Edit concept Question Editor Create issue ticket

直腸潰瘍


精密検査

  • 精密検査のため予約が必要です。 3)注腸X線検査 大腸全体を撮影するX線検査です。 検査前日からの食事の制限(検査食)やお薬の服用があります。 ※精密検査のため予約が必要です。 ・大腸ポリープ 大腸の粘膜からの隆起、すなわちイボ状のものが生じたものをポリープといいます。初めはごく小さいあわ粒くらいの大きさですが、次第に大きくなっていきます。 形は有茎と無茎のものがあり、扁平に近い隆起もポリープとよばれます。[takano-hospital.jp]

治療

  • (診断と治療) 直腸内視鏡を緊急で施行する。 下部直腸に境界の明らかな浅い潰瘍ができ、潰瘍の底に露出した血管から出血を確認できる。 基礎疾患のため手術は不可能なことが多く、輸血しながら保存的に加療する。 明らかな出血源がわかれば吸収性局所止血剤やガーゼでの圧迫をまず試み、 止血できないときは血管硬化剤の局注やヒートプローブによる止血術をおこなう。 28日 OFF 飲み会 29日 OFF 休養日:気分が乗らず心拍数も高かった。[blog.goo.ne.jp]
  • 軽症では、通院による治療が可能ですが、重症は入院治療が必要となります。 潰瘍性大腸炎の内科的治療 1)知っておくべき治療の位置づけ 軽症 中等症の活動期の寛解導入には、①5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤の経口剤、②5-ASA製剤やステロイドの局所製剤(坐剤、注腸剤)が用いられます。 病変範囲が狭ければ局所製剤だけによる治療も可能ですが、病変が広い場合や早期の治療効果を期待する場合には経口剤と局所製剤の併用療法が行われます。[kawaguchi-hp.or.jp]
  • 図 潰瘍性大腸炎の治療 「潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識 第2版(難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班(鈴木班))から引用」 自己判断による薬の減量・中断は再燃のもと 治療によりいったん症状がよくなっても、再び大腸に炎症がぶり返す(再燃)場合がありますので、再燃を予防する治療も一定期間続けることが大切です。 内科治療により症状がよくなっても大腸の炎症が治るのには数カ月の時間がかかります。[tokushukai.or.jp]

予防

  • 重要なことは、症状がない寛解期でも、服薬遵守することが再燃を予防し、長期にわたって寛解を維持することができるということです。さらに、5-ASA製剤の服薬の継続は、潰瘍性大腸炎に合併する大腸癌発症のリスクを低下させることも報告されています。したがって、服薬遵守は再燃予防だけでなく、大腸癌予防の観点からも重要となります。 3)外来で用いられる治療薬・治療法 ①5-アミノサリチル酸(5-ASA)経口製剤 5-ASAを有効成分とする薬で、大腸の炎症を抑えます。[kawaguchi-hp.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!