Edit concept Question Editor Create issue ticket

新生児皮膚硬化症


提示

小児疾患
  • 多岐にわたる小児疾患の診療を、自科に立てこもることなく、関連各科と連携して行います。 目標 子ども達の健全な成育への寄与 特色 小児がんおよびAYA世代(※)をはじめとする慢性疾患の長期予後の改善に伴う、長期フォローアップを含むいわゆるキャリーオーバーの問題にも対応して、成育医療を実現している。[kyorin-u.ac.jp]

精密検査

  • Wilms腫瘍、脳腫瘍など ・血液疾患 鉄欠乏性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、好中球減少症、溶血性貧血、再生不良性貧血、血球貪食症候群、血友病、遺伝性骨髄不全症候群など ・その他 組織球性壊死性リンパ節炎など 【循環器】 ・全身疾患に伴う心合併症 染色体異常、筋疾患、結節性硬化症、マルファン症候群、摂食障害など ・先天性心疾患 心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、動脈管開存症など ・不整脈 心室期外収縮、心室頻拍、心房頻拍、QT延長症候群など ・心筋疾患 心筋症、心筋炎 ・川崎病 ・学校心臓検診の精密検査[kyorin-u.ac.jp]
  • 眼科で精密検査を受けるとかなりのひとにみられます。この腫瘍がごく一部のひとで大きくなり、失明する場合もあります。肺にはリンパ脈管平滑筋腫症(LAM)があります。LAMは古くは、20歳 40歳の女性に多く、1-6%に出現し息切れや血痰で発病し、治らずに悪化する病気と言われていました。比較的初期にくり返す 気胸 として発症することがありますが、LAMは初期には症状がほとんどでないため、精密なCT検査や精密肺機能検査などで初めて気づかれる場合も多いです。[nanbyou.or.jp]

治療

  • […] d 髪の毛のところにできた「白斑」により白髪を呈した状態 e 木の葉状および、その周囲の紙吹雪/金平糖様の「白斑」 治療 特に治療をしないことがほとんどです。見た目の問題などで、患者さんが治療を希望する場合は、塗り薬を使って治療する場合があります。 爪線維腫 手や足の爪にできる硬い腫瘍をいいます(イラストf、g)。思春期以降に現れ、少しずつ大きくなり、しばしば出血を伴います。30歳以上では88%の患者さんに認められるという報告もあります。[nobelpharma.co.jp]
  • 当院で主に治療できること てんかん 結節性硬化症患者さんにはてんかん発作がみられることがあり、その症状に応じて治療を行います。特に、結節性硬化症に伴うウェスト症候群(点頭てんかん)へのビガバトリンの有効性は認められており、当院でも治療を行っております。現在、小児科を中心に、難治性てんかんへの治療の取り組みを行っています。 腎血管筋脂肪腫(AML) 結節性硬化症に伴うAMLに対しては、エベロリムスの服薬や外科的治療を検討します。泌尿器科を中心に治療方針を決定します。[med.teikyo-u.ac.jp]

予防

  • 病気・予防接種 Q. 生後4か月。皮膚の木の葉状の白斑が難病の症状ではないかと不安です。 (2011.9) (妊娠週数・月齢)4か月 生後4か月の子です。おなかの一部分だけ、木の葉状に白く、色が抜けたようになっています。白い斑点のような感じです。ネットなどで調べたところ、難病の症状のひとつに挙げられており、とても心配です。これは成長とともに消えていくものでしょうか。それとも病院を受診したほうがいいのでしょうか。その場合、何科を受診すればいいでしょうか。[mcfh.or.jp]
  • ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) かからないようにする予防法は特にはありませんが、発熱があり、突然に顔・首・わき・太もものつけねなどに水ぶくれができたり、赤くなって痛がるようであれば、この病気が疑われますので、ただちに病院へ行くようにしてください。 あせものより まず、あせもを予防するため汗をかかないように涼しくしてあげましょう。シャワーを浴びたり、冷たいタオルで汗をふきとるのもよいでしょう。また吸湿性のよい木綿類の衣類を着用するのも効果的です。 刺激性の強い発汗抑制剤はさけましょう。[shionogi.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!