Edit concept Question Editor Create issue ticket

末梢神経障害


提示

筋萎縮症
  • パターン7、左右対称性の筋力低下があり、感覚障害がない 近位遠位の筋力低下がある場合脊髄性萎縮を考える。遠位部優位の筋力低下があった場合は遺伝性運動性ニューロパチー(遠位型脊髄性萎縮)または非典型的な シャルコー・マリー・トゥース病 を考える。 パターン8、非対称性の固有感覚障害があり、筋力低下がない 感覚性神経細胞障害(神経節障害)の原因となるものを考える。[ja.wikipedia.org]
運動失調
  • 原因は脂質代謝による遺伝病、ニューロパチーを伴う遺伝性運動失調、DNA修復障害、巨大軸索ニューロパチーの4種類が知られている。脂質代謝による遺伝病としては 異染性白質ジストロフィー 、 Krabbe病 、 Fabry病 、副腎白質ジストロフィー、Refsum病、タンジール病、脳腱黄色腫などがある。ニューロパチーを伴う遺伝性運動失調としては フリードライヒ失調症 、 ビタミンE欠乏 、 脊髄小脳変性症 、無βリポ蛋白血症などが知られている。[ja.wikipedia.org]
ギラン・バレー症候群
  • パターン1、左右対称性で近位遠位の筋力低下があり、感覚障害を伴う 炎症性脱髄性の多発ニューロパチーであり ギランバレー症候群 や 慢性炎症性脱髄性多発神経炎 (CIDP)が該当する。これらの疾患では遠位部神経終末、神経根の病変は神経長に依存しないため近位筋、遠位筋ともに筋力低下をきたすと考えられている。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 筋萎縮性側索硬化症 が有名であるが治療可能な 多巣性運動ニューロパチー の除外が重要である。非対称性で亜急性または急性の運動と感覚の障害をきたす患者では 神経根症 、 神経叢症 、圧迫性単ニューロパチー、多発性単ニューロパチーを考慮する。 感覚障害の性質 C線維の伝達する灼熱感や局在のはっきりしない痛み、Aδ線維の伝達する電撃性の痛みなど感覚障害の性質がニューロパチーの重要な情報となることがある。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!