Edit concept Question Editor Create issue ticket

抗リン脂質抗体症候群


提示

  • H31年4月3日 (厚生労働省からのお知らせ) 「 平成31年度 第1回 厚生科学審議会 疾病対策部会 資料 」 H31年3月20日 (厚生労働省からのお知らせ) 「 厚生科学審議会疾病対策部会指定難病検討委員会(第32回) 資料 」 H30年9月10日 (厚生労働省からのお知らせ) 平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による災害による被災者に係る公費負担医療の取扱いについて 平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による被災者に係る被保険者証等の提示等について H30年9月6日[nanbyou.or.jp]

治療

  • 治療 [ 編集 ] おおまかに2つの臨床症状に対して治療がなされる。下記の臨床症状がでておらず、抗リン脂質抗体(ループスアンチコアグラントも含む)のみが陽性である場合に、治療を行うかどうかはいまだ議論の分かれるところである。 血栓症 [ 編集 ] 血栓症の進行を防ぐため、すなわち2次血栓予防のために薬剤が投与される。脳梗塞などの動脈系の血栓であれば アスピリン などの抗血小板薬が使用される。下大静脈血栓や、動脈血栓で効果が足りないときには ワルファリン を投与する。[ja.wikipedia.org]
  • 治療 急性期の治療後は病状に応じて薬を使い分けます。抗凝固療法、抗血小板療法という血栓の発症予防を中心に治療を行います。具体的には、動脈血栓症では、少量アスピリンや血小板凝集抑制剤の投与、静脈血栓症は、ヘパリン投与及びワーファリン継続投与、習慣性流産では妊娠中に少量アスピリンとヘパリンの投与が一般に行われます。 注意点 抗リン脂質抗体を有する人の一部にしか臨床症状は出現しないため、無症状の場合は予防的な抗血栓療法は基本的に行いません。[doh-racenter.jp]
  • 3度目の妊娠を前に漢方の治療が出来ないか来院した。凝固を防ぐためにバッファリン、それにメドロール錠(ステロイド)さらにクロミッドを処方されていた。 安胎のためにどんな処方を選ぶべきか? 漢方の古典には不妊治療に使う薬が幾つか載ってはいるが、原発性抗リン脂質抗体症候群に効果のある薬など書いていない。 多くの患者さんが誤解しているのは、漢方の古典をよく読めば効く処方が載っていると思っていることだ。[higasa.com]

疫学

  • 2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 近年の欧州で行われた疫学研究などを参考にすると、SLEの10-20%がAPSを合併していると推定されること、原発性APSがSLEに伴う二次性APSと同等数いると推定されること、日本でSLEが60,000人以上いると推定されていることなどから、二次性APSが5,000 10,000人、原発性APSも同程度の5,000 10,000人程度いると推定されます。平成28年度に原発性APSで難病申請を行った方は全国で314名でした。[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 抗リン脂質抗体症候群の血栓症は再発予防(二次予防)が大事 再発率が非常に高いため一度血栓症を起こした方は予防治療が必要 抗リン脂質抗体症候群による血栓症は再発の頻度が非常に高いため、「二次予防」が非常に重要です。 一般的に、一度脳梗塞を起こした方が1年以内に血栓を再発する可能性は約2%ですが、抗リン脂質抗体症候群による血栓症の場合は9%と4倍以上の差があります。ですから、一度血栓症を発症した方には、必ず再発予防の治療を受けていただきます。[medicalnote.jp]
  • 漢方では悪露が上手く出ないと産後の肥立ちが悪く、精神疾患や免疫疾患を起こすと言われているので、それを予防する薬を1週間投与して治療は終わった。 原発性抗リン脂質抗体症候群(指定難病48) 1.「原発性抗リン脂質抗体症候群」とはどのような病気ですか 抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipid syndrome, APS)は血中に抗リン脂質抗体とよばれる自己抗体が存在し、さまざまな部位の動脈血栓症や静脈血栓症、習慣流産などの妊娠合併症をきたす疾患です。[higasa.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!