Edit concept Question Editor Create issue ticket

橋本甲状腺炎


提示

関節痛
  • 筋肉症状 筋力の低下や肩こりや関節がひどくなることもあります。 月経の異常 月経不順、不妊や流産の原因になることもあります。 橋本病の治療法と日常生活での注意 診断には、硬い瀰慢(びまん)性の甲状腺腫を確認するとともに、血液中の甲状腺抗体の有無や超音波像が参考になります。甲状腺ホルモンが不足している場合は、甲状腺ホルモン剤を内服する必要があります。甲状腺機能が正常範囲にあれば治療の必要はなく、年に1回程度の定期的な検査をするだけで問題ありません。[chiba-city-med.or.jp]
  • その他の稀な副作用 薬を服用して2 3週間以内に、発熱とともに関節が起こる場合があります。 この関節は痛むところが変わりますが、主に手足の関節にみられます。 また腎臓や肺の血管に炎症を起こすこともあります。 この副作用は、ひどい場合は肺から出血したり、腎不全を起こし透析が必要になる場合があります。 なお、服用開始後数年して発症する場合もあり、薬を飲んでいる間は常に注意が必要です。[sekiya-naika.jp]
  • 甲状腺機能低下症 表1 甲状腺機能低下の人が受診する理由 診察科 症状 内科 循環器科 徐脈、狭心症、心不全 消化器科 便秘、食欲低下 神経科 筋力低下、めまい、筋肉痛、けいれん 血液内科 貧血 腎臓内科 顔面浮腫(むくみ) 整形外科 関節、筋肉痛 精神科 うつ状態、認知症 皮膚科 毛髪脱落、皮膚の荒れ 耳鼻科 めまい、嗄声(しわがれ声) 婦人科 月経過多、無月経 甲状腺ホルモンのバランスが崩れるもう一つの代表的な病気が、甲状腺機能低下症です。 ホルモンが不足し、新陳代謝が衰えます。[min-iren.gr.jp]
  • ( 関節リウマチ と合併すると関節変形します) バセドウ病関節症 / 橋本病関節症 (甲状腺関節症)と鑑別必要( 関節、関節リウマチ と甲状腺・乾癬性関節炎 ) 多発性単神経炎 全身性エリテマトーデス(SLE)のような多発性単神経炎おこしますが、 シェーグレン症候群 の単神経炎は多彩です。[nagasaki-clinic.com]
甲状腺腫
  • このはれを「甲状腺」といいます。 【 びまん性甲状腺 】 甲状腺全体がそのままの形で大きくなったもの 【 びまん性甲状腺 】 甲状腺全体がそのままの形で大きくなったもの 甲状腺腫瘍 甲状腺にしこりができる。大部分のものは甲状腺機能には異常がない。ふくろ状になったしこりの中に液が溜まるもの(のう胞)もある。 各病気については、それぞれの項目で詳しくご説明します。なお、何か疑問点がありましたら医師にご相談ください。[kojin-kai.jp]
  • […] text 結節性 甲状腺について 結節性甲状腺は、甲状腺の機能にほとんど異常がなく自覚症状がありません。[kanaji.jp]
体重増加
  • 全 身 寒がり、疲れやすい、動作が鈍い、体重増加、声かれ、低音 顔つき・首 むくみ、甲状腺肥大、のどの違和感、ボーっとしたような顔 精神症状 物忘れ、無気力、眠たい、ぼんやりしている 循環器症状 徐脈、息切れ、むくみ、心肥大 消化器症状 食欲低下、舌の肥大、便秘 皮 膚 汗が出ない、皮膚乾燥、脱毛、眉が薄くなる、皮膚の蒼白 筋骨症状 脱力感、筋力低下、肩こり、筋肉の疲れ 月 経 月経不順 治療 ほとんどが無治療で経過観察です。甲状腺機能低下があれば甲状腺ホルモン剤の服用が必要です。[hoshino-jibika.com]
  • 炎症が進んで甲状腺機能が低下し、ホルモン が作られなくなると、気力がない、顔や手のむくみ、皮膚乾燥、寒がり、体重増加などの甲状腺機能低下症状が出てきます。むくみが声帯や脳におきると声のか すれ、物忘れなどの原因にもなります。また血液中のコレステロール値が高くなりますので動脈硬化がおこりやすくなります。 検査 抗サイログロブリン抗体や抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体などの自己抗体が陽性、超音波検査で不均一な低エコーなど。[sagara.or.jp]
  • 甲状腺血流測定 ・尿中ヨウ素の測定 が無痛性甲状腺炎との鑑別に有用である ※ 赤字:2013年6月24日 改定 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 【原発性甲状腺機能低下症】 a) 臨床所見 無気力、易疲労感、眼瞼浮腫、寒がり、体重増加、動作緩慢、嗜眠、記憶力低下、便秘、嗄声等いずれかの症状 b) 検査所見 遊離T 4 低値およびTSH高値 原発性甲状腺機能低下症 a)およびb)を有するもの 【付記】 1.[japanthyroid.jp]
  • 甲状腺機能が正常の場合には、症状がみられませんが、甲状腺ホルモンが不足してくると、顔や手足のむくみ、寒がり、体重増加など、甲状腺機能低下症の特有の症状がみられます。 治療 甲状腺機能が正常の場合には治療の必要はありません。甲状腺機能低下があれば甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS )の服用が必要となります。甲状腺機能低下は治る場合もあり、一生内服が必要とは限りません。 チラーヂンS には副作用はほとんどありません。[kuma-h.or.jp]
  • 疲れやすさ 体重増加 髪の毛が細く弱くなる 心臓の動きが鈍くなり脈が遅くなる 関節の痛み 便秘 など また、目の上が腫れぼったくなったり、普段よりも寒がりになったりすることもあります。慢性甲状腺炎が不妊症の原因になることもあります。そのほかにも、甲状腺が全体的に大きくなることがあり、そのために首が太くなったようにみえたり、飲み込みや呼吸がし辛く感じたりすることもあります。 慢性甲状腺炎に関連した症状は、何か月もしくは何年もの年月を経て慢性に進行します。[medicalnote.jp]
倦怠感
  • 甲状腺内科診療例 内科診療 傷病名 主な症状 説明 慢性甲状腺炎(橋本病) むくみ、うつ、肥満、倦怠 橋本病という名称は、この病気が外科医の橋本策(はかる)博士によって報告されたことに由来します。橋本病は、自己免疫の異常により、甲状腺が慢性的な炎症を起こす病気です。[medicalplace.jp]
  • このホルモンが低下すると活動性が鈍くなり、昼夜を問わず眠く、全身の倦怠が強く、記憶力や計算力の低下がみられます。また、体温が低くなり、皮膚が乾燥して、夏でも汗をかかなくなります。顔はむくみやすくなり、脱毛が起こり、カツラが必要になることもあります。声が低音化してしわがれるのも特徴です。 甲状腺機能低下症について! 甲状腺機能低下症とは 甲状腺ホルモンの分泌が低下して活動性が低下する病気です。[azumanaika.com]
疲労
  • 甲状腺機能低下症では通常、疲労を感じ、寒さに耐えられなくなります。 診断は、身体診察と血液検査の結果に基づいて下されます。 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンを補充し続ける必要があります。 橋本甲状腺炎は甲状腺炎で最もよくみられるタイプで、 甲状腺機能低下症 の原因として最も一般的なものです。理由は不明ですが、体が自身に対して反旗をひるがえします( 自己免疫反応 )。甲状腺に白血球が浸潤し、甲状腺を攻撃する抗体(抗甲状腺抗体)がつくられます。[msdmanuals.com]
  • 甲状腺血流測定 ・尿中ヨウ素の測定 が無痛性甲状腺炎との鑑別に有用である ※ 赤字:2013年6月24日 改定 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 【原発性甲状腺機能低下症】 a) 臨床所見 無気力、易疲労感、眼瞼浮腫、寒がり、体重増加、動作緩慢、嗜眠、記憶力低下、便秘、嗄声等いずれかの症状 b) 検査所見 遊離T 4 低値およびTSH高値 原発性甲状腺機能低下症 a)およびb)を有するもの 【付記】 1.[japanthyroid.jp]
  • 甲状腺が正常に機能していないことを示す兆候には、以下が含まれます: 便秘 乾いた、青白い肌 しわがれ声 高コレステロール うつ病 下半身の筋力低下 疲労 気だるい 寒冷不耐性 薄毛 不規則であるかあるいは重い月経 不妊問題 症状が出る前に、長年にわたって橋本病に罹患していたかもしれません。この病気は、顕著な損傷を引き起こす前に、長期間にわたって進行している可能性があります。 この病態のある患者には、甲状腺が拡大しているものもあります。[msn.com]
  • 単に疲労と片付けられがちですが、その裏には甲状腺の病気が潜んでいる可能性もあります。特に女性は注意が必要です。しかし、甲状腺の病気は適切な診断と治療を受ければ怖くありません。今回は甲状腺の病気について、伊藤病院学術顧問・帝京大学医学部名誉教授の高見博先生に伺いました。 原因と症状 甲状腺の病気はおもに3種類 甲状腺はノドボトケの下にあり、蝶々のような形をしています。脳の下垂体から指令を受けて、新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを分泌するのが主な働きです。[sawai.co.jp]
粘液水腫
  • 4)原発性甲状腺機能低下症(特発性粘液水腫): 5)甲状腺ホルモン不応症: 特徴: ・ 血中に十分な甲状腺ホルモンが存在しながら、甲状腺機能低下症状を呈する。 ・ 甲状腺ホルモン受容体のβサブユニット(主としてT3結合ドメイン)の遺伝子変異によって、T3の結合や作用の伝達が障害される。 ・ 低下症状を示す全身型と、下垂体のみの選択的不応で甲状腺ホルモンレベルに不釣り合いなTSH分泌(SITSH)を示し、甲状腺腫大と正常機能か軽度の亢進症を来す下垂体型がある。[medic-grp.co.jp]
  • 現在ではまれですが、中枢神経系の機能障害をきたす「粘液水腫性昏睡(ねんえきすいしゅせいこんすい)」という重篤な合併症に陥ることもあります。 橋本病の経過中に、無痛性甲状腺炎と呼ばれる、一時的に甲状腺ホルモンが過剰に分泌される状態に陥ることがあります。バセドウ病との区別が困難ですが、治療法が異なるため診断には慎重さが求められます。 橋本病の治療法 基本的には治療の必要はありません。しかし、甲状腺機能低下症を発症している場合、甲状腺ホルモン薬の内服治療を行ない、甲状腺ホルモンを補充します。[saiseikai.or.jp]
  • 甲状腺ホルモンの量が変化する病気 甲状腺機能亢進症: バセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎など 甲状腺機能低下症: 橋本病(慢性甲状腺炎)、粘液水腫、手術後甲状腺機能低下症、アイソトープ治療後など 甲状腺内に腫瘤が出来る病気 甲状腺良性腫瘍: 腺腫様甲状腺腫、のう胞、腺腫など 甲状腺悪性腫瘍: 甲状腺がん(乳頭がん、濾胞(ろほう)がん、髄様(ずいよう)がん、未分化がん)、悪性リンパ腫など 甲状腺に出来た腫瘍がホルモンを作り出し、甲状腺機能亢進を示す病気 ――上記のような甲状腺の病気は、いずれもきちんと[kosugi-naika.com]
  • 甲状腺ホルモンの量が変化する病気 ・甲状腺機能亢進症:バセドウ病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎など ・甲状腺機能低下症:橋本病(慢性甲状腺炎)、粘液水腫、甲状腺摘出術後、アイソトープ治療後など 甲状腺内に腫瘤ができる病気 ・甲状腺良性腫瘍:腺腫様甲状腺腫、のう胞、腺腫など ・甲状腺悪性腫瘍:甲状腺乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がん、悪性リンパ腫など 甲状腺にできた腫瘍がホルモンを作り出し、甲状腺機能亢進を示す病気 ・プランマー病(甲状腺機能性結節) ――上記のような甲状腺の病気は、いずれもきちんと[chusho-clinic.com]
痙攣
  • 橋本病に伴う中枢神経障害 [ 編集 ] 甲状腺機能異常に伴う神経症状としては甲状腺機能低下症による 意識障害 、 認知症 、運動失調などを来す 粘液水腫 脳症、甲状腺機能亢進症に伴う痙攣、躁状態、妄想、不随意運動をきたす甲状腺中毒脳症などが知られている。これらは甲状腺ホルモンの値の正常化によって改善される。これとは別に甲状腺ホルモン値の異常が軽度もしくは正常範囲にもかかわらず神経症状をしめすことが知られ、ステロイドによって改善が認められる症候群が知られている。[ja.wikipedia.org]
首の腫れ
  • こんな症状のある方には ご受診をお勧めいたします 腫れがある 安静にしているのに、心臓がドキドキする 手指が細かく震える 暑がりになり、水をよく飲み、汗をたくさんかく よく食べているのに痩せてきた イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった 体が冷え、寒がりになった 肌が乾燥し、カサカサする 体が重く、だるさを感じる 食欲が無いのに太ってきた 朝起きたときに、顔や手がむくんでいる 便秘をしやすくなった 昼間も眠く、居眠りをするようになった 脈がゆっくり静かになった 月経不順になった[kosugi-naika.com]
  • こんな症状の方はご相談ください 腫れがある 安静にしているのに、心臓がドキドキする 手指が細かく震える 暑がりになり、汗をたくさんかく よく食べているのに痩せてきた イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった 体が冷え、寒がりになった 肌が乾燥し、カサカサする 体が重く、だるさを感じる 食欲が無いのに太ってきた 朝起きた時に、顔や手がむくんでいる よく筋肉がつるようになった 便秘をしやすくなった 昼間も眠く、居眠りをするようになった 脈がゆっくりになった 月経不順になった 副甲状腺の病気 副甲状腺[chusho-clinic.com]
顔面浮腫
  • 甲状腺機能低下症 表1 甲状腺機能低下の人が受診する理由 診察科 症状 内科 循環器科 徐脈、狭心症、心不全 消化器科 便秘、食欲低下 神経科 筋力低下、めまい、筋肉痛、けいれん 血液内科 貧血 腎臓内科 顔面浮腫(むくみ) 整形外科 関節痛、筋肉痛 精神科 うつ状態、認知症 皮膚科 毛髪脱落、皮膚の荒れ 耳鼻科 めまい、嗄声(しわがれ声) 婦人科 月経過多、無月経 甲状腺ホルモンのバランスが崩れるもう一つの代表的な病気が、甲状腺機能低下症です。 ホルモンが不足し、新陳代謝が衰えます。[min-iren.gr.jp]

治療

  • バセドウ病の治療方法 バセドウ病の治療では甲状腺ホルモンが過剰に分泌されないことに主眼を置いた治療を行います。 バセドウ病の治療法には主に以下の3つがあります。 内服薬治療 放射性ヨウ素治療(アイソトープ) 手術治療 どの治療法を選ぶかは、患者様ごとの病状や年齢、生活環境などによって変わります。 以下に各々の治療法につきましてご説明致します。 (1) 内服薬治療 甲状腺ホルモンの分泌を低減させる薬(抗甲状腺薬)を、規則的に内服する治療法です。[sekiya-naika.jp]
  • また、高血圧、糖尿病の治療が困難であることや「うつ」のために治療が必要になる場合もあることなどから積極的な治療が望まれます。 3. どのように治療するのか? 可能な限り、外科的に腫瘍を摘除します。一般的には、鼻から内視鏡を挿入し、鼻の奥でトルコ鞍(下垂体のあるところ)の骨を除去して腫瘍を取り除きます。 完全に腫瘍の摘除ができず、ACTHの過剰状態が残ってしまった場合には、薬物治療を併用します。場合によっては、放射線療法(γナイフなど)を行うこともあります。[toranomon.gr.jp]
  • 早期に適切な治療を開始すれば改善し、完治することも可能ですが、治療せずに悪化させた場合には、心臓病を併発したり、甲状腺クリーゼという状態になると命にかかわることがあります。 バセドウ病の治療について バセドウ病の治療については、①薬物療法、②手術療法、③放射性ヨード療法の大きく3つがありますが、当院では①の薬物療法を行います。 ※②③の治療が必要な方は、治療経験豊富な他の専門医療機関をご紹介いたします。[medicalplace.jp]

疫学

  • 推定される自然歴 [ 編集 ] 出典 [23] 潜在性自己免疫性甲状腺炎 慢性自己免疫性甲状腺炎 古典的橋本病 萎縮性甲状腺炎 病態 初期 中期 後期 終末期 甲状腺自己抗体 陰性 陽性 陽性 陽性 陽性 陰性 甲状腺腫腫大度 なし 軽度から中等度、軟から硬 大、硬 なし 甲状腺機能 正常 正常、機能低下、破壊性甲状腺中毒症 正常、機能低下、破壊性甲状腺中毒症 機能低下 橋本病はHeterogeneousな疾患であり一般化は難しいが疫学調査から自然歴が推定されている。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • ただし、 慢性甲状腺炎の患者さんのうち、3 4人に1人が甲状腺機能低下症へと進行すると推定されている ので、ときどき甲状腺ホルモンの検査を受けることが予防につながります。 実際に甲状腺機能低下症へと進行すると、前章で紹介したように人によってさまざまな症状(だるさ、眠気、物忘れ、むくみなど)が起こるようになります。 汗をかかない症状は、エアコンによる冷房病でもよく似た症状を起こすことがあります。[healthcare.omron.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!