Edit concept Question Editor Create issue ticket

発作性または持続性心房細動


治療

  • アウトカム評価項目 アブレーション開始からアブレーション施行後12週までの以下の項目 ・血栓塞栓症イベント(脳卒中/全身性塞栓症)の有無 ・小出血:ISTHの大出血の定義を満たさない出血の有無 ・複合イベント(大出血と血栓塞栓症イベント)の有無 対象疾患 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 1)発作性又は持続性心房細動患者 2)少なくともカテーテルアブレーション施行予定3週間前からDOAC(ダビガトランを除く)を服用中の患者 3)心房細動に対するカテーテルアブレーション治療[rctportal.niph.go.jp]
  • 心房細動の起源となる左房の4本の肺静脈をカテーテルアブレーションで治療することで、約80 90%の人が治ります。 カテーテルアブレーションは局所麻酔でできる治療ですが、適応も含めて治療に関しては十分な経験のある医師と相談をすることをお薦めします。 当院には不整脈治療、特にカテーテルアブレーションに関して中国四国地方ではトップレベルの治療経験を持つ医師が勤務しております。 不整脈が気になる方や現在治療中で調子が今ひとつ良くない方などは、気軽に受診して頂ければと思います。[okayama-heart.com]

疫学

  • 総合診療分野で出合った患者の症例報告、糖尿病・高血圧・肥満に関する疫学研究、健診データを用いた 心房細動 についての研究、身体所見の感度・特異度の研究など疾患ベースとした研究のほか、医療倫理、医師患者関 カテゴリー: 臨床ニュース 2月4日 国立循環器病研究センターは1月30日、 心房細動 を有する脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)患者への発症前のワルファリン療法が、短期転帰は改善するが長期転帰は改善しないことを、国内多施設共同研究によ カテゴリー: 海外ジャーナル 1月28日 早期発症 心房細動[m3.com]
  • 高齢化で患者数は増加し、全国の健診心電図の疫学調査によると、心房細動有病率は1%前後であり、common diseaseといえるレベルに達している。 心房細動は、心電図でf波と、RR間隔が不規則なQRS間隔を持ったnarrow QRSとが認められることで診断となる。 発作性心房細動の場合、ホルター心電図(可能ならば携帯心電図も)を行い診断する。[clinicalsup.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 心拍数をコントロールすることで、心不全の予防にもなります。 レートコントロール: 心房細動をそのままにして心拍数だけをコントロールし、脳梗塞予防のための抗凝固療法を併用する治療法を、レートコントロール療法といいます。 リズムコントロール: 心房細動を除細動して元の洞調律を維持する治療法を、リズムコントロール療法といいます。 心房細動の除細動には電気ショックや、抗不整脈薬の静注または経口投与が行われます。それほど緊急性がない時には、基本的に抗不整脈薬で除細動します。[enomoto-clinic.info]
  • 一方、アスピリンなどの抗血小板薬は、心房細動による脳梗塞を予防する効果が弱く、テレビや雑誌などで話題になっている血液をさらさらにするという種々の食物なども、ほとんど予防効果のないことが証明されています。 不整脈の治療法 1)症状が強い場合 心房細動では、心房から心室に伝わる電気の割合が多くなれば、心室が速く動き頻脈となって、動悸や息苦しさといった症状が出てきます。[ncvc.go.jp]
  • したがって、左室肥大を伴う高血圧を有する患者に、心房細動発生予防を目的としてACE阻害薬/ARBを投与することは推奨される。 高血圧を併発する発作性心房細動患者の心房細動再発予防のためには、十分な降圧(120 130mmHg未満)を行うことが、おそらく推奨される。ただし、必ずしも、ACE阻害薬/ARBを用いる必要はない。  心不全や心機能低下例、左室肥大を伴う高血圧例では1)-4)を用いて再発の予防に試みる。[clinicalsup.jp]
  • 心房細動の基本的治療法は、①心拍数コントロール、②洞調律化(リズムコントロール)、③塞栓症予防の三つに大別されます。今回、効能・効果を取得した「ワソラン 錠40mg」は心拍数コントロールに効果を発揮します。 当社では、今回の効能・効果追加により、当社製品である、洞調律化に用いられる頻脈性不整脈治療剤「タンボコール 錠」、塞栓症予防に用いられる抗凝固剤「ワーファリン錠」とあわせて、心房細動の患者様の疾病管理(ディジーズ・マネジメント)に貢献してまいります。[eisai.co.jp]
  • 心房細動では『脳梗塞をいかに予防するか』が重要であり、血液を固まりにくくする抗凝固薬を使用して、血栓をできにくくして脳梗塞を予防する治療を行います。 抗凝固薬治療により、脳梗塞を約1/3まで減らせることができます。 抗凝固薬で適切かつ継続した治療を行うと、脳梗塞の危険性を大きく減らせることができる訳です。 脳梗塞予防の凝固薬として、1)従来からのワルファリン、2)2011年から使用されている新しい抗凝固薬の2種類があります。[iwamotonaika.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!