Edit concept Question Editor Create issue ticket

白板症


提示

  • 例えば、舌癌治療などはその指針に従えば、手術療法が主体となりますが、社会的背景やがんの進行度なども考慮した 個別化治療 を提示させていただいております。 当科の口腔がん治療の指針 - がんの進行度に応じて分けられる - 口腔癌 Q&A 口腔癌の罹患数は? 我が国の口腔癌罹患者数は7800人ほど。 全癌の約1%、頭頚部癌中では約40%である。 男女比は3:2で男性に多い。 口腔癌の好発部位は? 我が国の口腔癌の好発部位は舌である。[yokohama-shiminhosp.jp]
  • そこで、口の中の病気の状態を取りまとめて提示しながら「口内炎」と「口の中のがん」についても簡単に説明します。 「粘膜疾患」は、見た様子から三つに分けて考えることができます。病変が1)腫れているもの(腫脹)、2)えぐれているもの(潰瘍)、3)色調の変化のみ(あるいは付着している)のもの(色素沈着・母斑など)です。これらについて、さらに詳細な特徴(色調・粘膜の性状・病変の範囲や個数)を見ていくと次のようになります。 腫れ(腫脹) 腫れについて見てみます。[jda.or.jp]

治療

  • 拓郎さんは2ヶ月間病院に通い放射線治療を受けたという。2003年に肺がんを患いその後は慢性気管支炎など、度々病と闘ってきた拓郎さん。今回見つかったものは放射線治療後の約半年間は喉に痛みが続いたという。その闘病を支えたのは妻で女優の森下愛子さんだったという。がん発覚の2年後にはステージに立った拓郎さんことし5月からはライブツアーを開催する予定。 情報タイプ:病名・症状 ・ news every.[kakaku.com]
  • 治療: 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 問診、診察によって白板症がみられたら、自覚症状を参考に臨床型(タイプ)分類を行う。 術前検査を施行する。その際必要があれば、腫瘍マーカーの検査も併せて施行する。 病変の大きさにより切開生検または摘出生検を選択施行する。  1) 7)は初診時必須項目である。白板症が疑われる場合、8) 10)を行った後、11)を行う。[clinicalsup.jp]
  • 以降、約2か月にわたり毎日病院に通って放射線治療を続けたが、吉田を救ったのは、早期段階で声帯の「白板症」が見つかったことだったというが、どんな症状なのか。岐阜大学医学部附属病院歯科・口腔外科科長の柴田敏之氏が解説する。 「口の中や喉の奥などの粘膜の表面が角質化(硬化)して白く変化する疾患です。舌や歯肉、頬の内側、喉、そして食道まで様々な部位に発症します。白板症を放置すると約5 10%ががんに変わるとされ、『前がん病変』と呼ばれます」 がん化した場合、白板症にはどのような変化が起こるのだろうか。[news-postseven.com]

疫学

  • 疫学、医療統計学、栄養学、環境科学、分子生物学、病理学、免疫学、有機科 学などの専門知識と行政側の政策面でのリーダーシップが必要と思われます。口腔が んの一次予防を行うことによって口腔全体の健康管理につながります。8020運動 で歯の健康を保ち、一生健康な口腔で人生を楽しむことが、よりよい QOL(生活の 質)につながると思います。 戻る[hoku-iryo-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • UMIN試験ID UMIN000002933 最終情報更新日: 2016年4月5日 登録日:2009年12月23日 化学予防法による口腔白板症治療の多施設間研究 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 口腔白板症 試験開始日(予定日) 2001-06-01 目標症例数 46 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 介入1 ベーターカロテン5mg 2回/日 ビタミンC 250mg 2回/日投与 1年間服用 介入2 ビタミンC 25mg 2回/日投与 1年間服用 主要アウトカム評価項目[rctportal.niph.go.jp]
  • 口腔がんは予防できるのでしょうか? 御挨拶のところでも申しましたが、「がん」は生活習慣病の一つです。私は長年口腔がんの予防を手がけてまいりました。ではどのように口腔がんを予防したらよいで しょうか。少しずつお話していきましょう。 口の中の病気というと、虫歯や親知らずの痛みなどを連想すると思います。「虫歯予防」は社会的にも大きく取り上げられて、学校での歯科検診などは既に常識となっ ていますが、「口腔がんの予防」という概念はあまりなじみがないと思います。[hoku-iryo-u.ac.jp]
  • 我々のグループでは、これらのことを包括的に考えるために2004年11月にスリ・ランカで国際口腔がん予防ワークショップの開催を企画・準備している。 がん予防研究会 News Letter より[www1.gifu-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!