Edit concept Question Editor Create issue ticket

特発性好酸球増加症


提示

筋肉痛
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
  • 全身症状では、疲労感や発熱、筋肉などがあります。 原因となる代表的な病気は、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患や、寄生虫感染です。胃腸炎や悪性腫瘍でも、好酸球が増えることがあります。 明らかな原因がないのに、好酸球が極端に多い状態が半年以上続いた場合は、「特発性好酸球増多症候群」と思われます。 まれな病気ですが、心臓、肺、肝臓など様々な臓器に障害が起きる可能性があり、免疫抑制剤などによる治療が必要になります。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 慢性好酸球性白血病または好酸球増多症候群は、 倦怠感 発熱 咳 呼吸困難 筋肉 血管性浮腫 心臓・肺・皮膚・神経系・眼球・肝胆道系・消化器系などの臓器障害 好酸球の著しい増加―といった症状などが認められる疾患で、ステロイド投与などの治療を行います。[medwatch.jp]
  • 筋肉。 かゆみ。 下痢 。 慢性骨髄増殖性腫瘍の病期 慢性骨髄増殖性腫瘍には、標準的な病期分類システムがありません。 がん の拡がりの程度を調べていくためのプロセスは 病期分類 と呼ばれます。 慢性骨髄増殖性腫瘍 には、標準的な 病期分類システム がありません。治療法は患者さんの骨髄増殖性腫瘍の種類に基づいて決定されます。治療計画を立てるためには、この種類を把握しておくことが重要です。 治療選択肢の概要 慢性骨髄増殖性腫瘍の患者さんには様々な治療法が存在します。[cancerinfo.tri-kobe.org]
血管性浮腫
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
  • 慢性好酸球性白血病または好酸球増多症候群は、 倦怠感 発熱 咳 呼吸困難 筋肉痛 血管浮腫 心臓・肺・皮膚・神経系・眼球・肝胆道系・消化器系などの臓器障害 好酸球の著しい増加―といった症状などが認められる疾患で、ステロイド投与などの治療を行います。[medwatch.jp]
  • 好酸球性血管浮腫という病気は、若い女性の圧痕を伴わないむくみで、血液検査で好酸球が上昇している場合はこの疾患が疑われます。 薬物 解熱鎮痛剤、降圧薬(Ca拮抗薬、β-遮断薬)、エストロゲンなどの薬でも生じます。飲んでいる薬を止めてみて、改善するかどうかを試します。 細かく見ればまだいくつかの原因が考えられますが、ほとんどがこの中のどれかにあてはまると思います。十分に症状と経過を検討し、足を隅々まで眺め、その上で疑わしいものの検査をしていきますので、ご心配な方はお声をおかけ下さい。[osuga-hospital.com]
  • 好酸球性血管浮腫: Angioedema with eosinophilia Gleich syndrome。1984年にGleichらにより報告された。好酸球増加に伴う四肢末梢の浮腫。再発するepisodic(EAE)と、再発しないnon-episodic(NEAE)がある。日本ではnon-episodicが主で、若年女性(20 37歳)に多い。血管浮腫、蕁麻疹、IgM増加、発熱などを呈する。ステロイドに良く反応し良好な経過をたどる。自然寛解もある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
皮膚炎
  • 猫粟粒性皮膚( Feline Military Dermatitis ; FMD ) FMDは、猫で最もよく見られるEDのひとつであり、その病因にはアレルギーが考えられる。病変は、主に背部、体幹、頭頚部に好発する。特徴は、掻痒性、多発性、丘疹状痂皮として認められる。病変部に小さな硬い丘疹状痂皮が、種子をまぶしたように、手で不快な感触として触ることができ、多くは、皮膚がざらざらすることに猫の飼主が気づいて来院する。[tckw.sunnyday.jp]
  • .アレルギー/過敏性疾患・感染症 喘息、鼻炎、薬剤性、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、アレルギー性腸炎、 寄生虫症、細菌/抗酸菌症、真菌、ウイルス、リケッチア 2.膠原病 Churg-Strauss症候群、Wegener肉芽腫症、関節リウマチ、結節性動脈炎、全身性エ リテマトーデス、皮膚硬化症、好酸性筋膜炎/筋炎 3.肺疾患 気管支拡張症、嚢胞性線維症、Loeffler症候群、肺好酸球性肉芽腫症 4.心疾患 熱帯性心内膜線維症、好酸球性心内膜線維症もしくは心内膜炎 5.皮膚疾患 アトピー性皮膚[med.osaka-cu.ac.jp]
蕁麻疹
  • 55 事務連絡および休憩 Session 4 マスト細胞、好塩基球 座 長 山口 正雄 帝京大学医学部 呼吸器・アレルギー内科 12:55-13:05 4-1 RS ウイルスによるヒトマスト細胞の活性化機構の検討 坂本 朋美 日本大学 医学部 免疫・アレルギー学プロジェクトチーム IR・医学教育センター 13:05-13:15 4-2 ウイルス性気道感染におけるマスト細胞の生体防御的役割の検討 伊東 彩香 帝京大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー学 13:15-13:25 4-3 慢性特発性蕁麻疹[sec-information.net]
  • アレルギー/過敏性疾患・感染症 喘息、鼻炎、薬剤性、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、アレルギー性腸炎、 寄生虫症、細菌/抗酸菌症、真菌、ウイルス、リケッチア 2.膠原病 Churg-Strauss症候群、Wegener肉芽腫症、関節リウマチ、結節性動脈炎、全身性エ リテマトーデス、皮膚硬化症、好酸性筋膜炎/筋炎 3.肺疾患 気管支拡張症、嚢胞性線維症、Loeffler症候群、肺好酸球性肉芽腫症 4.心疾患 熱帯性心内膜線維症、好酸球性心内膜線維症もしくは心内膜炎 5.皮膚疾患 アトピー性皮膚炎、蕁麻疹[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 血管性浮腫、蕁麻疹、IgM増加、発熱などを呈する。ステロイドに良く反応し良好な経過をたどる。自然寛解もある。 好酸球性筋膜炎 激しい運動や外傷をきっかけに、急速に四肢に対称性有痛性の筋膜炎が生じ発赤腫脹する。表皮や真皮は侵されない。病初期に末梢血の好酸球が増加する。 木村病 病名は木村哲二に由来する。頭頸部皮下の巨大(5 10cm)な良性の好酸球性肉芽腫で、東アジアの若い男性に多い。木村病より大きさの小さい好酸球性血管リンパ球増殖症は、人種差なく皮膚表面に近くに発生する。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
寝汗
  • 寝汗。 体重減少。 原発性骨髄線維症の予後(回復の見込み)と治療法の選択は、いくつかの特定の要因に左右されます。 予後 ( 回復 の見込み)を左右する因子には以下のものがあります: 患者さんの年齢。 異常 な赤血球および白血球の数。 血液中の芽球の数。 染色体 における特定の変化の有無。 発熱、寝汗、体重減少などの徴候の有無。 本態性血小板血症 本態性血小板血症は、骨髄において血小板が過剰に作られるようになる疾患です。[cancerinfo.tri-kobe.org]
湿疹
  • 過敏性疾患・感染症 喘息、鼻炎、薬剤性、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、アレルギー性腸炎、 寄生虫症、細菌/抗酸菌症、真菌、ウイルス、リケッチア 2.膠原病 Churg-Strauss症候群、Wegener肉芽腫症、関節リウマチ、結節性動脈炎、全身性エ リテマトーデス、皮膚硬化症、好酸性筋膜炎/筋炎 3.肺疾患 気管支拡張症、嚢胞性線維症、Loeffler症候群、肺好酸球性肉芽腫症 4.心疾患 熱帯性心内膜線維症、好酸球性心内膜線維症もしくは心内膜炎 5.皮膚疾患 アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹[med.osaka-cu.ac.jp]
発熱
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
貧血
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
  • 標準病名 ICD10 KEGG DISEASE アミノ酸欠乏性貧血 オロチン酸尿性貧血 蛋白欠乏性貧血 D530 蛋白欠乏性貧血 H00198 巨赤芽球性貧血 症候性巨赤芽球性貧血 D531 その他の巨赤芽球性貧血, 他に分類されないもの H01183 壊血病性貧血 D532 壊血病性貧血 銅欠乏性貧血 微量元素欠乏性貧血 D538 その他の明示された栄養性貧血 ビタミン欠乏性貧血 胃切除後貧血 小児食事性貧血 食事性貧血 慢性貧血 D539 栄養性貧血, 詳細不明 G6PD欠乏性貧血 ソラ豆中毒[kegg.jp]
  • (田中由美子) 診断アプローチのポイント 診断基準または鑑別診断 赤血球の大きさに基づく貧血の分類 平均赤血球容積に基づく貧血の分類 網赤血球数と病態 末梢血塗抹標本 多発性骨髄腫の診断 溶血性貧血の診断基準 赤血球破砕症候群の診断基準 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の診断基準 巨赤芽球性貧血の診断基準 再生不良性貧血の診断基準 再生不良性貧血の重症度分類 症例のポイント 多発性骨髄腫(MM) 原発性マクログロブリン血症(PMG) 骨髄線維症(IMF) 鉄欠乏性貧血(IDA) 鉄芽球性貧血[ajup-net.com]
体重減少
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
倦怠感
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 発熱、全身倦怠、食欲不振、胸水、 リンパ節 の腫れ など。 はてなキーワード 一般 特発性好酸球増多症候群[d.hatena.ne.jp]
  • 慢性好酸球性白血病または好酸球増多症候群は、 倦怠 発熱 咳 呼吸困難 筋肉痛 血管性浮腫 心臓・肺・皮膚・神経系・眼球・肝胆道系・消化器系などの臓器障害 好酸球の著しい増加―といった症状などが認められる疾患で、ステロイド投与などの治療を行います。[medwatch.jp]
リンパ節腫脹
  • リンパ腫脹へのアプローチ:不必要な生検を避け,迅速に治療介入するために 磯部 泰司 聖マリアンナ医科大学 血液・腫瘍内科 [コラム] リンパ節生検:侵襲的な検査であり,その適応と適切な手順を理解しておく 佐々木 純 順天堂大学医学部 血液学講座 [コラム] 悪性リンパ腫:診断と代表的な病型の治療についての基礎知識 伊豆津 宏二 虎の門病院 血液内科 [コラム] 多発性骨髄腫:意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)との鑑別を含めて 角南 一貴 国立病院機構岡山医療センター 血液内科[medsi.co.jp]
  • 腫脹の検査計画 写真・イラスト リンパ球増加 赤血球形態変化を伴う貧血(田中由美子) 診断アプローチのポイント 診断基準または鑑別診断 赤血球の大きさに基づく貧血の分類 平均赤血球容積に基づく貧血の分類 網赤血球数と病態 末梢血塗抹標本 多発性骨髄腫の診断 溶血性貧血の診断基準 赤血球破砕症候群の診断基準 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の診断基準 巨赤芽球性貧血の診断基準 再生不良性貧血の診断基準 再生不良性貧血の重症度分類 症例のポイント 多発性骨髄腫(MM) 原発性マクログロブリン血症[ajup-net.com]
  • 腫脹、固形癌(腎臓、肺、乳腺、血管新 生物、婦人科生殖器癌) 8.免疫系の疾患/異常 Wiskott-Aldrich症候群、高IgE症候群、高IgM症候群、IgA欠損症 9.代謝異常 副腎不全 特発性好酸球増加症(hypereosinophilic syndrome、HES) は1968年に疾患概念が提 唱され( Ref )、そ の診断基準は1975年に作成されました( Ref )(表2)。[med.osaka-cu.ac.jp]
めまい
  • めまい。 原因不明の体重減少。 真性赤血球増加症の診断には、特殊な血液検査が用いられます。 真性赤血球増加症の 診断 には、 全血球算定 検査、 骨髄穿刺と骨髄生検 、 細胞遺伝学 的分析に加えて、 血清 エリスロポエチン 検査が行われます。この検査では、血液のサンプルを調べて、エリスロポエチン(新たな赤血球の生産を促進する ホルモン )の濃度を測定します。真性赤血球増加症では、体内で赤血球細胞をそれ以上作る必要がないので、エリスロポエチンの濃度が正常より低くなることがあります。[cancerinfo.tri-kobe.org]
脾腫
  • (続きを読む) 好酸球過剰症候群、特発性好酸球増多症(HES) Hardy、Andersonら(1968)によって提唱された.WHO分類では、HESは慢性好酸性白血病(CEL)と同一項目として取り扱われ、骨髄増殖性疾患(CMPD)の1つに分類された.Chusidら(1975)HESの基準を以下に述べる. ①好酸球の持続性増加(1,500/μl以上が6ヶ月以上)あるいは6ヶ月以内に死亡、②好酸球増加の基礎疾患(寄生虫感染、アレルギー性疾患など)がない、③好酸球浸潤による症状や徴候(肝、基質性心雑音[midb.jp]
  • 好酸球浸潤による臓器障害の症候(肝、器質性心雑音、うっ血性心不全、中枢 神経症状、肺線維症、発熱、体重減少、貧血)の存在 2001年WHO分類ではHESは慢性好酸球性白血病(chronic eosinophilic leukemia、 CEL)と一括して骨髄増殖性疾患に含まれていました。それはCELの診断には好酸球の クローナルな増殖を証明する必要がありましたが、通常の染色体検査で証明することが 困難でした。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 細胞増加症 リンパ球異常 リンパ球減少症 リンパ球性類白血病反応 リンパ球増加症 リンパ組織球増多症 異型リンパ球増加症 好酸球減少症 好中球増加症 骨髄性類白血病反応 単球性類白血病反応 単球増加症 白血球増加症 本態性白血球増多症 無リンパ球症 類白血病反応 D728 その他の明示された白血球の障害 白血球機能障害 D729 白血球の障害, 詳細不明 摘脾による無脾 脾萎縮 脾機能低下症 D730 脾機能低下症 脾機能亢進症 D731 脾機能亢進症 うっ血性巨脾 オピッツ病 D732 慢性鬱血性[kegg.jp]
血栓症
  • 目次に戻る 第5章 類縁疾患の診断・治療と最近の話題 真性赤血球増多症の診断と治療 髙木省治郎 自治医科大学大宮医療センター血液科 講師 要旨 真性赤血球増多症は赤血球量の増加を特徴とする慢性骨髄増殖性疾患であり,幹細胞レベルの異常によると考えられているが,その機序については不明な点が多い.循環赤血球量の測定を始めとして,血清エリスロポエチン値の測定などの検査により診断がなされる.治療は年齢,血栓の既往などの危険因子の有無により瀉血,低用量アスピリン投与やヒドロキシウレアなどの投与が行われる.治療[saishin-igaku.co.jp]
  • 貧血と赤血球増加症へのアプローチ:病態を見極め,隠れた基礎疾患を探る 外山 高朗 慶應義塾大学医学部 血液内科 [コラム] 鉄欠乏性貧血:診断には血清フェリチン低値の確認が欠かせない 定平 健 川崎市立井田病院 血液内科 [コラム] 真性多血症:早期の診断,血栓の予防が重要 髙久 智生 順天堂大学大学院医学研究科 血液内科学 3.[medsi.co.jp]
下痢
  • 腹痛、下痢もよくみられる訴えである。乳幼児の場合には発熱と不機嫌、易刺激性、嗜眠がよくみられ、だっこされるのを嫌うことも経験される。咽頭炎症状も同時に見られることがあり、また、起因ウイルス種にもよるが発疹がみられることがある。また、粘膜疹、心外膜炎、心筋炎、結膜炎等を合併することもある。理学所見では、項部硬直、Kernig 徴候などの髄膜刺激徴候はほとんどの症例で認められる。 髄液所見では細胞数増多がみられる。範囲は通常数十 数千/mm 3 と広いが、概ね 100 500程度が多い。[niid.go.jp]
  • 下痢 。 慢性骨髄増殖性腫瘍の病期 慢性骨髄増殖性腫瘍には、標準的な病期分類システムがありません。 がん の拡がりの程度を調べていくためのプロセスは 病期分類 と呼ばれます。 慢性骨髄増殖性腫瘍 には、標準的な 病期分類システム がありません。治療法は患者さんの骨髄増殖性腫瘍の種類に基づいて決定されます。治療計画を立てるためには、この種類を把握しておくことが重要です。 治療選択肢の概要 慢性骨髄増殖性腫瘍の患者さんには様々な治療法が存在します。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • ) ,順天堂大学練馬病院小児科 4) ,順天堂大学小児科 5) 西崎 直人 1) 藤永 周一郎 1) 平野 大志 1) 金井 宏明 1) 東 範彦 3) 大山 昇一 3) 大友 義之 4) 清水 俊明 5) 城 宏輔 2) キーワード 腸管出血性大腸菌, O165, 溶血性尿毒症症候群, 志賀毒素, Locus of enterocyte effacement領域 要旨 腸管出血性大腸菌(entrohemorrhagic Escherichia coli ,以下EHECと略す)O165感染により下痢[jpeds.or.jp]
腹痛
  • 全身倦怠感、黄疸、軽度の腹痛、咳嗽、腎障害などの臨床症状 4. 超音波検査による臓器腫大の発見 5. 臨床検査結果異常 6. 他の疾患との鑑別診断の過程 検査 はじめにどの様な検査を実施するか 1. 血清IgG量: 上昇を認める 2. 血清IgE量: 上昇を認める 3. 血清IgG4量: 135 mg/dL以上 4. CRP: 正常または微増 5. 補体: 低補体血症を認める 6. 好酸球数: 増多を認める 7. その他対象臓器別の画像検査 病理組織学的検査所見 1.[ivd.mbl.co.jp]
  • 腹痛、下痢もよくみられる訴えである。乳幼児の場合には発熱と不機嫌、易刺激性、嗜眠がよくみられ、だっこされるのを嫌うことも経験される。咽頭炎症状も同時に見られることがあり、また、起因ウイルス種にもよるが発疹がみられることがある。また、粘膜疹、心外膜炎、心筋炎、結膜炎等を合併することもある。理学所見では、項部硬直、Kernig 徴候などの髄膜刺激徴候はほとんどの症例で認められる。 髄液所見では細胞数増多がみられる。範囲は通常数十 数千/mm 3 と広いが、概ね 100 500程度が多い。[niid.go.jp]
  • 【原著】 題名 IL-5の著明な高値を認めた特発性好酸球増多症の1例 著者 京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学 坂本 謙一 今村 俊彦 塩見 梢 平嶋 良章 土屋 邦彦 細井 創 キーワード 好酸球増多症, 小児, 腹痛, CD25, IL-5 要旨 腹痛を契機に診断した特発性好酸球増多症Idiopathic hypereosinophilic syndrome(IHES)の4歳女児を経験した.発症時,末梢血中の好酸球数は23,011/μlと著増し,消化管,心臓,肺,および膀胱への浸潤が[jpeds.or.jp]
肺炎
  • 大屋敷一馬 編集、最新医学別冊『 慢性骨髄増殖性疾患』、最新医学社、2004 木崎 昌弘 、押味 和夫 編集 森 茂郎 監修、『 新WHO分類による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』、中外医学社、2004 医学 血液学 好酸球性肺炎[ja.wikipedia.org]
  • 茂郎 監修、『 新WHO分類による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』、中外医学社、2004、P24 木崎 昌弘 、押味 和夫 編集 森 茂郎 監修、『 新WHO分類による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』、中外医学社、2004、P21 参考文献 [ 編集 ] 大屋敷一馬 編集、最新医学別冊『 慢性骨髄増殖性疾患』、最新医学社、2004 木崎 昌弘 、押味 和夫 編集 森 茂郎 監修、『 新WHO分類による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』、中外医学社、2004 関連項目 [ 編集 ] 医学 血液学 好酸球性肺炎[ja.wikipedia.org]
  • 急性好酸球性肺炎: 咳、発熱、呼吸困難、喘鳴が数日の単位で発症。胸水も高頻度でみられ、胸痛をしばしば伴う。喫煙開始と本症の発症との関連が言われている。気管支肺胞洗浄液で総細胞数の増加、好酸球の著増が認められる。血清TARCが高値になる。ステロイドに対する反応は良好。 慢性好酸球性肺炎: 急性好酸球性肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。ステロイドに良好に反応するが、漸減中や中止後に再燃することが多く、6ヶ月以上の治療継続が必要。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
呼吸困難
  • 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる。 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきたが、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない。 PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆にステロイドの反応性は不良である。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。[ja.wikipedia.org]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、体重減少、貧血、倦怠感、咳、呼吸困難、筋肉痛、血管性浮腫などや、さらに臓器が障害された場合はその障害によりさまざまな症状が起こりえる [4] [8] 。 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。[ja.wikipedia.org]
  • すなわち発熱と咳嗽、呼吸困難を主訴とし、次第に呼吸不全化する。そのため、特に非専門医では 誤診されるケースが多い。末梢血と肺胞レベルの好酸球増多を証明し、確定診断にいたる。大量のステロイド治療で改善するが、減量する際に、同様の症状で再 燃しやすい。悪化時には、末梢血好酸球増多が最も鋭敏に出現しやすく、次に肺炎様の多発する肺浸潤影も伴う。したがって、長期管理の際には、定期的な好酸 球数と胸部レントゲン所見のチェックが必須となる。 5. 主な合併症 喘息の合併を約1/3に認める。[nanbyou.or.jp]
  • 慢性好酸球性白血病または好酸球増多症候群は、 倦怠感 発熱 咳 呼吸困難 筋肉痛 血管性浮腫 心臓・肺・皮膚・神経系・眼球・肝胆道系・消化器系などの臓器障害 好酸球の著しい増加―といった症状などが認められる疾患で、ステロイド投与などの治療を行います。[medwatch.jp]
  • 咳、喀痰、呼吸困難、発熱がみられる。 単純性肺好酸球症: 症状は軽度。無治療でも2週間以内に軽快することが多い。 急性好酸球性肺炎: 咳、発熱、呼吸困難、喘鳴が数日の単位で発症。胸水も高頻度でみられ、胸痛をしばしば伴う。喫煙開始と本症の発症との関連が言われている。気管支肺胞洗浄液で総細胞数の増加、好酸球の著増が認められる。血清TARCが高値になる。ステロイドに対する反応は良好。 慢性好酸球性肺炎: 急性好酸球性肺炎と異なり、胸水出現は少ない。再発しやすく臨床経過が長期。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
咳嗽
  • すなわち発熱と咳嗽、呼吸困難を主訴とし、次第に呼吸不全化する。そのため、特に非専門医では 誤診されるケースが多い。末梢血と肺胞レベルの好酸球増多を証明し、確定診断にいたる。大量のステロイド治療で改善するが、減量する際に、同様の症状で再 燃しやすい。悪化時には、末梢血好酸球増多が最も鋭敏に出現しやすく、次に肺炎様の多発する肺浸潤影も伴う。したがって、長期管理の際には、定期的な好酸 球数と胸部レントゲン所見のチェックが必須となる。 5. 主な合併症 喘息の合併を約1/3に認める。[nanbyou.or.jp]
  • 全身倦怠感、黄疸、軽度の腹痛、咳嗽、腎障害などの臨床症状 4. 超音波検査による臓器腫大の発見 5. 臨床検査結果異常 6. 他の疾患との鑑別診断の過程 検査 はじめにどの様な検査を実施するか 1. 血清IgG量: 上昇を認める 2. 血清IgE量: 上昇を認める 3. 血清IgG4量: 135 mg/dL以上 4. CRP: 正常または微増 5. 補体: 低補体血症を認める 6. 好酸球数: 増多を認める 7. その他対象臓器別の画像検査 病理組織学的検査所見 1.[ivd.mbl.co.jp]
胸水
  • 症状 発熱、全身倦怠感、食欲不振、胸水、 リンパ節 の腫れ など。 はてなキーワード 一般 特発性好酸球増多症候群[d.hatena.ne.jp]

精密検査

  • 再検査及び精密検査や治療が必要な場合 【経過をみて再検査を行う】 ・ 白血球数(WBC) 2600 3299/μ ・血小板数(PLT、PL) 11 13.9万個/μ 【精密検査や治療が必要】 ・ 白血球数(WBC) 2599/μ 以下、11000/μ 以上 ・ 血小板数(PLT、PL) 10.9万個/μ 以下、45万個/μ 以上[okazakinaika.jp]
好酸球増加
  • 内科学 第10版 の解説 特発性増加症候群(増加症) (2)特発性増加症候群 (idiopathic hypereosinphilic syndrome) 定義・概念 慢性好酸球性白血病(非特定型)において,好酸球のクローン性が証明できず,さらに末梢血および骨髄での芽球の増加がみられない場合には,診断は特発性 増加症 候群となる.この疾患の定義は,①増加(1500/ μL以上)が6カ月以上持続すること,②増加をきたす基礎疾患がないこと,③好酸球浸潤による臓器障害[kotobank.jp]
  • 特発性増加症候群 は HES と略称され、特発性好酸球増多症や原発性増加症候群、あるいは単に増加症候群・好酸球増多症候群・増加症などと呼ばれることもあるが、 寄生虫 感染や アレルギー 及び T細胞 増殖などの 増加をきたす基礎疾患によるものはこの項で解説する特発性増加症候群には含めない [1] [2] 。[ja.wikipedia.org]
  • (続きを読む) 好酸球過剰症候群、特発性好酸球増多症(HES) Hardy、Andersonら(1968)によって提唱された.WHO分類では、HESは慢性好酸性白血病(CEL)と同一項目として取り扱われ、骨髄増殖性疾患(CMPD)の1つに分類された.Chusidら(1975)HESの基準を以下に述べる. ①好酸球の持続性増加(1,500/μl以上が6ヶ月以上)あるいは6ヶ月以内に死亡、②増加の基礎疾患(寄生虫感染、アレルギー性疾患など)がない、③好酸球浸潤による症状や徴候(肝脾腫、基質性心雑音[midb.jp]
  • さらに,複数の報告例を参考に,増加による合併症をきたしたさまざまなHESに対する治療法を概説する。 Summary 原因不明の持続性増加症のうち,増加による臓器障害を伴う疾患を増加症候群(HES)と総称する。 HESの概念(診断基準)は時代とともに変化し,現在では骨髄原発性以外に反応性機序(サイトカイン依存性)による増加症も含めている。 近年,HESのなかで腫瘍性増加症の原因遺伝子が次々と同定された。[webview.isho.jp]
白血球増加
  • 末梢血中に出現する血球以外の細胞および物質 写真・イラスト その他の細胞および物質 白血球増加(宮地勇人) 診断アプローチのポイント 診断基準または鑑別診断 持続性の白血球増加症の原因 白赤芽球症の鑑別 好酸球増加症の原因 特発性好酸球増加症候群(HES)の診断基準 真性多血症の診断基準 症例のポイント 骨髄線維症(IMF) 慢性骨髄性白血病(CML) 真性多血症(PV) 類白血病反応 好酸球増加を主要兆候とする骨髄増殖性疾患 診断アプローチ 写真・イラスト 白血球増加 末梢血における芽球および類似[ajup-net.com]
  • 慢性良性顆粒球減少症 無顆粒球性アンギナ 薬剤性顆粒球減少症 発熱性好中球減少症 シュワックマン症候群 重症先天性好中球減少症 白血球の遺伝性異常 アルダー異常 遺伝性白血球寡少分節 遺伝性白血球過分節 遺伝性白血球メラニン症 二次顆粒欠損症 白血球の遺伝性異常 ペルゲル・ヒュー症候群 メイ・ヘグリン症候群 好酸球増加症 好酸球増加症 アレルギー性好酸球増加症 遺伝性好酸球増加症 特発性好酸球増多症候群 その他の明示された白血球の障害 好酸球減少症 リンパ球減少症 リンパ球増加症 好中球増加症 白血球増加[scuel.me]
  • 標題 トップオーサー 頁数 序文 高久史麿 1 III 白血球(顆粒球)の異常(悪性腫瘍を除く) 1 類白血病反応 1) 類白血病反応 坂本 忍 5 2) 巨核芽球性類白血病反応 坂本 忍 12 2 好中球の異常 1) 好中球増加症 a 遺伝性好中球増加症 羽藤文彦 15 b 慢性特発性好中球増加症 鈴木賢一 17 c 偽性好中球増加症 鈴木賢一 19 d 副腎皮質ステロイドによる好中球増加症 北川誠一 21 e 妊娠性白血球増加症 北川誠一 23 f CSF産生腫瘍 北川誠一 25 2) 好中球減少症[nippon-rinsho.co.jp]
  • 遺伝性白血球メラニン症 遺伝性白血球寡少分節 遺伝性白血球過分節 二次顆粒欠損症 白血球の遺伝性異常 D720 白血球の遺伝性異常 H00233 H00234 H02051 H02052 アレルギー性好酸球増加症 遺伝性好酸球増加症 好酸球増加症 特発性好酸球増多症候群 D721 好酸球増加症 プラスマ細胞増加症 リンパ球異常 リンパ球減少症 リンパ球性類白血病反応 リンパ球増加症 リンパ組織球増多症 異型リンパ球増加症 好酸球減少症 好中球増加症 骨髄性類白血病反応 単球性類白血病反応 単球増加症 白血球増加[kegg.jp]
肺浸潤
  • 悪化時には、末梢血好酸球増多が最も鋭敏に出現しやすく、次に肺炎様の多発する肺浸潤影も伴う。したがって、長期管理の際には、定期的な好酸 球数と胸部レントゲン所見のチェックが必須となる。 5. 主な合併症 喘息の合併を約1/3に認める。重症遷延化すると、肺線維化を残し、準呼吸不全の状態にもなりうる。 6. 主な治療法 急性期は、パルス療法も含めたステロイド大量投与が基本である。安定化し長期管理期に入ると、経口ステロイド経口で維持することが多いが、減量や中止で再悪化しやすい。[nanbyou.or.jp]
胸水
  • 症状 発熱、全身倦怠感、食欲不振、胸水、 リンパ節 の腫れ など。 はてなキーワード 一般 特発性好酸球増多症候群[d.hatena.ne.jp]

治療

  • 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆に ステロイド の反応性は不良である [9] 。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。 PDGFRα融合遺伝子陰性例に対するイマチニブの適応は明らかではない。効果がみられるとされる場合でも、効果は緩徐で高用量を必要とすることが多いと報告されている [10] 。[ja.wikipedia.org]
  • は困難を極める.本稿では,進行期 CML に対する治療選択について,インターフェロン(IFN)α,Ara-C,VP 療法などの治療成績と,イマチニブの治療効果,さらに新規薬剤に関する治療研究の結果について概説した.[saishin-igaku.co.jp]

疫学

  • 疫学 [ 編集 ] 稀であり発症率などは定かではない。これまでは男性に多いとされてきた [4] が、その多くはPDGFRα融合遺伝子陽性である。HESやCEL, NOSの特徴は明らかではない [7] 。 治療 [ 編集 ] PDGFRα融合遺伝子陽性例ではイマチニブの反応性は良好で寛解に至りやすい。逆に ステロイド の反応性は不良である [9] 。ただし複数のチロシンキナーゼ阻害薬に耐性を示す変異も報告されている。 PDGFRα融合遺伝子陰性例に対するイマチニブの適応は明らかではない。[ja.wikipedia.org]
  • 疫学 1万人 3. 原因の解明 発症原因はまったく不明である。国際的にも研究報告はほとんどない。何らかの外的因子に対する過敏反応(アレルギー反応)も推定さ れるが、根拠となる成績はない。寄生虫や薬剤、真菌抗原などの原因が特定できるケースはあるが、今回はそれらを対象とせず、原因不明例を対象とする。本症 の約1/3に喘息を合併することから、病因的に共通の機序がある可能性がある。 4. 主な症状 細菌性肺炎に類似の症状で発症する。すなわち発熱と咳嗽、呼吸困難を主訴とし、次第に呼吸不全化する。[nanbyou.or.jp]
  • 要旨 最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 24/血液3 骨髄異形成症候群 第1章 慢性骨髄増殖性疾患の概念・定義と疫学 概念・定義 陣内 逸郎 埼玉医科大学血液内科 教授 要旨 慢性骨髄増殖性疾患(CMPD)はクローン性造血疾患である.CMPD の新 WHO 分類では,慢性骨髄性白血病(CML),慢性好中球性白血病,慢性好酸球性白血病,真性赤血球増加症,慢性特発性骨髄線維症,本態性血小板血症,分類不能型の7病型に分類される.CML では BCR-ABL 融合遺伝子が必須で,逆に CML 以外[saishin-igaku.co.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 貧血と赤血球増加症へのアプローチ:病態を見極め,隠れた基礎疾患を探る 外山 高朗 慶應義塾大学医学部 血液内科 [コラム] 鉄欠乏性貧血:診断には血清フェリチン低値の確認が欠かせない 定平 健 川崎市立井田病院 血液内科 [コラム] 真性多血症:早期の診断,血栓症の予防が重要 髙久 智生 順天堂大学大学院医学研究科 血液内科学 3.[medsi.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!