Edit concept Question Editor Create issue ticket

皮膚潰瘍


提示

  • 本稿では当科での症例を提示し、岡山県内の他施設からの症例も加えて県内での発症状況(2011年末までで8症例)について考察した。 症例提示 8歳 女児( 図1 ) 主訴 :右外果部の潰瘍、疼痛 初診 : 2008年1月15日 既往歴・家族歴 :特記すべき事項なし 生活歴 :小学生、岡山県南部在住、渡航歴なし 現病歴 :2007年12月頃右外果に靴擦れ様の皮疹出現。近医よりセフジトレンピボキシルを投与されたが改善せず。[niid.go.jp]

治療

  • 治療 まず潰瘍の原因や治癒を妨げる因子を見つけて除去することにあります。また並行して、潰瘍の局所治療(保存的軟膏治療)を行うことも大切です。保存的治療でも治癒しない場合は外科的治療が必要になります。 1、保存的治療 軟膏治療 創の状態を見ながら、 (1)壊死組織(血行が悪く死んだ組織)の除去 (2)感染(化膿)のコントロール (3)肉芽形成(肉が盛り上がる) (4)上皮化(皮膚が生えて創が閉じる)の時期により適切な軟膏療法を行います。[med.nihon-u.ac.jp]
  • 軟膏治療 主な治療は軟膏治療です。現在皮膚潰瘍の治療に使われる軟膏は多数あり、抗菌作用のあるもの、肉芽・皮膚の盛り上がりを促進するもの、ダメになった組織(壊死組織)を取り除くものなど、傷の状態を見ながら軟膏の種類を変えていきます。 創傷被覆材 それ自体で創部の湿潤環境を維持してくれる働きを持つ素材です。抗菌作用を持つものや、皮膚に対して優しい素材でできているものがあり、処置が簡便で負担も軽減されます。すべての傷に適応があるわけではなく、やや高価なものが多いです。[nms.ac.jp]
  • 目次 1 原因 2 診断 3 治療 3.1 皮膚潰瘍外用剤 3.2 創傷保護剤(創傷被覆剤・ドレッシング剤) 3.3 その他の外用薬剤 3.4 その他の治療 4 外部リンク 原因 [ 編集 ] 外傷 熱傷 感染症 強い 接触性皮膚炎 (かぶれ) 褥瘡 血行不良 糖尿病 放射線 腫瘍 ( 基底細胞癌 ・ 扁平上皮癌 ) 医原性(検査・治療に伴う合併症等による) ベーチェット病 全身性強皮症 診断 [ 編集 ] 外陰部潰瘍の場合は ベーチェット病 を疑ってその検査を行う。[ja.wikipedia.org]

予防

  • 抗凝固療法は抗リン脂質抗体症候群にともなう皮膚潰瘍の予防に有用か? CQ32. 抗血小板薬の投与は,抗リン脂質抗体症候群にともなう皮膚潰瘍の予防に有用か? CQ33. 長期間の抗凝固薬の投与は,抗リン脂質抗体症候群にともなう皮膚潰瘍の予防に有用か? CQ34. 抗リン脂質抗体症候群にともなう皮膚潰瘍に対して,どのような治療が有用か? 書誌情報[minds.jcqhc.or.jp]
  • 通常、圧迫の継続時間を2時間以内にとどめれば発生を予防できるとされています。 治療の基本は、褥瘡部への荷重を軽減して血流の改善を図ることです。 2時間毎に規則的な体位変換を行い、褥瘡創面が長時間ベットと接触しないようにします。 エアーマット、ウォーターベットあるいはエアーフローティングベッドを使用して荷重の分散を図ることも有効です。 全身性の病気があって、栄養状態が悪い場合などはきずの治りが悪くなるため、栄養の改善を図ることも重要です。 難治性の場合には、手術を行うこともあります。[web.sapmed.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!