Edit concept Question Editor Create issue ticket

炭疽菌


治療

  • 治療 [ 編集 ] グラム陽性桿菌であり、多くの 抗生物質 に感受性があり(抗生物質による治療が有効)、 薬剤耐性 を自然に獲得したものは稀であると言われる。治療には感受性のある抗生物質がもちいられる。 予防 [ 編集 ] 動物とヒトにおいて、それぞれ有効なワクチンが開発されている。動物に対しては 弱毒生菌ワクチン が用いられる。これはパスツールが開発したものをヒントに、 スターン が 1930年代 に作り出したものである( 細菌学における歴史的位置付け 、 莢膜 の節を参照)。[ja.wikipedia.org]
  • 治療と予防 人用のワクチンはアメリカ、イギリス、ロシア、中国で販売されていますが、現在わが国では販売されていません。 治療は抗生物質が有効とされていますが、敗血症の場合には、抗生物質による治療が有効でない場合が多く、早期診断・治療が重要です。 このページのトップへ戻る あなたの健康(「広報まつど」のコラムTOPページへ[matsudo-med.or.jp]
  • では86%以上、適切な治療で約50%(米国における2001年のテロ) 無治療では10 20%、適切な治療で 1%以下 無治療では25 60%、適切な初期治療開始でのデータはない 吸入(肺)炭疽 感染経路 炭疽菌芽胞を吸入し、芽胞が2 5µmの場合は肺胞に付着する。[group-midori.co.jp]
  • 治療 ペニシリンなどの抗生剤を感染初期に大量投与。その他、クロラムフェニコール、エリスロマイシン、テトラサイクリン、 ゲンタマイシンなど。 経過・予後・治療効果判定 皮膚炭疽の約80%は10日程度で治癒するが、治療しないと敗血症などになりやすく、肺炭疽では24時間以内に死亡。治療しても、口咽頭部感染では致死率は約50%、髄膜炎ではほぼ100%。 合併症・続発症とその対応 リンパ節炎、敗血症、毒素性ショック。 2次感染予防・感染の管理 濾過滅菌培養上清がワクチンとして一般的で、接種時期は随時。[kobe-med.or.jp]

疫学

  • 病原診断 臨床症状のみで診断することは、困難なことが多く、特に肺炭疽と腸炭疽は緩慢な初期症状の場合が多く、職歴や疫学情報、発症前の状況などが重要になります。 診断は炭疽菌を分離・固定するのが確実な方法です。浸出物(皮膚炭疽)、痰(肺炭疽)、嘔吐物、糞便(腸炭疽)から炭疽菌を分離・固定します。 治療と予防 人用のワクチンはアメリカ、イギリス、ロシア、中国で販売されていますが、現在わが国では販売されていません。[matsudo-med.or.jp]
  • ルイジアナ州立大学の疫学名誉教授マーティン・ヒュー・ジョーンズ(Martin Hugh-Jones)氏は、「干ばつで最も心配なのは、ストレスを受けた動物の免疫力低下だ」と指摘する。同氏は世界保健機関(WHO)の炭疽症研究・管理ワーキンググループ(Working Group on Anthrax Research and Control)でコーディネーターも務め、多数の大流行を調査した経験を持つ。 「動物の感染症に対する抵抗力は、暑い気候では落ちてしまう。少量の病原体でも命を落とす可能性がある」。[natgeo.nikkeibp.co.jp]
  • 4.診断と治療 臨床症状からの診断は困難であり, 患者の全身状態, 履歴, 生活状態, 疫学情報にたよるしかありませんが, 検査としてはPCRによる検出や炭疽菌の分離培養であり, 血液, 脳脊髄液, 皮膚浸出物, 喀痰, 嘔吐物, 糞便, 腹水などを用いた細菌学的検査が大切です。 抗生物質とワクチン治療が有効とされていますが, ヒト用ワクチンは我が国にはなく, アメリカ, イギリスで死菌ワクチンが, 中国, ロシアで生菌ワクチンが販売されています。[jarmam.gr.jp]
  • 特に、アジア、南米、アフリカ 炭疽の背景 疫学状況 動物では世界各地で発生、ヒトでは獣疫の管理が不十分な国、特にアジア、アフリカ、南米で発生、家畜を扱う関係者に多発。 病原体・毒素 グラム陽性芽胞形成桿菌である炭疽菌の産生する毒素。 感染経路 感染動物やその加工品との接触、昆虫の刺傷による皮膚感染。まれに大気中の芽胞の吸引や、汚染食肉や水を介し感染。 潜伏期 感染経路により異なるが、1 7日。 診断と治療 臨床症状 皮膚炭疽:ニキビ様の初期病変の後、無痛性で非化膿性の悪性膿疱が出現する。[kobe-med.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 米軍は兵士に炭疽の予防接種を行っており、160万回分以上のワクチン接種が行われている。米軍保有の炭疽ワクチンは死菌ワクチンであり、最初の1年半で6回、その後1年に1回の投与が必要となる。これまで重篤な副作用は報告されていない。 曝露後の予防的治療 白い粉などのエアロゾル被曝時には、シプロキサン(経口400mg/回を1日2回)またはドキシサイクリン(経口100mg/回を1日2回)の6 8週間の予防内服を行う。 通常は6週間投与とするが、吸入量が多い場合には投与期間をさらに2週間延長する。[group-midori.co.jp]
  • 治療については、医師の判断によるものですが、予防としては不審な郵便物が届いた時の対応を理解しましょう。 開けない。 振らない。 投げない。 缶の箱などに入れ隔離する。 警察に連絡する。 暴露後の予防薬としてはシプロフロキサシンが良いとされています。そこで、用法、用量、治療費についてです。 以下の例は米国人の場合ですから、日本人への用量には違いがあることを忘れずに。 成人の場合、シプロフロキサシンとして一日当たり1000mgを2回にわけて12時間毎に投与。投与期間は,60日とされています。[machida2.co.jp]
  • 炭疽症(Anthrax)の治療は、大きく、炭疽症(Anthrax)が疑われる段階の初期治療(empirical therapy)、確定診断がつき感受性も判明している場合の治療(specific therapy)、さらに、暴露後の発症を予防するための予防的投薬(とくに肺炭疽症)の3つに分けられる。 1.初期治療は、上記文献では、次のように推奨されている。[med.or.jp]
  • 2次感染予防・感染の管理 濾過滅菌培養上清がワクチンとして一般的で、接種時期は随時。接種方法は米国では、2週間ごとの3回皮下注後、半年ごとの3回皮下注、さらに1年ごとの追加接種。 動物へのワクチン計画が、ヒトの炭疽の予防に最も重要である。 汚染土壌の消毒。 ヒトからヒトへの感染は報告がない。[kobe-med.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!