Edit concept Question Editor Create issue ticket

痘瘡状苔癬状粃糠疹


提示

  • 3.治療のポイントをキーワードで提示 4.鑑別診断に役立つ臨床写真を併載 5.具体的な処方例の提示 6.好発部位をわかりやすく図示 7.治療上の注意点が一目でわかる 8.欄外に疾患概念などの解説や脚注を付記 9.難治例の治療法を具体的に提示 目次 【第2巻】 角化異常症(非遺伝性と類症) 尋常性乾癬/乾癬の治療方針/乾癬の薬物療法/乾癬のPUVA療法の適応と実際/乾癬のナローバンドUVB療法の適応と実際/膿疱性乾癬/急性汎発性発疹性膿疱症/疱疹状膿痂疹/再発性環状紅斑様乾癬/乾癬性紅皮症/関節症性乾癬[bookclub.kodansha.co.jp]
  • だるさなど 泌尿生殖器系 夜尿症、頻尿、ほてり、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群(生理痛)など 呼吸器系 ぜん息、鼻水、鼻づまり、慢性副鼻腔炎、慢性咳、咽頭炎など 循環器系 不整脈、胸痛、高血圧、頻脈など 外皮系 にきび、アトピー性皮膚炎、ふけ、湿疹、目の下のくま、多汗など その他 慢性疲労、むくみ、口内炎、ドライアイ、涙目など 遺伝子検査 (リスク判定遺伝子検査) リスク判定遺伝子検査(体質遺伝子検査)はガイドラインとして発表されている、特定の病気になりやすい確率をリスク判定として提示[toriicl.tv]
発熱
  • 粘膜病変を認めることもある 痒みなどの自覚症状は病初期を除くと少なく、発熱や倦怠感などを伴う 数週間程度で自然消退し、炎症性色素沈着 色素脱失、あるいは軽い痘瘡状の瘢痕を残す 再燃を繰り返し平均で数カ月間 「皮膚科」カテゴリの最新記事[blog.livedoor.jp]
  • 発熱や関節痛があれば、適宜、非ステロイド抗炎症(NSAIDs)薬の内服を行う。 専門医相談のタイミング: … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 抗アレルギー薬の内服とステロイド薬の外用を行う。発熱や関節痛があれば、適宜、非ステロイド抗炎症(NSAIDs)薬の内服を行う。 炎症症状が強いときは、短期間、ステロイド薬の内服を行う。 〇 皮疹に対して重症度に応じて1)-3)のいずれかを用いる。[clinicalsup.jp]
  • 次いでこれらが壊死に陥り,潰瘍,一部には痂皮を生じてきたが発熱その他の全身症状はなかつた(第1,2図)。9月21日入院後レゾヒン300mg内服せしめたが約3週間で色素沈着と瘢痕を残して治癒,退院した。退院後約10日で再発し,軽度の咽頭痛があり,発熱などの全身症状なく前回同様の皮疹が瘢痕部を徐いて全身播種状に発生した。再入院してコルチコステロイド,イプシロンS (16錠)その他種々治療を行つているが皮疹の軽快は全く徐々である。 Copyright 1963, Igaku-Shoin Ltd.[webview.isho.jp]
  • 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹 (きゅうせいとうそうじょうたいせんじょうひこうしん) 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹は、発熱や倦怠感と共に痂皮や潰瘍を伴う丘疹が多発 する皮膚の炎症性疾患です。1916年にオーストリアのMucha(ムッカ) が、1925年にドイツのHabermann(ハーベルマン)が報告したの で、以前はムッカ-ハーベルマン病と呼ばれていました。 ウイルス感染、細菌感染、免疫複合体の過剰反応等の学説がありますが、原因 は不明で血管炎の一つとされています。[hokensatei.com]
  • 子供から若年成人に多いとされ、発熱や倦怠感のような症状も出ることがあります。また、しばしば風邪のような症状(いわゆる上気道感染)に引き続いてこの皮疹が出てくることもあります。基本的には数か月で軽快するとされますが、慢性型に移行することもあります。最終的には、茶色 褐色に変色し色素沈着になったり、色が白く抜けたりします。 慢性型(慢性苔癬状枇糠疹) 痒みなどの自覚症状はありません。[medicalnote.jp]
倦怠感
  • 乱れた生活から改善へ 今振り返ってみてあの頃の1か月くらいの体調を考えると 数か月前からだらだら休みなく働いていた ストレスをかなり強く感じていた 疲れや倦怠が少しありPCなどの集中する作業に手がつかなかった 帰宅してこたつでごろごろしてしまいそのまま寝てしまうこともあった 風呂にゆっくりつからずシャワーで済ましてしまうことが多かった 食欲は変わらなかったが下痢と便秘を繰り返すことがあった 仕事などの忙しさでからだや生活が乱れる 疲労感や倦怠が蓄積していく ストレスなどで胃腸などの体内のリズム[weblog.saras89.com]
  • 粘膜病変を認めることもある 痒みなどの自覚症状は病初期を除くと少なく、発熱や倦怠などを伴う 数週間程度で自然消退し、炎症性色素沈着 色素脱失、あるいは軽い痘瘡状の瘢痕を残す 再燃を繰り返し平均で数カ月間 「皮膚科」カテゴリの最新記事[blog.livedoor.jp]
  • 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹 (きゅうせいとうそうじょうたいせんじょうひこうしん) 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹は、発熱や倦怠と共に痂皮や潰瘍を伴う丘疹が多発 する皮膚の炎症性疾患です。1916年にオーストリアのMucha(ムッカ) が、1925年にドイツのHabermann(ハーベルマン)が報告したの で、以前はムッカ-ハーベルマン病と呼ばれていました。 ウイルス感染、細菌感染、免疫複合体の過剰反応等の学説がありますが、原因 は不明で血管炎の一つとされています。[hokensatei.com]
  • 子供から若年成人に多いとされ、発熱や倦怠のような症状も出ることがあります。また、しばしば風邪のような症状(いわゆる上気道感染)に引き続いてこの皮疹が出てくることもあります。基本的には数か月で軽快するとされますが、慢性型に移行することもあります。最終的には、茶色 褐色に変色し色素沈着になったり、色が白く抜けたりします。 慢性型(慢性苔癬状枇糠疹) 痒みなどの自覚症状はありません。[medicalnote.jp]
皮疹
  • 原因不明の比較的まれな疾患で、小児を含む若年者に発症 急性の経過で米粒大 小豆大の浮腫性紅斑が多発して表面に鱗屑を付着し、後に中央が出血性の壊死傾向のや潰瘍を形成して痂皮化したり、水疱や膿疱、びらんを形成するなど、多彩な外観 水痘とは異なり、新旧のが混在する 体幹と四肢の近位部、特に屈側にできやすく、顔面や頭皮部は侵されにくい。[blog.livedoor.jp]
  • それぞれのは、茶色や褐色に変化し色素沈着になったり、色が白く抜けていったりします。よくなったと思うとまたぶり返すという経過を数年単位で繰り返し、ゆっくり経過するため、古いと新しいが混ざり合います。 斑状類乾癬(局面状類乾癬) 前述した滴状類乾癬よりも、それぞれのの大きさが大きいものをいいます。表面にカサカサしたフケのようなものをわずかに伴う、境界がはっきりした淡い赤い発疹が胸 お腹、背中、お尻、腕、脚を中心に、たくさん生じます。[medicalnote.jp]
  • 退院後約10日で再発し,軽度の咽頭痛があり,発熱などの全身症状なく前回同様のが瘢痕部を徐いて全身播種状に発生した。再入院してコルチコステロイド,イプシロンS (16錠)その他種々治療を行つているがの軽快は全く徐々である。 Copyright 1963, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.[webview.isho.jp]
  • 左腋窩部のを生検,表皮細胞の空胞変性と表皮内のexocytosisを認め,真皮上·中層には血管周囲にリンパ球浸潤と少数の赤血球の血管外漏出がみられた。以上より急性苔癬状痘瘡状粃糠疹(pityriasis lichenoides et varioliformis acuta: 以下PLEVAと略す)と診断した。治療はステロイド外用,抗生剤内服を試みたがは消失せず,発症後約1年を経過してもなお消退,再燃を繰り返していた。[jstage.jst.go.jp]
下痢
  • 乱れた生活から改善へ 今振り返ってみてあの頃の1か月くらいの体調を考えると 数か月前からだらだら休みなく働いていた ストレスをかなり強く感じていた 疲れや倦怠感が少しありPCなどの集中する作業に手がつかなかった 帰宅してこたつでごろごろしてしまいそのまま寝てしまうこともあった 風呂にゆっくりつからずシャワーで済ましてしまうことが多かった 食欲は変わらなかったが下痢と便秘を繰り返すことがあった 仕事などの忙しさでからだや生活が乱れる 疲労感や倦怠感が蓄積していく ストレスなどで胃腸などの体内のリズム[weblog.saras89.com]
  • 即時型アレルギーの症状 喘息・目と鼻のかゆみ、湿疹、脹れ、胃腸障害、花粉症、アトピー性皮膚炎など 遅延型アレルギーの症状 喘息・目と鼻のかゆみ、湿疹、脹れ、胃腸障害、花粉症、アトピー性皮膚炎など 遅延型アレルギーで起こりうる症状 消化器官 過敏症腸症候群、ガスがたまる、便秘、下痢、吐き気など 神経 偏頭痛、不安神経症、情動不安定、力不足など、憂鬱、集中 筋骨格系 関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさなど 泌尿生殖器系 夜尿症、頻尿、ほてり、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群(生理痛)など 呼吸器系[toriicl.tv]
咽頭痛
  • 発熱はなく,咽頭,リンパ節腫脹ともに認めなかった。左腋窩部の皮疹を生検,表皮細胞の空胞変性と表皮内のexocytosisを認め,真皮上·中層には血管周囲にリンパ球浸潤と少数の赤血球の血管外漏出がみられた。以上より急性苔癬状痘瘡状粃糠疹(pityriasis lichenoides et varioliformis acuta: 以下PLEVAと略す)と診断した。治療はステロイド外用,抗生剤内服を試みたが皮疹は消失せず,発症後約1年を経過してもなお消退,再燃を繰り返していた。[jstage.jst.go.jp]
  • 退院後約10日で再発し,軽度の咽頭があり,発熱などの全身症状なく前回同様の皮疹が瘢痕部を徐いて全身播種状に発生した。再入院してコルチコステロイド,イプシロンS (16錠)その他種々治療を行つているが皮疹の軽快は全く徐々である。 Copyright 1963, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.[webview.isho.jp]
咽頭炎
  • れ、胃腸障害、花粉症、アトピー性皮膚炎など 遅延型アレルギーの症状 喘息・目と鼻のかゆみ、湿疹、脹れ、胃腸障害、花粉症、アトピー性皮膚炎など 遅延型アレルギーで起こりうる症状 消化器官 過敏症腸症候群、ガスがたまる、便秘、下痢、吐き気など 神経 偏頭痛、不安神経症、情動不安定、力不足など、憂鬱、集中 筋骨格系 関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさなど 泌尿生殖器系 夜尿症、頻尿、ほてり、尿意切迫、膣のかゆみ、おりもの、月経前症候群(生理痛)など 呼吸器系 ぜん息、鼻水、鼻づまり、慢性副鼻腔炎、慢性咳、咽頭[toriicl.tv]

治療

  • ようやく病名もわかったところで、ここから本格的に治療に入れると思った我々に一つの問題が生じるのでした。 明確な原因・治療法がなく難治 非常に厄介なことに、この急性痘瘡状苔癬状粃糠疹は原因・治療法に明確なものがなく、処方された薬を塗り続けて治癒を待つしかないと言われました。 どうやら大人の急性痘瘡状苔癬状粃糠疹については治療法があるらしいのだが、子どもは無いのだと。 治癒するまでにも年単位を要するということで、長女にはとてつもない負担がかかることになるかと思うと気が重くなるばかりでした。[blog.white-base.work]
  • コメント(24) 最初 全て 最新の40件 できれば症状の期間および経過、診療内容及び検査、治療後の経過等があると住人さんもアドバイスしやすいのでは。 あと具体的に何がお知りになりたいか。 5W1H(ちょっとちがうけど)が大事です。 ありがとうございます! 症状の期間は、3年前に急に発症し、現在は3ヶ月に1度の割合で新しいブツブツができます。四肢にでてきて、ドレニゾンテープで化膿を防ぐ様な治療をしています。痕がかなり残るので、きれいに消える様な治療はないでしょうか?[mixi.jp]
  • 薬代1週間ぶん1,110円 処方された薬は 内服7日分 ミノマイシン(50) 朝夕 プレドニン(5) 朝 アレジオン(20) 夕 外用 アンテベートクリーム(0.05) 20グラム …からだに ロコイドクリーム(0.1) 5g …顔に イソジンガーグル 1本 PCで検索してみると急性痘瘡状苔癬状粃糠疹には有効な治療法がなく,予後はよいが再発を繰り返すようです。出された薬もステロイド外用薬と抗生物質,ステロイド,抗ヒスタミン薬なので自然に消えていくのを待つしかないという感じなのでしょう。[weblog.saras89.com]
  • 根本的な治療法がないと言われている慢性的な疾患ですが、生活習慣の改善や、患者様に合わせた対処法で症状が良くなる治療を行います。 【原因】 遺伝・生活環境や生活習慣・精神的ストレス・食生活の変化など 【治療法】 尋常性乾癬の治療には、内服薬や外用薬、光線療法などさまざまな治療法がありますが、患者様によって症状が異なるため、一人ひとりに合った治療法を提案して行きます。[toriicl.tv]
  • エキシマライト光線治療器 エキシマーシステム 308nmの紫外線を発生するエキシマライト光線治療器です。 尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、結節性痒疹、円形脱毛症などの、難治性疾患の治療に使用する紫外線療法の最新装置です。安全で有効な治療法であるとされています。従来の紫外線療で改善しにくかった皮膚病変にも効果があることが確認されています。円形脱毛症以外は、健康保険が適用されます。 照射範囲が比較的小さいため、健常部位への照射を避け、病変部だけに限定して紫外線を照射できます。[hifu-codomo.com]

予防

  • 湿疹が発症したのは、19年11月23日のインフルエンザ(インフル ビケン HA076D)の予防接種後、かゆさのあまり、かきむしってしまった事が始まりなような気がします。 左上腕部から、右上腕、左右太もも(外側のみ)、顔一部へと広がり、薬を処方してもらいました。 外用は、デルモベート(体用)、ネリゾナ(顔用) 内服は、プレドニン朝夕4錠、タオリン朝寝る前2錠、ミノマイシン毎食3錠 今年の3月上旬までには、痕が残っていますが、ほぼ治ったように思いました。[blog.sumiyoshi-clinic.com]
  • 桒原晶子,田中 清 6 清潔のスキンケア 菊地克子 C こどもの化粧 1 化粧品,ピアス,タトゥーによる健康被害 尾見徳弥 2 毛髪のおしゃれによる健康被害 尾見徳弥 D 学校保健における小児皮膚科 1 学校皮膚感染症の出席停止指針 是松聖悟 2 皮膚疾患とプール 是松聖悟 3 食物アレルギー 今井孝成 4 予防接種の有害事象 中野貴司 第2章 プライマリケアにおけるこどもの皮膚疾患 A 湿疹皮膚炎群 1 接触皮膚炎 中村健一 2 単純性粃糠疹(はたけ) 中村健一 3 アトピックドライスキン 加藤則人[shindan.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!