Edit concept Question Editor Create issue ticket

梅毒トレポネーマ


治療

  • 世界における梅毒の標準治療はベンザシンペニシリンG(BPG)の筋肉内注射ですが、日本ではベンザシンペニシリンG(BPG)は認可されていないため使用できない状況にあります。 治療に際しては治療開始後、数時間で梅毒菌体が急速に破壊されるために アレルギー反応 が起こり、39度前後の発熱、全身倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛などの症状が起こることがあり、第1・2期の患者でそれらの反応が起こりやすくなります。[gme.co.jp]
  • もう一つの抗カルジオリピン抗体は、治療によって値が下がるので、治療が成功したかどうかの判定にも用いられます。 治療 ペニシリン系の抗菌薬が特効薬です。日本では内服による治療がおこなわれています (海外ではペニシリン製剤の筋肉注射による治療が主流です) 。また、症状を呈した本人だけでなく、セックスパートナーの治療も大切です。[www1.pref.shimane.lg.jp]

疫学

  • 届出基準は こちら (国立感染症研究所 細菌第一部 中山周一,大西 真 感染症疫学センター 山岸拓也)[niid.go.jp]
  • 梅毒について詳しく見る 出典:「 梅毒に関するQ&A 」(厚生労働省) IDWR 2016年第12号 注目すべき感染症「梅毒」 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏[kansensho.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 日本で梅毒は花柳病予防法(1928年)、性病予防法(1948年)で対象疾患とされ、1999年からはいわゆる感染症法のもと症例が報告されている。最近では、日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行が見られたが、その後再び報告が減少してきた。感染症法による感染症発生動向調査によると、1999 2012年は500例 900例で推移してきたが(2003年509例 2012年875例)、2013年は1200例を超え、前年の1.4倍に増加した。[niid.go.jp]
  • 通常これらの感染症は市井において発生しますが、感染症例からの伝播を予防することは医療施設においも必要です。以下これらの感染症について医療施設における感染予防対策の観点から述べます。 スピロヘータ スピロヘータは繊細な螺旋状のグラム染色陰性の微生物ですが、生体外においては長時間生存しません。 1.[yoshida-pharm.com]
  • 妊婦健診の初期に梅毒検査がおこなわれますが,検査陰性でもその後の妊娠経過中に感染予防に努めることが重要です。 予防方法 不特定多数の人との性行為を避けましょう。 コンドームを正しく使用することが大切です。 完治しても再び感染することもあるので,パートナーと一緒に検査・治療を行うことが重要です。 妊娠中の方は,妊婦健診をしっかりと受診し,その後の感染予防に努めましょう。 医療機関のみなさまへ 梅毒は, 五類感染症(全数把握疾患) に定められています。[pref.kagoshima.jp]
  • 感染した人の血液中には、一定の抗体がありますが、再感染を予防できるわけではありません。このため、適切な予防策(コンドームの使用、パートナーの治療等)が取られていなければ、再び梅毒に感染する可能性があります。 梅毒について詳しく見る 出典:「 梅毒に関するQ&A 」(厚生労働省) IDWR 2016年第12号 注目すべき感染症「梅毒」 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏[kansensho.jp]
  • 性感染症の拡大を防ぐために、性感染症を知り、適切に予防しましょう。また、医療機関などで検査を受けましょう。 あなた自身とパートナーを性感染症から守るために。 厚生労働省「性感染症」 厚生労働省が設置している「感染症・予防接種相談窓口」では、性感染症に関する情報提供や相談も行っています。お気軽にご相談を。[gov-online.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!