Edit concept Question Editor Create issue ticket

播種性血管内凝固症候群


提示

血尿
  • 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]
  • 症状 [ 編集 ] 初期症状は、「あおあざ(青痣)ができやすい」、 鼻血 、歯ぐきの出血、 血尿 、鮮血便( 下血 )、「目( 結膜 )の出血」などの出血症状に加えて、 意識障害 、 動悸 、息切れ、尿が出なくなる、 黄疸 など。[ja.wikipedia.org]
  • 等 ③ 犬の寄生虫感染症 …バベシア症、犬糸状虫症 等 ④ 腫 瘍 …リンパ性白血病、リンパ腫、血管肉腫 等 ⑤ 免疫異常 …免疫介在性溶血性貧血 等 ⑥ 血管系の異常 …大動脈瘤、血管腫 等 ⑦ 広範囲の組織創傷 …熱射病・高熱、頭部外傷、外科手術、胃拡張‐胃捻転症候群 等 ⑧ 毒物に対する反応 …ヘビ咬傷 等 ⑨ その他 …膵炎、肝不全 等 症 状 全身に多発する血栓形成に伴って血小板や血液凝固に関連する因子の消費・欠乏により、皮膚の紫斑や点状出血、全身性の出血傾向(注射痕からの出血・下血・血尿[hearts-ac.jp]
乏尿
  • それにより呼吸速迫・呼吸困難・頻脈・徐脈四肢の冷感・尿・痙攣などがみられショックにより急死することもあります。 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]
  • さらに、多発する微小血栓のために虚血性循環障害を生じ、さまざまな臓器で症状(腎臓 尿や無尿、肺 呼吸困難、消化管 急性潰瘍による下血、中枢神経系 意識障害など)を生じ、 進行すると多臓器不全で死に至ります 。 診 断 血小板数、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、フィブリン分解産物(FDP)、アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)、フィブリノーゲンなどを検査し、総合的に判定します。 治 療 多くの治療を平行して行う必要があります。[hearts-ac.jp]
  • 臨床症状 基礎疾患による症状以外にDICに伴う 血栓症 ,および出血症状などがみられる. 1)出血傾向: 血小板減少に伴う小紫斑や鼻出血などの皮膚粘膜出血,および凝固因子低下に伴う広範な紫斑や皮下筋肉内出血などの深部出血,さらに線溶活性亢進に伴う頭蓋内出血や圧迫止血困難な漏出性出血が種々の程度に観察される. 2)血栓傾向: 血栓形成部位により臓器特異的な虚血症状が観察される.中枢神経系では昏睡や麻痺など多彩な症状が,腎臓では尿,無尿が,呼吸器では肺塞栓症状のほか,成人呼吸促迫症候群を生ずることもある[kotobank.jp]
  • 敗血症の徴候であるshaking chill(悪寒戦慄)、呼吸数 30回/分、酸素飽和度の低下、ABGでの代謝性アシドーシス、尿、意識レベルの変化(大抵は低下)を危険な熱の特徴(severe high fever)という。severe high feverの他、体温38.5 以上で悪寒戦慄を伴う場合、白血球数が12000/μl(マイクロリットル)以上、または4000/μl未満の場合、静脈注射で抗生物質を使うときは血液培養の適応がある。[ja.wikipedia.org]
無尿
  • またDICを起こすと,腎臓機能を障害して尿となる。… ※「播種性血管内凝固症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp]
  • さらに、多発する微小血栓のために虚血性循環障害を生じ、さまざまな臓器で症状(腎臓 乏尿や尿、肺 呼吸困難、消化管 急性潰瘍による下血、中枢神経系 意識障害など)を生じ、 進行すると多臓器不全で死に至ります 。 診 断 血小板数、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、フィブリン分解産物(FDP)、アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)、フィブリノーゲンなどを検査し、総合的に判定します。 治 療 多くの治療を平行して行う必要があります。[hearts-ac.jp]
紫斑病
  • 播種性血管内凝固症候群[脱線維素症候群] 播種性血管内凝固 劇症紫斑 後天性無フィブリノゲン血症 消費性凝固障害 線維素溶解性紫斑 線溶亢進 続発性線維素溶解性障害 循環抗凝固薬による出血性障害 高ヘパリン血症 循環性抗凝血因子症 分娩後凝固障害 分娩後DIC 分娩後凝固障害 分娩後無フィブリノゲン血症[scuel.me]
  • むしろ、血栓性血小板減少性紫斑、溶血性尿毒症症候群などで特徴的である。 診断 [ 編集 ] DIC 診断については、 厚生省 の診断基準(前川ら、1988年)を用いて行う。急性期DIC診断基準も公表されているが、血液疾患には適応できない。 治療 [ 編集 ] 治療はまず第一に基礎疾患の治療である。DICの本態は生体内における著しい凝固活性化であるため、それを阻止するために、血を固まりにくくする抗凝固薬(ヘパリンなど)の投与を行う。[ja.wikipedia.org]
点状出血
  • 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]
  • 感染症 …犬パルボウィルス症、猫伝染性腹膜炎(FIP)等 ③ 犬の寄生虫感染症 …バベシア症、犬糸状虫症 等 ④ 腫 瘍 …リンパ性白血病、リンパ腫、血管肉腫 等 ⑤ 免疫異常 …免疫介在性溶血性貧血 等 ⑥ 血管系の異常 …大動脈瘤、血管腫 等 ⑦ 広範囲の組織創傷 …熱射病・高熱、頭部外傷、外科手術、胃拡張‐胃捻転症候群 等 ⑧ 毒物に対する反応 …ヘビ咬傷 等 ⑨ その他 …膵炎、肝不全 等 症 状 全身に多発する血栓形成に伴って血小板や血液凝固に関連する因子の消費・欠乏により、皮膚の紫斑や出血[hearts-ac.jp]
貧血
  • ① 全身性細菌感染症、敗血症 ② ウィルス感染症 …犬パルボウィルス症、猫伝染性腹膜炎(FIP)等 ③ 犬の寄生虫感染症 …バベシア症、犬糸状虫症 等 ④ 腫 瘍 …リンパ性白血病、リンパ腫、血管肉腫 等 ⑤ 免疫異常 …免疫介在性溶血性貧血 等 ⑥ 血管系の異常 …大動脈瘤、血管腫 等 ⑦ 広範囲の組織創傷 …熱射病・高熱、頭部外傷、外科手術、胃拡張‐胃捻転症候群 等 ⑧ 毒物に対する反応 …ヘビ咬傷 等 ⑨ その他 …膵炎、肝不全 等 症 状 全身に多発する血栓形成に伴って血小板や血液凝固に関連[hearts-ac.jp]
  • 抗凝固療法による改善 Ⅵ 注 注1: 白血病および類縁疾患, 再生不良性貧血 ,抗腫瘍剤投与後など骨髄巨核球減少が顕著で,高度の血小板減少をみる場合は 血小板数 および出血症状の項は0 点とし,判定はⅣ-1 に従う. 注2: 基礎疾患が肝疾患の場合は以下の通りとする. a . 肝硬変 および 肝硬変 に近い病態の慢性肝炎(組織上小葉改築傾向を認める慢性肝炎)の場合には,総得点から3 点減点した上で,Ⅳ-1 の判定基準に従う. b .[primary-care.sysmex.co.jp]
  • 疾患一覧 [ 編集 ] 赤血球系 [ 編集 ] 貧血 小球性貧血 鉄欠乏性貧血 鉄芽球性貧血 サラセミア 正球性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 (HS) 発作性夜間血色素尿症 (PNH) 自己免疫性溶血性貧血 自己免疫性溶血性貧血は、自己免疫応答によって起こる貧血。 検査 クームス試験 直接Coombs試験が陽性となる。[ja.wikipedia.org]
痙攣
  • それにより呼吸速迫・呼吸困難・頻脈・徐脈四肢の冷感・乏尿・痙攣などがみられショックにより急死することもあります。 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]
  • 典型例では、微小血栓による循環不全( 腎不全 、 肺塞栓 による 呼吸困難 ・ チアノーゼ 、 ショック など)、凝固因子・血小板減少や線溶活性化による出血症状( 粘膜 出血、止血不良、 脳出血 、 皮下出血 、 吐血 など)、中枢神経症状(意識障害、 痙攣 、 昏睡 )、臓器虚血( 多臓器不全 )がみられる。[ja.wikipedia.org]
  • 播種性血管内凝固症候群(血液疾患に伴う神経系障害) (8)播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC) DICは重症感染症,悪性腫瘍,外科手術などに引き続いて起こる後天性の出血・塞栓性疾患である.DIC患者では神経系に多発性の出血がみられ,ときに血栓も起こる.神経症状としては痙攣,精神機能異常,出血による局所神経徴候などがみられる.脳組織は凝固外因系の引き金となる トロンボプラスチン が豊富で,トロンビンの接着因子であるトロンボモジュリン[kotobank.jp]
昏睡
  • 典型例では、微小血栓による循環不全( 腎不全 、 肺塞栓 による 呼吸困難 ・ チアノーゼ 、 ショック など)、凝固因子・血小板減少や線溶活性化による出血症状( 粘膜 出血、止血不良、 脳出血 、 皮下出血 、 吐血 など)、中枢神経症状(意識障害、 痙攣 、 昏睡 )、臓器虚血( 多臓器不全 )がみられる。[ja.wikipedia.org]
  • 臨床症状 基礎疾患による症状以外にDICに伴う 血栓症 ,および出血症状などがみられる. 1)出血傾向: 血小板減少に伴う小紫斑や鼻出血などの皮膚粘膜出血,および凝固因子低下に伴う広範な紫斑や皮下筋肉内出血などの深部出血,さらに線溶活性亢進に伴う頭蓋内出血や圧迫止血困難な漏出性出血が種々の程度に観察される. 2)血栓傾向: 血栓形成部位により臓器特異的な虚血症状が観察される.中枢神経系では昏睡や麻痺など多彩な症状が,腎臓では乏尿,無尿が,呼吸器では肺塞栓症状のほか,成人呼吸促迫症候群を生ずることもある[kotobank.jp]
頭蓋内出血
  • 臨床症状 基礎疾患による症状以外にDICに伴う 血栓症 ,および出血症状などがみられる. 1)出血傾向: 血小板減少に伴う小紫斑や鼻出血などの皮膚粘膜出血,および凝固因子低下に伴う広範な紫斑や皮下筋肉内出血などの深部出血,さらに線溶活性亢進に伴う頭蓋出血や圧迫止血困難な漏出性出血が種々の程度に観察される. 2)血栓傾向: 血栓形成部位により臓器特異的な虚血症状が観察される.中枢神経系では昏睡や麻痺など多彩な症状が,腎臓では乏尿,無尿が,呼吸器では肺塞栓症状のほか,成人呼吸促迫症候群を生ずることもある[kotobank.jp]
下血
  • さらに、多発する微小血栓のために虚血性循環障害を生じ、さまざまな臓器で症状(腎臓 乏尿や無尿、肺 呼吸困難、消化管 急性潰瘍による、中枢神経系 意識障害など)を生じ、 進行すると多臓器不全で死に至ります 。 診 断 血小板数、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、フィブリン分解産物(FDP)、アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)、フィブリノーゲンなどを検査し、総合的に判定します。 治 療 多くの治療を平行して行う必要があります。[hearts-ac.jp]
  • 症状 [ 編集 ] 初期症状は、「あおあざ(青痣)ができやすい」、 鼻血 、歯ぐきの出血、 血尿 、鮮血便( )、「目( 結膜 )の出血」などの出血症状に加えて、 意識障害 、 動悸 、息切れ、尿が出なくなる、 黄疸 など。[ja.wikipedia.org]
  • 症状以外にDICに伴う 血栓症 ,および出血症状などがみられる. 1)出血傾向: 血小板減少に伴う小紫斑や鼻出血などの皮膚粘膜出血,および凝固因子低下に伴う広範な紫斑や皮下筋肉内出血などの深部出血,さらに線溶活性亢進に伴う頭蓋内出血や圧迫止血困難な漏出性出血が種々の程度に観察される. 2)血栓傾向: 血栓形成部位により臓器特異的な虚血症状が観察される.中枢神経系では昏睡や麻痺など多彩な症状が,腎臓では乏尿,無尿が,呼吸器では肺塞栓症状のほか,成人呼吸促迫症候群を生ずることもある.消化器では腹痛,[kotobank.jp]
吐血
  • 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]
  • 典型例では、微小血栓による循環不全( 腎不全 、 肺塞栓 による 呼吸困難 ・ チアノーゼ 、 ショック など)、凝固因子・血小板減少や線溶活性化による出血症状( 粘膜 出血、止血不良、 脳出血 、 皮下出血 、 吐血 など)、中枢神経症状(意識障害、 痙攣 、 昏睡 )、臓器虚血( 多臓器不全 )がみられる。[ja.wikipedia.org]
  • さらに重篤な脳出血、肺出血、ショックになるような吐血・下血などを呈してくると致命症になるリスクが高いので要注意です。臓器症状を呈すると容易に多臓器不全(multiple organ failure:MOF)の病態となります。 過凝固状態から出血症状へ DICの病態ではまず過凝固状態にありますが、その後の線溶の状態から線溶抑制型、線溶亢進型などに分類されます(図1)。線溶亢進型ではD-dimerは高値になり、PAI活性は低値で、出血症状が著明な状態になります。[tokushukai.or.jp]
鼻出血
  • 要 旨: DICを合併した腹部大動脈瘤の2例を経験した.症例1は68歳男性.瘤径は9 cmで来院時血小板数低下と凝固線溶異常を認め,さらに出血や皮下出血も認めた.DICに対し術前内科的治療を施行するも軽快せず,脳出血をきたした.症例2は83歳男性で瘤径は7.3 cmであり血小板数の低下と凝固系の延長,後腹膜血腫を認めた.内科的治療を行うも軽快せずDIC状態のまま腹部大動脈瘤人工血管置換術を行った.2症例とも手術施行後,DICは軽快,出血傾向も消失し経過は良好であった.2症例の経験および文献に基づき[jsvs.org]
  • 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]
  • 臨床症状 基礎疾患による症状以外にDICに伴う 血栓症 ,および出血症状などがみられる. 1)出血傾向: 血小板減少に伴う小紫斑や出血などの皮膚粘膜出血,および凝固因子低下に伴う広範な紫斑や皮下筋肉内出血などの深部出血,さらに線溶活性亢進に伴う頭蓋内出血や圧迫止血困難な漏出性出血が種々の程度に観察される. 2)血栓傾向: 血栓形成部位により臓器特異的な虚血症状が観察される.中枢神経系では昏睡や麻痺など多彩な症状が,腎臓では乏尿,無尿が,呼吸器では肺塞栓症状のほか,成人呼吸促迫症候群を生ずることもある[kotobank.jp]
  • 出血症状としては紫斑、出血、口腔内出血、血尿などです。さらに重篤な脳出血、肺出血、ショックになるような吐血・下血などを呈してくると致命症になるリスクが高いので要注意です。臓器症状を呈すると容易に多臓器不全(multiple organ failure:MOF)の病態となります。 過凝固状態から出血症状へ DICの病態ではまず過凝固状態にありますが、その後の線溶の状態から線溶抑制型、線溶亢進型などに分類されます(図1)。[tokushukai.or.jp]
呼吸困難
  • ・酸素吸入 (呼吸困難の状態に) ・大元の疾患に対する治療 (DICは重篤な病気に続発していることがあるのでDICがあることにより死亡率が高くなるので背景の病気に焦点を合わせる必要があります。) VT 望月慎也 2002.4.16[noah-vet.co.jp]
  • 典型例では、微小血栓による循環不全( 腎不全 、 肺塞栓 による 呼吸困難 ・ チアノーゼ 、 ショック など)、凝固因子・血小板減少や線溶活性化による出血症状( 粘膜 出血、止血不良、 脳出血 、 皮下出血 、 吐血 など)、中枢神経症状(意識障害、 痙攣 、 昏睡 )、臓器虚血( 多臓器不全 )がみられる。[ja.wikipedia.org]
  • さらに、多発する微小血栓のために虚血性循環障害を生じ、さまざまな臓器で症状(腎臓 乏尿や無尿、肺 呼吸困難、消化管 急性潰瘍による下血、中枢神経系 意識障害など)を生じ、 進行すると多臓器不全で死に至ります 。 診 断 血小板数、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、フィブリン分解産物(FDP)、アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)、フィブリノーゲンなどを検査し、総合的に判定します。 治 療 多くの治療を平行して行う必要があります。[hearts-ac.jp]
喀血
  • 同時に凝固因子と血小板の消耗で出血傾向を生じ皮膚の紫斑や点状出血喀血・吐血・血尿・血便・鼻出血・などがあります。 治療 ・ 輸液(組織の灌流を維持・電解質の平衡を保つため) ・ 輸血(活発に出血している場合に潅流・血小板数およびフィブリノーゲンのレベルを維持するため) ・ ヘパリン(抗凝固剤)の投与 (凝固亢進状態を阻止することにより血小板の消費を抑制し、血小板数をもとにもどします。[noah-vet.co.jp]

精密検査

血小板数減少
  • 一般血液検査 DIC診断に用いられる血小板減少、フィブリノゲン低下や、FDP・D-dimer上昇はDICの原因ではなくて結果によるものです。その本態を正しく評価するためには凝固線溶系の詳細な検査が必要になります。 凝固線溶系検査 トロンビン-アンチトロンビン複合体(TAT)は凝固活性化状態を示すマーカーです。プラスミン-α2プラスミンインヒビター複合体(PIC)は線溶活性化を評価するマーカーです。TATとPICの測定によりDICの本態解明と病型分類が可能とされています。[tokushukai.or.jp]

治療

  • 治療 [ 編集 ] 治療はまず第一に基礎疾患の治療である。DICの本態は生体内における著しい凝固活性化であるため、それを阻止するために、血を固まりにくくする抗凝固薬(ヘパリンなど)の投与を行う。 ヘパリン の作用は アンチトロンビン (AT)を介しているため、AT活性の低下した症例に対しては、AT濃縮製剤(アンスロビンP、ノイアート、ノンスロン)を併用する。合成プロテアーゼインヒビター(メシル酸ガベキサート、 メシル酸ナファモスタット )が使用されることもある。[ja.wikipedia.org]
  • 治療 基本的には重症であることから、入院のうえ緊急で治療を行います。早期にDICを発見し早期に治療を行うことが非常に重要です。DICの原因となっている基礎疾患の治療を優先します。これらに並行して、DIC特有の病状に対する治療を行います。 基礎疾患に対する治療 感染症がDICの原因となっている場合、抗生物質や抗真菌薬、抗ウイルス薬で治療を行います。[medicalnote.jp]
  • 治療 DICの治療は基礎疾患治療が最も重要である.基礎疾患が治療不能であるか,治療に時間のかかるとき,DICにより落命しないための対症療法として,抗凝固療法と補充療法がある. 1)抗凝固療法: ヘパリン,低分子量ヘパリンおよびヘパリン様物質であるダナパロイドは血中アンチトロンビン(AT)に結合し,その抗凝固活性を増強する.ヘパリン-AT複合体はトロンビン,活性化X(Xa)因子を同程度阻害するが,ほかの2つの薬剤とATの複合体はXa因子活性を主として中和する.メシル酸ナファモスタットなどの蛋白分解酵素阻害薬[kotobank.jp]

疫学

  • A 疫学・診断 1.疫学 2.病態生理と分類 3.検査・診断 B 治療 1.基礎疾患の治療 2.補充療法 3.抗凝固療法 4.トロンボモデュリン製剤 5.抗線溶療法・線溶療法 文献 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation: DIC)は、基礎疾患の存在下に、全身性持続性の著しい凝固活性化をきたし、血管内に微小血栓が多発する重篤な病態である。基礎疾患により程度に差があるが、凝固亢進とともに線溶系亢進がみられる。[medical.nikkeibp.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • A 疫学・診断 1.疫学 2.病態生理と分類 3.検査・診断 B 治療 1.基礎疾患の治療 2.補充療法 3.抗凝固療法 4.トロンボモデュリン製剤 5.抗線溶療法・線溶療法 文献 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation: DIC)は、基礎疾患の存在下に、全身性持続性の著しい凝固活性化をきたし、血管内に微小血栓が多発する重篤な病態である。基礎疾患により程度に差があるが、凝固亢進とともに線溶系亢進がみられる。[medical.nikkeibp.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!