Edit concept Question Editor Create issue ticket

潰瘍性大腸炎


提示

関節炎
  • 結節性紅斑 多発性関節・強直性脊椎炎 壊疽性膿皮症 虹彩炎、ぶどう膜炎 : 放置すると失明することもある。 肛門周囲炎・肛門膿瘍 肛門潰瘍・痔 偽ポリポーシス(ポリープ) 歯肉炎 口内炎 凍瘡(足、指、耳) 浮腫(むくみ) 口渇 主に直腸から発症し連続して全大腸に広がっていく。腸管粘膜の全層に炎症像が見られるクローン病と異なり、粘膜上皮に限局した炎症像を呈し、固有筋層に炎症が及ぶことは比較的稀である。病変の拡がりにより、全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎に分類される。主な所見は以下の通り。[ja.wikipedia.org]
貧血
  • 重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。 8. この病気はどのようにして診断されるのですか 潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。その後、患者さんは一般的にX線や内視鏡による大腸検査を受けます。[nanbyou.or.jp]
体重減少
  • 重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。 8. この病気はどのようにして診断されるのですか 潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。その後、患者さんは一般的にX線や内視鏡による大腸検査を受けます。[nanbyou.or.jp]
発熱
  • 重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。 8. この病気はどのようにして診断されるのですか 潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。その後、患者さんは一般的にX線や内視鏡による大腸検査を受けます。[nanbyou.or.jp]
下痢
  • この病気ではどのような症状がおきますか 下痢(便が軟らかくなって、回数が増えること)や血便が認められます。痙攣性または持続的な腹痛を伴うこともあります。重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。 8. この病気はどのようにして診断されるのですか 潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。[nanbyou.or.jp]
  • 主に「粘血便」・「下痢」・「腹痛」を自覚して生じる場合が多い。 粘血便は軽度の場合は下痢便に少量の粘液と血液が付着する程度だが、重症化なると大量の粘血が混入するようになり、ときに「便成分がなく、粘血のみの状態」になることがある。 粘血便・下痢はときに一日10回以上の非常に頻回なものになることがある。 腹痛の程度も軽度なものから激しいものまで様々である。 進行すると「発熱(ときに38 以上の高熱)」・「吐き気」・「嘔吐」・「全身倦怠感」・「頻脈」・「体重減少」・「貧血」などを伴ってくる。[ja.wikipedia.org]
血便
  • 主に「粘血便」・「下痢」・「腹痛」を自覚して生じる場合が多い。 粘血便は軽度の場合は下痢便に少量の粘液と血液が付着する程度だが、重症化なると大量の粘血が混入するようになり、ときに「便成分がなく、粘血のみの状態」になることがある。 粘血便・下痢はときに一日10回以上の非常に頻回なものになることがある。 腹痛の程度も軽度なものから激しいものまで様々である。 進行すると「発熱(ときに38 以上の高熱)」・「吐き気」・「嘔吐」・「全身倦怠感」・「頻脈」・「体重減少」・「貧血」などを伴ってくる。[ja.wikipedia.org]
  • この病気ではどのような症状がおきますか 下痢(便が軟らかくなって、回数が増えること)や血便が認められます。痙攣性または持続的な腹痛を伴うこともあります。重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。 8. この病気はどのようにして診断されるのですか 潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから始まります。最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。[nanbyou.or.jp]
腹痛
  • 炎症を抑えることで、下痢、下血、腹痛などの症状は著しく減少します。5-ASA製薬は軽症から中等症の潰瘍性大腸炎に有効で、 再燃 予防にも効果があります。 〈副腎皮質ステロイド薬〉 代表的な薬剤としてプレドニゾロン(プレドニン)があります。経口や直腸からあるいは経静脈的に投与されます。この薬剤は中等症から重症の患者さんに用いられ、強力に炎症を抑えますが、再燃を予防する効果は認められていません。[nanbyou.or.jp]
  • 血便や激しい腹痛を起こす他の疾患例。 腸管出血性大腸菌や赤痢菌による出血性大腸炎、腸結核、薬剤性腸炎、偽膜性大腸炎、虚血性大腸炎、上腸間膜動脈血栓症、腸重積、大腸癌、大腸憩室症 以下が主に用いられている臨床的重症度評価である。 日本旧厚生省特定疾患治療研究班 「臨床的重症度分類」 「血便回数」「便回数」「発熱」「腹痛」「頻脈」「貧血」「赤沈」などと「内視鏡所見」で評価されていく。[ja.wikipedia.org]
下血
  • 炎症を抑えることで、下痢、、腹痛などの症状は著しく減少します。5-ASA製薬は軽症から中等症の潰瘍性大腸炎に有効で、 再燃 予防にも効果があります。 〈副腎皮質ステロイド薬〉 代表的な薬剤としてプレドニゾロン(プレドニン)があります。経口や直腸からあるいは経静脈的に投与されます。この薬剤は中等症から重症の患者さんに用いられ、強力に炎症を抑えますが、再燃を予防する効果は認められていません。[nanbyou.or.jp]

精密検査

大腸炎
  • 1)病変の拡がりによる分類:全大腸、左側大腸、直腸炎 2)病期の分類:活動期、 寛解 期 3)重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症 4)臨床経過による分類: 再燃 寛解 型、慢性持続型、急性激症型、初回発作型 3. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか わが国の潰瘍性大腸の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下です。 医療受給者証交付件数の推移(合計) 4.[nanbyou.or.jp]
  • 病変の拡がりにより、全大腸、左側大腸、直腸炎に分類される。主な所見は以下の通り。 杯細胞の減少 腸陰窩の萎縮・陰窩膿瘍の形成 単核細胞浸潤 細菌性、ウイルス性の感染性腸炎でないことを診断してから、潰瘍性大腸を疑い検査が行われる。 今日では最も広く一般的に行われる臨床検査。病変部は主に直腸から発症し連続して全大腸に広がっていく。主な内視鏡所見は以下の通り。[ja.wikipedia.org]
  • 2014/11/20 15:18 関連キーワード: 医療 - PR - 東京工科大学は11月20日、褐藻類シワヤハズ由来の「テルペノイド・ゾナロール」が、潰瘍性大腸を抑制することを発見したと発表した。 同成果は同大学応用生物学部の佐藤拓己 教授らによるもので、米科学誌「PLOS ONE」11月19日号に掲載された。 佐藤教授らが潰瘍性大腸モデルマウスを用いた研究で、褐藻類シワヤハズに由来する化合物であるゾナロールを経口投与したところ、大腸における潰瘍を抑制する効果を確認した。[news.mynavi.jp]

治療

  • この病気にはどのような治療法がありますか 原則的には薬による内科的治療が行われます。しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が必要となります。 1)内科的治療 現在、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療はありませんが、腸の炎症を抑える有効な薬物治療は存在します。治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、症状をコントロールすることです。 潰瘍性大腸炎の内科的治療には主に以下のものがあります。[nanbyou.or.jp]
  • 抗菌薬の多剤併用が潰瘍性大腸炎の治療に有効との報告がある。慈恵医大柏病院消化器・肝臓内科教授の大草敏史氏が提唱する「ATM療法」だ。アモキシシリン、テトラサイクリン、メトロニダゾールの3剤を2週間併用することで、潰瘍性大腸炎の炎症スコアを著明に改善した。大草氏らの研究は今年、米国消化器病学会雑誌「The American Journal of GASTROENTEROLOGY」に掲載され、注目を集めている。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

予防

  • 5-ASA製薬は軽症から中等症の潰瘍性大腸炎に有効で、 再燃 予防にも効果があります。 〈副腎皮質ステロイド薬〉 代表的な薬剤としてプレドニゾロン(プレドニン)があります。経口や直腸からあるいは経静脈的に投与されます。この薬剤は中等症から重症の患者さんに用いられ、強力に炎症を抑えますが、再燃を予防する効果は認められていません。[nanbyou.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!