Edit concept Question Editor Create issue ticket

新生児低酸素性、虚血性脳傷害


治療

  • この4 症例の うち1 例は治療導入後に遷延性肺高血圧症が悪 化し、途中で復温を余儀なくされ、後にてんか んを発症したが、他の3 例はプロトコール通り に治療を行ない神経学的な後遺症をきたす事無 く良好な経過をたどっている。 図4 適応と対象児 平成16 年9 月からの2 年間に入院した、アプガース コア6 点(5 分)以下の児33 名の内、4 名が脳低温 療法の適応となった。 新生児脳低温療法の適応基準には乳酸値の上 限や治療導入までの制限時間が定められてい る。[okinawa.med.or.jp]
  • NICU 極低出生体重児・超低出生体重児 低体温療法 一酸化窒素吸入療法 低酸素療法 交換輸血 シナジス注射 NICU 人工呼吸管理などを必要とする重症の新生児を治療する「新生児集中治療室」です。当センターは、15床のNICUと40床の後方病床(GCU)を有しています。 極低出生体重児・超低出生体重児 出生体重が1500g未満の児を極低出生体重児、その中でも1000g未満の児を超低出生体重児と言います。[med.jrc.or.jp]

疫学

  • [2012.11.14] 《注意》 この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクラン日本支部までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review、Updated reviewとも日単位で更新されています。最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD006817》[cochrane.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 病気・予防接種 Q. 胎盤剥離で大量出血し、重症新生児仮死と診断されました。成長・発達が気がかりです。 (2016.1) (妊娠週数・月齢)0か月 胎児エコーで赤ちゃんの貧血が疑われ管理入院しました。36週5日で陣痛があり、陣痛室で大量出血しました。胎盤剥離でした。その時点で子宮口が10cm開いていたため、吸引分娩となりました。胎内で既に酸素が来ていなかったそうで、診断は「重症新生児仮死、低酸素性虚血性脳症疑い」でした。[mcfh.or.jp]
  • 知っておきたい循環器病あれこれ第17号「認知症とたたかう」 国保くまもと「本当は予防できる認知症」(全6回) 図. アルツハイマー型認知症における脳小血管病の意義。 脳小血管病はアルツハイマー型認知症の血管病変の中核である。認知症はβアミロイドの蓄積のみによって生じるのではなく、脳梗塞や脳出血の影響も大きい。[ncvc.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!