Edit concept Question Editor Create issue ticket

環状染色体 20 症候群


提示

  • 片親が均衡型染色体再構成を有する場合に、彼/彼女の血縁者はリスクがあり、染色体検査およ びFISH法に関する情報が提示されるべきである。 保因者検査 発端者の片親が均衡型染色体再構成を有する場合に、リスクのある血縁者は染色体検査および/またはFISH法による保因者検査が可能。 遺伝カウンセリングに関連した問題 早期診断および治療を目的とする血縁者のリスク評価は「臨床的マネジメント」および「罹患者家族のリスク」項目を参照する。[grj.umin.jp]
成長障害
  • 特長には低体重出産、重度の精神発達遅滞、出生後の成長障害、 早期の死亡、小頭、性器の異常などが見られます。 症例には「4pter-p14 or 13 トリソミー」「4pter-q21 トリソミー」 「4pter-p16.1 トリソミー」などの症例があります。 4qモノソミー 4qモノソミーとは4番染色体の長腕が欠損していることで発生する先天性の 染色体異常です。[ichiranya.com]
  • 時に罹患乳児の成長障害が報告される。 肥満 は小児期より現れ、年齢とともに頻度が上昇する。 低血圧 2q37微小欠失症候群の多くは低血圧や摂食困難が見られる。膝の外反/反張や扁平足も多い。 特徴的顔貌およびその他の奇形 細くて高い眉毛を伴う深い眼球、鼻孔低形成、突出した鼻柱、薄い唇紅、軽度な耳介奇形を含む特徴的顔貌を認める。丸い顔は伴うことも伴わないこともある。顔貌の特徴は軽微であるため、経験の浅い医師は見逃しやすい。顔貌特徴の識別に実体写真測量が使用されている。[grj.umin.jp]

精密検査

  • 骨減少症 2q37欠失による骨減少症は良く知られていないが、X線精密検査では一部の患者に骨減少症が認められる。臨床的意味に関する記載はなかった。 胃食道逆流症(GER) 中度 重度のGERが見られ、外科的介入が必要とする場合もある。 ウィルムス腫瘍 2q37欠失およびウィルムス腫瘍を有する3名の孤発例が報告されている。これらの患者全員は2歳前に発症していた。Olsonら[1995]は、非均衡型転座der(2)t(2;15)(q37;q22)を伴うウィルムス腫瘍の症例を報告した。[grj.umin.jp]

治療

  • 4.治療法 抗てんかん薬(バルプロ酸、ラモトリギンなど)をはじめ種々の薬物が用いられるが、極めて薬剤抵抗性であり、発作寛解は得られない。外科治療は無効である。 5.予後 10歳頃には脳波および発作症状はほぼ固定し、その後進行性に増悪することは少ないが、年齢とともに発作が軽減することもなく、てんかんは難治なままである。[nanbyou.or.jp]
  • ) がん 薬物療法(抗がん剤治療) がん 薬物療法(ホルモン剤治療) がん 放射線治療 がん 初回治療〜経過観察 がん 脱抗がん剤治療 がん 闘病記(現在進行形) がん 闘病記(完治) がん 闘病記(永眠) がん(放置・共存) がん 緩和ケア がん情報(患者以外) 医療用ウィッグ 起立性調節障害 脳室周囲白質軟化症 腹壁破裂 コルネリア・デ・ランゲ症候群 1型糖尿病(小児糖尿病) 小児期崩壊性障害 運動発達遅滞 発達遅延 乳幼児突然死症候群 子供・赤ちゃんの病気 男性の病気 月経前症候群・不機嫌性障害[sick.blogmura.com]
  • に係る医療の給付 平成20年4月1日 2.契約による特定疾患等の治療研究事業 小児慢性特定疾患研究事業 1 悪性新生物 2 慢性腎疾患 3 慢性呼吸器疾患 4 慢性心疾患 5 内分泌疾患 6 膠原病 7 糖尿病 8 先天性代謝異常 9 血液疾患 10 免疫疾患 11 神経・筋疾患 12 慢性消化器疾患 13 染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群 14 皮膚疾患群 - 成長ホルモン治療 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業 1 先天性血液凝固因子欠乏症 2 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp]

予防

  • 二次病変の予防 現時点で、なぜ2q37微小欠失症候群の多くが肥満になるのかまだ不明である。肥満の進行を予防するために、筆者は実行できるかぎりの活動的なライフスタイルおよび良い食生活習慣を勧める。 サーベイランス Jonesら[2011]は2q37.1領域を含まない2q欠失を有する患者のウィルムス腫瘍の発症するリスクが5%以下と報告した。従って、彼らはこれらの患者におけるウィルムス腫瘍サーベイランスを推奨していない。[grj.umin.jp]
  • 6日 救命救急センター指定 平成26年4月1日 第一種感染症指定医療機関 平成28年3月31日 災害拠点病院指定 平成28年4月1日 原子力災害拠点病院指定 平成29年11月1日 鹿児島県災害派遣精神医療チーム(鹿児島県DPAT)指定 平成30年2月6日 保険医療機関の承認 区分 承認年月日 健康保険法による(特定承認)保険医療機関 昭和33年5月1日 国民健康保険法による(特定承認)療養取扱機関 昭和34年3月3日 公費負担医療等指定事項 1.法による医療機関の指定 区分 承認年月日 感染症の予防[com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!