Edit concept Question Editor Create issue ticket

歯牙腫 - 大動脈食道狭窄症候群


提示

妄想
  • 歯原性癌肉腫 (しげんせいがんにくしゅ) 歯原性混合腫瘍 (しげんせいこんごうしゅよう) 歯原性腫瘍 (しげんせいしゅよう) 歯原性石灰化上皮腫 (しげんせいせっかいかじょうひしゅ) 歯原性線維腫 (しげんせいせんいしゅ) 歯原性肉腫 (しげんせいにくしゅ) 歯原性粘液腫 (しげんせいねんえきしゅ) 歯原性嚢胞 (しげんせいのうほう) 歯原性明細胞腫 (しげんせいめいさいぼうしゅ) 耳硬化症 (じこうかしょう) 刺咬症 (しこうしょう) 耳垢症 (じこうしょう) 刺抗創 (しこうそう) 自己臭妄想[hiramatu-hifuka.com]
  • F201 破瓜型統合失調症 F202 緊張型統合失調症 F203 型分類困難な統合失調症 F204 統合失調症後抑うつ F205 残遺型統合失調症 F206 単純型統合失調症 F208 その他の統合失調症 F209 統合失調症,詳細不明 F21 統合失調症型障害 F220 妄想性障害 F228 その他の持続性妄想性障害 F229 持続性妄想性障害,詳細不明 F230 統合失調症症状を伴わない急性多形性精神病性障害 F231 統合失調症症状を伴う急性多形性精神病性障害 F232 急性統合失調症様精神病性障害[e-stat.go.jp]
平衡障害
  • (1)耳領域 耳痛、および耳周囲腫脹、耳漏、耳出血、難聴、聴覚過敏、自声強聴、耳鳴、めまい、悪心・嘔吐、平衡障害、眼振、脳神経障害 (2)鼻・副鼻腔領域 鼻閉、鼻漏、鼻内乾燥、嗅覚障害、くしゃみ、鼻出血、頭痛、頭重感、歯痛、鼻声(開鼻声、閉鼻声)、外鼻変形、流涙、複視、眼運動障害、視力障害 (3)口腔・咽頭領域 口内痛、口腔乾燥感、唾液分泌異常、味覚障害、口臭、舌苔、流涎、舌運動障害、唾液腺腫脹・疼痛、歯牙・歯肉の異常、舌・口腔底腫脹、咽頭痛、嚥下痛、嚥下障害、咽頭乾燥感、咽頭異物感、構音障害、言語障害[seirei.or.jp]
  • 腰部骨盤、不安定椎 22 3.32 2.93 4.55% 73.91 救急医学科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 66 11.68 20.83 7.58% 81.83 110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 58 13.50 12.34 8.62% 77.26 100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 39 7.64 10.05 10.26[jin-aikai.com]
  • P743 新生児のカリウム平衡障害 P744 新生児のその他の一過性電解質障害 P745 新生児一過性チロジン血症 P748 新生児のその他の一過性代謝障害 P749 新生児の一過性代謝障害,詳細不明 P760 胎便栓症候群 P761 新生児一過性イレウス P762 濃縮乳による腸閉塞 P768 新生児のその他の明示された腸閉塞 P769 新生児の腸閉塞,詳細不明 P77 胎児および新生児のえ〈壊〉死性腸炎 P780 周産期の腸穿孔 P781 その他の新生児腹膜炎 P782 母体血液のえん〈嚥〉[e-stat.go.jp]
構音障害
  • 言語障害 言語了解や発語の障害( 失語症 )や不明瞭な言語( 障害 )。喉頭・咽頭・ 舌 の運動にも麻痺や感覚障害が及ぶことで嚥下や発声機能にも障害が出現する。障害は後述する失語とは違い、脳の 言語 処理機能は保たれながらも発声段階での障害のためにコミュニケーションが不十分となっているものである。嚥下障害は、摂食が不十分となって社会復帰を困難にしたり、 誤嚥 によって 肺炎 の原因となるなど影響が大きい。[ja.wikipedia.org]
  • (1)耳領域 耳痛、および耳周囲腫脹、耳漏、耳出血、難聴、聴覚過敏、自声強聴、耳鳴、めまい、悪心・嘔吐、平衡障害、眼振、脳神経障害 (2)鼻・副鼻腔領域 鼻閉、鼻漏、鼻内乾燥、嗅覚障害、くしゃみ、鼻出血、頭痛、頭重感、歯痛、鼻声(開鼻声、閉鼻声)、外鼻変形、流涙、複視、眼運動障害、視力障害 (3)口腔・咽頭領域 口内痛、口腔乾燥感、唾液分泌異常、味覚障害、口臭、舌苔、流涎、舌運動障害、唾液腺腫脹・疼痛、歯牙・歯肉の異常、舌・口腔底腫脹、咽頭痛、嚥下痛、嚥下障害、咽頭乾燥感、咽頭異物感、障害、言語障害[seirei.or.jp]
  • 機能障害がないか最小限であると言及されている [その他の知的障害〈精神遅滞〉(F78)] F781 手当てまたは治療を要するほどの行動面の機能障害 F788 行動面のその他の機能障害 F789 行動面の機能障害が言及されていない F790 行動面の機能障害がないか最小限であると言及されている [詳細不明の知的障害〈精神遅滞〉(F79)] F791 手当てまたは治療を要するほどの行動面の機能障害 F798 行動面のその他の機能障害 F799 行動面の機能障害が言及されていない F800 特異的会話障害[e-stat.go.jp]
記憶障害
  • 注意障害 がもっとも回復しやすく、 記憶障害 は回復しにくい。また、 認知症 のリスクが最大で10倍になる。16〜20%の患者は改善する。身体能力に比べ、リハビリテーションの効果はやや劣る(推奨グレードBないしC1 [55] [56] )。大部分の回復は発症後3カ月以内に起こるが、少なくとも1年間は回復が続く可能性がある。記憶障害の有病率は、3カ月後で23〜55%、1年後で11〜31%であった。[ja.wikipedia.org]
チアノーゼ
  • みずぼうそう) ・川崎病 ・足白癬(水虫) ・股部白癬(いんきんたむし) ・単純疱疹(ヘルペス) ・手湿疹 ・凍傷 ・掌蹠膿疱症 ・尋常性乾癬 ・類乾癬 ・膿疱性乾癬(汎発性) ・関節症性乾癬 ・虫さされ ・陥入爪 ・睡眠時無呼吸症候群 ・肺がん ・インフルエンザ ・急性気管支炎 ・気管支喘息 ・アスピリン喘息 ・自然気胸 ・肺結核 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD) ・びまん性汎細気管支炎(DPB) ・気管支拡張症 ・原発性線毛機能不全 ・禁煙指導(治療) ・びまん性間質性肺炎、 特発性間質性肺炎 ・チアノーゼ[reicielstudio.com]
  • 関連するその他の病態 P260 周産期に発生した気管気管支出血 P261 周産期に発生した大量肺出血 P268 周産期に発生したその他の肺出血 P269 周産期に発生した詳細不明の肺出血 P270 ウィルソン・ミキティ〈Wilson-Mikity〉症候群 P271 周産期に発生した気管支肺異形成(症) P278 周産期に発生したその他の慢性呼吸器疾患 P279 周産期に発生した詳細不明の慢性呼吸器疾患 P280 新生児原発性無気肺 P281 その他および詳細不明の新生児無気肺 P282 新生児のチアノーゼ[e-stat.go.jp]
嚥下障害
  • (2)機能的障害: 脳血管障害・脳炎・脳腫瘍・脳損傷 などの中枢神経障害では口腔・咽頭の運動を司る迷走神経核・舌咽神経核やそれに対する大脳皮質の障害により嚥下障害が起こる。また、嚥下に関与する舌咽神経・迷走神経・舌下神経の炎症・圧排・損傷により嚥下障害が生じる。重症筋無力症・筋ジストロフィーなどの筋障害では嚥下に関与する筋の運動障害が起こる。Sjogren症候群では唾液分泌障害により嚥下障害が起こる。 2)食道部の障害: 食道部の嚥下困難は閉塞性障害と機能性障害によるものがある。[kanazawa-med.ac.jp]
  • (1)耳領域 聴・平衡障害、小児難聴、耳介奇形 (2)鼻・副鼻腔領域 外鼻奇形、変形、鼻副鼻腔と関係する視力障害、腫瘍摘出後の形態・機能面での障害 (3)口腔領域 感染症、分泌異常、構音障害、言語障害、分泌異常、摂食障害、咀しゃく障害、開口障害、唇裂、口蓋裂、呼吸障害、嚥下障害 (4)咽頭領域 呼吸障害、言語障害、嚥下障害、感染症 (5)気管・気管支・食道領域 異物症、嚥下障害、食道通過障害 (6)顔面・頸部領域 顔面痛・感覚異常、顔面神経麻痺、顔面痙攣、顔面外傷 (7)頭頸部領域 腫瘍摘出後の形態[seirei.or.jp]
  • 耳鼻咽喉科 耳疾患(突発性難聴,外耳道閉鎖,メニエル病,急性低音障害型感音難聴),鼻疾患(アレルギー性鼻炎,副鼻腔炎,鼻・副鼻腔腫瘍),頭頸部疾患(舌がん,歯肉がん,口腔がん,鼻腔がん,上顎がん,咽頭がん,喉頭がん,耳下腺がん,顎下腺がん,頭頸部良性腫瘍全般), 音声障害,嚥下障害などの幅広い疾患の診療を行っています。 循環器内科 循環器領域の三大疾患である虚血性心疾患,心不全,不整脈疾患を中心に高血圧,血管疾患など循環器疾患全般に対して診療を行っています。[okayama-u.ac.jp]
  • 声のかすれや飲み込みにくさ(嚥下障害)が残ることもあります。 退院後の治療 手術で摘出した組織の病理検査の結果で追加治療の必要性について検討します。最近は術前治療が行われることが多いため、術後は経過観察となる場合がほとんどです。再発の早期発見のため、血液検査やCT検査、内視鏡検査等を定期的に行っていきます。 がん研有明病院の治療実績は「 外科治療の成績 」の項をご覧ください。 4. 食道がんに対する化学放射線療法 食道がんに対する化学放射線療法は根治を期待し得る治療法のひとつです。[jfcr.or.jp]
  • シリコンインプラント挿入は施行していない) 遊離皮弁移植術 趾移植術 手指欠損、変形 血管柄付き神経移植術 顔面神経麻痺 切断指再接着術 手指切断 耳鼻咽喉科 手術・技術 項目 適応疾患・病態 経口直達鏡下,喉頭咽頭部分切除術 咽頭及び喉頭の早期癌 局所麻酔下声帯内注入術 声帯萎縮・声帯溝症・声帯瘢痕などの難治性疾患 特殊検査 項目 適応疾患・病態 高速度デジタル撮像による声帯振動検査 音声障害(診断困難例) 嚥下造影と嚥下圧同時測定検査 嚥下障害全般,手術適応判断 歯科口腔外科 手術・技術 項目[hosp.ncgm.go.jp]

精密検査

  • おすすめしたい方 胃切除した方、バリウムが飲めない方、胃透視検査にて毎年精密検査になる方 胃透視の結果で次回胃内視鏡の方 ペプシノゲンで精密検査指示の方、大腸疾患で治療中又は経過観察中の方 潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、便秘の方、腸閉塞の既往がある方 腸や腹部・痔の手術後の方または術後の癒着がある方 身体的な問題がある方(骨折や四肢に問題)、胃透視検査が不可能な方、80歳以上の方 受けられない方 ※ 薬物が使用できない方 ※ キシロカインでアレルギーがある方(咽頭麻酔の薬) ※ ブスコパンでアレルギー[kenkan.gr.jp]
  • 当院総合健診センターの乳がん検診は精密検査(二次検診)を行っている医師による診断が特長です。一次検診で要精検とされた場合、同様の検査を繰返さずに速やかに次の診断ステップに進むことができます。 乳腺疾患の診療においては、ご自身の病状を十分にご理解いただいたうえで主体的に診療にかかわっていただくことが重要と考えています。乳がん検診や乳腺疾患全般 ※ についてのご相談のある方はお気軽に乳腺外科外来にお越しください。[nakayamakai.com]
  • 職場や市が実施する健康診断後の精密検査や生活習慣病に対する保健指導、がん検診後の精密検査として各種画像診断(内視鏡、超音波、CT、MRI)を用いた癌の早期発見、早期治療に力を入れています。 消化器疾患 食道 胃 大腸にわたる各種疾患の診断と治療。ヘリコバクタピロリ菌に対する診断と1次除菌、2次除菌まで滞ることなく行っています。 尿素呼気試験による除菌判定は当日結果説明しています。 逆流性食道炎による胸焼け、便秘、下痢といった一般的な症状に対しての診療もしています。[suiwakai-mch.or.jp]
  • 息を吸ったり吐いたりを繰り返しますので大変かと思いますが、心臓の精密検査ですからご協力ください。 心臓CT検査 心臓CT検査は入院しないで行う心臓の冠動脈の狭窄の診断の主力選手です。今までは入院して行う心臓カテーテル検査でしか分からなかった冠動脈の狭窄を観ることができます。 心臓カテーテル検査と比べより低侵襲で、体の負担が少ない検査です。 心臓CT検査でみつかった狭窄がある人は、後に心筋梗塞や突然死の危険が高いと言われています。[marianna-toyoko.jp]
  • 頚動脈狭窄症の症例では冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)を併発している人が約40%(8.2 60% と幅広く報告されている)ととても多く、脳神経外科にて頚動脈狭窄症の手術を検討されている患者さんに対して、冠動脈疾患の検査も含めて精密検査を行っております。 さらに脳神経疾患で当院入院中・通院中の患者さんを中心に、循環器疾患のサポートも緊密に連携をとり行っております。[otahp.jp]
縦隔腫瘍
  • 急性大動脈解離、急性肺血栓塞栓症、腎不全、高血圧、狭心症、弁膜症、心筋疾患、先天性心疾患、抹消血管疾患、ネフローゼ症候群、循環器疾患・腎疾患全般 心臓血管外科 虚血性心疾患、心臓弁膜症、大動脈瘤、先天性心疾患、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、血栓性静脈炎、不整脈等、循環器疾患全般及びこれに係わる手術 呼吸器内科 肺炎、自然気胸、喘息発作、急性呼吸不全、胸部異常陰影、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、慢性呼吸不全、肺腫瘍(肺癌)、胸膜炎、サルコイドーシス、呼吸器疾患全般 呼吸器外科 肺癌、自然気胸、腫瘍[jreast.co.jp]
  • 診療科概要 外科・外科系 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 外科一般、消化器外科(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、脾臓、胆道、膵臓、腹壁疾患)、乳腺外科、内分泌外科(甲状腺、副甲状腺)、小児外科 診療科概要 心臓血管外科 心臓外科(後天性及び成人先天性)、大血管・末梢血管外科、人工臓器(ペースメーカーなど) 診療科概要 呼吸器外科 原発性肺がん、転移性肺腫瘍、自然気胸、気腫性肺のう胞、腫瘍、重症筋無力症に対する拡大胸腺摘除術、漏斗胸(Nuss手術)、胸壁腫瘍、肺化膿症、膿胸など 診療科概要[web.sapmed.ac.jp]
  • 20 16 胸郭形成術 20 17 腫瘍摘出術 40 18 循環器・脾の手術 観血的血管形成術 (血液透析用外シャント形成術を除く。) 20 19 静脈瘤根本手術 10 20 大動脈・大静脈・肺動脈・冠動脈手術 (開胸・開腹術をともなうもの。)[prudential.co.jp]
  • 4-3 慢性B型解離のre-entryに対する処置 4-4 肺塞栓:静脈血栓塞栓症 呼吸器外科 5-1 小型末梢肺癌の確実な切除法 5-2 腫瘍:切除範囲とアプローチ法 食道外科 6-1 術前化学放射線治療法の治療成績 6-2 食道胃接合部癌に対する切除と再建 一般演題(公募) Case presentation award (公募) ※一般演題、Case presentation awardを対象に学生の方の演題を募集します。[sec-information.net]
  • 斜視 出社拒否 周期性嘔吐症(自家中毒) 手根管症候群 主婦湿疹 硝子体出血 掌蹠膿疱症 食中毒 食道炎 食道がん 食道静脈瘤 食物アレルギー 書痙 C型肝炎 子宮外妊娠 子宮がん 子宮筋腫 子宮頸管ポリープ 子宮腺筋症 子宮脱 子宮内膜症 色覚異常 歯周病 膝関節症 歯肉炎 紫斑病 脂肪肝 しみ しもやけ 脂漏性湿疹 しろなまず 心筋炎 心筋梗塞 神経芽細胞腫 神経痛 心室細動 心室中隔欠損症 心身症 新生児黄疸 新生児メレナ 心臓弁膜症 心肥大 心不全 心房細動 心房中隔欠損症 痔 弱視 腫瘍[t-pec.jp]

治療

  • がん研有明病院の食道がん診療の特徴 がん研有明病院の食道がん診療の特徴 専門性の高いチーム医療 食道がんの治療法には、内視鏡的治療、外科治療、放射線治療、化学療法、緩和治療があり、これらを組み合わせた集学的治療が重要です。当院では初めて外来を受診された患者さん全例を食道外科医、内視鏡医、腫瘍内科医、放射線治療医から構成される食道カンファレンスで毎週検討し、がんの進行度(病期、ステージ)と患者さんの全身状態を総合的に評価して、それぞれの患者さんに適した治療法を提示します。[jfcr.or.jp]
  • ⑧ 根治を目指した食道癌に対する治療戦略 セッション趣旨 食道癌に対する治療においては、その治療成績向上のため化学療法、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療が開発されてきた。なかでも手術切除においては、画像診断に基づいた個別化治療が必要とされる。本セッションでは、予後改善の鍵となる、強力な化学(放射線)療法ならびに化学(放射線)治療後のcurability診断、手術における合併症の軽減など、根治を目指した集学的治療の工夫について今後の展望も含めをご発表頂きたい。[sec-information.net]
  • 不整脈に対するカテーテルアブレーション治療も多くの実績があります。 小児科 重症感染症,低身長,内分泌,骨疾患,循環器疾患,腎臓病,膠原病,新生児,血液・小児がん,心身症等の高度な専門知識と専門技術を必要とする小児の疾患群の診断と治療を行っています。 また,低身長の小児に対しての成長ホルモン治療や,糖尿病児の治療管理も行っています。 小児外科 小児の消化器(胃,腸,肝臓など),呼吸器(肺や気管),泌尿生殖器(腎臓,膀胱など)などで手術を必要とする疾患の診断・治療を行っています。[okayama-u.ac.jp]

疫学

  • 自016-0286 腎移植前抗体除去療法時の二重濾過血漿交換におけるアルブミン置換液の至適組成設定フォーマットの確立 泌尿器科 岩見 大基 情報公開 (141.2KB) 自016-0287 固形臓器移植後の造血器腫瘍に関する後方視的観察研究 血液内科 藤本 勝也 情報公開 (154.3KB) 自016-0288 ビジュアル・アナログスケールを用いた「妊娠と薬相談外来」の評価 薬剤部 井関 健 情報公開 (132.9KB) 自016-0289 PNHレジストリ(発作性夜間ヘモグロビン尿症患者登録)疫学研究[huhp.hokudai.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 消化管内視鏡検査(食道、胃、大腸)、胃食道逆流症、腹部超音波検査、ピロリ菌、炎症性腸疾患 磯部内科クリニック 高血圧、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、心不全(心筋症・弁膜症)、不整脈、メタボリック症候群・動脈硬化症 セントラル小児科 予防接種、喘息、アトピー性皮膚炎 森川クリニック てんかん、専門医、こども、脳波 岡神経科 うつ病、神経症(不安障害、適応障害など)、自律神経失調症、統合失調症、認知症、パニック、メンタルヘルス相談 セントラル皮膚科 よろず相談 古澤整形外科 整形外科、リウマチ科[sl-medical.gr.jp]
  • 簡単な予防法は 弾性ストッキングの着用や下肢の運動 で、危険性の高い方には投薬による治療を追加します。 術後早期から歩行を開始する事が最も重要で、ベッド上での臥床時間を減らす事は、肺血栓塞栓症以外の全ての合併症の予防 にもつながります。 ・そのほか予期できない合併症や偶発症 上記以外以上の他にも、がんの状態や患者さんの個体差、全身状態、併存疾患、既知の合併症などが関連して、予期できない合併症や偶発症が起きたり、致命的となることがあります。[tmd.ac.jp]
  • 慢性期の管理 [ 編集 ] 再発予防のための抗凝固・抗血小板薬を使用する上で問題になるのが、 出血性梗塞 である。これは、壊死した血管に血流が再度流れ込むことで血管壁が破れ、 脳出血 に至った状態である。これは特に、広範な脳梗塞で問題となる。そのため塞栓性などの広範な症例では梗塞の進行停止を見極めてから慎重に開始し、その後もCTで出血の有無をフォローアップすることが欠かせない。 梗塞原因の特定は、その後の再発予防計画を立てていく上で非常に重要である。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!