Edit concept Question Editor Create issue ticket

明細胞肉腫


治療

  • 治療について 明細胞肉腫(淡明細胞肉腫)に対する根治が期待できる唯一の治療法は 手術による完全切除 です。原発巣と近い領域のリンパ節を同時に手術で取ることがあります。 また、初発時に遠隔転移を伴っていることも多く、手術による完全切除が難しい場合、一般的な 軟部肉腫 に準じて 薬物療法 (抗がん剤治療など)が検討されることがあります。ただし、他の軟部肉腫よりも薬物療法が効きづらい組織型であるとされており、体調次第では、症状緩和のみでの療養を推奨されることもあります。[ncc.go.jp]
  • UMIN-CTR 臨床試験登録情報の閲覧 (外部サイトにリンクします) 今回の医師主導治験の意義 明細胞肉腫および胞巣状軟部肉腫は極めてまれながん腫であり、これらのがん腫に対する企業主導の新規治療開発は現時点では期待できない状況です。その一方で、いずれのがん腫も既存の治療法による治療成績の向上は難しく、従来と作用機序が全く異なる新規治療薬の開発が強く望まれています。[ncc.go.jp]
  • 治験薬 「ニボルマブ」 ニボルマブ(商品名 オプジーボ ): 免疫チェックポイント阻害薬 ( PD-1 抗体) 条件 適格基準 0)18歳以上 1)組織診によって明細胞肉腫または胞巣状軟部肉腫と診断されている 2) 治癒切除 不能である 3)胞巣状軟部肉腫の場合は、 血管新生阻害薬 (例:パゾパニブ、スニチニブなど)による治療歴を有する 4)登録時点で症状のある脳 転移 、がん性髄膜炎、外科的処置を要する脊椎転移を有さない 5)治療を要する心嚢液、 胸水 、 腹水 の貯留を認めない 6)登録時の年齢[oncolo.jp]
  • 主要アウトカム評価項目 奏効割合(中央判定) 副次アウトカム評価項目 奏効割合(施設判定) 無増悪生存期間 全生存期間 有害事象発現割合 対象疾患 年齢(下限) 18歳以上 年齢(上限) 性別 男女両方 選択基準 1)組織診によって明細胞肉腫または胞巣状軟部肉腫と診断されている 2)治癒切除不能である 3)胞巣状軟部肉腫の場合は、血管新生阻害薬(例:パゾパニブ、スニチニブなど)による治療歴を有する 4)登録時点で症状のある脳転移、がん性髄膜炎、外科的処置を要する脊椎転移を有さない 5)治療を要する[rctportal.niph.go.jp]

疫学

  • この記事では、類上皮肉腫の疫学、臨床的及び病理学的な特徴、診断、治療と予後因子について概説する。 疫学 アメリカ合衆国における上肢発生肉腫に関するデータベースによると、上肢発生類上皮肉腫の発生率は人口100万人あたり年間0.1例である 2 。近年の研究では、1973年から年間5.2%の上昇率で発生が増加しており、2005年の発生率は人口100万人に0.4例と報告されている 3 。類上皮肉腫は、手に発生する軟部肉腫では2番目に多く、上肢に発生する軟部肉腫では6番目に多い 2,4 。[sarcomahelp.org]
  • STSの疫学 悪性軟部腫瘍とは 悪性軟部腫瘍(Soft Tissue Sarcoma; STS)とは、軟部組織から発生する、あるいは軟部組織への分化を示す悪性腫瘍の総称で、全身のあらゆる部位に発生します。STSは組織型が多岐にわたり、各組織型は細胞分化に基づいた病理分類が行われています 1) 。 STSの分類で最も一般的なものはWHO分類 2) です。WHO分類は2013年に改訂され、STSでは免疫組織学的染色や融合遺伝子、遺伝子変異などを取り入れ、細胞分化を意識した分類となりました。[taiho.co.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • Performance Status(ECOG)が0または1 8)登録前28日以内の造影CT(頭部・胸部・腹部・骨盤:スライス厚5mm以下)にて測定可能病変を1つ以上有する 9)抗PD-1抗体(ニボルマブ、pembrolizumabなど)、抗PD-L1抗体(atezolizumab、avelumabなど)、抗CTLA-4抗体(イピリムマブなど)またはその他のT細胞制御を目的とした薬物療法の前治療歴を有さない 10)登録前14日以内にプレドニゾロン相当で10mg/日を超える全身性副腎皮質ホルモン(検査や予防投与[rctportal.niph.go.jp]
  • Status(ECOG)が0または1 8)登録前28日以内の造影CT(頭部・胸部・腹部・骨盤:スライス厚5mm以下)にて測定可能病変を1つ以上有する 9)抗PD-1抗体(ニボルマブ、 pem brolizumabなど)、抗 PD-L1 抗体(atezolizumab、avelumabなど)、抗CTLA-4抗体(イピリムマブなど)またはその他の T細胞 制御を目的とした薬物療法の 前治療歴 を有さない 10)登録前14日以内にプレドニゾロン相当で10mg/日を超える全身性副腎皮質ホルモン(検査や予防投与[oncolo.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!