洞性徐脈、薬用量依存性の顆粒球減少あり治験は一時中断。[ibaraisikai.or.jp]
体重増加
  • 牛乳によるアレルギー性腸症、慢性偽性腸閉塞(CIPS) 肝臓疾患 B型肝炎、C型肝炎、劇症肝炎、胆道閉鎖症、ウイルソン病やシトリン欠損症(NICCD)といった代謝性肝疾患、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、肝移植症例の移植前後の管理 内分泌疾患 成長ホルモン分泌不全性低身長、SGA性低身長症、甲状腺機能低下症・亢進症、副腎過形成、低血糖症、思春期早発症・遅発症、性分化疾患、ターナー症候群 栄養疾患 生活習慣病、メタボリックシンドロームを有する肥満症、症候性肥満症(プラダーウイリー症候群など)、体重増加不良[wch.opho.jp]
  • 3cm以上と大きくても頭囲の増大が正常範囲で、体重増加や全身状態に異常がなければ、とりあえずは、経過観察です。頭位がまず、追いついて、次いで体重が追いついてきます。身長は、なかなか追いつかないのが普通です。 頭囲が神経学的予後を決定 するので、頭位が大きくならないのは問題です。( 染色体異常や代謝異常を考慮)急に大きくなるのも精査が必要です。[heart-clinic.jp]
平衡障害
  • (1)耳領域 耳痛、および耳周囲腫脹、耳漏、耳出血、難聴、聴覚過敏、自声強聴、耳鳴、めまい、悪心・嘔吐、平衡障害、眼振、脳神経障害 (2)鼻・副鼻腔領域 鼻閉、鼻漏、鼻内乾燥、嗅覚障害、くしゃみ、鼻出血、頭痛、頭重感、歯痛、鼻声(開鼻声、閉鼻声)、外鼻変形、流涙、複視、眼運動障害、視力障害 (3)口腔・咽頭領域 口内痛、口腔乾燥感、唾液分泌異常、味覚障害、口臭、舌苔、流涎、舌運動障害、唾液腺腫脹・疼痛、歯牙・歯肉の異常、舌・口腔底腫脹、咽頭痛、嚥下痛、嚥下障害、咽頭乾燥感、咽頭異物感、構音障害、言語障害[seirei.or.jp]
  • 5)パチッという音(pop音)の後、耳閉塞感、難聴、耳鳴、めまい、平衡障害 などが生じた。 以上の症状のいずれか一つでもある場合、外リンパ痩を疑う。 せん妄(譫妄)とせん妄への対処(NIS、No.4029(H13/7/14)、P37) 1.意識障害 1)意識混濁:意識レベルの障害 2)意識変容:意識の質的異常。[ibaraisikai.or.jp]
アミロイドーシス
  • 肝細胞がん 胃がん 腎がん 子宮体がん 子宮頚がん 乳がん 大腸がん 卵巣がん 直腸がん 子宮体がん リンパ転移がん がん性疼痛 肺がん 膵臓がん 食道がん 前列腺がん 直腸がん悪性新生物 悪性腫瘍 癌の予防&延命鍼灸 癌の随伴症状の緩和、etc 【生活習慣病】 胸いらいら、怒りっぽい、こわばる、咳き込み、高熱、弛緩熱、微熱、胸痛、鳥インフルエンザ、SARS、AIDS、胆のう炎、易怒、胸焼、疲労症候群 、いつでも眠い、不安感、集中力散漫、物覚えが悪くなった、 etc 【難病】 膠原病、 アミロイドーシス[pk-c.jp]
  • 3 )アミロイドーシスを概説できる。 ⑧ビタミンの欠乏と過剰 到達目標: 1 )ビタミン欠乏症と過剰症を概説できる。 ⑨先天性代謝疾患 到達目標: 1 )主な先天性代謝疾患(フェニールケトン尿症、ガラクトース血症、ホモシスチン尿症、メープ ルシロップ尿症)を概説できる。 2 )ヘモクロマトーシスを概説できる。 3 )ポルフィリアを概説できる。 4 )ウイルソン病を概説できる。[asahikawa-med.ac.jp]
口腔乾燥症
  • 咬み合わせが異常である 口内炎・口腔乾燥…口の中によく潰瘍ができる、口の中が荒れて痛い、常に口がかわいてつらい 【 歯科口腔科(矯正歯科) 】 曜日別外来担当医及び専門外来日 印は初診日及び初診担当医 月- 出村講師、鶴迫(有)医師 火- 出村講師、 鶴迫(有)医師 水- 出村講師 木- 出村講師、鶴迫(有)医師 金- 出村講師、 小田医師 土- 出村講師、 鶴迫(有)医師 反対咬合…いわゆる「受け口」、前歯の咬み合わせが逆(上の前歯が下の前歯の内側)、三日月型の顔(あごが突出している) 上顎前突[kanazawa-med.ac.jp]
痙性麻痺
  • ズダン好性白質ジストロフィー(Perizaeus-Merzbacher病) 生後2年以内に運動失調、麻痺、眼振などで発症し構音障害、知能低下 などが加わるが経過は緩慢で10 20年生存できる場合もあるが次第に痴呆に 陥る。 6. フイブリノイド白質ジストロフィー(Alexander病) 生後1年以内に発病し構語、筋力、知能の異常がくる。脳軟膜下や血管周囲 に好酸性硝子体がみられ、最も希な部に属する。急速に進行して死亡する。[ibaraisikai.or.jp]
  • 脊髄への圧迫が強くなると、麻痺や直腸膀胱障害などの脊髄症状(脊髄症) がみられるようになり手術が必要になります。骨化の進行が緩徐な場合は神経症状が なかなか表に出ないこともあります。このような症例でも頚部打撲などの外傷や安易 な頚部への運動負荷 (ストレッチや牽引など)で神経症状が急に悪化することがあ ります。 高齢者のなかには脳神経系に重篤な影響を与える可能性のある慢性進行性の骨疾患 を持つ者が含まれます。そしてそれらは軽微な外力によって予想外の神経症状を生じ ることがあります。[tutiyama-clinic.com]
震え
  • つちやま内科クリニック 土山雅人 【問い】昨年11月ごろから歩行の異常や右手足の震えがあり、磁気共鳴画像装置(MRI)、核医学(RI)、心筋シンチグラフィーの検査を受けるとパーキンソン病と診断されました。今は、薬を朝1回1錠飲んでいます。薬を飲んでも震えは止まらないと言われますが、他にどんな治療法がありますか。 (68歳、女性) 【答え】パーキンソン病は脳の病気ですが、心筋シンチグラフィーは心臓の交感神経の働きをみます。[tutiyama-clinic.com]
弛緩性麻痺
  • 微熱・倦怠の前駆症の後に急速に病巣 以下の弛緩麻痺・知覚脱失・膀胱直腸障害・栄養および反射の異常が起こる。 病巣の直ぐ上の分節は刺激状態にあるため、知覚脱失部位と知覚正常な皮膚領域 との間には痛覚過敏地帯がある。麻痺は2 3週の後には次第に痙性となってくる。 麻痺が対麻痺の形を呈するときは横断性脊髄炎transverse myelitisという。 脊髄炎が視力障害と共にくれば視神経脊髄炎(Devic病)を考えねばならぬ。[ibaraisikai.or.jp]
血管疾患
  • I67.0_脳動脈壁の解離,非〈未〉破裂性 I67.1_脳動脈瘤,非〈未〉破裂性 I67.2_脳動脈のアテローム〈じゅく〈粥〉状〉硬化(症) I67.3_進行性血管性白質脳症 I67.4_高血圧性脳症 I67.5_もやもや病〈ウイリス動脈輪閉塞症〉 I67.6_頭蓋内静脈系の非化膿性血栓症 I67.7_脳動脈炎,他に分類されないもの I67.8_その他の明示された脳血管疾患 I67.9_脳血管疾患,詳細不明 I69_脳血管疾患の続発・後遺症 I69.0_くも膜下出血の続発・後遺症 I69.1_脳内出血[e-stat.go.jp]
  • における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - - その他 - - - - I63 脳梗塞 3日以内 - - - - その他 - - - - I65 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - - その他 - - - - I66 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - - その他 - - - - I675 もやもや病 3日以内 - - - - その他 - - - - I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - - その他[fcho.jp]
  • 血管疾患 1) 皮質下性動脈硬化性脳症(Binswanger's) 2) 皮質下梗塞や白質脳症を伴う大脳常染色体優性の動脈疾患 3) 孤発性CNS血管炎 2.[ibaraisikai.or.jp]
  • 平成14年患者調査、単位 人) ・ある特定の調査日に全国で診療を受けた患者の実数 ・在宅患者総数(訪問診療 往診):72,000 診療所 訪問診療25,000 往診18,000 病院 訪問診療6,000 往診4000 歯科 7,000 医師・歯科医師以外 12,000 ・在宅患者のうち、63,000(在宅患者の87.7%)が65歳以上 65歳以上の外来患者(病院 診療所)2,713,000の2.3%が在宅医療を受けている 寝たきり者の主な原因 (平成13年国民生活基礎調査) n 36,573 ・脳血管疾患[tutiyama-clinic.com]
動悸
  • - 竹越教授、 金光助教授、大久保講師、増山医師、北川医師 経皮的冠動脈形成術(PTCA)外来 、高血圧外来 水- 竹越教授 (特別外来) 木- 金山医師 金- 松井教授、 津川助教授、浅地医師 、北山医師 土- 金光助教授、三浦医師 狭心症…前胸部の絞やく感、胸の圧迫感、息切れ、左肩・左前腕の放散痛 心筋梗塞…前胸部の激痛(しめつけられるような)、呼吸困難、冷や汗、悪心・嘔吐(食べ物を吐く) 心不全…全身倦怠感・疲れやすい、労作時の息切れ、咳・痰、下肢(足)の浮腫(むくみ)、食欲不振 不整脈…動悸[kanazawa-med.ac.jp]
  • 甲状腺疾患 甲状腺機能亢進症の症状 眼球突出・動悸・頻脈・多汗・手指振戦・体重減少・易疲労感・甲状腺腫 甲状腺機能低下症の症状 易疲労感、顔面のむくみ、声がれ、寒がり、便秘、筋肉痛、脱毛など多彩 検査・治療 血液検査で甲状腺ホルモンの測定をすればほぼ診断は可能です。 いづれも内服治療で治りますが、特殊な治療を必要とすることもあります。 頸部リンパ節疾患 首周りのしこりとして自覚されることが多いですが、多くの場合はウイルス・細菌感染によるリンパ節炎で有痛性のしこりとして触れます。[keiwakai.org]
  • 呼吸器疾患】 過換気症候群 気管支拡張症 ぜんそく(喘息) 咳 胸膜炎 禁煙 睡眠時無呼吸症候群 咳 痰 慢性気管支炎 薬物依存症 【消化器疾患】 胃けいれん(痙攣) 胃酸過多症 下痢 食道アカラジア 痔瘻(ろう) 胃切除後症候群 肛門掻(そう)痒症 胆石症 自己免疫性肝炎 脂肪肝 十二指腸潰瘍 胃下垂症 潰瘍性大腸炎 逆流性食道炎 神経性胃炎 痔 便秘 脱肛 慢性胃炎 慢性肝炎 慢性膵炎 慢性腸炎 胃潰瘍、etc 【循環器疾患】 狭心症 脳梗塞 心筋梗塞 心臓神経症 静脈瘤 低血圧症 不整脈 動悸[pk-c.jp]
  • (E 参照) 発熱 脱水 けいれん 意識障害 頭痛 めまい 動悸 胸痛 呼吸困難 喀血 腹痛 嘔吐 吐血・下血 下痢 血尿[asahikawa-med.ac.jp]
便秘
  • 過敏性腸症候群 程度の様々な腹痛(食後に増悪し排便により軽快する特徴があります)・繰り返し起こる下痢、便秘・腹部膨満感・多量の放屁・腹鳴で自覚されることが多いです。 検査・治療 ストレスや自律神経失調によることが多く、整腸剤や抗不安薬が主体になりますが、難治性の場合には抗うつ薬が必要となることもあります。[keiwakai.org]
  • 薬の相談 妊娠中の薬剤投与、授乳中の薬剤投与に関しての相談 禁煙支援 対象は妊婦・授乳婦(妊娠前の希望者含む)、妊婦の夫、小児の両親など 消化器・内分泌科 消化管疾患 胃食道逆流症、短腸症候群、難治性下痢症(在宅経腸栄養・高カロリー輸液も含む)、慢性便秘、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎、ベーチェットなど)、血便疾患(ポリープなど)、蛋白漏出性胃腸症、牛乳によるアレルギー性腸症、慢性偽性腸閉塞(CIPS) 肝臓疾患 B型肝炎、C型肝炎、劇症肝炎、胆道閉鎖症、ウイルソン病やシトリン欠損症(NICCD[wch.opho.jp]
  • の発達 手術時の麻酔 術後の疼痛対策ならびに鎮静 手術前の鎮静(バランス鎮静) 検査の鎮静 緩和医療 III.家庭における発達医療 医療機関との関わり方 かかりつけ医と専門医へのかかり方 療育機関との関わり方 発達に何らかの問題を持つ乳幼児によくみられる症状と治療 1 感染症 風邪をすぐひく・胃腸の調子を崩しやすい 2 呼吸の問題 顔色が悪い・呼吸が苦しそう 3 摂食・嚥下の問題 むせやすい・かまない・一人でたべられない 4 栄養の問題 体重が増えない・太りすぎ 5 消化器系の問題―吐きやすい・便秘[nanzando.com]
  • 便秘 元気が良く、食欲も順調であれば問題ありませんが、4日以上便通がなく、哺乳量が低下している場合には、病院へ行きましょう。 心雑音 静脈コマ音 頚部から鎖骨直下に聞かれる連続性雑音。臥位にすると消えたりする。一過性肺動脈分岐部狭窄は、3〜4ヶ月の経過で自然消失する 聴力や視力 大変、重要な項目ですが、この時期での検査は、なかなか難しいです。ガラガラの音に反応して追うようであれば高度の難聴はありません。おもちゃを目で追いますか?[heart-clinic.jp]
血便
  • 薬の相談 妊娠中の薬剤投与、授乳中の薬剤投与に関しての相談 禁煙支援 対象は妊婦・授乳婦(妊娠前の希望者含む)、妊婦の夫、小児の両親など 消化器・内分泌科 消化管疾患 胃食道逆流症、短腸症候群、難治性下痢症(在宅経腸栄養・高カロリー輸液も含む)、慢性便秘、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎、ベーチェットなど)、血便疾患(ポリープなど)、蛋白漏出性胃腸症、牛乳によるアレルギー性腸症、慢性偽性腸閉塞(CIPS) 肝臓疾患 B型肝炎、C型肝炎、劇症肝炎、胆道閉鎖症、ウイルソン病やシトリン欠損症(NICCD[wch.opho.jp]
  • 4) 小児心身症外来、未熟児フォローアップ外来 土- 助手以上各週交代、当直医 麻疹(はしか)…発熱、鼻水、目やに、咳、2 3日後に発疹 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)…耳の後下方がはれてくる、痛み、発熱、あごの下もはれてくる 水痘(水ぼうそう)…初めに赤い小さな発疹、その部分が小さな水泡になり、その上が茶色のかさぶたになる、かゆみ、発熱 突発性発疹…約3日間高い熱が持続する、下痢、3日後に発疹が現れ1 1日半で消える 腸重積症…急に顔色が悪くなる、機嫌が悪く・泣きわめく、嘔吐(食べ物を吐く)、血便[kanazawa-med.ac.jp]
  • 大腸癌・ポリープ 排便習慣の変化(理由なく下痢・便秘を繰り返す)・血便、下血など便に血液が付着・便に血が混ざる・腹部腫瘤(腹部に腫瘤を触れる)などは大腸癌を疑う初期症状のことがあり注意が必要です。 検査・治療 さらに便潜血陽性の場合には注腸X線検査・内視鏡検査が必要になります。 存在が確認されれば内視鏡的切除・外科的切除が必要になります。 そのほか全身に症状がみられる病気 感冒・インフルエンザ 発熱・喉痛・鼻汁・咳などの上気道炎症状を呈します。[keiwakai.org]

精密検査

  • 上手くできない場合は、脳性麻痺や脳障害を考えて、精密検査が必要です。 (2)社会性 視線が合うか、落ち着きがあるか、簡単な指示を理解できるか(バイバイっと言ってみたり、おもちゃの受け渡しなど)などに問題があれば、 コミュニケーション障害(広汎性発達障害)を疑います。[heart-clinic.jp]
  • 変化(増減)が著しい、過食、気分の変動 【 放射線科 】 曜日別外来担当医及び専門外来日 印は初診日及び初診担当医 月- 山本教授、 西川医師 腫瘍(放射線治療とIVR)外来(毎日) 火- 山本教授、 横田講師 、滝医師 水-東助教授 、 大口講師 木- 利波教授、 西川医師 金- 東助教授、 的場医師 、滝医師 土- 山本教授、 西川医師 肺癌、その他胸部疾患…せき、痰に血がまじる(血痰)、胸部異常陰影 放射線治療 総合画像診断 胃潰瘍・胃癌…食欲不振、腹痛、血を吐く(吐血) IVR 癌検診と精密検査[kanazawa-med.ac.jp]
黄色ブドウ球菌
  • 我が国の小児細菌性髄膜炎では、Hib 肺炎球菌 B群溶連菌 大腸菌 リステリア 髄膜炎菌 黄色ブドウ球菌 表皮ブドウ球菌 2. 患児の95%以上が5歳未満、2/3が2歳未満(5歳未満10万人あたり8.6 8.9人) 3. Hibについて ・G(-)桿菌、3 5%の子どもが鼻に持っている常在菌。 ・通常は上気道の不顕性感染 ・抗生剤(アンピシリン・CP・セフェム・ニューキノロン)耐性株の増加 4. Hib感染症について ・髄膜炎には特異的症状がない。[ibaraisikai.or.jp]
  • ブドウ球菌肺炎 J15.2C_薬剤耐性ブドウ球菌肺炎 J15.2D_その他 J15.3_B群連鎖球菌による肺炎 J15.4_その他の連鎖球菌による肺炎 J15.4A_劇症型溶血性連鎖球菌による肺炎 J15.4B_その他 J15.5_大腸菌による肺炎 J15.6_その他の好気性グラム陰性菌による肺炎 J15.6B_その他 J15.7_マイコプラズマ肺炎 J15.8_その他の細菌性肺炎 J15.8B_薬剤耐性細菌性肺炎 J15.8C_その他 J15.8D_カルバペネム耐性腸内細菌科細菌肺炎 J15.9[e-stat.go.jp]
縦隔腫瘍
  • 加齢 気圧外傷 小脳橋角部腫瘍 先天性風疹感染症 大きな音への曝露 遺伝性疾患 髄膜炎 ウイルス感染症(可能性あり) 舌咽神経(第9脳神経) 咽頭,扁桃,舌後部,および頸動脈からの感覚入力情報の伝達 舌咽神経痛 動脈拡張または腫瘍(比較的まれ)による神経圧迫 嚥下筋および唾液腺を支配 血圧調節の補助 舌咽神経障害 後頭蓋窩または頸静脈孔の腫瘍または動脈瘤 迷走神経(第10脳神経) 声帯および嚥下筋を動かす 心臓と内臓平滑筋にインパルスを伝達する 嗄声,発声障害,および嚥下困難 血管迷走神経性失神 腫瘍[msdmanuals.com]
  • 斜視 出社拒否 周期性嘔吐症(自家中毒) 手根管症候群 主婦湿疹 硝子体出血 掌蹠膿疱症 食中毒 食道炎 食道がん 食道静脈瘤 食物アレルギー 書痙 C型肝炎 子宮外妊娠 子宮がん 子宮筋腫 子宮頸管ポリープ 子宮腺筋症 子宮脱 子宮内膜症 色覚異常 歯周病 膝関節症 歯肉炎 紫斑病 脂肪肝 しみ しもやけ 脂漏性湿疹 しろなまず 心筋炎 心筋梗塞 神経芽細胞腫 神経痛 心室細動 心室中隔欠損症 心身症 新生児黄疸 新生児メレナ 心臓弁膜症 心肥大 心不全 心房細動 心房中隔欠損症 痔 弱視 腫瘍[t-pec.jp]
  • 3 )腫瘍の種類を列挙し、診断と治療を説明できる。 4 )縦隔気腫の原因、症候と診断を説明できる。 5 )胸膜生検の適応を説明できる。 6 )胸膜中皮腫を概説できる。 C-(7) (7)消化器系 一般目標: 消化器系の正常構造と機能を理解し、主な消化器系疾患の病態生理、原因、症候、診断と治療を学ぶ。 【構造と機能】 到達目標: 1 )各消化器官の位置、形態と血管分布を図示できる。 2 )腹膜と臓器の関係を説明できる。 3 )食道・胃・小腸・大腸の基本構造と部位による違いを説明できる。[asahikawa-med.ac.jp]

治療

  • 検査・治療 急性の場合、感冒の治療に準じて引き続き行われれます。 慢性の場合、長期の抗生物質治療や特殊カテーテル治療が必要になります。 口内炎・舌炎 口腔内・舌表面にびらん・潰瘍・水疱・膿疱・浮腫・紅斑などが見られ痛みを伴うこともあります。 難治性・再発性の場合は全身疾患に伴うことがあり注意が必要です。 検査・治療 ステロイド軟膏やビタミン剤で通常は2週間以内に完治します。[keiwakai.org]
  • 2 )アシドーシス・アルカローシスの治療を概説できる。 【疾患】 ①腎不全 到達目標: 1 )急性腎不全の原因、症候、診断と治療を説明できる。 2 )慢性腎不全の原因、症候、診断と治療を概説できる。 3 )慢性腎不全の治療(透析・腎移植)を説明できる。 ②原発性糸球体疾患 到達目標: 1 )急性糸球体腎炎症候群の原因、症候、診断と治療を説明できる。 2 )慢性糸球体腎炎症候群(IgA 腎症を含む)の症候、診断と治療を説明できる。 3 )ネフローゼ症候群の分類、症候、診断と治療を説明できる。[asahikawa-med.ac.jp]
  • 治療 に際しては原因疾患の治療を第一とし、 頭部外傷 、 脳腫瘍 、 動脈瘤 などでは 外科 的治療が必要となる。 対症療法 としては ステロイドホルモン 、 ビタミンB 1 、 B 12 、 ATP 、 抗生物質 などを投与する。偏位の微小な複視には プリズム 矯正を施し、症状固定から6か月以上経過後に複視が認められる場合には斜視手術を施す。[ja.wikipedia.org]

疫学

  • F-(2) (2)疫学と予防医学 一般目標: 保健統計の意義と現状、疫学とその応用、疾病の予防について学ぶ。 到達目標: 1 )人口静態統計と人口動態統計を説明できる。 2 )疾病の定義、分類と国際疾病分類(ICD )を説明できる。 3 )疾病・有病・障害統計、年齢調整率と標準化死亡比SMR を説明できる。 4 )疫学の概念と疫学の諸指標について説明できる。 5 )予防医学(一、二、三次予防)を概説できる。 6 )生命関数表(平均余命と平均寿命)を説明できる。[asahikawa-med.ac.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 2 )心不全の原因疾患と病態生理を説明できる。 3 )左心不全と右心不全の診断を説明し、治療を概説できる。 4 )急性心不全と慢性心不全の診断を説明し、治療を概説できる。 ②狭心症・心筋梗塞 到達目標: 1 )安定狭心症(労作性、冠攣縮性)の病態生理、症候と診断を説明し、治療を概説できる。 2 )不安定狭心症の病態生理、症候と診断を説明し、治療を概説できる。 3 )急性心筋梗塞の病態生理、症候、診断と合併症を説明し、治療を概説できる。[asahikawa-med.ac.jp]
  • 後交通動脈の動脈瘤 第3脳神経の虚血(糖尿病で生じるような小血管病による),または中脳における第3脳神経線維束の虚血 頭蓋内腫瘤(例,硬膜下血腫,腫瘍,膿瘍)によるテント切痕ヘルニア 滑車神経(第4脳神経) 上斜筋を介して眼球を内下方へ動かす 麻痺 しばしば特発性 頭部外傷 小血管病による梗塞(例,糖尿病) テント髄膜腫 松果体腫 上斜筋のミオキミア(典型的には主観的な視野のちらつき,眼球の振動,および/または視野の傾きを生じる短時間の眼球運動発作) 血管ループによる滑車神経の絞扼(三叉神経痛の病態生理[msdmanuals.com]

予防

  • ハチミツは、乳児ボツリヌス菌予防のため、 1歳未満の乳児には使わないとされています。 フォローアップミルクの意義については、賛否両論あるようですが、牛乳の代替品であって、母乳の代替品ではなく、離乳が支障なく行われていれば、積極的に勧める理由はないとされています。 事故の予防 この年齢の死亡原因は事故によるものが第1位である。家庭内の乳幼児の事故の多くは、保護者などの注意によって防ぐことができるものが大部分です。[heart-clinic.jp]
  • 、計画妊娠 合併症妊娠 内科的合併症を有するハイリスク妊娠の妊娠中の管理 産後(産褥)診療 妊娠中に発症した内科合併症のフォローと次回妊娠への予防的管理指導 不育症 習慣流死産、繰り返す子宮内胎児発育不全の原因検索と予防的治療 ※ただし、不妊症の検査・治療はおこなっていません。[wch.opho.jp]
  • (肉ばなれ) 足底筋膜炎 腸脛靭帯炎 打撲 挫傷 アキレス腱断裂 靱帯損傷 膝内障 リュックサック麻痺(マヒ) 筋肉痛 突き指 上腕骨外上顆炎(テニス肘) 捻挫 半月板損傷 野球肩 ランナー膝 野球肘、etc 【交通事故】 (後遺症) 高次脳機能障害 複合性局所疼痛症候群(CRPS) 反射性交感神経性萎縮症(RSD) 頚髄損傷 頚椎捻挫(鞭打ち) むちうち(ムチウチ) 頭部外傷 交通事故後遺症 頭部外傷後遺症 脳振盪(のうしんとう) 脳挫傷(のうざしょう) 頭部外傷、etc 【癌 がん】 癌の 予防[pk-c.jp]
  • F-(2) (2)疫学と予防医学 一般目標: 保健統計の意義と現状、疫学とその応用、疾病の予防について学ぶ。 到達目標: 1 )人口静態統計と人口動態統計を説明できる。 2 )疾病の定義、分類と国際疾病分類(ICD )を説明できる。 3 )疾病・有病・障害統計、年齢調整率と標準化死亡比SMR を説明できる。 4 )疫学の概念と疫学の諸指標について説明できる。 5 )予防医学(一、二、三次予防)を概説できる。 6 )生命関数表(平均余命と平均寿命)を説明できる。[asahikawa-med.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!