Edit concept Question Editor Create issue ticket

慢性膿瘍


提示

  • そこで、口の中の病気の状態を取りまとめて提示しながら「口内炎」と「口の中のがん」についても簡単に説明します。 「粘膜疾患」は、見た様子から三つに分けて考えることができます。病変が1)腫れているもの(腫脹)、2)えぐれているもの(潰瘍)、3)色調の変化のみ(あるいは付着している)のもの(色素沈着・母斑など)です。これらについて、さらに詳細な特徴(色調・粘膜の性状・病変の範囲や個数)を見ていくと次のようになります。 腫れ(腫脹) 腫れについて見てみます。[jda.or.jp]

治療

  • 治療はのどの形態や機能を考えて、化学療法を併用した放射線治療を中心とした治療が選択されることが多いです。根治が困難な事が予想される場合は手術治療も考慮します。 当院では化学放射線治療や経口的切除術を中心とした、機能や形態を温存する治療を行っています。再建手術が必要な場合は大学病院やがんセンターを紹介しています。 下咽頭腫瘍(かいんとうしゅよう) 下咽頭とは中咽頭より下方で、食道の入り口より手前の部分のことをいいます。のど仏の後ろが下咽頭となります。[jasanoko.or.jp]
  • この病気にはどのような治療法がありますか クローン病の治療としては、内科治療(栄養療法や薬物療法など)と外科治療があります。内科治療が主体となることが多いのですが、腸閉塞や穿孔、膿瘍などの合併症には外科治療が必要となります。 【栄養療法・食事療法】 栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と食事からの刺激を取り除くことで腹痛や下痢などの症状の改善と消化管病変の改善が認められます。 栄養療法には経腸栄養と完全中心静脈栄養があります。[nanbyou.or.jp]
  • 痔瘻と肛門周囲膿瘍の治療 治療に関しても、急性期である肛門周囲膿瘍と慢性期である痔瘻の病期にわけて方針をたてていくのがいいと思います。 肛門周囲膿瘍の治療 一度感染が起こり膿瘍形成が始まると膿は出口ができるまで大きくなっていきます。 膿を出すのが遅くなればなるほど、膿は広範囲に拡がったり、深いところに拡がったりして、重症化するので、一日でも早く病院にいって切開排膿する必要があります。 浅いタイプや単純なタイプの切開排膿は局所麻酔で、日帰り手術で行えます。[komonka.com]
  • 外科的治療、化学療法、免疫療法など様々な治療法が行われています。 専門的な診断と治療が必要となります。 母斑 舌下面の母斑です。 先ほどの悪性黒色腫と区別する必要があります。母斑はいわゆる「ほくろ」で治療の必要はありません。 悪性黒色腫との鑑別のため、専門医の診察が必要です。 黒毛舌 舌表面にある苔のようなものを舌苔といいます。これは舌乳頭に食物残渣や細菌代謝産物が付着して舌表面に着色したものです。 細菌により色が異なり、特に黒い舌苔の場合を黒毛舌と呼んでいます。 次のページへ ページトップへ[jda.or.jp]

予防

  • 慢性肉芽腫症の治療方針 感染症の予防 重い感染症にかからないためには、日頃から薬を飲んで、感染症を予防する必要があります。細菌感染症に対するST合剤やアスペルギルスなど真菌感染症を予防する抗真菌剤を毎日服用します。また、約3割の慢性肉芽腫症の方に、インターフェロン・ガンマの注射が感染予防として効果的です。 対症療法 日頃から予防治療を受けていても、感染症にかかることがあります。抗生剤などを服用しても症状が落ち着かない場合には、入院して抗生剤や抗真菌剤の点滴を行います。[ncchd.go.jp]
  • 該当する方は、予防摂取を受けましょう 糖尿病をお持ちの方は免疫が低下していることがあるため、重症な感染を予防するためにワクチンの接種をしておいた方がよい場合があります。主治医とよく相談しましょう。 インフルエンザワクチン 糖尿病をお持ちの方は、インフルエンザワクチンの接種が推奨されています。 特に、65歳以上の方、60 64歳で心臓や腎臓、呼吸器などのご病気をお持ちの方、免疫が弱くなるご病気や治療を行なっている方はインフルエンザワクチンの定期予防接種が推奨されています。[dmic.ncgm.go.jp]
  • 抜歯創・口腔手術創の二次感染 抜歯後感染 抜歯創を含む口腔創傷の感染予防またはその治療 抜歯窩の感染治療及び抜歯窩の感染予防 ドライソケット ドライソケット びらん又は潰瘍を伴う口内炎 感染性口内炎 感染性口内炎 口内炎 舌炎 舌炎 猩紅熱 猩紅熱 リウマチ熱の発症予防 リウマチ熱の発症予防 炭疽 炭疽 ジフテリア ジフテリア ブルセラ症 ブルセラ症 ペスト ペスト 百日咳 百日咳 野兎病 野兎病 ヘリコバクター・ピロリ感染 ヘリコバクター・ピロリ感染症 胃潰瘍又は十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ[fpmaj.gr.jp]
  • ST合剤(バクタ)CGDの感染予防に最も効果のある抗生物質です。毎日飲み続けることが大切です。 調子がよくても必ず忘れずに内服しましょう。 抗真菌剤(イトリゾールやファンギゾン)真菌(アスペルギルスやカンジダ)の感染を予防する薬です。 インターフェロン・ガンマ(イムノマックス)週に1 3回、皮膚に注射する感染予防の薬です。 本文参照(p24) 本文参照(p24 ) BCGの予防接種は禁忌ですが、それ以外の予防注射はすべて受けてかまいません。[med.miyazaki-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!