Edit concept Question Editor Create issue ticket

星状細胞腫拡散


提示

  • QOLは手足の麻痺などが重要視されてきましたが,グリオーマで特に重要なのは,認知機能(知能,人格など)を悪くしないことです 患者さんが治療後に,「 社会復帰できる程度の治療侵襲 」のみが受け入れられる選択肢となります 学校や職場に戻れないような,積極的な手術や強い放射線治療はしません 分子診断よりも,画像所見による腫瘍増大速度の把握 radiological growth rate の方が生存期間を正確に予想できる ので,患者さんの生存期間の予想には画像変化を加えて説明をします その上で治療選択肢を提示[plaza.umin.ac.jp]

治療

  • しかし当然ながら,放射線治療による脳機能低下が生じる可能性は早期治療群で早まるはずです。結論として、状態の良い患者さんには放射線治療を延期できるであろうとのことでした。 「解説」正確にはびまん性星細胞腫,乏突起膠腫,乏突起星細胞腫,毛様細胞性星細胞腫が含まれているので, びまん性星細胞腫の治療成績とは言えません 。でもこのデータしかないのでこの論文が放射線治療の選択のために今でも引用されます。もう古くなりましたがこの論文を治療の根拠に使用されている脳腫瘍の専門家も多いです。[plaza.umin.ac.jp]

疫学

  • このページの先頭に戻る 未破裂脳動脈瘤疫学調査 クモ膜下出血を来す原因であるが、その対処について数々の疑問が投げかけられている未破裂脳動脈瘤に関して、当科独自の症例研究以外に脳神経外科学会が推進する悉皆調査(UCAS Japan)の事務局としてインターネットを利用した全国疫学的調査の中心として機能している。現在7000例超の症例の追跡を行っている。未破裂脳動脈瘤の分布、自然歴、および治療成績について様々な知見を得ている。[h.u-tokyo.ac.jp]
性別分布
年齢分布

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!