Edit concept Question Editor Create issue ticket

星状細胞腫による腫瘍


提示

  • 細胞表面のT細胞受容体を通じて、樹状細胞等の抗原提示細胞から提示された異物を特異的に認識し、同じくその異物を表面上に提示しているウイルス感染細胞やがん細胞を認識し、細胞傷害物質のサイトカインであるパーフォリンやグランザイムなどを放出したりすることによって、殺傷することができます。以前はキラーT細胞とも呼ばれていました。 CTL前駆細胞 がん細胞を攻撃する細胞傷害性T細胞(CTL)になる前のT細胞のこと。 EBウイルス エプスタイン・バール・ウイルス。[brightpathbio.com]
  • そのようななかでいろいろな治療法を開発してきたのでその一端を提示します。 Etoposide,Cisplatinを用いた超選択的動注療法 Nakagawa H., et al.[tokushukai.or.jp]

精密検査

  • 検査 眼科では、視力検査、視野視野検査、眼底精密検査を行います。 視野検査で、両眼の耳側に視野障害があれば、両耳側半盲が疑われます。視野の耳側に狭窄が現れることは、緑内障をはじめ、ほかの眼疾患でも起こりえますが、区別するうえで重要な点は、視野障害が、視野の中心から上下に引いた垂直経線を尊重している(垂直経線を境に耳側のみに限られている)ことです。 その場合は、視交叉の近くの圧迫性病変が疑われるため、頭部CTやMRIといった画像診断により視交叉周囲の占拠性病変を精密検査する必要があります。[ikec.jp]

治療

  • 脳腫瘍の治療 INDEX 脳腫瘍の治療は、腫瘍の種類、発生部位、患児の年齢などの条件で決まります。治療チームはそれぞれの患児に合わせた治療計画を立てます。通常、治療には複数の治療法が含まれています。 脳および中枢神経系という特殊な部位を扱うために、治療計画を立てて実行するチームには以下のような専門家が含まれます。[childrenscancers.org]
  • 治療 周囲の脳への圧迫を取り除き腫れを少なくする必要があります。脳以外のがんの状態から予想される生存期間が3ヶ月以内であるなら薬剤による脳の腫れをコントロールする保存的治療を行います。予想される生存期間が6ヶ月以上の場合は単発の場合は手術 放射線治療を多発の場合は放射線治療を考慮します。6ヶ月以内の場合は患者さんの状況により治療法を検討する必要があります。 放射線治療について 転移性脳腫瘍の治療には放射線治療が重要な役割を果たしています。[kyushuh.johas.go.jp]
  • 原発性成人脊髄腫瘍の治療選択肢 以下の治療法に関する情報については、 治療選択肢の概要 のセクションをご覧ください。 脊髄 腫瘍 の治療法には以下のようなものがあります: 再発成人中枢神経系腫瘍の治療選択肢 以下の治療法に関する情報については、 治療選択肢の概要 のセクションをご覧ください。 再発 中枢神経系(CNS)腫瘍 に対する 標準治療 はありません。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • 図1 典型的な中枢神経原発性悪性リンパ腫のMRI画像所見 古くは放射線治療のみで治療が行われてきましたが、放射線治療のみでは再発率が高く十分な結果が得られませんでした。近年は放射線治療と化学療法の併用治療が有用であることが証明され、DeVIC治療(ステロイド, イフォスファミド, カルボプラチン, エトポシドの併用療法)等を経て、現在は高用量のメトトレキセート(MTX)を組み合わせた治療(HD-MTX治療)が標準治療となっています。[med-nagoya-neurosurgery.jp]

疫学

  • World J Pediatr 2010; 6: 103-110 日本人結節性硬化症患者におけるSEGA/SENの発現頻度 日本人結節性硬化症患者166人を対象とした疫学調査 9) によると、SEGAの発現頻度は2%と、既報にくらべ有意に低頻度でした(p 2 検定)が、SENの発現頻度(SEGAを含む)は77%で差は認められませんでした。年齢期別にみると、SEGAの発現頻度と年齢との関連は認められませんでしたが、SENの発現頻度は年齢とともに低下しました( 図5 )。[afinitor.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 6.予防と検診 1)予防 日本人を対象とした研究結果では、がん予防には禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、感染予防が効果的といわれています。 2)検診 がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。わが国では、厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(平成28年一部改正)」で検診方法が定められています。 しかし、脳腫瘍(神経膠腫)については、現在、指針として定められている検診はありません。[ganjoho.jp]
  • どんな検査か 高齢化社会を迎えた今、発病を予防し、症状のでない段階で早期発見して治療に結びつけるため、「脳」の専門チェックを受ける『脳ドック』をおすすめします。市民病院では、X線を使うことなく、強い磁石と電波によって体内の状態を外部から検査するMRI(磁気共鳴画像)や、造影剤なしで脳の血管を映し出すMRA(磁気共鳴血管画像)という機器を使用していますので、装置内に横たわっているだけで安全に脳の写真がとれます。 申込方法は 予約制となっています。[municipal-hospital.ichinomiya.aichi.jp]
  • 二次病変の予防 治療は二次病変の予防に集中する。専門家による適切な腫瘍治療によって、病変によるかなりの後遺症は予防される。 麻酔下での処置による合併症を予防するために、頭部手術の前に頸髄のスキャンを行うべきである。 脊髄腫瘍は硬膜外麻酔を困難にするので、局所麻酔を行う前に腰仙部の画像検査を行うべきである。 経過観察 家族内でNF2変異が明らかな場合や分子遺伝学的検査で遺伝状態が明らかにできなかった高リスクの人に対しては、以下を行う。[grj.umin.jp]
  • 脊髄症状の悪化をみることがあります. 3.髄液漏 腫瘍摘出の過程で硬膜という脊髄を被っている膜を切開・切除する場合があります.このようなとき,術後に脊髄液が皮膚の下に貯留することがあります.また,最悪の場合は細菌性髄膜炎などの重篤な合併症を起こすこともあります. 4.脊椎変形,不安定性 脊髄腫瘍の手術では,脊髄を被って保護している脊椎という骨を一部切除する必要があります.脊椎は体を支える支柱の役割を担っていますので,この操作により脊椎の変形や不安定性を生じることがあります.手術後の脊椎変形や不安定性を予防[twmu.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!