Edit concept Question Editor Create issue ticket

消化管出血


提示

  • 仙台市で3月18 20日に開催された第80回日本循環器学会学術集会では、震災による心血管系への影響など、この5年で得られた知見を振り返る報告が複数なされ( 関連記事1 、 関連記事2 )、新潟大学大学院呼吸循環外科学分野講師の榛沢和彦氏は、160カ所の避難所で深部静脈血栓症(DVT)をスクリーニングした結果を提示した。榛沢氏は避難所の環境が避難者の健康状態に及ぼす影響を強調。[medical.nikkeibp.co.jp]
貧血
  • 症状 タール便、黒褐色便、血便と貧血が主症状である。出血は1)進行中の顕性出血、2)以前に認めた顕性出血、3)持続性潜血に分ける場合が多く、進行中の顕性出血に対しては緊急検査および治療が必要である。貧血は抹消血ヘモグロビン値が5g/dl前後に低下する症例がしばしば観察される。 小腸腫瘍が原因である場合時に狭窄症状を伴う。 このように出血をきたす原因疾患に伴う症状を認める場合と出血及び貧血しか認めない場合がある。 5.[nanbyou.or.jp]
  • 病名 原因不明の消化管出血(げんいんふめいのしょうかかんしゅっけつ) 部位 小腸 主な症状 下血、貧血、腹痛 診療科 症状の解説 下血や黒色便で発見されること多いです。下血などの派手な症状はなく、ふらつきなどの貧血症状しか認めないこともあります。 下血などは消化管からの出血を示す症状で、先ず、消化管のどの部分から出血しているかを確かめるため、上部内視鏡検査(胃カメラ)と下部内視鏡検査(大腸カメラ)を行います。それでも出血源が判明しない場合、原因不明の消化管出血として小腸の病気を疑います。[kmu.ac.jp]
  • 日時:平成14年8月7日(水) 講師:財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院長 三浦 修 内容: 食道、胃・十二指腸、小腸、大腸など、どこからの出血でも消化管の出血といえますが、出血の原因やその量などで、血を吐いたり、下血や血便に気づいたり、あるいは貧血になったりと、いろいろな症状が起こります。また、膵臓や胆嚢・胆管の病気でも、消化管出血として出現することもあります。今回は出血の原因とそれに対する検査法、さらに治療法などを中心に、スライドやビデオを使用してわかりやすくお話します。[hofu-icho.or.jp]
蒼白
  • その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。 胃腸出血は一般的に上部消化管出血と下部消化管出血の2つのタイプに分かれる。 上部消化管出血は下部消化管出血より一般的である。上部消化管出血は年間大人100,000人中、50‐150人におこる。下部消化管出血は年間大人100,000人中、20‐30人におこる。結果としてアメリカでは胃腸出血による病院患者数は年間約300,000人である。胃腸出血による死亡率は5% 30%である。[ja.wikipedia.org]
下血
  • 病名 原因不明の消化管出血(げんいんふめいのしょうかかんしゅっけつ) 部位 小腸 主な症状 、貧血、腹痛 診療科 症状の解説 や黒色便で発見されること多いです。などの派手な症状はなく、ふらつきなどの貧血症状しか認めないこともあります。 などは消化管からの出血を示す症状で、先ず、消化管のどの部分から出血しているかを確かめるため、上部内視鏡検査(胃カメラ)と下部内視鏡検査(大腸カメラ)を行います。それでも出血源が判明しない場合、原因不明の消化管出血として小腸の病気を疑います。[kmu.ac.jp]
  • A 症状としては吐血やが生じ、その性状により出血部位を推測できます。吐血の場合、胃の中で滞留が長い時にはコーヒー残渣様(ざんさよう)と表現される褐色調となります。出血量が多く、出血後すぐに吐血した場合には鮮紅色に近くなります。上部消化管からの出血がとなるときは黒色便が観察されます。下部消化管出血では赤みを帯びたとなり、肛門に近いほど新鮮な血液となります。貧血が強くなるとふらつきや息切れを自覚します。大量の出血では血圧が下がりショック状態となることがあります。 Q 診断・治療の現状。[kyoto-np.co.jp]
  • 日時:平成14年8月7日(水) 講師:財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院長 三浦 修 内容: 食道、胃・十二指腸、小腸、大腸など、どこからの出血でも消化管の出血といえますが、出血の原因やその量などで、血を吐いたり、や血便に気づいたり、あるいは貧血になったりと、いろいろな症状が起こります。また、膵臓や胆嚢・胆管の病気でも、消化管出血として出現することもあります。今回は出血の原因とそれに対する検査法、さらに治療法などを中心に、スライドやビデオを使用してわかりやすくお話します。[hofu-icho.or.jp]
吐血
  • A 症状としては吐血や下血が生じ、その性状により出血部位を推測できます。吐血の場合、胃の中で滞留が長い時にはコーヒー残渣様(ざんさよう)と表現される褐色調となります。出血量が多く、出血後すぐに吐血した場合には鮮紅色に近くなります。上部消化管からの出血が下血となるときは黒色便が観察されます。下部消化管出血では赤みを帯びた下血となり、肛門に近いほど新鮮な血液となります。貧血が強くなるとふらつきや息切れを自覚します。大量の出血では血圧が下がりショック状態となることがあります。 Q 診断・治療の現状。[kyoto-np.co.jp]
  • 消化管出血では、吐血、黒色便、血便などの症状がみられます。 吐血、黒色便は、上部消化管と呼ばれる食道・胃・十二指腸からの出血で認められ、原因となる疾患は主に以下ものです。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 食道静脈瘤・胃静脈瘤 マロリーワイス症候群 出血性胃炎 胃がん、食道がん 吐血、黒色便の原因として胃潰瘍や十二指腸潰瘍が最も多く認めます。診断、治療のためには上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)が有用で、出血源の特定、診断をしてクリップ法、止血鉗子による凝固法、薬剤の注入などで内視鏡的止血術を施行します。[lab.toho-u.ac.jp]
  • UMIN000005840 最終情報更新日: 2014年6月24日 登録日:2011年6月23日 消化管出血と動脈硬化との関連についての前向き研究 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 消化管出血 試験開始日(予定日) 2011-01-01 目標症例数 540 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 観察 試験の内容 主要アウトカム評価項目 頸動脈内膜中膜厚(IMT) 足関節/上腕血圧比(ABI) 副次アウトカム評価項目 対象疾患 年齢(下限) 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 顕性消化管出血(吐血[rctportal.niph.go.jp]
タール便
  • 便のいずれかを呈した物)のために東京大学消化器内科に入院した症例(ケース群)、及び消化管出血の既往がなく、かつ東京大学消化器内科で内視鏡検査を施行された症例(コントロール群) 除外基準 書面で同意を得られなかった者 問い合わせ窓口 ※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。[rctportal.niph.go.jp]
  • 症状 タール便、黒褐色便、血便と貧血が主症状である。出血は1)進行中の顕性出血、2)以前に認めた顕性出血、3)持続性潜血に分ける場合が多く、進行中の顕性出血に対しては緊急検査および治療が必要である。貧血は抹消血ヘモグロビン値が5g/dl前後に低下する症例がしばしば観察される。 小腸腫瘍が原因である場合時に狭窄症状を伴う。 このように出血をきたす原因疾患に伴う症状を認める場合と出血及び貧血しか認めない場合がある。 5.[nanbyou.or.jp]
血便
  • 血便は小腸や大腸などの下部消化管出血した場合に認められ、原因となる疾患は主に以下のものです。 大腸ポリープ、大腸がん 小腸・大腸の憩室 虚血性腸炎、薬剤性腸炎、感染性腸炎 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患 痔核など 上記疾患の診断には大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が有用で、出血部位が同定されれば止血処置を行います。 上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査で診断ができない場合は、小腸出チを疑いカプセル内視鏡や小腸内視鏡を用いて診断する場合もあります。[lab.toho-u.ac.jp]
  • 日時:平成14年8月7日(水) 講師:財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院長 三浦 修 内容: 食道、胃・十二指腸、小腸、大腸など、どこからの出血でも消化管の出血といえますが、出血の原因やその量などで、血を吐いたり、下血や血便に気づいたり、あるいは貧血になったりと、いろいろな症状が起こります。また、膵臓や胆嚢・胆管の病気でも、消化管出血として出現することもあります。今回は出血の原因とそれに対する検査法、さらに治療法などを中心に、スライドやビデオを使用してわかりやすくお話します。[hofu-icho.or.jp]
  • 症状 タール便、黒褐色便、血便と貧血が主症状である。出血は1)進行中の顕性出血、2)以前に認めた顕性出血、3)持続性潜血に分ける場合が多く、進行中の顕性出血に対しては緊急検査および治療が必要である。貧血は抹消血ヘモグロビン値が5g/dl前後に低下する症例がしばしば観察される。 小腸腫瘍が原因である場合時に狭窄症状を伴う。 このように出血をきたす原因疾患に伴う症状を認める場合と出血及び貧血しか認めない場合がある。 5.[nanbyou.or.jp]
腸疾患
  • 潰瘍性病変に関しては、解熱・鎮痛剤などの薬の副作用として生じる場合や慢性炎症性疾患(クローン病など)、感染性疾患(腸結核など)が有名です。 必要な検査 放射線学的検査(小腸透視、CT、核医学検査など)と内視鏡的検査(カプセル内視鏡検査、バルーン式小腸内視鏡)があります。 予定する内視鏡検査・治療や外科的治療を安全に行うために必要な検査として心電図、呼吸機能検査、血液検査などがあります。[kmu.ac.jp]
  • 大腸ポリープ、大腸がん 小腸・大腸の憩室 虚血性腸炎、薬剤性腸炎、感染性腸炎 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患 痔核など 上記疾患の診断には大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が有用で、出血部位が同定されれば止血処置を行います。 上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査で診断ができない場合は、小腸出チを疑いカプセル内視鏡や小腸内視鏡を用いて診断する場合もあります。 当院では夜間、休日でも緊急内視鏡検査および治療については、積極的に対応する態勢をとっております。[lab.toho-u.ac.jp]
  • 食道疾患:食道静脈瘤、食道がん、逆流性食道炎など 胃疾患:胃潰瘍、胃がん、胃静脈瘤の破裂など 疾患:十二指腸潰瘍、大腸疾患(潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、憩室炎など) 直腸がんや肛門に疾患がある場合も出血が起こります。 また、肝硬変でも消化管出血が起こりますので、頭の片隅に入れておくと良いと思います。さらに詳しい原因疾患については、機会があれば調べてみてくださいね。 これらの原因疾患の病態によっては、治療の緊急性を要する場合もあります。[kango-oshigoto.jp]

治療

  • このように内視鏡による止血治療は少しずつ進歩しています。 無論手術に頼らざるを得ないこともあり、病気の種類や場所、大きさだけでなく、 各施設で慣れ親しんだ方法も異なり、一概に治療法は決まりませんが、今後ますます患者さんの負担軽減に役立つ治療法です。 (金城 光世) メニューヘ[okinawa.med.or.jp]
  • 予定する内視鏡検査・治療や外科的治療を安全に行うために必要な検査として心電図、呼吸機能検査、血液検査などがあります。 治療法 基本的には、お薬の内服や内視鏡的治療を行うことが多いですが、小腸腫瘍などの場合は外科的に手術となることもあります。 閉じる[kmu.ac.jp]

病態生理

  • また、最新の知見をもとに、NVUGIB全体を俯瞰した病態生理を図解したほか、診断と治療のセクションには、日本には導入されていない医療機器も紹介しました。さらに、近年、急増しているDOAC服用者の管理法なども詳細に記載しています。 ―― 診断、治療、予防などにどのように生かせるとお考えでしょうか? 今までに、これだけ詳しくNVUGIBの病態生理について纏められたNVUGIBの総説はなかったと思います。臨床において、本総説を片手に、病態生理に基づいたNVUGIB診療を行うことが可能です。[natureasia.com]

予防

  • 解熱鎮痛剤や脳卒中予防のための抗血小板薬、また、抗凝固薬の副作用として出血するケースも増えています。 Q 症状について。 A 症状としては吐血や下血が生じ、その性状により出血部位を推測できます。吐血の場合、胃の中で滞留が長い時にはコーヒー残渣様(ざんさよう)と表現される褐色調となります。出血量が多く、出血後すぐに吐血した場合には鮮紅色に近くなります。上部消化管からの出血が下血となるときは黒色便が観察されます。下部消化管出血では赤みを帯びた下血となり、肛門に近いほど新鮮な血液となります。[kyoto-np.co.jp]
  • ―― 診断、治療、予防などにどのように生かせるとお考えでしょうか? 今までに、これだけ詳しくNVUGIBの病態生理について纏められたNVUGIBの総説はなかったと思います。臨床において、本総説を片手に、病態生理に基づいたNVUGIB診療を行うことが可能です。また、本内容を日本の現状に即した形で要約することで、患者さんへの病状説明、治療同意取得の際の説明などにも大変役に立つと思います。 ―― 非静脈瘤性上部消化管出血において、残された謎、解明すべき病態等はございますか?[natureasia.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!