Edit concept Question Editor Create issue ticket

白質脳症 - 関節炎 - 大腸炎 - 低ガンマグロブリン血症


提示

関節炎
  • の疫学調査・診断基準作成と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究 冨田 哲也 ・ 強直性脊椎炎(指定難病271) ・乾癬性関節 ・小児脊椎関節 ・反応性脊椎関節 ・炎症性腸疾患関連関節 ・未確定脊椎関節 ・SAPHO症候群 成人発症白質脳症の医療基盤に関する調査研究班 小野寺 理 筋ジストロフィーの標準的医療普及のための調査研究 松村 剛 ・ 筋ジストロフィー(指定難病113) ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー(指定難病113) ・ベッカー型筋ジストロフィー(指定難病113) ・[nanbyou.or.jp]
  • を呈し急速な関節破壊を認めた急性関節の2症例 (山名) 11/23 11/24 臨床リウマチ学会 リウマトイド因子の有無による生物学的製剤への反応性の検討 (橋本) 2011年度研究会・学会 6/23 広島膠原病研究会 東広島記念病院でのインフリキシマブによるベーチェット病治療経験 早期使用の是非 (山名) 7/17 7/20 第55回日本リウマチ学会総会・学術集会 関節リウマチに対するトシリズマブの長期寛解維持の検討 (院長) 東広島記念病院におけるCTLA4-Ig(アバタセプト)の使用経験 [hmh.or.jp]
  • 関節(Arthritis) 2ヵ所以上の末梢性の非破壊性関節で、痛み・腫れ・関節液貯留を伴う Nonerosive arthritis involving 2 or more peripheral joints, characterized by tenderness, swelling, or effusion 6.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
関節痛
  • の上昇 腎臓 血尿、BUN、クレアチニンの上昇、蛋白尿 消化器 消化管潰瘍・出血、口内炎、腹痛、下痢、食欲不振、嘔気・嘔吐、メレナ、イレウス、舌炎、口唇腫脹 皮膚 光線過敏症 注2) 、紅斑、色素沈着、色素脱出、皮下斑状出血、ざ瘡、脱毛、結節、皮膚潰瘍 精神神経系 頭痛、眠気、目のかすみ、項部緊張、背部痛、しびれ感、味覚異常、意識障害、めまい、錯感覚 呼吸器 咳嗽、呼吸困難 生殖器 無精子症、卵巣機能不全、月経不全、流産 その他 膀胱炎、倦怠感、耳下腺炎、結膜炎、低蛋白血症、血清アルブミン減少、関節[kegg.jp]
  • 10).その他:(0.1〜5%未満)倦怠感、動悸、胸部圧迫感、低蛋白血症、血清アルブミン減少、浮腫、(0.1%未満)膀胱炎、結膜炎、関節、(頻度不明)耳下腺炎、悪寒。 使用上の注意 (添付文書全文) 簡潔に見る (警告) 1.本剤の投与において、感染症、肺障害、血液障害等の重篤な副作用により、致命的経過をたどることがあるので、緊急時に十分に措置できる医療施設及び本剤についての十分な知識とリウマチ治療の経験を持つ医師が使用する。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 血栓性静脈炎,静脈障害) 5) 消化器 [ 悪心 (43.6%), 便秘 , 嘔吐 , 下痢 ,大腸炎,口内炎,腹痛,消化不良,口腔内潰瘍,口内乾燥,歯周炎,痔核] 6) 循環器 (低血圧,高血圧,頻脈,徐脈,動悸) 7) 呼吸器 ( 呼吸困難 ,咳嗽,咽頭異常感覚,口腔咽頭痛,低酸素症,鼻閉,鼻漏) 8) 精神神経系 ( 末梢性ニューロパチー , 頭痛 ,味覚異常,錯感覚,不眠症,浮動性めまい,嗜眠,鬱病) 9) その他 [ 疲労 (28.7%), 発熱 (24.0%), 悪寒 ,骨痛,食欲減退,関節[chimani.jp]
  • ベラプロストと維持療法を重視した免疫抑制療法の有効性の検討 (山名) 6/25 第43回広島膠原病研究会 全身性エリテマトーデスの経過中に可逆性後部白質脳症を併発した2症例(湯川) 9/6 第51回広島リウマチ研究会 関節リウマチにニューモシスチス肺炎を併発した19症例のまとめ(湯川) 11/21〜11/22 第30回日本臨床リウマチ学会 (神戸) 従来型抗リウマチ薬と生物学的製剤の位置づけ (シンポジウム) (岩橋) 12/4〜12/5 第26回日本リウマチ学会 中国・四国支部学術集会(岡山) 関節[hmh.or.jp]
  • 関節炎 発症時には多関節が多い。一般には、骨のびらん・破壊を伴わない非破壊性関節炎で、関節変形や強直は起こさない。例外的に、関節周囲の支持組織障害の結果、手指関節の亜脱臼があらわれるJaccoud関節症がある。 漿膜炎 胸膜、心外膜、腹膜といった漿膜に炎症が発生し胸膜炎や心外膜炎をおこし、炎症性浸出液が貯留する例がある。SLEでは通常は血清CRPは上昇しないが、こうした漿膜炎を生じた場合、しばしばCRPの上昇が観察される。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
湿疹
  • 診断された場合は,以降再投与しない 8) 心障害 :不整脈(心房細動等),狭心症,心筋梗塞,心不全等が現われ死亡に至った例も報告の為,十分に観察 中止等処置 9) 消化管穿孔 中止等処置 10) 間質性肺疾患 :咳嗽,呼吸困難,発熱等の臨床症状を十分に観察 胸部X線,胸部CT等の検査を実施.間質性肺疾患の疑いの場合は中止し副腎皮質ホルモン剤の投与等の処置 〈その他〉 次のような副作用 症状に応じ処置 1) 皮膚 ( 脱毛症 ,発疹,搔痒症,帯状疱疹,潮紅,紅斑,皮膚乾燥,多汗症,蕁麻疹,皮膚炎,湿疹[chimani.jp]
  • K764 肝紫斑病 R179 黄疸NOS K767 肝腎症候群 K729 肝不全 K766 特発性門脈圧亢進症 K769 肝疾患NOS K809 肝内外胆道結石 K819 胆嚢炎 K830 胆管炎 K831 胆管閉鎖(閉塞性黄疸) K838 胆道疾患NOS K859 急性膵炎.膵壊死 K860 慢性膵炎(アルコール性) K861 慢性膵炎(非アルコール性) K862 膵嚢胞・仮性膵嚢胞 K868 膵疾患NOS L089 皮膚皮下感染症 L109 天疱瘡 L129 類天疱瘡 L270 薬疹 L309 湿疹[pathology.or.jp]
  • A86_詳細不明のウイルス(性)脳炎 A87_ウイルス(性)髄膜炎 A87.9_ウイルス(性)髄膜炎,詳細不明 A89_中枢神経系の詳細不明のウイルス感染症 節足動物媒介ウイルス熱及びウイルス性出血熱(A90-A99) A98_その他のウイルス性出血熱,他に分類されないもの A98.8_その他の明示されたウイルス性出血熱 A98.8A_重症熱性血小板減少症候群[SFTS] 皮膚及び粘膜病変を特徴とするウイルス感染症(B00-B09) B00_ヘルペスウイルス[単純ヘルペス]感染症 B00.0_疱疹性湿疹[e-stat.go.jp]
敗血症
  • A40.0_A群連鎖球菌による敗血症 A40.0A_劇症型A群連鎖球菌による敗血症 A40.0B_その他 A40.1_B群連鎖球菌による敗血症 A40.3_肺炎連鎖球菌による敗血症 A40.3B_肺炎球菌性敗血症 A40.8_その他の連鎖球菌性敗血症 A40.8A_劇症型溶血性連鎖球菌性敗血症 A40.8B_その他 A40.9_連鎖球菌性敗血症,詳細不明 A41_その他の敗血症 A41.0_黄色ブドウ球菌による敗血症 A41.0A_メチシリン耐性黄色ブドウ球菌敗血症 A41.0D_その他 A41.1[e-stat.go.jp]
  • 腎機能検査を行う等十分に観察 中止し処置(生食,高尿酸血症治療剤等の投与,透析等)を行うと共に症状が回復するまで十分に観察 3) 好中球減少 (43.0%), 発熱性好中球減少 (6.2%), 白血球減少 (8.4%):本剤の治療期間中及び治療終了後は患者の状態を十分に観察 休薬等処置 4) 血小板減少 (10.5%):出血により死亡に至る可能性がある為十分に観察 血小板輸血や休薬等の処置を行うと共に回復まで定期的に血液検査を実施 5) 感染症 (35.2%):細菌,真菌,或いはウイルスによる感染症(敗血症[chimani.jp]
  • 左室流出路圧較差と僧房弁逆流を認めショックに至った症例 第116回日本循環器学会九州地方会 樫田祐輔 馬渡耕史 左腋窩に発生した副乳癌の1例 九州外科・内分泌外科・小児外科学会 森下繁美 2013 (H25) 心拍再開後ケアとして低体温療法中にみられる神経学的異常所見は予後に相関しない 第75回鹿児島救急医学会 中野治 馬渡耕史 間質性肺炎に対するステロイド治療中に、前額部皮下腫瘤を契機に診断に至った皮下結核、肺結核の1例 第304回日本内科学会九州地方会 中村達郎 馬渡耕史 著しい大腸壁の浮腫を呈し、敗血症[kaseikyohp.jp]
栄養失調
  • (症)(E40-E46) E40_クワシオルコル E41_栄養性消耗症〈マラスムス〉 E42_消耗症(性)クワシオルコル E43_詳細不明の重度タンパク〈蛋白〉エネルギー性栄養失調(症) E45_タンパク〈蛋白〉エネルギー性栄養失調(症)に続発する発育遅延 E46_詳細不明のタンパク〈蛋白〉エネルギー性栄養失調(症) E46.0_栄養失調(症) E46.1_その他 その他の栄養欠乏症(E50-E64) E51_チ〈サイ〉アミン欠乏症 E51.1_脚気 E51.2_ウェルニッケ〈Wernicke〉脳症[e-stat.go.jp]
  • 副甲状腺機能亢進 E214 副甲状腺障害NOS E249 クッシング症候群NOS E271 原発副腎機能低下 E274 副腎出血 E276 副腎萎縮 E278 副腎障害NOS E259 副腎性器障害NOS E269 アルドステロン症 E309 思春期障害NOS E319 多腺性機能障害 E340 カルチノイド症候群 E149 糖尿病 E109 1型糖尿病(IDDM) E119 2型糖尿病(NIDDM) E168 膵内分泌障害NOS E348 松果体不全・早老症 E349 不明の内分泌障害 E469 栄養失調[pathology.or.jp]
平衡障害
  • 〈シ〉ー性遺伝性家族性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E85.1_ニューロパチ〈シ〉ー性遺伝性家族性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E85.2_遺伝性家族性アミロイドーシス〈アミロイド症〉,詳細不明 E85.3_続発性全身性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E85.4_臓器〈器官〉限局性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E85.8_その他のアミロイドーシス〈アミロイド症〉 E85.9_アミロイドーシス〈アミロイド症〉,詳細不明 E86_体液量減少(症) E87_その他の体液,電解質及び酸塩基平衡障害[e-stat.go.jp]
  • H01115 Polyneuropathy, hearing loss, ataxia, retinitis pigmentosa, and cataract H01146 アミノアシラーゼ1欠損症 [PATH: hsa00220 ] H01172 若年発症型痙性対麻痺 H01177 乳児両側性線条体壊死 [PATH: hsa03013 hsa00190 ] H01184 家族性認知症 H01185 脳アミロイド血管症 [PATH: hsa04726 ] H01204 小脳失調・精神遅滞および平衡障害症候群[genome.jp]
再発性感染症
  • して十分注意する.又治療開始に先立ち,患者又はその家族に有効性及び危険性を十分に説明し,同意を得てから投与 禁忌 過敏症 作用 本薬はヒト化抗CD20モノクローナル抗体であり,ヒトCD20に結合し,抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性及び抗体依存性細胞貪食(ADCP)活性により,腫瘍の増殖を抑制すると考えられている 相互 〈併用注意〉 生ワクチン又は弱毒生ワクチン :接種した生ワクチンの原病に基づく症状発現の場合は適切な処置(本剤のBリンパ球傷害作用により発病の恐れ) 慎重 1) 感染症を合併又は再発感染[chimani.jp]
発達遅滞
  • […] without megalencephaly H00999 コエンザイムQ10欠損症 [PATH: hsa00130 hsa00900 ] H01305 脳のミエリン形成不全 H01570 常染色体優性線条体変性症 [PATH: hsa00230 ] H01574 家族性特発性基底核石灰化症 H02144 Gordon Holmes 症候群 H02252 PEHO 症候群 H02261 PEBAT H02262 PEBEL H02273 精神遅滞を伴う非進行性小脳失調 H02293 痙性対麻痺・精神運動発達遅滞[genome.jp]
痙攣
  • 疾患活動性評価(SLEDAI:SLE disease activity index) Weight Descriptor Definition 8 Seizure(痙攣) Recent onset.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • […] b) 点滴静注のみとし,静脈内大量投与,急速静注をしない c) 0.2又は0.22μmのインラインフィルターを使用する 〈その他〉 臨床試験で本剤に対する抗体の産生が報告されている 児 未確立 妊 安全性未確立の為,投与しない事を原則とするが,やむを得ない場合は有益のみ.妊娠可能な女性には投与中及び最終投与後一定期間は適切な避妊を行うよう指導 授乳婦 授乳中止 高齢 慎重に 副作用 〈重大〉 1) Infusion reaction (60.2%):アナフィラキシー,血圧低下,悪心,悪寒,気管支痙攣[chimani.jp]
  • H01994 ラフォラ病 H01995 Unverricht-Lundborg 病 H00996 アーミッシュ小児てんかん症候群 [PATH: hsa00604 ] H01124 PNPO 欠損症 [PATH: hsa00750 ] H01247 ピリドキシン依存性てんかん [PATH: hsa00310 ] H01258 全般てんかん及び発作性ジスキネジア [PATH: hsa04270 ] H01514 ランドウ・クレフナー症候群 H01775 PCDH19 関連症候群 H01808 片側痙攣[genome.jp]
  • ラフォラ(Lafora)病 59 脊髄小脳変性症 60 小児交互性片麻痺 61 変形性筋ジストニー 62 瀬川病 63 パントテン酸キナーゼ関連神経変性症 64 乳児神経軸索ジストロフィー 65 乳児両側線条体壊死 66 先天性ヘルペスウイルス感染症 67 先天性風疹症候群 68 先天性サイトメガロウイルス感染症 69 先天性トキソプラズマ感染症 70 エカルディ・グティエール(Aicardi-Goutieres)症候群 71 亜急性硬化性全脳炎 72 ラスムッセン(Rasmussen)脳炎 73 痙攣重積型[hospital.osaka-med.ac.jp]
下痢
  • 本療法により重篤な骨髄抑制、肝・腎機能の著しい低下、強い食欲不振、悪心、嘔吐、口内潰瘍、下痢、下血等の副作用があらわれた場合には、ロイコボリンの増量投与・投与期間の延長などの処置を行うこと。 嘔吐、激しい下痢のある患者には、ロイコボリン注射剤の投与を考慮すること。 薬物動態 メトトレキサート通常療法 (参考) 腎機能が正常な悪性腫瘍患者延べ98例にメトトレキサートの5、10、25、50mgを単回静脈内投与した。[kegg.jp]
  • 咳嗽,呼吸困難,発熱等の臨床症状を十分に観察 胸部X線,胸部CT等の検査を実施.間質性肺疾患の疑いの場合は中止し副腎皮質ホルモン剤の投与等の処置 〈その他〉 次のような副作用 症状に応じ処置 1) 皮膚 ( 脱毛症 ,発疹,搔痒症,帯状疱疹,潮紅,紅斑,皮膚乾燥,多汗症,蕁麻疹,皮膚炎,湿疹,寝汗) 2) 眼 (眼充血,結膜炎) 3) 肝臓 (ALT上昇,AST上昇) 4) 血液 (リンパ節痛,貧血,静脈炎,血栓性静脈炎,静脈障害) 5) 消化器 [ 悪心 (43.6%), 便秘 , 嘔吐 , 下痢[chimani.jp]
  • その他 腸炎による下痢・吸収不良・腹痛(ループス腸炎)、血小板減少による皮下出血や紫斑、赤血球減少(貧血)による動悸・息切れ、などが見られることがある。 検査所見 血液異常 白血球減少(4,000/mm 3 未満)、リンパ球減少(1,500/mm 3 未満)、血小板減少(100,000/mm 3 未満)、溶血性貧血(網状赤血球増加、ハプトグロビン低下)が観察されるが、これらはウイルス感染症でもしばしばみられる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • A05.2_ウェルシュ菌食中毒 A05.3_腸炎ビブリオ食中毒 A06_アメーバ症 A06.0_急性アメーバ赤痢 A06.4_アメーバ性肝膿瘍 A06.5_アメーバ性肺膿瘍 A08_ウイルス性及びその他の明示された腸管感染症 A08.0_ロタウイルス性腸炎 A08.1_ノーウォーク様ウイルスによる急性胃腸症 A08.2_アデノウイルス性腸炎 A08.4_ウイルス性腸管感染症,詳細不明 A09_その他の胃腸炎及び大腸炎,感染症及び詳細不明の原因によるもの A09_(2016年以前)感染症と推定される下痢[e-stat.go.jp]
腸疾患
  • 英明 HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成 山野 嘉久 遺伝性ジストニア・ハンチントン病の診療ガイドラインに関するエビデンス構築のための臨床研究 梶 龍兒 小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患の移行期を包含し診療の質の向上に関する研究 仁尾 正記 脊椎関節炎の疫学調査・診断基準作成と診療ガイドライン策定を目指した大規模多施設研究 冨田 哲也 ・ 強直性脊椎炎(指定難病271) ・乾癬性関節炎 ・小児脊椎関節炎 ・反応性脊椎関節炎 ・炎症性疾患関連関節炎[nanbyou.or.jp]
  • Aicardi-Goutieres)症候群 71 亜急性硬化性全脳炎 72 ラスムッセン(Rasmussen)脳炎 73 痙攣重積型(二相性)急性脳症 74 自己免疫介在性脳炎・脳症 75 難治頻回部分発作重積型急性脳炎 76 多発性硬化症 77 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 78 重症筋無力症 12 慢性消化器疾患 10 若年性ポリポーシス 11 ポイツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群 12 カウデン(Cowden)症候群 14 潰瘍性大腸炎 15 クローン(Crohn)病 16 早期発症型炎症性疾患[hospital.osaka-med.ac.jp]
  • ただし血管炎、ベーチェット病、ヘルペスなどの感染症、炎症性疾患、反応性関節炎、酸性食品など他の既知の病因を除く。 4. 非瘢痕性脱毛(Nonscarring alopecia) びまん性に薄い、あるいは壊れた毛髪がみられる傷んだ毛髪。ただし円形脱毛症、薬剤性、鉄欠乏、男性ホルモンによる脱毛症など他の既知の病因を除く。 5. 滑膜炎(Synovitis) 2カ所以上の関節腫脹あるいは滑液貯留を伴う滑膜炎。または、2カ所以上の関節痛と30分以上の朝のこわばり。 6.[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • リンパ球増殖症候群 1型 [PATH: hsa04660 ] H01971 IPEX 症候群 [PATH: hsa04659 hsa05321 ] H01972 多腺性自己免疫症候群 1型 [PATH: hsa05340 ] その他の免疫系疾患 H00286 クローン病 [PATH: hsa04621 hsa04060 hsa04630 hsa05321 hsa04140 ] H01466 潰瘍性大腸炎 [PATH: hsa04060 hsa04630 hsa05321 ] H01227 炎症性疾患[genome.jp]
成長障害
  • 【原著】 題名 経過良好な低ホスファターゼ症の臨床像と遺伝学的診断 著者 埼玉県立小児医療センター代謝・内分泌科 1) ,大阪府立母子保健総合医療センター研究所環境影響部門 2) ,大阪大学大学院医学系研究科小児科学 3) 河野 智敬 1) 鈴木 秀一 1) 小澤 綾子 1) 会津 克哉 1) 道上 敏美 2) 大薗 恵一 3) 望月 弘 1) キーワード 低ホスファターゼ症, TNSALP 遺伝子, 残存酵素活性, 成長障害, 骨変形 要旨 当科で経験した予後良好な低ホスファターゼ症(HPP)のうち[jpeds.or.jp]

精密検査

大腸炎
  • リウマチ研究会 高齢関節リウマチに対し生物学的製剤を投与した2症例 (曽我部) 4.26 4.28 第62回日本リウマチ学会学術集会 (東京) 併用抗リウマチ薬によるアバタセプト有効性の比較検討 (岩橋) リウマトイド因子の変動によるアバタセプト有効性の予測 (岩橋) 6.21 第49回広島膠原病研究会 免疫グロブリン大量療法が有効であった抗Mi-2抗体陽性皮膚筋炎の1例 (渡辺) 筋生検で診断しえた抗SRP抗体陽性筋炎の1例 (三好) 9.1 第57回広島リウマチ研究会 生物学的製剤投与中に潰瘍性大腸[hmh.or.jp]
  • 呼吸困難,発熱等の臨床症状を十分に観察 胸部X線,胸部CT等の検査を実施.間質性肺疾患の疑いの場合は中止し副腎皮質ホルモン剤の投与等の処置 〈その他〉 次のような副作用 症状に応じ処置 1) 皮膚 ( 脱毛症 ,発疹,搔痒症,帯状疱疹,潮紅,紅斑,皮膚乾燥,多汗症,蕁麻疹,皮膚炎,湿疹,寝汗) 2) 眼 (眼充血,結膜炎) 3) 肝臓 (ALT上昇,AST上昇) 4) 血液 (リンパ節痛,貧血,静脈炎,血栓性静脈炎,静脈障害) 5) 消化器 [ 悪心 (43.6%), 便秘 , 嘔吐 , 下痢 ,大腸[chimani.jp]
  • 胃潰瘍NOS K269 十二指腸潰瘍NOS K289 胃空腸潰瘍NOS K631 胃腸管穿孔NOS K922 胃・腸管内出血 K296 巨大肥厚性胃炎 K299 胃十二指腸炎NOS K318 胃・小腸疾患NOS K359 急性虫垂炎 K469 腹腔のヘルニアNOS K560 麻痺性イレウス K567 イレウスNOS K561 腸重積 K562 腸軸捻 K566 腸閉塞NOS K550 腸梗塞・塞栓 K559 腸間膜動脈閉塞・虚血性腸炎 K579 腸管憩室NOS K509 クローン病 K519 潰瘍性大腸[pathology.or.jp]
  • ,感染症及び詳細不明の原因によるもの A09_(2016年以前)感染症と推定される下痢及び胃腸炎 A09.0_感染症が原因のその他及び詳細不明の胃腸炎及び大腸(2017年以降) A09.9_詳細不明の原因による胃腸炎及び大腸(2017年以降) 結核(A15-A19) A15_呼吸器結核,細菌学的又は組織学的に確認されたもの A15.9_詳細不明の呼吸器結核,細菌学的又は組織学的に確認されたもの A16_呼吸器結核,細菌学的又は組織学的に確認されていないもの A16.2_肺結核,細菌学的又は組織学的確認[e-stat.go.jp]
  • トキソプラズマ感染症 70 エカルディ・グティエール(Aicardi-Goutieres)症候群 71 亜急性硬化性全脳炎 72 ラスムッセン(Rasmussen)脳炎 73 痙攣重積型(二相性)急性脳症 74 自己免疫介在性脳炎・脳症 75 難治頻回部分発作重積型急性脳炎 76 多発性硬化症 77 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 78 重症筋無力症 12 慢性消化器疾患 10 若年性ポリポーシス 11 ポイツ・ジェガース(Peutz-Jeghers)症候群 12 カウデン(Cowden)症候群 14 潰瘍性大腸[hospital.osaka-med.ac.jp]

治療

  • 医療費の自己負担の軽減(特定疾患治療研究事業対象56疾患) 指定疾患の一覧 [ 編集 ] 難治性疾患克服研究事業(臨床調査研究分野対象疾患) [ 編集 ] 130疾患 (2009年4月1日現在)。厚生労働省による原因究明・治療法などの研究が行われる。患者の自己負担分を公費で負担するのは、特定疾患治療研究事業対象疾患のみである。 (作成中) この節の 加筆 が望まれています。 特定疾患治療研究事業対象疾患 [ 編集 ] 56疾患 (2009年10月1日現在)。[ja.wikipedia.org]
  • 治療終了後は,継続して肝機能検査や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行う等,B型肝炎ウイルスの再活性化の徴候や症状の発現に注意 4 好中球減少,発熱性好中球減少,白血球減少が現れる事があり,好中球減少については,遷延する例や本剤の投与終了から4週間以上経過して発現する例も報告されている為,本剤の治療開始前,治療期間中及び治療終了後は定期的に血液検査を行う等,患者の状態を十分に観察する.又本剤の投与に当っては,G-CSF製剤の適切な使用に関しても考慮 5 血小板減少(本剤投与中又は投与後24時間以内[chimani.jp]
  • (タクロリムス)(古林) 4/26-4/29 日本リウマチ学会 早期RAに対するベーシックDMARD治療の寛解率および有効性判定についての検討 (古林) DMARDs治療における抗CCP抗体、RFの経時的変化および活動性との関係の検討(古林) RA寛解のための血中MMP-3治療目標値 (院長) 高齢者RAに対する生物学的製剤の使用経験 (院長) RA患者の血清サイトカインプロファイルに対するトシリズマブとTNF阻害薬の影響 (山名) 6/21 広島膠原病研究会 当院における原発性胆汁性肝硬変合併膠原病[hmh.or.jp]

疫学

  • (指定難病113) ・顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(指定難病113) ・筋強直性ジストロフィー(指定難病113) ・エメリー・ドレイフス型筋ジストロフィー(指定難病113) ・眼咽頭筋型筋ジストロフィー(指定難病113) ・肢帯型筋ジストロフィー(指定難病113) ・先天性筋ジストロフィー(指定難病113) ・福山型先天性筋ジストロフィー(指定難病113) ・メロシン欠損型先天性筋ジストロフィー(指定難病113) ・Ullrich型先天性筋ジストロフィー(指定難病113) カーニー複合に関する疫学調査[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • SLE患者で抗リン脂質抗体が持続陽性、中 高力価のときは予防として抗血小板薬を考慮する(D)。 各分類ごと 脳血管障害 動脈硬化性/血栓性/塞栓性の脳血管障害はSLEでよく見られる。脳出血は稀で、血管炎による脳血管障害はさらに稀。従って免疫抑制剤の適応は少ない。抗リン脂質抗体症候群の基準を満たす場合、再梗塞の予防に長期にわたる抗凝固療法がなされるべき(C)。SLEの活動性が高い状態以外の脳血管障害のリスク因子として、中 高力価の抗リン脂質抗体、心臓弁膜症、高血圧、高齢が挙げられる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
  • 小児科療養指導料 てんかん指導料 難病外来指導管理料 皮膚科特定疾患指導管理料 外来栄養食事指導料 入院栄養食事指導料 集団栄養食事指導料 心臓ペースメーカー指導管理料 在宅療養指導料 高度難聴指導管理料 慢性維持透析患者外来医学管理料 喘息治療管理料 慢性疼痛疾患管理料 小児悪性腫瘍患者指導管理料 削除 糖尿病合併症管理料 耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料 がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者カウンセリング料 外来緩和ケア管理料 移植後患者指導管理料 植込型輸液ポンプ持続注入療法指導管理料 糖尿病透析予防指導管理料[ja.wikipedia.org]
  • エリテマトーデスの経過中に可逆性後部白質脳症を併発した1症(湯川) 2014年度研究会・学会 1/16 第40回広島膠原病研究会 抗MDA5抗体(抗CADM140抗体) 陽性amyopathic dermatomyositisの長期経過 (岩橋) 第48回広島リウマチ研究会 難治性の足趾の関節変形に対してデノスマブを投与した1例 (古林) 4/24 4/26 第58回日本リウマチ学会学術集会 (東京) 子宮頸癌ワクチンにより発症した反応性関節炎の5例 (岩橋) 成人スティル病のニューモシスティス肺炎予防投与[hmh.or.jp]
  • メトトレキサートによる腎障害予防のため、尿のアルカリ化と同時に、十分な水分の補給を行い、メトトレキサートの排泄を促すよう考慮すること。 なお、利尿剤の選択にあたっては、尿を酸性化する薬剤(例えば、フロセミド、エタクリン酸、チアジド系利尿剤等)の使用を避けること。 相互作用 併用注意 サリチル酸等の非ステロイド性抗炎症剤 メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害等)が増強されることがある。[kegg.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!