Edit concept Question Editor Create issue ticket

正常なストマチンの遺伝性水晶細胞増多症


治療

  • 1型膜性増殖性糸球体腎炎の治療は、原因となっている感染症、炎症性疾患、腫瘍の治療が必要となる。炎症反応のカスケードと関連している血小板の活性化を抑制するために、抗血小板薬が必要と考えられる場合もあるかもしれない。ときどきではあるが、免疫介在性糸球体腎炎では免疫抑制的な治療手法を用いた治療が必要となる場合もある。 膜性腎症(membranous nephropathy ) 膜性腎症は重度尿タンパク(反応性アミロイドーシスと同程度)が特徴で、オスの発生が多い。[monolis.com]
  • 症状に対する治療 治療は下記のとおりである。 水疱へは標準的な治療(切開しない、外傷を避ける、など)をする。不快を取り除くため局所的な治療(投薬、米糠風呂)をする。 蜂巣炎などへの感染症への治療をする。 網膜剥離を引き起こす網膜の新生血管へは凍結療法、レーザー光凝固術を行う [Wong et al 2004]。 網膜剥離へは標準的な治療をする。 小頭症、痙攣発作、筋痙性、局所神経障害があるときは、評価のために小児神経科を紹介する。[grj.umin.jp]

予防

  • 二次的合併症の予防 : 視力低下や斜視が現れたり、頭部を外傷したときは、網膜剥離の評価を行う。 経過観察 : 生後4カ月までは1ヶ月に1回、生後4カ月から満1歳までは3ヶ月に1回、1歳から3歳までは半年に1回、3歳以降は1年に1回の眼科検査を行う。神経機能の評価は、小児科、小児神経科、発達小児科による定期検診時に行う。小児歯科または歯科では定期的に評価を行う。[grj.umin.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!