Edit concept Question Editor Create issue ticket

皮質下帯状異所性灰白質


提示

異常行動
  • 表 3 . 1p36欠失症候群における主要臨床所見の頻度 所見 頻度 特有の顔の特徴(臨床診断を参照) 知的障害 発語が乏しい/発語が全くない 筋緊張低下 短指/屈指 短い足 脳構造異常 75% 先天性心疾患 眼/視覚無視を含む視覚問題 痙攣 50%-75% 骨格異常 感音性難聴 胃腸の異常 外性器異常 行動障害 25%-50% 心筋緻密化障害 腎異常 肛門異常 甲状腺機能低下症 知的障害。 発達遅滞と知的障害はこの症候群の特徴である。[grj.umin.jp]
痙攣
  • 痙攣, 意識障害で発症したGuillain-Barre症候群の1例 榛沢文恵, 石井和嘉子, 中島園子, 河村由生, 遠藤あゆみ, 荒川千賀子, 小平隆太郎, 渕上達夫, 藤田之彦, 麦島秀雄 日本大学医学部小児科学系小児科学分野 脳と発達 45(5): 395 -395 2013 5.[mol.medicalonline.jp]
運動失調
  • Panayiotopoulos型、遅発 Gastaut型)、熱性けいれんプラス、小児欠神てんかん、レノックス・ガストー症候群 青年期:若年ミオクロニーてんかん、若年欠神てんかん、全般強直間代発作のみを示すてんかん その他:海馬硬化症を伴う内側側頭葉てんかん、ラスムッセン症候群、皮質形成異常に伴うてんかん(異所性灰白質など)、神経皮膚症候群に伴うてんかん(結節性硬化症、スタージ・ウェーバー症候群など) 先天異常症候群(脳神経が関係する生まれつきの病気) 結節性硬化症、神経線維腫症、スタージ・ウェーバー症候群、毛細血管拡張性運動失調[square.umin.ac.jp]
発達遅延
  • 裂脳症や孔脳症は、様々な程度の運動機能障害、精神発達遅延、てんかんを主症状とする。 4. 治療法 てんかんに対する薬物治療、発達障害に対するリハビリテーション、呼吸・栄養などの全身管理、遺伝相談が基本となる。てんかん発作は難治であることが多く、薬剤が多剤多量になりやすいので、日常生活に影響を与えず、生活の質を下げないことを目標とする。 5. 予後 病変は非進行性である。[nanbyou.or.jp]

精密検査

  • 画像検査:CT, MRI, SPECT, PET(難治性てんかんの精密検査) 2. 脳波、長時間記録脳波(入院検査)、脳磁図(難治性てんかんの精密検査) 3. 誘発電位:聴性脳幹反応(ABR)、視覚性誘発電位(VEP)、体性感覚誘発電位(SEP)等 4. 末梢神経伝導検査、反復刺激試験 5. 針筋電図、表面筋電図 6. 睡眠検査:SpO2モニター(外来検査)、簡易ポリソムノグラフィー(外来検査) ポリソムノグラフィー(入院検査、老年病科と協力して実施)[square.umin.ac.jp]

治療

  • この病気にはどのような治療法がありますか 根本的な治療法はありません。症状に応じ、てんかん発作に対する服薬や発達の遅れに対する指導やリハビリテーションなど、対症療法が中心です。 8. この病気はどういう経過をたどるのですか 基本的に進行することなく慢性に経過します。重症例では、肺炎などの感染症を繰り返したり、栄養障害や呼吸障害によって全身状態が悪化することがあります。 9.[nanbyou.or.jp]
  • - こんな医療を行っています ①学内のGC/MS施設との連携により、有機酸血症、脂肪酸代謝異常症の診断が可能であり(国内では当科を含め、数施設のみ)、速やかに治療介入が可能 ② 長い歴史の中で蓄積された、多彩な先天代謝異常症の数多くの症例の診断、治療、フォローアップ(新生児から成人まで、軽症者から重症者まで) ③ 小児科のすべての疾患をカバーするべくグループが整備されているため、各臓器ごとに最高のケア、包括的なケアができる体制の充実 ④ 遺伝カウンセリング体制が完備 昨年度の診療実績から(外来受診者[ped-kurume.com]
  • 眼科異常 は標準的な方法で治療される。1p36欠失症候群の罹患者の64%までに報告されている視覚無視は、適切なリハビリプログラムで治療することができる。 骨格異常 (例えば、脊柱側弯、下肢非対称)は、個別に対処する必要がある。早期治療(理学療法と手術の両方)が推奨される。 聴力損失 は、補聴器の試用で治療される。 その他。 構造異常(例えば、胃腸、腎臓)は、標準的な方法で対処されるべきである。甲状腺機能低下症は標準的な方法で治療される。[grj.umin.jp]
  • 新生児期から思春期まで、小児期に発症するてんかんの診断、治療を行っています。 難治性てんかんの精密検査に有用な長時間脳波検査、発作時検査(脳波、SPECT)、PET検査、脳磁図検査も行っており、国内でも有数の設備を有しています。 脳神経外科と協力して、難治性てんかんに対する外科治療(迷走神経刺激術を含む)などの特殊治療も行っています。 他診療科との連携を要する各種神経疾患の診療も行っています。 例として、水頭症、二分脊椎、脳腫瘍・脊髄腫瘍などがあります。[square.umin.ac.jp]

予防

  • この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 重症例は感染症で悪化することが多いので、同居家族はうがいや手洗いなど感染予防がたいせつです。適度な運動や活動、日光浴、栄養のある食事もたいせつです。 関連ホームページのご紹介 治験情報の検索 情報提供者 研究班名 稀少てんかんに関する調査研究班 研究班名簿 研究班ホームページ 新規掲載日 平成27年7月26日(研究班名簿:平成30年4月更新)[nanbyou.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!